授業紹介

生活科教育法の授業でこども園園児と落ち葉を楽しむ [2020年01月14日(火)]

12月12日に、昭和女子大学初等教育学科の教職を目指す2年生約50名の学生とこども園の園児とで、秋を楽しみました。5名の学生が落ち葉を使った授業を企画し、その計画に従ってグループを作って昭和女子大学内にある庭園「昭和之泉」を散策しました。

ネイチャーゲーム・サイレントウォーク

「ここから先には魔法がかけられています。人が入ったことが分かると魔法がとけてしまいます。だから気付かれないように声を出さないで入っていきましょう。」という呼びかけで自然観察をするネイチャーゲームの一つ、「サイレントウォーク」というプログラムです。大学生と子どもは、指のサインで面白いものや不思議なものを指しながらゆっくりコースを歩きます。

この日はとても温かい晴れの日で、池の反射光があずまやの天井に映り、水紋が揺らめく幻燈が見られました。池には冬鳥のマガモが泳いでいました。プラタナスの大きな葉っぱを踏んだり、ごつごつした木の幹を一緒にさわったりしながら進みカーブを曲がると、突然黄色いじゅうたんがまぶしく広がります。一面のイチョウの落ち葉です。そこがゴールで、大学生と子どもは、見たものを声に出して確認しあいます。

落ち葉拾い

落ち葉拾いのために大学生は新聞紙で全員分の肩掛けバックをつくっていました。子どもたちはそこに自分のコレクションを入れていきます。イチョウの落ち葉拾いの後、ケヤキ、サクラと続きます。特に美しかったのがイロハモミジでした。上も下も赤かったので、子どもの頬も赤く染まっていました。子どもは夢中になってひろっていました。

 

バックに入れる落ち葉を選ぶ時に、子どもは落ち葉をよく観察します。色味がグラデーションになっていること、葉の張り具合、切れ込みの入り方などを見て、お気に入りの葉っぱを大切にしまいます。そして、種類によって質感が違うことを指先で感じます。イチョウはしっとり、桜はふにゃっと、ケヤキはパリッとしています。気に入った落ち葉が見つかると友達や大学生に嬉しそうに見せていました。このような経験が、植物の葉を見て分類する能力の基礎になるのです。

王冠作り

あらかじめ大学生が準備した台紙に両面テープで落ち葉を張っていきます。大学生が両面テープの剥離紙をはがしてあげたり、デザインの相談に乗ってあげたりしていました。葉を張った後は、紙を筒状にしてホチキスで輪ゴムをとめて完成です。素敵な作品ができて、子どもたちは嬉しそうにかぶって楽しんでいました。

秋祭りでの交流に続き2回目だったので、大学生と子どもたちはより仲良くなれ、手をつないだり一緒に遊んだりする様子が見られました。このような交流は、教職を目指す学生にとって大変よい機会です。また、子ども一人に大学生一人がつくことができ、目が行きとどいていたので、こども園の先生方にも喜んでもらえました。

魔法ってなに?

ネイチャーゲームの時に「魔法がかけられています」と言ったことを書きましたが、魔法とは何でしょう。魔法ごっこでしょうと思うかもしれませんが、この日のモミジの美しさは本当に魔法のようでした。魔法がかけられているみたいと思ったところにアンダーラインを引きました。秋深まり、北の国からやってくる美しいマガモや、水紋の揺らめき、落ち葉のグラデーション。自然は私たちに素敵な贈り物を届けてくれるのです。しかし、時間の移ろいと共に魔法はいつかとけてしまいます。旬を逃さないように! そのためには、旬をキャッチする感性が大切ですね。

昭和女子大学 しらす

 

 

 

 

 

 

 

 

石巻報告 [2019年12月25日(水)]

昭和女子大学初等教育学科の教職を目指す4年生6名で地域連携型プロジェクトとして、宮城県石巻市を訪れました。やまがた『科学の花咲く』プロジェクト(山形大学)主催・東北大学理学部・大学院理学研究科共催・石巻市教育委員会等後援の「科学で東北を盛り上げ隊!@石巻」にブース出展するためです。

 

石巻市立大川小学校から学ぶ

プロジェクト前日の11月23日(土)、東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が犠牲になった石巻市大川小旧校舎をガイドの方に案内してもらいました。石巻市は鎮魂・伝承・震災遺構として大川小学校を保存することを決定しましています。

