2020年2月

モスク(東京ジャーミィ:東京・代々木上原) 訪問【学生レポート】 [2020年02月28日(金)]

こんにちは。
英コミ4年のヒナコです。

1月8日に4年生は卒論の提出がありましたが、私はイスラム教をテーマに研究し、
改めて異文化について考えました。
所属ゼミの杉橋先生に日本最大のモスクに行こうとお誘いをいただき、
2月14日に、ゼミで東京ジャーミィへ行ってきました!

 

 

代々木上原にある東京ジャーミィは日本最大のトルコ系のモスクです。
そこは「異空間」で、まさに「異文化」でした。
事前にツアーを予約して、ガイドさんからイスラム教や関連のお話を沢山して頂きました。

中でも印象的だったのが、チューリップのお話でした。
はじめに「チューリップはどこの国の花だと思う?」とガイドさんに聞かれ、
オランダだとばかり思っていた私は、答えがトルコだと教わり衝撃を受けました。
トルコ原産のチューリップがヨーロッパ人を魅了し持ち帰られ広まったそうです。
モスク内だけでもあらゆる壁面、タイル、お皿などに沢山描かれていました。

 

 

チューリップだけでなく、数字や算数、医学など、現代生活の基礎と言えるものの多くが
中東発祥でヨーロッパに広まったそうです。
私以外にもヨーロッパ発祥だと勘違いしてる人は沢山いるだろうなーと感じました。

私がずっと疑問に思っていた、なぜイスラム教は四足歩行する動物の中でも
「豚」を食べることが禁止されているのかについてもお話を聞きました。
そもそも四足歩行、哺乳類が人間にとって危険とされていたことを今回初めて知りました。
同じ哺乳類同士だと菌や病気が移りやすいんだそうです。
鳥インフルエンザやSARS、更には今話題のコロナウィルスまでもが動物発祥であると知ったのもあり、
このお話にはとても納得してしまいました。
まだまだ沢山のお話を聞きましたが、キリがないのでこのあたりで終わりにします。

「イスラム教って深い」、「宗教って深い」と改めて感じ、「卒論もまた書きたいかも?」、
なんて思ってしまいました!中東地域の旅行も実現させたいなと思います。
モスクに魅了されることはもちろん、その他に学ぶことも多いのでぜひツアー付で行くことをオススメします!!インスタ映えにもなるのでぜひ!

次はこれから10か月韓国に留学に行くチアキです。

今回のモスク訪問からは学ぶことがたくさんありました。

 

 

上のヒナコさんも触れている豚肉のお話を通して、
普段、自分の生活が動物の命をいただいて成り立っていること、
また私のものの見方はヨーロッパ(欧米)の影響を受けていることに改めて気付かされました。
そして、広い視野を持つ必要があると感じ、私にとって貴重な経験となりました。
先生からのお誘いがなければモスクに行くことなく、卒業していたかもしれません。
ありがとうございました。

韓国に行ってからも、自分の持っているステレオタイプに捉われず、視野を広げてこようと思います。

Congratulations on your achievement! [2020年02月13日(木)]

先日、一般入試(A日程、B日程)の合格発表が行われました。
合格した皆さん、おめでとうございます。

私たち英語コミュニケーション学科(通称英コミ)は、英語とコミュニケーションの力を磨き専門性を培うカリキュラムを通して、国内そして世界で活躍できる女性の育成を目指しています。
カリキュラムには留学が組み込まれていて、米国ボストンや認定留学先で学ぶことが可能となっています。
また、留学前・留学中・留学後と段階的・体系的に学びを深められるように作られている点も特長です。

認定留学先はテンプル大学ジャパンキャンパスのみならず、北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアなど、世界各地にあります。
英語がグローバル言語となって全世界的に大学がグローバル化されていく中、非英語圏の認定留学先でも英語のみで行われる大学の学部授業を受講できます。
学科としてもサポートしていきますので、認定留学を考えている方は入学直後から準備していきましょう。

英コミでの学びを実り多いものにするには、大学4年間の目標を決め、実現のために努力することが必要です。
そのためには、中学校や高校で学んできた英語の文法や語彙はとても重要です。入学前に復習しておきましょう。
また、教養と専門分野の学びの扉あるいは留学への意識づけとして、図書やwebsiteなどを活用した自律的学習もお勧めします。
ここでいくつかの図書・websiteをご紹介します。

