優しい先輩達に囲まれて 〜 新入生からの感想、感動と感謝の言葉 ~ [2018年04月10日(火)]

4月3日に開催された夕食会の流れ:

司会による開会挨拶に続き、学長・昭和ボストン学長・副学長と学部長の挨拶の後、司会から立食パーティーの意義とマナーが説明され、夕食会は開始しました。フリータイムと食事時間の後はアイスブレイクゲームが行われ、さらに新入生を対象としたアンケート調査で得られた質問に対して先輩方が中心に、レスポンスしてくださいました。

新入生から:

昭和女子大学は都心にありながら緑が豊かで、リラックスして勉強できる環境にあります!先生方や先輩方から、現代教養学科でどのようなことを学び、どう成長できるかなどのお話を聞いて授業が本当に楽しみになりました。何より、先輩方が私達新入生を優しく明るく迎えてくださったことがとても嬉しかったです!
先輩方からは、授業の履修やその内容、そして7月に行われる宿泊行事の学寮と留学のことについて、さらにサークル活動などたくさんのことを親切に教えていただきました。何といっても、楽しい企画を用意してくださり、面白く司会進行する先輩方を見て将来人前で堂々と話すことのできる人になりたいと心から思いました!

 

入学式の次の日ということもあり、緊張していましたが、これから昭和女子大学で過ごす4年間がとてもとても楽しみになりました!優しく頼もしい先輩方、本当にどうもありがとうございました!

(記事:1年・折田+笠)

 

4月6日に開催された上級生主催懇談会の流れ:

先輩方による開会挨拶と自己紹介に続いて、食事・歓談をしながら、学科のプロジェクトやアクティビティの紹介および充実した大学生活に関するアドバイスが行われました。食事後は、先生方のこと、大学・学科での学びや三軒茶屋という素敵な街などに関するクイズ大会が催され、素敵な賞品も付いて大いに盛り上がりました。

新入生から:

上級生主催懇談会では、先輩方が大学生活について様々なことを教えてくださいました。プロジェクト活動についての説明やクイズを通してたくさんのことを知り、もっと昭和女子大学のことを知りたい!と思うようになりました。

グループ対抗のクイズ大会では、始終笑いが起こり、緊張もほぐれて会話も一層弾みました。授業の履修や大学以外の時間など、今までとは全く違う生活に不安もありましたが、先輩方の和気あいあいとした雰囲気に心が和み、とても楽しい時間でした!私たちのために素敵な懇談会を開いてくださり、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました!

(記事:1年・中川+岸本)