3年生古都研修 [2018年10月16日(火)]

10月3日㈬から6日㈯までの3年生古都研修は、無事終わりを迎えました。

東京は少し寒かった初日、奈良県ではお天気に恵まれスタートすることが出来ました。石舞台古墳、高松塚古墳、飛鳥寺を見学した後、信貴山玉蔵院へ向かいました。

珍しい精進料理に舌鼓を打ち、夕食後は座禅体験をして心を見つめることが出来ました。

  

 

2日目は残念ながら雨でしたが、法隆寺、東大寺南大門の後、奈良公園で沢山の可愛い鹿に囲まれ大賑わいの昭和生でした。

 

各部屋ごとに鍋をつついた楽しい夕飯の後、夜は友禅染体験をしました。生徒一人ひとりの個性が現れる、素敵なハンカチに仕上がりました。

 

3日目は自分で選択した、4つのコース別京都巡りです。

Aコース源氏物語ゆかりの地

渡月橋、野宮神社、落柿舎、化野念仏寺、鳥居本町並み

  

 

 

 

Bコース三千院と源平家ゆかりの地

鞍馬、下賀茂神社、貴船神社、三千院

 

 

Cコース名庭

龍安寺、仁和寺、清凉寺、野宮神社、大河内山荘、渡月橋

 

 

 

Dコース豊臣家ゆかりの地

伏見稲荷、醍醐寺、川端通り、建仁寺、花見小路、八坂神社、知恩院三門

 

 

どのコースも生徒は、とてもいい顔をしています。

そして、4つのコースが河村能楽堂に集結して、お能体験をしました。

とても貴重なお面をかぶせていただいたり、着物も着せていただきました。

 

 

最終日は金閣寺、銀閣寺、清水寺を見た後、お土産を沢山買い、最後の京都での時間を目一杯楽しみました。

 

お世話になった方々にご挨拶し、感謝の気持ちを伝えました。そして遠くまで迎えに来てくださった保護者の皆さま、ありがとうございました。