校舎の壊れ方から津波のエネルギーの大きさが分かります。鉄骨がむき出しになっているところやコンクリートが根元から折れているところがありました。特に引き波で破壊されたそうです。

学校の横には山があり、シイタケ栽培の道があって子どもたちが山に行くこともありました。津波の高さは7mでしたが、すぐそばの山に登れば助かったはずなのです。

私たちは、その山の斜面の津波到達点に立ちました。グラウンドからすぐで、走れば1分もかからない場所です。

その後、私たちはたくさんの命を救った日和山に行きました。

日和山に設置されていた看板には、缶詰工場で働いていた方が作業服のまま雪が降る中海の方を見ている写真がありました。この山には近くの小学校の子どもも登ってきたそうです。そして、缶詰工場の方も近くの小学校の子も全員無事だったのです。無事だった理由についてガイドの方は、避難訓練のことを取り上げて説明してくれました。どちらも日ごろから避難訓練を行っていたとのことです。このことは、教職を目指すものにとって考えさせられることでした。

 

「科学の花咲く」プロジェクト

11月24日(日)、山形大学、昭和女子大学の他、東北芸術工科大学、東北大学、東京学芸大学附属高等学校などから、約120人のスタッフが「こもれびの降る丘遊楽館」に集い、子どもたちを待ちうけました。

昭和女子大学初等教育学科生は、ボランティアなどを通して子どもと関わる経験を積んできました。そして、科学工作を通して科学の不思議さや面白さを感じてもらえるプログラムを開発してきました。ハスの葉っぱが水をはじく水玉の科学絵本を読み、防水加工を施したフエルト布の上で水玉を転がして遊んだ後、水時計をつくります。ただ作るだけでなく、水がどこから落ちて空気がどこからあがっていっているのか考えてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

水が落ちると下の容器の空気がおされて、もう1つのストローから上がっていきます。これが泡として見えているのです。動きがあって面白いので、子どもたちは何度もひっくり返して動きを楽しみ原理に迫っていきました。

各ブースを訪れた人の数は延べ人数で2,692人で、昨年より多くの来場者があったそうです。石巻の皆さんに喜んでもらえてよかったです。

 

 

 

昭和女子大学 しらす

いざ保育実習へ!! [2019年02月28日(木)]

幼児教育コースの2年生は、ちょうどいま保育実習に励んでいます!

今回ご紹介するのは実習前に行われた「保育実習の指導ⅠA」の授業。実習に向けて作成した手作りの教材を使い、保育者役・子ども役になり、ロールプレイを行いました。保育者役を経験することはもちろん、子どもの目になって見つめ、感じることも大切な経験です。

エプロンシアター、パネルシアター、手袋シアターなど、子どもたちが楽しんでくれるよう、心をこめて作りました。力作ぞろいです!

実践のあとは、良かった点・改善したほうが良い点を学生どうしで伝えあいました。友だちの目だからこそ、気づくことも多くあります。仲間の力は大きいですね。

初めての実習はドキドキしたと思いますが、逞しくなったみなさんを待っています!

☆学部共通科目、学科共通科目も充実☆ [2019年01月25日(金)]

前記事で、本学科の、学問としての教育・保育学への取り組みについてご紹介しました。

実はちょうど今、2年生が研究関心に合わせて「教育学演習Ⅰ」「同Ⅱ」の担当教員を決める(すなわち、ゼミを決める)時期で、とても迷っている様子です。

本学科で学生がゼミ決めに迷うのは当然のこと。なぜなら、教育・保育学は、心理学、社会学、歴史学、哲学、法学、行政学、経営学・・・等々、多様な学問の応用分野として成立しているからです。このように多様な分野を背景に研究テーマを定めるのは、容易なことではありません。

そして、このような多様性はまた、初等教育学科での学びの特徴でもあります。隣接する心理学科、福祉社会学科、現代教養学科にも教育・保育や子どもに関する研究をしている先生が多数いらっしゃり、初等教育学科の「学部共通科目」として隣接学科の授業を受講することができるようになっています。是非、隣接学科の先生方の研究テーマもご覧ください。

心理学科の先生方→https://content.swu.ac.jp/shinri/about/

福祉社会学科の先生方→https://swuhp.swu.ac.jp/university/fukushi/teachers/

現代教養学科の先生方→https://swuhp.swu.ac.jp/university/gendai/facultymembers.html

さらに本学科の「学科共通科目」では、本学科専任教員に加え、多分野にわたる非常勤講師の先生方をお招きしており、学生はそれらの授業を通して教育教養を深めることができます。

本学科が「人間社会学部」の中にあることにも、実は重要な意味がある、ということですね。

ゼミ決めに迷っている2年生のみなさんも、免許・資格関連授業に加え、これまで受講してきた学部共通科目、学科共通科目の授業内容を振り返ってみて、自身の研究構想を練ってみて下さい!

