2012年11月

シアトルの空から Another Sky ~留学便り③~ [2012年11月30日(金)]

【授業および大学での活動】
ISAYA Discovery Course, IEPの授業が始まり、現在勉強と課題で忙しい毎日を送っています。Discovery Courseで課題として出される英文記事は単語、内容共に難しく、授業の合間の空き時間の殆どはこの英文記事を読む時間にあてています。未だに辞書が必要であったり、読み終えるために多くの時間を要したりしていますが、授業が始まったころに比べると、長文への苦手意識が少し少なくなってきた気がします。通常授業、課題に加え、現在はファイナルプロジェクトへの準備もしています。二人、三人もしくは四人のグループを作り、持続可能性をテーマにファイナルペーパー、プレゼンテーションへの土台作りを進めているところです。

英コミ:満足度断トツの数字を獲得!
https://swuhp.swu.ac.jp/university/eng-com/n&t.html#a

シアトルの空から~留学便り⑲~ [2012年11月29日(木)]

【寮での生活】
最近ルームメイトの一人がとても汚いので困っています。たとえば、使ったお皿を置きっぱなしにしていたり、ごみを出しっぱなしにしていたり、トイレの使い方などにも品がありません。また、共用スペースのリビングに自分のスーツケースや洗剤などの私物を置いていて、場所を取っています。ほかの人の気持ちを考えられていませんね。これもカルチャーショックの一環だと思います。小さい頃から人の気持ちを考えるようにと教えられた私たちとは違いますね。私は日本の文化を誇りに思います。でも文化の違う人と一緒に住むことはとても貴重な経験だなと思うので、たくさんのことを吸収したいです。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
この間シネマで映画を見てきました。アメリカの映画は日本に比べて安いので手軽に見に行くことができます。そして英語の勉強にもなるのでとてもよい休日の過ごし方です。10月も終わり、家の周りや大学の中の紅葉がとてもきれいです。シアトルに来た時の桜を思い返すと、気づかぬうちに月日がこんなにも経過していたのだなと思います。この6か月ではたくさんの経験をし、たくさんの人に出会い、私の考え方に大きな影響を与えました。正直、自分でもびっくりしています。日本に帰ってからスムーズに就職活動ができるように、これからは将来の夢やこれからどう過ごしていくかという人生のことを具体的に考えて行こうと思います。そして、今やるべきことを精一杯やり、日々を大切に過ごしていきたいです。

英コミ:満足度断トツの数字を獲得!
https://swuhp.swu.ac.jp/university/eng-com/n&t.html#a

面接を突破する効果的な自己プレゼンテーション [2012年11月28日(水)]

英コミ3年生対象の英コミキャリアイベント「面接を突破する効果的な自己プレゼンテーション」を開催します。
いよいよ12月からは就職活動解禁です。しっかりと準備して臨みましょう!
(T.I.)

シアトルの空から~留学便り⑱~ [2012年11月28日(水)]

【授業および大学での活動】
私は今とても大変な時期を迎えています。期待でいっぱいだったアメリカの現地学生と一緒の授業ですが最近では少し憂鬱です。クイズセクションのクラスメイトは自分のことを考えるのが精いっぱいで冷たいように感じます。そして、ISAYAのクラスでは私の苦手な経済や行政を学んでいます。日本でのまったくの知識がない上に英語なので大変です。でもISAYAでは日本人のクラスメイトが助けてくれます。冬のクオーターではレギュラーのクラスが二つになるのでさらに大変になりますね。宿題は教科書などの読みが毎日あり、たまに映画を見ることもあります。それをやってこないと授業の内容がつかみにくいです。また、この間中間テストがありました。最近授業をパスできなかったらどうしようという不安に駆られていますが、できるかぎり頑張りたいと思います。できないことに落ち込むばかりではなく、できる方法を考えたいです。そして自分のできるところを伸ばしていきたいです。

英コミ:満足度断トツの数字を獲得!
https://swuhp.swu.ac.jp/university/eng-com/n&t.html#a

ダブリンの空から~留学便り④~ [2012年11月27日(火)]

【ホームステイでの生活】
10月中旬から、私のステイ先にスペイン人の女の子が加わりました。その子は、Dublinの保育園で働いていて、私より断然英語もぺらぺら。ホストファミリーはスペインにアパートを持っているので、スペインの知識もあって…最初はその子と自分の会話力を比べてしまっていましたが、私に積極的に話かけてくれたり、私のつたない英語を理解してくれたりしてくれます。ホストファミリーもなかなか適した言葉が出てこない私をせかさずに、待ってくれ、たまに言葉を間違って使うと直してくれることはもちろん、正確な使い方を教えてくれます。また、Academic Englishではない英語の使い回しを教えてくれるので、語彙力を広げるのにもとても役立っています。スペイン人の女の子が加わったことによって、会話の幅がもっと広がり、アイルランドにいるのに、スペインの知識も増えるという不思議な現象が起きています。10月初め(この家に来た頃)と比べると、断然ホストと会話する時間が増え、さらに仲良くなれている気がします。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
今月の旅行は、コークというアイルランドの南の地区と、モーハの断崖(世界遺産)を見に行きました。二つとも1日旅行だったので、朝早く家を出て、夜遅くに帰宅という過酷なスケジュールですが、どちらとも楽しむことができました。モーハの断崖の旅行のせいで、鼻かぜをひきましたが…あとは、10月29日に行われたDublin Marathonに参加してきました。今回は前回のBoston Marathonとちがって1人での参加。1人で走る26 Mileは思った以上に孤独でしたが、やっぱり終わった後の達成感は気持ちよかったです。ちなみに完走するまでに4時間55分かかりました。10月に20歳になった記念にと思い挑戦を思い立ったフルマラソン、無謀かなと思ったけれど、無事走りきることが出来て一安心です。

