ボストンサマーセッション(2) [2016年11月02日(水)]

こんにちは!現代教養学科の二年生です。私は今年の夏、サマーセッションプログラムに参加しました。この記事で、ボストンに留学をしたいと思っている方へのあと押しができたらいいなと思っています。

私が昭和ボストンでの一か月間専攻したのはホスピタリティーという分野でした。日常会話などの英語に加え、アメリカでのホスピタリティーを学びながら語学も学ぶことができました。このクラスは15人と少人数だったため、全員と交流でき、仲を深めることができました。昭和ボストンでの通常授業に加え、校外でのアクティビティーとしてホテル、JAL、ホスピタリティー学科のある大学、B&B、旅行代理店など、旅行では決して訪れることのできない場所を見学してきました。

中でも印象に残っているのがB&Bです。日本ではほとんど耳にすることはないですが、アメリカではポピュラーな宿泊施設の一つとして親しまれています。Bed and Breakfast の略で日本のペンションのような感覚に似ています。家具や装飾は一つひとつにオーナーさんのこだわりがあり、お客さんからの要望もすぐにフィードバックするよう心がけていました。ホテルと比べオーナーさんとの距離が近いのが魅力だと感じました。このプログラムで実際に体感しなければわからない日本とアメリカのホスピタリティーの違いを学ぶことができ、貴重な体験ができたと感じました。

授業は毎日ぎっしりとあるわけではないので放課後にもボストン市内に遊びに出かけたり、外食をしたりできました。たった4週間という短い期間でしたが、るるぶに載っているようなボストンの観光スポットはほとんど巡れたと思います。

長いようで短い4週間の留学でしたが語学を学べることだけではなく、国境を越えた様々な人たちとの交流ができ、自分の視野を広げられたと感じています。短期間の留学で何も得られずに帰るのでは…と心配していましたが、終わった今ではボストンに行って本当によかったと感じています。

ボストン2

ボストン3ボストン4