学問としての教育・保育学もじっくり学びます! [2019年01月24日(木)]

初等教育学科では、本年度、小学校教員採用試験、公務員(保育士)試験の合格率、私立幼稚園内定率において輝かしい結果を残したことをこのブログ上でもお伝えしてきました。

 

小学校教員採用試験合格率→ https://univ.swu.ac.jp/topics/2018/12/04/29288/

公務員(保育士)試験合格率→ https://content.swu.ac.jp/shokyo-blog/2019/01/17/goukaku/

 

このような教員・保育士養成の実績を誇る本学科ですが、学問としての教育学、保育学も「教育学基礎演習Ⅰ」「同Ⅱ」「教育学演習Ⅰ」「同Ⅱ」と、4年間を通してじっくり学ぶようなカリキュラムとなっています。アクティブ・ラーニングが重視されている中、「調べる→書く→発表し議論する→さらに調べる・・・」というらせん型の探究力は、大学生や社会人としてのみならず、教育・保育者としての資質・能力としても重要度を増し続けているからです。

私たちと一緒に、学問としての「教育」「保育」について探究していきましょう!

本学科教員の専門分野については、以下のURLをご参照下さい!

https://gyouseki.swu.ac.jp/swuhp/KgApp?courc=224

☆遠足の練習もしています☆―特別活動の指導法― [2019年01月23日(水)]

児童教育コースの必修科目である「特別活動の指導法」では、例年、模擬授業として遠足の練習「模擬遠足」を実施しています!

「模擬遠足」は、『特別活動の理論と実践~生活指導の機能を生かす~』(長沼豊ほか編著、電気書院、2018年)においても紹介されている校外引率行事の演習です。長沼教授(学習院大学)によって練り上げられた実践で、履修学生全員がグループになって遠足プランを立て、投票決戦に勝ったグループが教員役、それ以外の学生が児童生徒役として、実際に遠足を行うというものです。

 

日ごろからPBLを重視している初等教育学科では、この「模擬遠足」をもう一ひねり。投票によって1位に選ばれたグループではなく、惜しくも2位となったグループが教員役を担い、1位グループのプランに従って実際に実地踏査(下見)と引率を行います。特別活動の学校行事は、学校、保護者、地域等の方針の下で協力して行うことが多く、教員としては、予め決められた条件や環境の中でいかに工夫していくかという能力が大切になるからです。

今年度は11月下旬から1月初旬にかけ計5回に渡って行われ、科学技術館、がすてなーに、そなエリア東京、井の頭恩賜公園、浅草寺など、東京都を含む首都圏の小学校の遠足や社会科見学で実際に使用される施設、場所に向かいました。担当大学教員(歌川光一専任講師)は集合から解散まで見守り、終了後に大学で振り返りという流れとなります。基本的に電車での移動となるので、教員役の学生は、混雑する三軒茶屋駅から児童役の学生を安全に電車に乗せるにも一苦労です。

 

いざ終えてみて、振り返りでの教員役の学生の感想は毎回同じ・・・「遠足」と聞けば楽しそうだけれど、引率してもらうのと引率するのでは大違い!そして、単に児童を自由にして楽しませるのではなく、何かを学んでもらうためには、綿密な準備と明確な教育目標の共有が必要だということ!!一度「学校」という空間を離れて、「教育」しようと試みるからこそわかることです。また、遠足や修学旅行において何気なく乗ってきた「貸し切りバス」が、移動手段以上の力を発揮していることにも気づきます。

この授業を通じて、単に引率に慣れるということではなく、大学の教職課程で何を深めていくか、ボランティアや実習で先輩の先生方のどこを見習えばよいかなど、視点を鍛えていってくれればと思います。

生徒・進路指導の授業にも力を入れています! [2019年01月18日(金)]

 初等教育学科では、毎年多くの学生が小学校の教壇に立っているからこそ、即戦力のある学生の育成を目指しています。今回は、主に3年生が履修する「生徒・進路指導の研究」の授業を紹介します!

