この花はどこに? [2018年02月16日(金)]

 まだまだ寒い日が続いていますが、日中は日差しが暖かい日もあります。
 今朝、キャンパスを歩いていたら、思いもよらないほどたくさんの花が咲き始めているのです。春が近いことを実感しました。写真と花の名前を紹介します。

                      
(スミレ科のパンジー、ビオラ)                      (ヒガンバナ科の水仙(この品種は雪中花))

             
(ミニュチュア ドワーフ アイリス(アイリスの矮性種)) (日本の三大香木の一つ 沈丁花(じんちょうげ))

             
(カタバミ科のオオキバナカタバミ)                     (チューリップ)

             
       (八重咲水仙)                           (シダレ梅)

                       
(マメ科の常緑種で、原産地は地中海沿岸のロータス ヒルスタス)          (クリスマスローズ)

 雪もすっかり解けたキャンパスに、こんなにたくさんの花が咲き始め、つぼみを持った花もあるのは、とても嬉しいですね。やっと、春の息吹が漂いはじめたキャンパスをぜひ歩いていただいて、どこに咲いているかを見つけてください。

        
(しそ科の常緑樹で原産地は地中海地域のローズマリー)  

世田谷区保存樹木制度 [2018年02月09日(金)]

 みなさんは、キャンパスにある「保存樹木」を見たことがありますか。
  
(3号館前ヒマラヤスギ)

 近寄ってよく見ると、「指定 第2741号・平成28年6月17日 保存樹木 樹種 ヒマラヤスギ 世田谷区」と書かれた札がつけられています。

(ヒマラヤスギに付けられた保存樹木の札)

 世田谷区保存樹木制度は、世田谷区がみどりの基本条例に基づいて、樹木や樹林のうち貴重なものや、街のシンボルとなるものを指定し、樹木保存の援助として手入れなどの支援を行っている制度です。地上1.5メートルの高さがあり、幹回りが1.2メートル以上で、樹形の優れているものという基準があります。
 一方、指定を受けた所有者には、指定された樹木や樹林を将来に割って適切に保存すること、樹木を要綱な応対に保つように適宜、剪定などの手入れを行うこと、という責務があるそうです。
 昭和の世田谷キャンパスには、保存樹木は53本もあります。ヒマラヤスギ、タイサンボク、ケヤキ、メタセコイヤ、楠、イチョウ、モミジバスズカケノキ、イイギリ、コナラ、スダジイ、サトサクラ、ソメイヨシノ等です。53本がどこにあるか、見つけられますか?
 5号館から中高部へ向かうイチョウ並木は保存樹木が並んでいて、秋には素晴らしい景色を楽しむことができます。また、本学は上高田の校舎を戦災で無くし、東京都から「戦災を受けた学校に対しては、希望があれば旧陸海軍施設を転用させる」という通達を受け移転先を探し回り、アメリカ第八軍との外交交渉の末、やっと昭和21年11月8日にこの地への全校移転を開始したという経緯がありますが、3号館前のヒマラヤスギ(写真参照)は、世田谷キャンパスにかつて旧東部第十二部隊(近衛野砲)があった時代からのものです。連隊の本部がちょうど3号館のあたりにあったそうで、その本部前に北白川宮様が来られた際にお手植えをされたという記録もあります。70年以上も太子堂や昭和学園の歴史を見つめていた木、大切にしたいですね。

リーダーズアカデミーって? [2018年02月02日(金)]

 「リーダーズアカデミー」は、昭和女子大学の坂東眞理子理事長・総長が主催する昭和女子大学学生のためのリーダー養成講座です。

 歴史、経営、政治・経済、社会、環境、起業などの分野の具体的なテーマについて、各界で活躍する著名人による講義を聴講し、授業時間内外を活用してチーム毎に熱心な討議を行い、テーマに沿って各々のチームが設定した課題について、約1年間かけてプロジェクトに取り組むというプログラムです。
 今年度は31名の学生がアカデミーに参加しました。

