‘鶴岡明美’ タグのついている投稿

【授業紹介】日本美術史基礎 [2019年06月12日(水)]

日本美術史教員の鶴岡です。私の担当する選択必修科目である「日本美術史基礎」について、受講生の音羽さんがレポートしてくれました。

こんにちは!歴史文化学科3年の音羽です。

今回は鶴岡明美先生の「日本美術史基礎」について紹介します。

この授業は日本で作られた建築・彫刻・絵画・工芸などの作品を、その素材や制作技法、鑑賞のきまりなどを交えて学ぶ授業です。

授業では画像付き(しかもカラー!)で日本史を学んでいない生徒にもわかりやすいレジュメと、スライドの画像を使って先生が説明してくださいます。

私は鶴岡先生のレジュメが見やすくて好きなので一年生の時に履修した日本美術史基礎(後期)・日本美術史概論のものをファイリングしてとってあります笑

現在は近畿地方の寺院建築や、仏像について学んでいます。奈良の法隆寺、薬師寺、東大寺、京都の三十三間堂など行ったことのある方も多いのではないでしょうか?ポピュラーな寺院を取り上げて説明してくださるので、行ったことのある人は授業で新たな発見があり、まだない人は授業を聞いて、行ってみたい!と思う場所が見つかること間違いなしです。

₋₋
   __
私はここ5年ほど毎年京都や奈良に旅行に行っているのですが、授業で聞いたことを思い出しながら実際に寺院や仏像を見ると、何も知らなかった時に見た時よりも感じる事が多く楽しいです!レジュメを持参したこともあります笑
こんな風に学ぶことは勿論ですが、観光をより楽しく実のあるものに出来る、感性が豊かになるような授業だと思います。
_____
レジュメを保管していただいているとは、うれしい限りです…これからもわかりやすく見やすいレジュメを作成するよう努力したいと思います。授業を通じて、日本美術についての理解を深めるとともに、実地に足を運んでみたいと思ってもらえるような授業を日々工夫していきたいです。音羽さん、ありがとうございました。

オープンキャンパス情報☆part4☆ [2018年08月02日(木)]

花火 デコメ絵文字8月のオープンキャンパス花火 デコメ絵文字

昭和女子大学では、8月18日(土)と19日(日)の2日間にわたり、オープンキャンパスを開催いたします。
両日ともに体験授業をおこないますので、ぜひ参加してみてください
また、オープンキャンパスでは歴史文化学科の先生や学生がみなさんの質問にこたえてくれます。
分からないことや知りたいことをどんどん聞いてみてください 😀  😀
皆さんのお越しをお待ちしています!!

 

818()10:00~15:00

パステル星 デコメ絵文字歴史文化学科相談ブースパステル星 デコメ絵文字
大谷津 早苗先生(日本芸能史)
【場所】8号館1階 学科ブース

 

パステル星 デコメ絵文字学科説明(11:15~11:30)パステル星 デコメ絵文字
牧野 元紀先生(東洋史)
【場所】7号館2階2L03教室

 

パステル星 デコメ絵文字体験授業(11:30~12:15)パステル星 デコメ絵文字
【場所】7号館2階2L03教室
鶴岡 明美先生(日本美術史)
タイトル:「浮世絵師活躍の場―黄表紙挿絵
授業内容:江戸時代の中頃に流行した軽い読み物、黄表紙には鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾豊斎といった浮世絵界のビックネームが多くの挿絵を提供していました。彼らが試みた実験的描写の数々を浮世絵作品と比較しましょう。

 

パステル星 デコメ絵文字AO入試受験相談パステル星 デコメ絵文字
【場所】8号館1階 学科ブース
小泉 玲子先生(日本考古学)
松田 忍先生(日本近現代史)
山本 成生先生(西洋史)

 

②8月19日(日)10:00~15:00

パステル星 デコメ絵文字歴文化学科相談ブースパステル星 デコメ絵文字
小泉 玲子先生(日本考古学)
【場所】8号館1階 学科ブース

 

パステル星 デコメ絵文字学科説明(11:15~11:30)パステル星 デコメ絵文字
松田 忍先生(日本近現代史)
【場所】7号館2階2L03教室

 

