授業紹介

ポーランドについて新たな発見!~「地域研究B」授業紹介~ [2019年01月18日(金)]

こんにちは!2年の水野です。
12月20日に志摩先生の「地域研究B」の授業内でワルシャワ大学日本語学科のJoanna Mechlinskaさんにポーランドについてお話しいただきました!

ポーランドの文化、歴史、生活、ワルシャワ大学の生活、さらに日本とポーランドの関係性について知ることができました。

ポーランド語の発音やポーランドの伝統音楽を現代音楽に組み合わせた音楽を詳しく紹介してくださいました。しかしポーランド語は世界で一番難しい言語だといわれている通り本当に難しく、私はポーランド語でこんにちはさえも発音が難しすぎて言えませんでした!

特に興味深かったことはポーランドの生活についてです。講義の時期がクリスマス直前だったこともあり、ポーランドのクリスマスの過ごし方と日本のクリスマスの違いの差に改めて驚きました。私のイメージしていたヨーロッパのクリスマスはチキンを食べる、ケンタッキーのCMにありそうなものでした。しかしポーランドのイヴではお肉を食べず、鯉を食べるそうです。いつのまにか自分の中で偏見を持っていたことに反省もしつつ、新たな発見でした。

実はポーランドはとても親日国で有名です。その例として、ワルシャワ大学日本語学科は歴史のある学科であり、今年で百周年です。二年生で日本語の文法、ひらがな、カタカナ、漢字を習得するそうです。そのためヨアンナさんはとても日本語が上手で驚きました。

また茶道や座禅などの日本文化など、私たちでも普段体験しないような日本文化を授業内で実施しています。お話を聞いていて日本人なのに全然日本文化を楽しんでいないなと感じ、ヨアンナさんのように自分自身自信を持って自国のことを伝えられる人になろう!と感じました。

最後に受講している生徒全員と志摩先生からヨアンナさんにお礼としてプレゼントを送った時に、とても喜んでくださいました。ちなみに私は和紙に包まれたお茶漬けを渡しました。ヨアンナさんのおかげで素敵な2018年最後の授業を受けることができました!

(記事:2B水野)

1月12日(土)にアート・マネージメントコンサートを開催します! [2019年01月11日(金)]

現代教養学科の専門科目「アート・マネージメント」では、授業の実践として毎年クラシック・コンサートを学生の企画・運営で開催しています。
1月12日(土)に、その集大成であるコンサートをグリーンホールで開催します。

当日券もありますので、ご興味のある方は是非お越しください!

今年度は篠笛をメインに据え、箏とギターとのアンサンブルでプログラムを構成いたしました。お囃子の笛ではなく、きちんとした楽曲を演奏する篠笛の音色をお楽しみいただけるコンサートです。
篠笛も箏もギターも一流の奏者の方に来て頂きます。
当日券もございますので、ご興味のある方は是非お越しください!

2018年度 第12回 昭和女子大生が贈る すべてが手作りの本格的なコンサート「篠笛で広がるおとの世界」
1st Stage ~篠笛の世界へ~
2nd Stage ~織りなすおと~

2019年1月12日(土)
13:30 開場 14:00 開演
会場:昭和女子大学内 グリーンホール
チケット:500円(全席自由)

 

アート・マネージメントについて詳しくはこちらもご覧ください!

 

現代教養学科の授業を紹介します③~人口動態と社会~ [2018年12月25日(火)]

私は前期に履修した粕谷先生の「人口動態と社会」の授業について紹介します。

この授業内容は人口の動態をグラフや表から読み取り考察していきます。取り上げるテーマは労働や健康、生活など幅広く、一つのテーマに偏ることなくまんべんなく学ぶことができます。この授業ではそれぞれが事前に教科書にあるグラフや表を見て人口の変化の原因を考え、グラフや表から読み取るだけでなくその背景を含め、本やインターネットを利用しより深く考察します。そして授業の際に自分の考えを発表しクラス全体で共有します。

