現代教養学科『活躍賞』・『優秀論文賞』について

現代教養学科では、平成29年度に学科学生のためにお使い下さいと、個人からご寄付を頂きました。

ご寄付は、まず贈呈者の意向を汲んで奨学金として使わせて頂き、さらに熱心に学業や大学生活に取り組んでいる学生たちのために使わせて頂くことにしました。
その結果、あらたに学科独自の「賞」をつくり学生たちの励みとしたいと考えました。

まず、毎年2月に開催する優秀論文発表会で「秀」論文に選ばれた学生に対し、表彰状と記念の盾と副賞を授与することとし、平成29年度に第一号となる学生を2名選び、授与しました。

加えて、学科ではPBL教育に力を入れてきていることから、今年度4月から、4年次学生を対象とした「活躍賞」を創設しました。すでに4年次生の中から2名を選び、「活躍賞」を授与しました。

1年~3年次まで、学業以外にも積極的に様々な活動に関わり自分磨きを行い、学科内外で活躍された4年次学生の中から優れた活躍をしたと認められる学生を2名が選ばれました。

今後も現代教養学科の学生たちの活躍を期待し、学生たちの学びの成果、成長ぶりを評価し、大いに羽ばたいてもらおうと考えております。

(記事:学科長 瀬沼)