1.角野栄子(著)、ファンタジーが生まれるとき―『魔女の宅急便』とわたし、岩波ジュニア新書、2004
2.池上嘉彦(著)、英語の感覚・日本語の感覚―“ことばの意味”のしくみ、NHKブックス、2006
3.石田英敬(著)、自分と未来のつくり方:情報産業社会を生きる、岩波ジュニア新書、2010
4.PBS Frontline, A Class Divided [https://www.pbs.org/wgbh/frontline/film/class-divided/] *米国での人種教育に関するドキュメンタリー
5.NPR All things considered, [https://www.npr.org/programs/all-things-considered/] *米国の公共ラジオ番組。アメリカの今が知れます。
6.CNN [edition.cnn.com] 米国のケーブルネットワーク。世界の今が知れます。

英コミでは、たくさんの出会いと機会が皆さんを待っています。
それを見つけ出し、つかみとり、十分に味わい、さらには誰かと分かち合うために、今、入学前の時間を有意義に使ってください。
4月に皆さんをお迎えできることを心待ちにしています。

英コミ・アドミッション担当

2/12 内定者懇談会【学生レポート②】 [2020年02月13日(木)]

こんにちは。
英語コミュニケーション学科4年のシオリです。

2月12日、就活に励む3年生へ向けた内定者懇談会が行われました。

私を含めた5人の4年生が、ESの書き方や失敗談などの就活のアレコレを赤裸々にお話ししました。

 

 

他の就活生が就活を通してどのような問題に直面し、それをどのように乗り越えたかといった内容は、
就活を終えた身としても非常に興味深かったです。

また、他4人の内定者の話を聞き、就活への挑み方は千差万別で、
ひとつの正解はないということを改めて実感しました。

私たちの経験談が少しでも、参加してくれた皆さんの力になったら幸いです。

苦しいことも少なくない就職活動ですが、ひとりだけで全てを背負い込まず、
周りの人と助け合いながら自分のペースで臨んでください。

心より応援しています。

 

【他4年生からのコメント】

モモコです。懇談会では、3年生は話を聞きながら一生懸命メモを取ったりと、熱心に就職活動に取り組んでいる様子が伺えました。その熱量を最後まで忘れずに。私も応援しています!
アヤカです。3年生はみんな真剣に就活について考えている様子が伺えました。これから辛いこと、やらなきゃいけないことも増えると思いますが、希望の職種につけるよう頑張ってください。応援しています。

2/12 内定者懇談会【学生レポート①】 [2020年02月13日(木)]

こんにちは!
英語コミュニケーション学科3年のナツキです。

本日、英語コミュニケーション学科主催の内定者懇談会に参加しました。

 

 

懇談会では、4年生の先輩方から就職活動のアドバイスをいただき、
とても参考になりました。業界の絞り方、業界研究の仕方、ESの書き方、
面接で気をつけることなど、
就職活動の一連の流れのポイントを教えていただきました。

私は特にESの書き方と面接で気をつけるべきことが勉強になりました。

ESでは、志望動機を書く際に会社の社風に合わせて書くと良いこと、
ゼミの活動では協調性や向上心を絡めて書くところが大切であることが参考になりました。

面接では、「貴社をとても調べています」というアピールをすること、
逆質問を準備しておくことなど、前もって対策していくことが
面接を成功させる一番の方法だと知りました。

 

 

今回の内定者懇談会を通して就職活動へ気持ちが引き締まるのと同時に、
先輩方も不安や失敗があったことを知り、
私達が不安なのは当たり前だと受け入れることができました。

私事ですが、明日選考があります。
先輩方のお話を明日の選考に活かし頑張りたいと思います。

2/6 第2回Prezi講習会【学生レポート】 [2020年02月13日(木)]

こんにちは。
英語コミュニケーション学科1年のアンナです。

 

 

2月6日、第2回Prezi講習会が行われました。
(10月に開催された第1回レポートはこちら

Preziとは、Web上で無料で使えるプレゼンテーションツールで、
1つの大きなボードに自分の好きなスライドを詰め込む形で作成します。
詰め込んだスライドをズームインしたりズームアウトしたりして
動きのあるプレゼンテーションになるのが特徴です。

 

 

私は学寮でPreziを使ったプレゼンテーションを見て、とても魅力的だけど
Power Pointとは違って使いこなすのが難しそうという印象を持っていました。

しかし、英語コミュニケーション学科3年で講師のマヤさんとアカネさんが
わかりやすく説明してくださったので、楽しくPreziについて学ぶことができました。
今回Preziを使ったプレゼンテーションに挑戦してみて、思っていたより難しくなかったし、
楽しく作成することができました。
Preziをさらに上手に活用できれば魅力的なプレゼンテーションができるようになると思うので、
これを機に授業などでもPreziを活用していきたいと思いました。

マヤさんアカネさんありがとうございました!