最終課題として教科書の中で授業では扱われなかった表やグラフをそれぞれが選び、そこから読み取れることをもとにレポートを作成。さらに授業内で自分がまとめた内容について発表します。レポートでは既存のデータをもとに自分で表やグラフを作成するのですが、その際に一次資料を利用するという条件があります。そのため資料の検索や活用方法も授業の中で学ぶことができます。また、ほかの人の発表を聞くことでさまざまなテーマについて学ぶことができますし、自分が興味のなかったテーマでも他の人の発表を聞くことによって考える機会が生まれます。発表の後に質問タイムがありさらに理解を深めることができます。

この授業の魅力は一つには、それぞれが考える時間があることです。自分で考えることによって授業の理解度が高くなりますし、また、自分の考えを発表することによって周りの人と意見の交換ができることも魅力です。私は、他の人の意見を聞くことによって自分が気づかなかったことに気づくことができたとともに、他の人の考察からいろいろと学ぶことができました。

二つ目にはテーマの幅が広いことも挙げられます。幅広いテーマを学ぶことができるため自分の関心の幅が広がり、いろいろなテーマを学ぶ中で現代の問題点などが見えてきます。この授業で学んだことは他の授業にも生かされていると思います。この授業で取り上げた内容が他の授業でも取り上げられることが多くあったため、最終課題はとても苦労しましたが、レポートのつくり方や資料の利用の仕方などさまざまなことを学ぶことができました。

2B 本間

現代教養学科の授業を紹介します②~エスニシティ論~ [2018年12月21日(金)]

2年の髙橋です。
私のおすすめの授業を紹介します。

フフバートル先生の「エスニシティ論」です。

この授業は、1冊の書籍を輪読(※数人が一つの本を順番に読んで解釈し、問題点について論じあったりすること)をします。
担当になった部分を詳しく読み、解釈した内容や自分の考えをレジュメにして発表しました。

少し難しい内容ではありましたが、普段あまり触れることのない「エスニシティ」という内容について考えることができて、とても有意義な時間を過ごすことができたと思います。

エスニシティとは、「民族性」というような意味で、言語や宗教などの文化を共有する民族の意識(アイデンティティ)のことです。「国家」や「民族」といった枠組みの中で「エスニシティ」とは何か考えていく授業でした。

また、書籍を読んでまとめて発表するという作業は、卒論を書く練習にもなったかなと思います。

(記事:2年髙橋)

現代教養学科の授業を紹介します~プロジェクト・ファシリテーション~ [2018年12月21日(金)]

2年の島名です。

現代教養学科の授業を紹介します。
天笠先生が担当する「プロジェクト・ファシリテーション」という授業です。

「本授業では、現代社会におけるプロジェクトの役割とその価値について理解し、現代教養学科で展開する各種プロジェクトに参加する上で、必要な知識やスキル・態度をアクティブラーニングの中で実践的に身につける。」とシラバスにあり、プロジェクトの役割などについて学び、後半ではグループを作り、新たなプロジェクトの企画プレゼンテーションを行います。

このグループ分けは、エゴグラムという無料の性格診断を利用して学生それぞれの性格タイプを割り出し、すべてのグループにできるだけ均等に様々な性格の人が振り分けられるようになっています。そのため、グループワークをしていく中でそれぞれの役割や立ち位置などが自然と決まっていき面白さを感じました。

グループを組んだ直後に行ったバラバラになった雑誌のページをそろえる作業では、初めの一定時間は言葉を発してはいけないというルールがあったのですが、全く会話をしていないにも関わらず、ページの組み合わせを探す人、順番の分かったものから並べていく人、机の上を整理する人など役割分担が自然と行われていたことが非常に印象に残っています。

