‘東明学林’ タグのついている投稿

学寮研修(2年生)をおこないました! ―労作― [2018年06月17日(日)]

こんにちは、松田忍(日本近現代史)です。

2018年6月12日から6月15日まで、神奈川県大井町の東明学林にて、歴文2年生の学寮研修をおこないました。今年も、約100名の学生が3泊4日の共同生活をおこなうなかで、濃密な研修プログラムが実施され、大きな成長の機会となりました。

何回かにわけてその模様をお届けしたいと思います。まずは労作奉仕を取りあげます。

今回の労作では「みかんの施肥」をおこないました。6月中旬のこの段階でミカンの木には小さな実がすでについています。

この実が一夏かけてだんだんと大きくなっていき、晩秋から初冬にかけて、おいしいミカンとなっていくのだそうです。そのためにはこの段階で肥料を与えておかねばなりません。おそらくほとんどの学生が体験したことのない作業ですね。

1 前日の事前準備

学寮研修初日には労作係の学生16名に対して、東明学林の職員から作業方法のレクチャーがおこなわれました。2日目の作業当日には職員は最低限のサポートをおこなうだけであり、16名の学生が約100名の学生を指揮して作業を進めることになります。労作係の学生は、当日に起こるであろう混乱を予測し、全員に作業方法を周知して安全に正確に作業をしてもらうための段取りを熱心に話し合っていました。

2 道具の準備

さて当日。心配されていた雨も降らず曇りの天候。早めに集まった労作係の学生が道具の準備をおこないます。

3 全員集合

そして係以外の学生が寮室からでて集まってきます。本日の労作がうまくいくかどうか、それはこの段階で既に決まっているのかもしれません。事前の計画がうまくいっていればうまくいくし、計画が詰めきれていなければ、みんなが作業方針がわからずに混乱してしまいます。さて、どうなりますか!?

4 作業開始前の全体ミーティング

今回の労作係の主任・副主任には、力はあるものの、どちらかいえば物静かな学生がついていました。しかし一番重要なリスクマネジメント(道具の安全な使い方の説明)を実際にやって見せて堂々と説明するなど、見事な仕切りで労作ははじまりました。2人には本当に大きな経験になったと思います。「立場」が人を育てることも数多くあるからこそ、「立場」につく経験こそが重要です。そして手前味噌にはなりますが、昭和女子大学には「立場」につく経験が本当に山のようにたくさん用意されていますよ!

5 現場での労作係学生からの説明

グループごとに施肥の現場に移動します。寮室メンバーごとの作業グループとなります。おそらく前の日の晩にそれぞれの寮室で段取りの説明をしたうえで当日に臨んだのだと思いますが、それを踏まえて現場での作業行程の最終確認がおこなわれました。

6 作業開始!!

さていよいよ作業開始です。作業内容がわからずとまどっている学生は一人もおらず、この時点で成功を確信いたしました!みんながそれぞれの持ち場で、楽しく、真面目に、丁寧に、仕事を進めていきます。きょうびの若者ですから、「農作業とかだり~わ」みたいな学生がいてもおかしくないと思うのですが、誰も逃げずに持ち場を守るのが歴文生の魅力です。

カメラを向けるとこの笑顔。ストレス無く作業を進めているようでひと安心!「女子大生+農具=??」ですね笑 斬新!

作業現場の全体像はこんな感じです。結構な斜面での作業です。残念ながら曇天でしたが、晴れていて富士山を間近にみながらの労作だったらもっと気持ちよかっただろうな~。ちょっと残念!

7 道具の後片付け

そして作業は順調に終わり、道具の後片付けに移ります。

当日は作業をずっと見守って下さった東明学林の職員さんたちですが、クワやスコップなどの道具を大切に扱うべきことは、丁寧にご指導下さいました。ありがとうございます!

8 係学生の最終ミーティングおよび講評

最後に係学生の最終ミーティングです。

想定より相当早い時間で全ての作業を完了することができ、東明学林の職員さんからもお褒めの言葉を頂きました。それと同時に労作係以外の学生が一生懸命協力してくれたからこそ、円滑な労作となったことを理解して、お礼の気持ちを必ず言葉で伝えねばならないと話してくださいました。

私からは、係の学生への講評として、素晴らしい労作であったことを伝えてねぎらいました。

またどんなプログラムであっても反省点をだし、次同じようなプログラムをおこなうときの経験値としていく必要があります。今回でいえば、作業の「終わるタイミング」が明確ではなく、作業終了宣言をだせなかったがために、後半がバラバラとした解散になったことは改善可能じゃないかと伝えました。

たとえば作業終了チケットを事前に作成して労作係の学生に渡しておいて、労作係学生が自分のグループで作業が終了したら、チケットを主任に提出する。そして全てのチケットが主任に集まった段階で、主任から作業終了宣言をだし、撤収及び道具の片付けを指示する方法があったのではないか、そうすると全員が達成感をもって、気持ちよく一斉に作業を終えられたのではないかと話しますと、学生たちはとても熱心に聴いていました。

でも改善ポイントがあることは悪いことではありません!みなさんはまだ学生であり、まだまだチャレンジの機会があるのですから。こうしたチャンスに経験値をためて、次はもっとうまくいくように頑張ろう!

