2020年8月

高級寿司店新規事業立ち上げプロジェクト [2020年08月19日(水)]

こんにちは!

今回は3年生3チームと4年生アドバイザーの計20人で、2020夏から取り組みを始めた「高級寿司店新規事業立ち上げプロジェクト」の初回オリエンテーションについてお話します。

 

オリエンテーション当日は社長から直に詳しくお話を伺うことができ、チーム内で目的や方向性を共有することができました。

厨房見学では、食材や調理方法へのこだわりや工夫を学ぶことができました。

調理現場はなかなか見られないので貴重な経験になりました。

社長は学生の質問に快く答えていただき、厨房に立つ職人さんの温かな雰囲気や、江戸前ならではの心意気を感じました。

 

厨房見学後、実際にお店で提供されているお寿司を頂きました。その美しい見た目と美味しさに学生全員が感動しました。調理工程を見させていただいたこともあり、食材の一つ一つにこだわりを持って作られたお寿司の美味しさを嚙みしめながら、時間をかけて頂きました。

オリエンテーション全体を通して、社長と職人の方々には大変多くの質問をさせていただき、快くお話していただきました。多くの人にお店を知ってもらいたいという社長と職人さんの思いと、お寿司の美味しさをお客様に届けることを目標に、プロジェクトに精一杯取り組みたいと改めて考えました。そのために、私達は大学での学びを活かして、パッケージデザインを含めたマーケティングプラン提案に力を入れさせていただきます。

 

社長はじめ職人の皆さま、貴重なお話ありがとうございました。

 

学科3年生 Y・S

【授業紹介】プレゼンテーション演習 最終授業風景 [2020年08月17日(月)]

皆さん、こんにちは!

今回は、食安全マネジメント学科3年生前期の選択科目「プレゼンテーション演習」の授業についてお話します。

プレゼンテーション演習は、就職活動の面接でよく聞かれる質問に対して自分と向き合いながら答えを探し毎授業ごとにペアでフィードバックを行いながら答えを改善したり、魅力的な資料作成術と実際に行う際に気を付けるべきポイントを学び実践する授業です。

プレゼンテーションの資料作成術では、社内資料作成のコツと社外資料作成のコツの違いや話し方の注意点も学ぶことができ、豆知識として緊張を和らげる方法なども伝授してもらえるため、就職活動や会社に入った際にも役立つ知識ばかりです。

授業の最後にはグループ面接形式で質問に答える1分間スピーチと自分で考えてまとめたプレゼンテーションを行います。今年はコロナウイルスの影響でオンライン授業となったため、最終発表以外の授業はZoomで行われました。

 

 

 

 

 

  1分間スピーチの様子                                                    プレゼンテーションの様子

1分間スピーチでは、先生からの質問に答える様子が録画され、後で見返せる工夫がしてあり、自分では気づかない癖を見直す機会となりました。

プレゼンテーションでは、これまで学んだ知識を活かし資料作成から発表を通し自分の提案をするという社会で役立つ経験が出来ました。

今回この授業を通して、プレゼンテーションをする際には準備が大切ということや自分の癖を知っておくこと、聞きやすく分かりやすい説明をすること、ジェスチャーの有効性など多くの知識・技術を習得することが出来ました。また、ペアワーク相手へフィードバックをすることで、相手のどこを見るのかという面接官の視点も経験することができました。今回授業で学んだことを今後の就職活動や社会に出た際に役立てていきます。ありがとうございました!

 

学科3年生 M・S

新入生の集いが開催されました。 [2020年08月14日(金)]

7月24日の金曜日に、入学式に代わり「新入生の集い」が開催されました。

私たち新入生は、入学以来一度もキャンパスに足を踏み入れておらず、学科の先生方・友人と実際に顔を合わせたことがなかったので、当日は不安があるのと同時に、期待に胸を膨らませていました。

第一部は人見記念講堂で行われ、バッハのトッカータとフーガの音楽から始まり、坂東先生の祝辞、様々な先生方からのお言葉がありました。どれもがとても素晴らしく、私たち新入生を凄く歓迎してくださっているのが伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

