エジンバラの空から~留学便り①~ [2012年10月21日(日)]

【授業および大学での活動】

一日に2~3クラス。基本的には月、火、木曜日がafternoon classを含む3クラスで、それ以外は2クラスのみでクラスは午前中に終了。Morning class は到着後すぐに行ったクラス分けテストを基にしてグループ分けされたクラスで授業を受ける。クラスは1から9までで9が一番ハイレベル。(私は現在レベル7で少人数クラス)授業内容は基本的にボストン昭和とあまり変わらず、基礎的なグラマー、ボキャブラリーや熟語など。すべてのクラスに関して言えることは個人で学習するよりもグループワークを主流としていること。したがってクラス内でのプレゼンテーションなどは毎回最低2人以上で行う。Afternoon classは選択で2週間ごとに変更可能。例としてart, British life styleなど。アイエルツ対策やacademic Englishなども選択可能。私が選択したart classはレベルが高く、グループでのディスカッションなど、比較的大学の講義に近いものだった。

その他オプショナルで大学主催の観光ツアー、ヒストリートークなど、休日に限らず様々なイベントに参加可能。値段もそれほど高くなく、大学からエジンバラで行われるイベント、または観劇についての情報ももらえるので、観光やコンサートレポートの面では良いサポートが受けられる。

 気がついた点として、今期は比較的日本からの留学生が多い。しかし、たくさんの生徒と授業を通して交流が深められ、お互いの文化を知りあう良い機会となっている。