英コミ:満足度断トツの数字を獲得!
https://swuhp.swu.ac.jp/university/eng-com/n&t.html#a

ダブリンの空から~留学便り③~ [2012年11月26日(月)]

【授業および大学での活動】
先週から、Final Essayを書き始めました。Final Essayは今まで、週1で500字や750字のWritingが宿題としてだされていたのですが、1000字を書くのはなかなか難しいです。ただEssayを書くのではなく、自分の意見を支持してくれ、信頼できるものにするために、internetを使って資料を探すのですが、その時には速読の力が必要です。そして、文章を見つけたら見つけたで、自分の言葉に置き換えなければなりません。Final Essayは今まで勉強してきたAcademic Skillの総まとめ。みんなそれぞれ自分のmajorに関連するタイトルを選び、書いています。私は「日本の文化が海外に与える影響」というタイトルです。

英コミ:満足度断トツの数字を獲得!満足度断トツの数字を獲得!
https://swuhp.swu.ac.jp/university/eng-com/n&t.html#a

エジンバラの空から~留学便り④~ [2012年11月25日(日)]

【寮での生活】
私は寮ではなく、ホストファミリーとのホームステイですが、今のところ問題なく快適に生活しています。インターネットも不自由なく使える環境にあり、心配していた食事もホストマザーが料理上手な方なので、こちらもまったく問題がありませんでした。私のステイ先は私の他にも頻繁に他国からの学生を受け入れているらしく、この間までドイツ、オーストリア、ルーマニアからの交換留学生と一緒に生活をしていました。その他にもホストファミリーの家族の訪問があったり、夕食はとてもにぎやかで楽しいです。今は一緒にステイしている学生はいませんが、ホストファミリーとは主に夕食時に会話をし、彼らがエジンバラ出身なのでエジンバラでのイベントや旅行へ行く際にお勧めの観光スポットを教えてもらったりしています。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他】
10月末にOctober breakがあったので、ロンドンまで旅行へ行ってきました。ロンドンはエジンバラとはまた違った都会の雰囲気が魅力で、現代的な都市の中に古くからの建造物が映える非常に美しい街でした。中でもイギリスの中だけでなくヨーロッパでの歴史を誇るセント・ポール・カシードロはその荘厳な雰囲気に圧倒されました。イギリスへのSAF留学を考えている方はぜひ滞在中に一度はロンドンを訪れてみてはいかがでしょうか。

英コミ:満足度断トツの数字を獲得!
https://swuhp.swu.ac.jp/university/eng-com/n&t.html#a

エジンバラの空から~留学便り③~ [2012年11月24日(土)]

【授業および大学での活動】
大学の授業は現在で1term終了となり、私は現在クラスの先生の推薦で上のクラスにあがることができました。Termごとに新入生の追加やテストによってクラス替えがあり、2週間ごとに変更可能なafternoon classの内容も変わるので、授業に飽きることがないのが魅力です。今期選択したbetter listening courseでは海外のドラマやイギリスのテレビショーに焦点を置き、リスニング力の向上を図るという内容で、授業を通して実際に自分のリスニングが伸びたことを実感できました。大学では正規の授業の他にも稀に全クラス合同のactivityがあり、先週行われたstory tellingでは、学生一人ひとりが自国のfolk taleを持ち寄り、座談会形式でお互いのstoryをシェアするという、非常に興味深いものでした。最近行われた課外活動はボストン昭和と同様、エジンバラキャンパスでも大学主催のハロウィーンパーティーがありました。このキャンパスで授業を受け始めてから、まだ文法や時制の間違いは多々あるものの自分の英語力の上達を感じ、とても嬉しく思います。大学のクラスや課外活動を通して今では沢山の友達ができ、毎日楽しい学校生活を送っています。日本が現在様々な国際問題を抱えているなか、他の生徒と自分たちの国籍に関係なく仲良くできるということは本当に素晴らしいことだと思います。

英コミ:満足度断トツの数字を獲得!
https://swuhp.swu.ac.jp/university/eng-com/n&t.html#a

BSTによる特殊研究講座 [2012年11月20日(火)]

11月21日(水)3限、3・4年生を対象にした特殊研究講座を開催します。
BST(British School in Tokyo)校長先生Kirsten O’Connorを講師にお迎えし、「Sharing a tea break: A Japan UK connection」というタイトルでお話しいただきます。
期待して清聴しましょう。
(T.I.)

英コミ:満足度断トツの数字を獲得!
https://swuhp.swu.ac.jp/university/eng-com/n&t.html#a

秋桜際(ボストン展示・ホームカミング・人見杯) [2012年11月15日(木)]

秋桜際に大勢のご来場、誠にありがとうございました。
ボストン展示はいかがだったでしょうか?
ホームカミングには卒業生も集い、懐かしの2S03を訪ねてくださいました。
旧友や恩師との再会、話の弾む様子が伺えました。
(川平先生、古澤先生、相原先生、ゴドレー先生がお見えになりました。)
人見杯の優勝と合わせてHappy daysを過ごすことができました。
(T.I.)

英コミ在学生調査:満足度断トツの数字!
詳しくはhttps://swuhp.swu.ac.jp/university/eng-com/n&t.html#a