この日の授業では、「教室から先生の持ち物がなくなった」というトラブルの事例をもとに、指導方法を考えました。
 最初に、事例の概略が示されます。そこから、疑問に思ったことを質問します。この質問によって、関連する情報が集まっていきます。トラブルの全体像がつかめたところで、一人ひとりがクラスの担任になったつもりで、このあとどのような対応が必要かを考えました。その後、自分の考えをもちよって、グループで対応策を共有していきます。指導そのものをいつ始めたらいいのか、集団への指導と個人への指導はどうするのかなど、時系列で整理していきます。最後に、グループごと発表し、総評となります。

 今回、視点の中に「記録を録る」ことや「管理職(学年主任)への報告・相談」がなかった点、「スクールカウンセラーの活用」について補足を教員が行いました。

 

 

生活科の授業 [2018年07月11日(水)]

6月7日、3年生が昭和こども園を訪れ、科学工作を楽しみました。

作ったのはゴムの力でくるくる回るコップ。

事前にみんなで練習し、子どもたちに教えながら、回転させて一緒に遊ぶことができました。

昭和こども園との連携の深まりは、学生の学びの深まりともなっています。

 

 

篆刻実習 [2018年03月14日(水)]

昨年、12月、書写を学ぶ授業で篆刻をしました。

9㎜角の小さな印材に、自分の名前の一番上の平仮名一字を刻むという実習です。できあがった篆刻印は、色紙など小さな仮名の作品や年賀状、絵手紙に使います。

ほとんどの学生は初めての実習でしたが、左手に小さな印材、右手に印刀を持ちながら、篆刻に集中。器用な学生は15分程で仕上げます。そして、それぞれの作品に初めて印泥をつけ、白い和紙に捺して仕上がりを見ます。「できあがり!」「もう一度~」「わあーすごい!」「私のよりよくできてる~」と悲喜こもごも。

 

できあがった篆刻印には、印袴と呼ばれるキャップも作りました。学生たちはやがて教育保育の現場に出て、「ものを大切にする」ことを子どもに教えますので、印面を保護する印袴作りで、その心を養います。材料は別の授業で和本を製作した時の端紙です。残りものでも、華やかな友禅紙。紅梅、白梅、桜、牡丹、菊、そして紅葉。花も恥じらう乙女にふさわしいものができました。

 

皆の篆刻印を一枚の和紙にまとめ、12月最後の授業で披露しました。(T.T)

2年生 家庭の授業風景 [2018年02月13日(火)]

小学校教員を目指す児童教育コースでは、2年生で「家庭」の授業があります!

この授業では小学校の家庭科における様々な領域を学生で分担し、

自分で資料をまとめて、授業で発表しています!

少人数だからこそアットホームな雰囲気です!

1月から2月はミシンを使って作品製作をしています。

エプロンやクッションなどを作っています!

A.S

「比較教育」の授業でブリティッシュスクールを訪問 [2017年12月25日(月)]

11月24日(金)

「比較教育」を履修している学生有志7名が、

キャンパス内にあるブリティシュスクール(The British School)を訪問した。

学生たちは3つのグループに分かれ、小学校6年生の日本語クラスを参観した。

「ブリティシュスクールではどのような授業が行われているのか」

「そこから私たちが学ぶことは何か」等がテーマである。

 

「比較教育」を履修している中国からの留学生2名も参加した。

中国からの留学生、Hさんが訪問したクラスは子どもの人数が8名。

教室には教卓はなく、子どもたちも固定の席ではなく自由に座っていた。

授業も60パーセントの時間は子どもたちが自主的に発言を行っていた。

 

ブリティシュスクールの教室には自由な雰囲気があふれていると感じた。

そして、この自由な雰囲気の中で子どもたちの自主性や創造性が育まれていることを感じた。

「生活科教育法」でこども園に出かけ園児と一緒に活動しました [2017年12月14日(木)]

石膏で作った貝に色をつけているところ

 

葉書きに乗せて、折り紙などで飾りました

 

秋を感じる落ち葉や木の枝で「〇×ゲーム」

 

木の実を使った「まと入れゲーム」 お正月を意識した「福笑い」

 

学生が考えたプログラムを実際に子ども園で実施してみることで、様々な気づきがありました。

こども園の子どもたちも、たくさんの活動ができて、とても楽しめたようでした。

同じキャンパスで過ごしているので、これからも一緒に活動することができそうです。