そして本題であるプロジェクトの企画では、各個人が考えてきた大枠から1つを選びグループでブラッシュアップをし、授業内で他のグループに向けてパワーポイントを利用してプレゼンをするという流れです。個人で考えてくる枠組みにそれぞれの個性が表れていて面白く、ブラッシュアップをし、授業内で他のグループに向けてパワーポイントを利用してプレゼンをするという流れでした。ブラッシュアップの段階でも自分では考えつかない案を持ってくる人がいて非常に刺激的でした。

また、作業をしていく上での連絡手段をメールやLINEではなく、chat workというビジネス向けのチャットアプリを利用することで、企業でのプロジェクトに近い環境を体感することができました。最終発表では、他のグループのプロジェクトを見て様々な人のアイディアを知ることができるため、今後企画をする機会があった際に発想やプレゼンの仕方が参考にできるのではないかと感じました。

このように現代教養学科では、PBL科目(課題解決型学習「Project-Based Learning」)でProjectの実施に必要なプロジェクト・ファシリテーションやPRの知識を身につけることが出来ます。多くの学生がプロジェクトに参加しているので、授業で習得した知識を実践で活かす経験をしています。

(記事:2年島名)

【教職課程】介護等体験について紹介します! [2018年12月10日(月)]

2年の千葉です。

わたしは現在、教職課程を履修しています。

今回は教職の科目である介護等体験について紹介したいと思います!

小学校と中学校の教員免許取得のためには「介護等体験」が必修です。

「なぜ教員なのに介護?」と疑問を持った方も多いですよね?

そんな方に向けて介護等体験のはじまりや、わたしの体験記を紹介していきたいと思います!

まずは教職課程において介護等体験は「体験によって人の心の痛みを理解し、人間1人1人が違った能力や個性を有していることを知る。介護等体験を自分の体験として持ち、その体験を教育の現場に活かすことによって各人の価値観の相違を認められる心を持った人づくりの実現」のために20年前に導入されました。

「実習」とは異なり、学んだことを実践するわけではなく、体験を通じて身に持って感じることが目的です。

社会福祉施設5日・特別支援学校2日の計7日、介護等体験をすることになっています!

 

説明はこのへんにしておいて…(笑)

わたしは10月に高齢者在宅サービスセンター、11月に特別支援学校に介護等体験に行きました!

高齢者サービスセンターでは、主に利用者さんとお話しをし、職員の方のお手伝いをしました。最初は緊張しましたが、施設の方に優しく、気さくに話しかけていただきました!

午前・午後の体操を一緒に行い、利用者の方のお誕生会にも参加させていただき、とても楽しい5日間になりました☆

特別支援学校では学習発表会のお手伝いをしました。それぞれ担当のクラスがあり、担任の先生の指導の下、児童の誘導をしたり、休み時間に一緒に遊んだりしました。特別支援学校では先生方が連携・協力して、児童の安全・学びをサポートしているのがとても印象的でした。

発表会にも参加させていただき、児童と一緒に楽しむことができました!

短い期間でしたが、介護等体験で学んだことをこれからの大学生活にいかしていきたいです!

(記事:2年千葉)

【図書館学課程】「情報サービス論」授業紹介 [2018年08月24日(金)]

「情報サービス論」は、図書館学課程の授業(司書資格を取得するための必修科目)の1つです。

レファレンスサービスをはじめとした図書館における情報サービスの種類と概要、図書館を利用する人たちの情報要求にどう答えていくかなどを学びました。

前期の授業で私たちは、POPを作成しました。POPとは図書館や本屋さんにある本を紹介している紙のカードのことを言います。作ってみて、どのような言葉を使えば伝わりやすいのか、考えることがとても難しかったです。また、どんなデザインが目に付きやすいのかも悩みました。

この授業を通して、司書は図書館利用者がより情報を得られるようにサポートする役目であり、どのように情報を提供するべきかを学ぶことができました。これから演習の授業に進んでいくので、この授業をもとにさらに勉強していきたいと思います。