第二部は学科のクラスごとに行われ、初めてクラスの友人と顔を合わせました。今までは、オンライン上でしか顔を合わせる機会がなかったので、とても新鮮で嬉しかったです。クラスでは、担任の青木先生のお話と学科長の曽田先生のお話がありました。お話を聞き、早く対面での授業をしたいという思いが強くなりました。また、残念ながら「新入生の集い」に参加できず、オンラインでの参加の人もいたので、みんなで同じ教室で講義を受けられる日が待ち遠しいなと思いました。

新型コロナウイルスの影響は大きく、前期の授業はすべてオンラインでした。対面での授業ができなく新しい環境で、まだ戸惑いや不慣れなことがありますが、精一杯講義や課題など頑張っていきたいです。

「新入生の集い」はとても刺激的で貴重な機会でした。

対面での授業や、またクラスのみんなと会える日を楽しみにしています。

「新入生の集い」を開催してくださりありがとうございました!

 

学科1年生 K・H

【授業内講演】コンシューマーマーケティング(3年生) [2020年08月12日(水)]

7月20日(月)、3年生必修科目の「コンシューマーマーケティング」で株式会社TNCの小祝様をお招きし、「世界の食潮流」について講演していただきました。

この講演では、コロナ渦に伴う食スタイルの変化、スパイシー需要の高まり、SDGsに沿った提案、五感を活用したエンターテイメント性の追求など、自分の情報収集では知りえない最先端の海外トレンドを深く学びました。

 

例えば、コロナ渦に伴う食スタイルの変化。

世界全体で自粛生活が進み、家で過ごす時間が増えたことで、食との関わり方も変移していきました。それに付随し、以下のサービスが支持されているそうです。

 

それは、

・種や苗の需要増→供給不安解消のために、食物を自家栽培する。(アメリカ)

・お菓子やパン作りキットの販売→心を癒すため。家族と共同作業をするため。(アメリカ)

・ヨーグルトや納豆の発酵家電が人気→自宅で免疫力を向上させる食物をつくる。(中国)

・ミシュランシェフのオンライン講座→単調になりやすい自宅調理をより贅沢に楽しむ。(スペイン)

・高栄養レディミールが人気→ゲームやパソコン作業などの合間に、手軽に栄養を確保できる。(アメリカ)

…などです。

 

時流に沿った消費者ニーズを、どうサービスに落とし込むのか。

この講演では、サービスの具体例から、そのような抽象的な思考を身につけることが出来たと考えています。

 

また、食を愛してやまない人が多い食安全マネジメント学科にとって、今回の講演は有意義な学びになりました。

 

小祝様、貴重なお話をありがとうございました。

 

学科3年生 Y.O

【授業紹介】起業・スモールビジネス論(4年生) [2020年08月11日(火)]

皆さん、こんにちは!

今回は、7月9日に起業・スモールビジネス論の授業内に行われたパネルディスカッションについてお話します。

起業・スモールビジネス論は、食安全マネジメント学科4年生前期で受講できる科目です。起業案のある学生起業家1名に2~3名の学生サポーターが付き、講義内容を参考にしながらディスカッションを行って起業案策定をする授業です。今年はコロナウイルスの影響で前期がオンライン授業となったため、この授業も全てzoomで行われました。

7月9日の授業では、実際に起業されている3名の女性をお招きしてオンラインでのパネルディスカッションが行われました。

【パネリスト】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起業に至った理由やビジネスコンセプト、集客方法、SNSなどの活用方法などなど…実際に起業されているからこそ分かる苦労話やアドバイスをお話していただきました。

今回のパネルディスカッションを通して、起業する際には人脈や知識、経験が大切であると分かりました。また、最初から自分の思い描く全てをやろうとはせず、少しずつ積み重ねていくこと、やりながら調整していくことが大切なのだと学びました。

私自身、カフェの経営をすることが大学入学前からの夢だったので、こういったお話を聞くことができてとても良かったなと思っています。今回のパネルディスカッションによって、カフェをやりたい気持ちが前よりも大きくなりました。その為に、まずはお金を貯めながら必要なことを勉強したり、人脈作りに力を入れたいなと思います。

貴重なお話をしてくださったパネリストの皆さん、パネルディスカッションを用意してくださった先生に感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございました!!

 

学科4年生 N・M