おつかれさまでした!ありがとうございました!

労作の内容は季節ごとに異なるため、学生たちには前例となる模範があったわけではありません。前日に聞いたことから、当日におこりうる状況を想像して段取りをたて、円滑に安全に作業をやりとげた学生たちには心から拍手を送りたいと思います!

4年学寮(東明学林)を開催いたしました! [2017年09月24日(日)]

こんにちは、松田忍です。

9月20日~22日の3日間、東明学林にて4年学寮を開催いたしました。全員参加の1~3年学寮とはことなり、4年学寮は自由参加でありますが、今年も多くの学生が参加希望を出し、学生32名+教員4名(田畑先生、掛川先生、緩利先生、松田)での学寮研修となりました。

例によって写真もりだくさんでお届けします。日本近現代史ゼミ生からいただいた写真を載せているので、写っている学生にちょいと偏りがあるのはご勘弁を!

【1日目】

いい天気にめぐまれた学寮初日、横浜中華街とアサヒビール神奈川工場に立ち寄った後、東明学林へと向かいました。

中華街散策。私は先生方と学生たちと一緒に、山下公園をぶらーりぶらーりとのんびり散策した後、おいしい中華料理をいただきました。

その他の学生たちは三々五々食べ歩き?

そしてアサヒビール神奈川工場の見学です。ビールの製造工程および日本におけるビール産業の歴史を勉強いたしました。「アサヒの森」と呼ばれる同社の環境保全活動が1941年からはじまっており、元来は、当時の厳しい国際情勢下においてコルクの輸入が困難になった場合、国産できるアベマキで代用品を確保するための取り組みであったことをはじめて学びました。

 

【2日目】

2日目もお天気にめぐまれ、心地よい秋の風が吹く中の箱根へのバスハイクとなりました。

最初に向かったのは星の王子さまミュージアムです。もうここを訪れるのも4度目になるのですが、何度も訪れても、飛行機に魅せられたサン・テグジュペリの生涯が強く印象に残ります。

可愛い庭園でみなさん撮影大会。

車中の様子。写真では残っていませんが、4年学寮の夜には卒論研究を進める時間があります。卒論提出まであと3ヵ月少々。先行研究をもっている学生もいますね!

そして箱根ガラスの森美術館。毎年訪れていますが、ヴェネチアガラスの展示が毎回チェンジされており、いつも楽しめます。

紀元前のガラス遺物がほぼ完全な形で出土するというのは奇跡的です。。。

2日目夜の食事

この日の夕食は、彩りも鮮やかなステーキ定食(?)たいへんおいしゅうございました。

夜の寮室での写真。学寮名物UNO笑

【3日目】

最終日は大掃除をすませたあと閉寮式。

そして一路鎌倉へ。鶴岡八幡宮でバスを降りた後、各自好きなところを回りました。

北鎌倉までJRで向かって東慶寺・明月院・建長寺を散策した人、江ノ電に乗車して長谷を回った人などいろいろいらしたみたいです。歴文で歴史をしっかり学んだみなさんですから、神社仏閣の見どころもバッチリです。

私は川喜多映画記念館と鏑木清方記念美術館をまわりました。川喜多映画記念館では、映画ファッションを手がける黒沢和子さんの企画展がおこなわれていました。私が大好きな是枝裕和さんの映画の服飾原案などが多数展示されていて感動!!「三度目の殺人」観に行かないと!!

昼食も自由だったのですが、鎌倉名物のしらす丼を食べた人が多かったのかな?うまそうっす!

長年続いている昭和女子大学の学寮です。大学生になってまで寮生活(?)という方もいらっしゃるかもしれませんが、密に接することではじめて分かることも、役割を分担することで学ばねばならないこともたくさんあるように思います。

各種研修がびっしり詰まっている1~3年学寮とは雰囲気も違い、4年学寮はのんびりしますね~!食事も掃除もすでに手慣れたもので、やるべきことをテキパキとこなしながら、お互いがお互いを気遣いながらの気持ちの良い2泊3日となりました!

東明学林(3日目午前) [2015年06月10日(水)]

こんにちは、松田です。

東明学林3日目(6月5日)午前のようすをお届けします。曇り空ではありましたが、体感的にはとても爽やかな一日となりました。

午前の行事は労作。

東明学林の周りには畑が広がっており、さまざまな作物が育てられています。以前にも東明学林で収穫されたバジルの記事をUPしたことがありましたね。この日はミカン畑に肥料をやりました。まずは東明学林の先生に肥料のやり方の解説をしていただきます。

DSC03516_RDSC03507_RDSC03520_R20150605-DSC03518

そして 作業開始。麦わら帽子・長靴完全装備の学生もいます!