現代教養学科3年
大木、中野

【グローバル・スタディーズ】オープンセミナーに参加しました! [2018年08月09日(木)]

志摩ゼミ4年小林です。

7月21日(土)に私達はグローバル・スタディーズ・グループの定例行事であるオープンセミナーに参加しました。今回は前回のオープンセミナーでもお世話になった外部講師の森田さんに、「バルカン半島地域の歴史と文化を現地の子ども戦争博物館とつないで生中継で伝える」というテーマでお話を伺いました。

ヨーロッパの一国、ボスニア・ヘルツェゴビナでサッカーを通して国境を無くすというプロジェクトに取り組む森田さんによる貴重なお話を数多く聞く事が出来ました。また、今回は森田さんだけでなくボスニア・ヘルツェゴビナからの留学生や研究中の先生をお招きし、さらには現地の日本人留学生とスカイプを繋ぐという新たな試みも行いました。

ボスニア・ヘルツェゴビナという国は日本人にとってあまり馴染みのない国かもしれませんが、ヨーロッパの火薬庫、第一次世界大戦の時に起きたサラエヴォ事件と聞くとピンと来る方もいるかもしれません。

そんなボスニア・ヘルツェゴビナはかつてユーゴスラビアという国の一部で、ユーゴスラビアから独立して今のかたちとなりました。しかし、この国は主にセルビア人とクロアチア人とボスニャク人の三民族が暮らしているのですが、独立したものの国内で民族対立が勃発し、やがて紛争へと発展しました。

紛争は最近まで行われており、今は終戦したものの、未だ民族対立の考えは消えないと森田さんは言います。

今回の講師である森田さんや留学生の方は紛争を実際に体験していて、写真やお話も聞かせていただきましたが日常的な紛争風景に平和な日本に生まれた私からは想像出来ない光景ばかりでした。

講義中のディスカッションでは民族紛争を終わらせるためにはどうすれば良いか、それぞれ意見を出し合い考えを深めました。

今セミナーのメインイベントでもある現地の日本人留学生とのスカイプ通話では、ボスニア・ヘルツェゴビナのリアルな現状を聞く事が出来ました。

私の印象では今でも民族対立は根強く、ひりついていて住みにくい場所なのかと思っていましたが、意外にそんなこともないらしく、街の人々は優しく外国人にも親切で暮らしやすいと聞きました。

街にはセルビア人もクロアチア人もボスニャク人も行き交っていて、普通に生活を送るぶんには問題ないとのこと。

しかし、言語や文化の壁は根強く、その辺りは充分気を遣わなくてはいけないのが大変だとお話してくれました。

個人的に印象に残っていたのが森田さんが仰っていた「僕はボスニア・ヘルツェゴビナにいる時何語を喋れるか聞かれた時、4カ国語喋れると答える。日本語とセルビア語とクロアチア語とボスニア語。日本語以外の3ヶ国語は全部同じなんだけど、こういうだけで全然対応が違うんだよ。」というお話です。

森田さんは笑いながら話してくれましたが、今のボスニア・ヘルツェゴビナの現状をわかりやすく表しているな、と感じました。

今回のグローバル・セミナーは前回の続編というかたちでしたが、また新たに色いろな事を知ることが出来、多くのことを学びました。

今回学んだことを私達4年生は卒論で活かせたら良いなと思います。

これから夏休みに入るので、大学最後の大きな休みを謳歌しつつ、ちゃんと学びも深め卒論を進めていきたいと思います。

今回は貴重なお話ありがとうございました。

(4年 小林)

「地域社会の活性化(農村)」最終授業 [2018年08月08日(水)]

