梅の花満開の中「したのや縁日」開催! [2018年03月13日(火)]

こんにちは!鶴田ゼミ3年の小林です。
以前ブログでお知らせした「したのや縁日」を3月4日(日)に下の谷商店街で開催しました。今回はその報告をします。

皆さんは下の谷をご存知ですか?太子堂2丁目付近、三軒茶屋の数ある商店街の中でも歴史のある下の谷商店街周辺が「下の谷」。近くにはかつて用水だった烏山川緑道があります。
さて、「したのや縁日」は2007年から下の谷で毎年行っているお祭りです。下の谷と新しい「ご縁」を結ぶという意味を込めて、「したのや縁日」と名付けられています。

【作成した当日配布のチラシ】

今回はイベントを通して、地域の方々の交流を図るだけでなく、下の谷町会の活動を知ってもらいたい、御神輿を担ぐ団体の会員を募集したい、という第2の目的もあり、写真のような当日配布のチラシも作成しました。
事前にインタビューをさせて頂き、まず私たちから下の谷のことを知ることから始め、どうやって若い方へ関心をもってもらうか、議論をして、なんとか当日までに印刷完了。

【準備風景:作成したチラシを折ったり…】

イベント当日は、餅つき、焼きそば・豚汁、レモネード販売、こども向けワークショップ、地域のキャラクター“せたがやじん”とチラシ配布を分担しながら、地域の方々をお手伝いする形で準備から参加しました。
11時半からいよいよイベント「したのや縁日」スタート!
天気にも恵まれたくさんの方に来場していただきました!!

【つきたてのお餅には長蛇の列・・】

 

【町会名物の豚汁・焼きそばも大人気!】

 

【 「まち図鑑」をつくるワークショップもたくさんのこどもが参加】

 

【せたがやじんもイベントを盛り上げてくれました!】

こどもから大人まで年齢性別関係なく交流できることがイベントの魅力!と、改めて感じました。
今回、したのや縁日に参加してくれた方々が少しでも、このイベントをきっかけに地域に親しみをもつようになってくれたら嬉しいです!!

【ありがとうございました!!】

最後に、したのや縁日に来てくださった皆様と、イベントの準備から協力をしてくださった下の谷町会、睦会、下の谷商店街の方々に心から感謝を申し上げます。

(記事:3年小林)