パステル星 デコメ絵文字体験授業(11:30~12:15)パステル星 デコメ絵文字
【場所】7号館2階2L03教室
大谷津 早苗先生(日本芸能史)
タイトル:「山の暮らしー椎葉村を巡見するー
授業内容:日本民俗学発祥の地と言われる宮崎県東臼杵郡椎葉村に、平成24年から毎夏学生と調査旅行に出かけています。椎葉村の山の暮らしを画像で紹介しながら、民俗の資料と調査について学んでいきます。

 

パステル星 デコメ絵文字AO入試受験相談パステル星 デコメ絵文字
【場所】8号館1階 学科ブース
鶴岡 明美先生(日本美術史)
牧野 元紀先生(東洋史)
山本 成生先生(西洋史)

 

花火 デコメ絵文字7月のオープンキャンパスの様子花火 デコメ絵文字

オープンキャンパス情報*part3* [2018年06月29日(金)]

*7月のオープンキャンパス*

オープンキャンパスでは、歴史文化学科の先生や学生がみなさんの質問にこたえてくれます。
分からないことや知りたいことをどんどん聞いてみてください!

クローバー デコメ絵文字日時:平成30年 7月22日(日) 10:00~15:00クローバー デコメ絵文字

はにわ の画像はにわ の画像はにわ の画像

 

歴史文化学科相談ブース
牧野元紀先生(東洋史)
【場所】8号館1階 学科ブース

 

学科説明(11:15~11:30)
大谷津早苗先生(日本芸能史)
【場所】7号館2階 2L03教室

 

体験授業(11:30~12:15)
松田忍先生(日本近現代史)
【場所】7号館2階 2L03教室
【タイトル】「史料解読~歴史学の基礎作業~
〔授業内容〕
今春、歴史文化学科OGの実家から発見された犬養毅の手紙。
いつ、どこで、いかなる目的で書かれた手紙なのか。
手紙に残された痕跡を丁寧に追いながら、一緒に史料の謎を解こう。
歴史学はアクティブな学問なんですよ!

 

光葉博物館見学(12:15~12:45)
【場所】7号館1階 光葉博物館
光葉博物館学芸員による施設案内

 

AO入試受験相談
【場所】8号館1階 学科ブース
木下亮先生(西洋美術史)
野口朋隆先生(日本近世史)
鶴岡明美先生(日本美術史)
山本成生先生(西洋史)

 

花 デコメ絵文字6月のオープンキャンパスの様子家電だよ。カメラ の画像花 デコメ絵文字

 

 

ぜひ、歴史文化学科の雰囲気を感じにいらしてくださいはにわ の画像はにわ の画像はにわ の画像クローバー デコメ絵文字

 

 

オープンキャンパス情報*part1* [2018年06月01日(金)]

 

●平成30年度のオープンキャンパス日程のお知らせ●
~詳細は決まり次第ご連絡します!~

6月17日(日) 10:00~15:00
7月22日(日) 10:00~15:00
8月18日(土) 10:00~15:00
8月19日(日) 10:00~15:00
10月27日(土) 13:00~16:00
12月8日(土) 13:00~16:30

 

runrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrun

 

clover体験授業を開催しますclover

6月17日(日)11:30-12:15
【文化財保存学:未来へ繋ぐ文化財】田中眞奈子先生(文化財科学)

7月22日(日)11:30-12:15
【史料解読~歴史学の基礎作業~】松田忍先生(日本近現代史)

8月18日(土)11:30-12:15
【浮世絵師活躍の場―黄表紙挿絵】鶴岡明美先生(日本美術史)

8月19日(日)11:30-12:15
【山の暮らしー椎葉村を巡見するー】大谷津早苗先生(日本芸能史)

ぜひ、歴史文化学科の授業を体感してみてください!

 

runrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrun

 

AO入試を希望する方へ
AO入試を希望する場合は、6月、7月、8月の
いずれかのオープンキャンパスにお越しください。
事前面談のうえ、必要な書類をお渡しいたします。
まずは、ご相談ください。

 

runrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrun

 

昨年の様子ですeyeshine

 

 

 

 

みなさんのお越しをお待ちしておりますhappy01

平成30年度 大学院入学式! [2018年04月04日(水)]

4月2日(月)に、

cherryblossomcherryblossom昭和女子大学大学院の入学式cherryblossomcherryblossomが行われました!