前期最終授業は毎年受講生から「楽しみ!」と期待される授業内容です。

お漬物を中心にした農産物を試食し、講義で学んだ地域活性化の取組みである六次産業化や

直売所・道の駅などで、地域特産物として開発、販売されている食べ物を実際に食します。

試食しながらシートに材料名や産地、味付けなどについて記入していきます。

材料が何であるかわからない、口に合う漬物がある一方で、初めて口にしてびっくりした等々、

食べ物を通して農山村地域の取り組みをあらためて考えます。

最後にご飯を試食して、銘柄を当てるクイズは何人かの学生が見事に的中しました。「こしひかり」でした。

日本の食料自給率約4割の現状や農山村地域の状況、課題と将来について学び・考えてきましたが、

授業が終わったら「終わり(忘れてしまう)」ことなく、日々の食事を通じて農山村地域や農業、

日本の食糧事情について時々考えて欲しいと思います。(担当:瀬沼)

特別講義「私をみる」より:自分が自分のセルフ・リーダーになっていますか? [2018年07月19日(木)]

社会に対する私たちの見方を変えることを目的として、現代教養学科では1年生全員が受ける「社会をみる目」という必修授業があります。授業では、担当教員のシム チュン・キャット先生によるテンションの高い講義の前に、学生たちはまずグループごとにその日のテーマについてディスカッションを行います。テーマは「大学」「男と女」「婚活」から「就活」「宗教」「犯罪」まで多岐にわたります。

先日は「私」というテーマで、外部講師としてローレルゲート株式会社代表取締役・日本アクションラーニング協会認定コーチの守屋麻樹先生が「自分らしさ」について講義をして下さいました。

お話の中で、ありたい自分で生きるには「セルフ・リーダーシップ」を発揮する生き方が重要だというものがありました。セルフ・リーダーシップ=自分らしく生きることであり、そのためには人生の目的や使命を考えるところから始まります。好きなこと・やりたいこと、得意分野、大切にしている価値観のこの三点が重なり合う部分に自分の生きる目的があると講義で仰っていたので、この機会に自分の人生の目的を考えてみました。

ここで私は普段、自分自身と向き合ってこなかったことに気づかされました。好きなことや得意なこと、そして大切にしている価値観がすぐに思いつきませんでした。そこで、自分が持つ感情には自分の価値観も関わっていることを守屋先生が仰っていたので、日常生活において意識してみることにしました。相手に対して抱いた感情から、いま自分はどのような物事を大切に考えているのか、自分の中にある軸は何に重きを置いているのか、日々の生活の中で少し意識してみるだけで、明らかになってくる自分像があることに気が付きました。まだ自分のやりたいことや、それに付随した人生の目的を決められてはいませんが、今後も自分らしさを見つけ、自分のセルフ・リーダーとしてありたい自分で生きられるように意識していきたいと強く思います。

そして、講義において私は一つ質問をしました。それは「辞める勇気」に関してです。一度目的を持って進んだ道を外れる勇気が正直、私にはありません。辞めることはいけないこと、ここにいれば先に何かがあるかもしれない、そうやって適当な理由をつけて今まで過ごしてきました。一方、守屋先生はキャリアチェンジも含めて、これまでに様々な選択をされてきました。「どうやったら辞める勇気が持てますか?」これが私の質問でした。それに対して守屋先生は、「目的を見つめること」と仰っていました。それは本当に自分のやりたいことなのか、何のためにそこにいるのか、ここを考えて、ビジョンと現状がずれていてはそこにとどまっていても仕方がありません、と。この時自ずと辞める勇気は出てくるものなのかもしれません。目的を見直すことが辞める勇気に繋がっていくということは、今回の講義で得たもう一つとても大きなポイントだったと私は思います。

高校生から大学生になり、自分自身で選択肢を見つけ、自ら決断し、進んでいく環境が増えていく今、「私」を見つめ直し、自分らしさについて考えるとても良い機会となりました。大学生活の中で様々なことを吸収し、自分の人生の目的をもってセルフ・リーダーとして生きていけるよう日々を大切に過ごしていきます。守屋先生、生きるヒントを下さり、心から感謝します!

(記事:一年・大滝)