卒業生も特殊研究講座を聴講! [2016年06月02日(木)]

7期の卒業生が二人で大学に顔を見せてくれました。

ちょうど、今日の特殊研究講座が開催される時間に現れ、久しぶりの「特研」を堪能してくれたようでした。

そうです。卒業生も特殊研究講座への聴講は可能です。

今日のテーマは、同志社大学大学院 内藤正典教授による「イスラム教徒の素顔を知ろう―平和な世界を取り戻すために」でした。
後期の特殊研究講座は、10月26日(水) 15時半~17時、テーマは、栃木県立美術館学芸課長 小勝禮子氏による「戦間期の美術―女性画家を中心に(仮題)」です。
関心のある人は、久しぶりに「特研」を楽しみませんか。
学科に連絡(cla-net@swu.ac.jp)をくださっても、ふらっと訪ねてくださってもいいですよ。

 

「足跡カード」に二人が書いてくださった足跡を紹介します。

*卒業後、初めて来ました。新卒で務めた不動産会社も4年目となり、現在、主任として頑張っています。
現代教養学科2015年卒のHさんも、同じ職場で働いています。
久しぶりの大学はとても懐かしいです。4年間楽しかったなーと振り返っています。また、遊びに来ます!(S.S.)

*久しぶりに来校しました。思いがけず特殊研究講座を受けてさせて頂いて、勉強になりました。ありがとうございます。仕事を退職し、心機一転、大学院や教員採用試験を視野に入れて、受験勉強中、それにも役立ちそうなお話でした。受験、頑張ります!!(K.K.)

IMG_5860