入学生のみな様おめでとうございます!

 

 

今年は2名の新入生が、
歴史文化学科の大学院にあたる、生活文化研究専攻に入学いたしました!

 

入学式の後には在学中の先輩とともに、ガイダンスがあります。
教務担当の野口先生による挨拶からはじまり、
西洋美術史ご担当の木下先生、日本美術史の鶴岡先生からも、
大学と大学院との違いや今後の研究への取り組み方について、熱くお話しくださいました。

 

 

優しく、情熱的に見守ってくださる先生方とともに、充実した研究ができるよう、
私たちも応援しています!

良い大学院生生活となりますように♩

 

(助手E)

新任の鶴岡明美先生に突撃インタビュー!! [2016年04月20日(水)]

こんにちは。歴史文化学科4年野沢春佳です。新年度が始まりましたね。1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

今回は、今年度歴史文化学科に赴任された鶴岡明美先生の下を訪れ、突撃インタビューしました。

――鶴岡先生が単独でご担当になる授業を教えて下さい。

前期は演習の他日本美術史基礎と日本美術史概論を担当します。日本美術とか日本文化って日本に住んでいて触れているようで触れていないものだと思うんです。高校までの授業でも歴史の政治面が中心で、文化は軽く触れて終わりという傾向があるでしょう。でも、皆さんにはぜひ一度は知ってもらいたい。勉強してもらいたいです。授業の中でも、専門的なことがらに加え、背景にある歴史や文化にも満遍なく触れていくようにしています。ぜひとっていただきたいですね。

――第一回の授業を終えての学生の印象はいかがでしたか?

今年度は一年生のクラスアドバイザーも受け持っているのですが、真面目な学生が多いですね。きちんとした礼儀正しい方が多いという印象です。協力的でコメントもたくさんいただけるのでうれしいです。

――鶴岡先生のご専門は日本美術史ですよね。

そうですね。特に江戸時代後期から幕末の作品に興味を持って研究・調査をしています。

――ぜひ詳しく教えてください。

最初私が興味を持ったのは、実景(実際に存在する景色)を題材にした作品です。実景というのは、今はスケッチなど当たり前に使われる表現ですね。日本が開国して伝わった技法だと考えられているんですが、江戸中期にはもうすでに実景の作品が描かれているんですよ。それが面白いなぁと、谷文晁という画家の作品を中心に学位論文を書きました。

――最初ですか?その後どのようにご研究は広がっていらっしゃるのですか?

実景については一区切りついたところで…次に別のテーマを探しました。そこで取り上げたのは黄表紙の挿絵です。黄表紙というと戯作という文学のジャンルで、挿絵を取り上げた研究はあまり盛んではないんですよ。そこで挿絵の中に描かれている看板や屏風などの文言に焦点を当てて研究してみようと。

――どうして、戯作を取り上げようと思ったんですか?

黄表紙は当時のトレンドブックのような立ち位置でもあった大衆向けの読み物のです。文学作品としての研究はたくさんされているのですが、挿絵はほとんど触れられません。でも、挿絵の中にもユーモアやパロディがたくさん盛り込まれてるんですよ。全ての作品を通して、様々な点から研究ができるのではないかと、今も試行錯誤をして研究をすすめています。

――(実際に黄表紙の作品を説明していただいて)一ページの中で文章と挿絵が密接に関わっているんですね。挿絵というと児童文学とか絵本をイメージしてしまうけど全然違いますね…!

でしょう?今の学生さんはイラストとテキストの融合を抵抗なく受け入れられる世代になってきてますからね。興味持ってくれるんじゃないかな。

――他にも何か取り組んでいらっしゃるんですか?

実は今足立区立郷土博物館の文化財調査にも参加させていただいてるんです。これまでの調査の成果を「美と知性の宝庫足立―酒井抱一・谷文晁とその弟子たち―」という展覧会で紹介しています。5月22日まで開催しています。最初に取り上げた谷文晁の作品やお弟子さんの作品が足立区にはたくさん残されていて…。これから調べを進めることでもっと新しいことが分かっていくかも…と期待してるんです。

――ちなみに、お休みには何をされてるんですか?