20150605-DSC0352620150605-DSC03508

ミカンの木の周りに浅い溝を掘って、肥料を埋めていきます。「(肥料が)魚粉くさい!」なんていいながら、テキパキと作業は進みます。私も結構掘りましたよ。

写真でうまく伝わるか分からないのですが、ミカン畑は結構な急斜面です。

DSC03528_RDSC03532_RDSC03533_RDSC03535_R

もうすでに小さな可愛い実をつけているのが分かりますか?ミカンは12月頃に学寮研修をおこなう学科の学生たちによって摘み取られることになります。世田谷キャンパスにも届けられて、みなさんに配られますよ。今から楽しみです!

DSC03525_R

午前中身体を動かしお腹を空かせ、昼食はミートソーススパゲッティとクラムチャウダースープ。この日はおかわり自由だったので、かなり多くの学生が2杯目いってました笑 スープ美味しかったです!

DSC03537_R

午後には教室にて、キャリア研究講座を開きました。学寮前から学生のみなさんが準備してきたプレゼンテーション発表です。

その様子は次の記事にて。

 

 

 

東明学林(2日目) [2015年06月09日(火)]

こんにちは、松田です。

東明学林2日目の様子をお伝えします。

2日目の朝はご覧の通り!

20150604-DSC03425

てるてる坊主の効果か、とっても気持ちの良い朝になりました。東明学林のテラスからは箱根連山の向こうに美しい富士山がクッキリと見えます。

2日目のプログラムはバスハイクです。鎌倉国宝館にて、学芸員の先生の専門的な解説を受けたあと、鶴岡八幡宮および長谷寺を巡見しました。

20150604-DSC03431-220150604-DSC03468-220150604-DSC03464-220150604-DSC0345820150604-DSC03452

鎌倉はまさしく紫陽花の季節。長谷寺では美しく整備された裏山での紫陽花を堪能いたしました。

お腹を空かせて帰寮。2日目の夕食は鯖の竜田揚げ。なかなか人気のメニューであったようです。配膳も食事係の学生たちと教員が担当します。

20150604-DSC03472

寮内を歩いていると、たくさんの学生とすれ違います。

20150604-DSC03489

隈取りをした謎の三人組も笑

20150604-DSC03497

普段ガリガリ勉強している学生たちの色々な側面がみられる学寮楽しいねぇ!

東名学林(1日目) [2015年06月09日(火)]

こんにちは、松田です。

2015年6月3日~6日の日程にて、学寮研修が開催され、神奈川県は足柄にある東明学林(寮施設)にて、歴文2年生約100名+引率の教員・助手が3泊4日の共同生活を送りました。

昭和女子大学の学寮というのは不思議なものでして、よく他大学の先生に「要するに合宿なの?」と聞かれるのですが「学寮です」としか答えようがありません。また「キャリア研修なの?」と聞かれても、たしかにキャリア関係のプレゼンテーション大会などもあったりはするのですが、やっぱり「学寮です」としか答えようがないのです笑 近年合宿形式での研修をおこなう大学もあるようですが、「それぞれの学問分野に対する造詣を深めつつ、キャリア的な意味での実践的な力も身につけ、『共同生活』を送る中で絆を深めていく」学寮制度は他に類を見ないのではないかと思います。私は着任以来7回引率しましたが、学生たちとふれ合い話す機会がたくさん用意された学寮、好きですよ!

学寮研修では、全ての学生に役割(食事係とか清掃係とか研修係とか…)が割り当てられていて、力をあわせながら、「生活」していくことになります。

初日の6月3日は残念ながら雨模様。世田谷キャンパスをバスで出発し、神奈川県立生命の星・地球博物館を訪れたあと、東明学林到着!

20150603-DSC0005420150603-DSC00059

東明学林の職員さんはてるてる坊主を用意して待っていて下さいました。

その後、各係の仕事内容の打ち合わせなどをしながら・・・

20150603-DSC00060

夕食後は白熱の交歓会(ドッヂボール大会)が開かれました。寮室毎にチーム編成を組み ・・・

20150603-DSC00077

そして戦いの火ぶたが切って落とされました。

20150603-DSC00087-2

歴文には大人しい学生が多いなどと言われることもあるのですが、一旦試合が始まるとこの白熱っぷり!!!!!

20150603-DSC0013120150603-DSC0014320150603-DSC00230-220150603-DSC0015220150603-DSC0016120150603-DSC0015720150603-DSC0030520150603-DSC0018320150603-DSC0016520150603-DSC0040420150603-DSC03392

珍プレー好プレーの続出に学生も教員も大声をあげて笑い、そして拍手しました。

今回のドッヂボール大会、松田が選ぶMVPは彼女。連続写真でお届けします(ブレブレですみません)。ソフトボールをやっていたという彼女は、球の威力もさながらコントロール抜群。体感的には8割以上のヒット率で敵を仕留めていました。おそろしや・・・。

20150603-DSC0023320150603-DSC0023420150603-DSC0023520150603-DSC0023620150603-DSC00238-2

本当に盛り上がった交歓会でした。終了後、学年全員の集合写真をパチリ!!

20150603-DSC033961-2

細かすぎてよく見えないって?ほら、拡大してもこの笑顔!

20150603-DSC033961-3 20150603-DSC033961-420150603-DSC033961-5 20150603-DSC033961-6

こんな感じで学寮1日目の夜は更けていきました。