私趣味がないんですよ(笑)。もともと絵をみることが趣味で、美術館や博物館を訪れていたんですけど、でもそれ仕事になっちゃったから(笑)面白そうな展覧会があれば京都でも秋田でも、日帰りでどこへでも行っちゃいますね

――旅行お好きなんですか?

「どこかへ行ったりするのは好きですね。乗り物だと鉄道が好きです。」

――鉄道ですか!?

飛行機より電車派です。青函トンネルとかすごいんですよ。本州と北海道だと景色が全く違うんです。そういう景色がすこしずつ変化していくことが分かるのがすごくいいんです。鉄道旅行の醍醐味ですね!

――では、最後に学生に一言お願いします。

まだまだ分からないことがあるので、助けてもらいたい気持ちでいっぱいです。どうぞよろしくお願いします。

P4154012_R

「研究のことになると熱く語ってしまうんです」と鶴岡先生。とても楽しい時間を過ごさせていただきました!ご協力ありがとうございました!

新入生を歓迎する夕食会を開催いたしました! [2016年04月07日(木)]

こんにちは!松田忍(日本近現代史)です。

4月7日で新入生のガイダンス行事が終わりました。今年歴史文化学科に入学したのは90名であり、全員が欠席することなく、学びへの準備を進めました。

その様子を振り返ってみたいと思います。

まずは4月4日には歴文の上級生が企画する新入生歓迎「夕食会」が開催されました。

開会の挨拶を告げつつ、夕食会を準備してきたサブリーダーから乾杯の挨拶。

DSCN9975_R_RDSCN9989_R_R

かんぱーい!!(ソフトドリンクです!)

金尾朗副学長と増澤史子人間文化学部長の御挨拶……DSCN9979_R_R

DSCN9982_R_R

そして・・・

DSCN5663_R_R

夕食会準備を一生懸命おこなってきた歴文の新3年生からも歓迎の挨拶です!

夕食会は各テーブルを10人程度で囲む立食パーティ形式でした。各テーブルの様子をのぞいてみましょう。

DSC04143_R_R

まずは野口朋隆先生(日本近世史)のテーブル。新入生と上級生でいろいろな情報交換がなされたようです。

DSC04139_R_R

みんなのアイドル、小野寺拓也先生(西洋近現代史)。「この写真は載せるな!」といわれたのですが、それすなわち「載せろ!」という意味だと解釈して掲載します(ニヤリ)。

DSCN0013_R_R

吉成薫先生(エジプト史学)もこの表情。楽しそうですね!

DSCN0017_R_R

今年4月から着任された鶴岡明美先生(日本美術史・中央奥)も、早くも新入生の輪の中心に!

DSC04148_R_R

教職担当の緩利誠先生(教育学)も歴文の夕食会にかけつけてくださいました!

その他のテーブルのようす……!

DSC04140_R_RDSC04145_R_R

会の後半になると、先輩たちから歴文紹介のプレゼン、三軒茶屋紹介のプレゼンがなされ、そして、恒例のクイズ大会へ!DSCN0008_R_R

出題されたのは・・・

昭和女子大学の建学の精神は?? 【正解】世の光となろう

歴史文化学科のキーワードは?? 【正解】手で考え、足で見る

といった基本問題や先生方の顔当てクイズなどでした。

上位3チームには学科長の菊池誠一先生(ベトナム考古学)から賞品が!

DSCN0032_R_RDSCN0038_R_R

DSCN0043_R

4月から着任された金子朝子学長の御挨拶。ご自身の学生時代の体験を面白おかしく話してくださりながら、知識を活用していくことの重要性を伝えて下さいました。新入生達も真剣に聞き入っていましたよ!

〆は新3年生の夕食会リーダーの挨拶。金子学長も暖かく見守ってくださっています。

DSC04174_R

新入生に聞いてみると、夕食会で新しく話すことができた友だちもたくさんいるとのことで、本当に開催して良かったなと思っています。3ヵ月かけて準備して下さった上級生のみなさま、本当にありがとうございます。君らの気持ちはしっかり伝わったと思うよ!