 その最終発表会が1月17日に、本学のオーロラホールで行われました。今年度のテーマ「女性は世界を変える」。その実現のために各チームが取り組んだプロジェクト活動の成果が発表されました。Aチームは、「Level-up Woman Project」と題して、「学生が将来、社会で輝く」ことを目的とした、学生自身が自分たちで作り出す授業の提案を、Bチームは、「自分らしく生きる~輝く未来へ!!新しい働き方~」と題して、「女性が活躍すること」と「男女が共に自分の生活を充実させること」を実現するための働き方改革について、Cチームは、「女性による女性のための地域活性化」と題して、女性目線で行う神奈川県秦野市の地域活性化について、Dチームは、「Kimono “Wa” Fashion ~Feel Japan , Feel Slow Fashion~」と題して、ファストファッションと呼ばれる洋服ファッションの問題点をあげ、その解決策として、スローファッションと呼ばれる着物のある生活の推奨について発表しました。


(学生の発表の様子)

 発表後には、来場者全員が審査員となり、投票が行われ、Aチームが見事に優勝しました。

 年々、アカデミー参加者の発表は充実してきています。学内だけの活動にとどまらず、外部に向けたイベントや企画に取り組むチームがどんどん増えています。思うようにいかないことや、想像していたより手ごわいプロジェクトになったチームもあったと思いますが、そこで問題を発見し、チームで協力して課題を克服し、目標を達成した皆さんの努力と熱意に拍手を送りたいと思います。最終発表会を終えてアカデミーの修了証書を受けたときは、皆さん、素敵な笑顔でした。


(2018年度リーダーズアカデミーの修了生)

 今回優勝したAチームには、2月の理事長・総長、学長講話の時間に、在学生の前で、活動内容や1年間の学びの成果をプレゼンテーションすることになっています。どうぞお楽しみに。

30年前の4月には [2018年01月26日(金)]

 これは何の写真でしょう。着物や浴衣を着ているのは、30年前の昭和女子大学の学生、そして、後ろの方に小さく映っているのは、横笛を吹く像です。そう、この広い芝生は昭和ボストンです。

 昭和ボストンの開学祭は、1988 年7月7日、午後4時から現地で行われました。日本の文部大臣、マサチューセッツ州知事、在ボストン日本総領事、近隣大学の学長など、多数のご来賓からお祝いの言葉をいただき、盛大に行われました。


(1988年7月7日 開学式の様子)

 ちょうど日本の七夕の日に当たり、式典終了後の祝賀パーティの会場は、仙台の七夕飾りで彩られ、学生たちが和太鼓を披露したり、光葉同窓会ニューヨーク支部の皆さんやアメリカのお客様と一緒に盆踊りをしたりと、本格的にアメリカに進出する初の日本の大学として、昭和女子大学ボストン校の新しい第一歩を祝いました。


(第1期生を教育した昭和ボストンの先生方)

 実は、開校式を行った7月7日以前4月には、すでに第1期生、当時の英米文学科(英語コミュニケーション学科)の学生126名が、すでにボストンに到着し研修を始めていました。3枚目の写真は、その第1期の学生たちやその後の学生たちがお世話になった、ボストンの先生方です。この時期に研修に参加された卒業生の皆さんには、とても懐かしい写真ではないでしょうか。

 20年前には、10周年を記念して日本庭園を造りました。


(昭和ボストンにある日本庭園)

 そして、10年前の20周年には、ボストン昭和の校舎のある丘にたくさんの桜の木を植えました。30周年は、どんな風にお祝いをするかは、今検討中です。

 30周年を迎える平成30年度、まだ昭和ボストンに行ったことのない学生の皆さんには、サマーセッションをはじめとする、人生でかけがえのない経験と思い出になるに違いない、昭和ボストン研修に、是非参加してほしいと思っています。

この写真に写っているのは? [2018年01月19日(金)]

 そうです。皇太子時代の天皇陛下ご夫妻です。
 本学には、皇太子時代に何回かご来臨いただいています。その一部をご紹介しましょう。
 昭和34(1959)年の6月7日、日本コリークラブが、本学のグランドで、「皇太子殿下御成婚慶祝コリー祭」を開きました。本学の歴史を知る上で、最も参考になるのは「学報」はないかと思うのですが、その第1号は昭和37年発行のため、残念ながら、この時の様子を書いた学報の記事はありません。当日の写真と記録が残っています。この写真は当日、大学に到着された時のものです。昭和34年といえば、本学が近隣の火事の為に全校舎の3分の1を焼失して4年後のことです。

 当時の中高部校長の人見楠郎先生が日本コリークラブでご活躍されていたことがご縁で、本学でコリー祭が開催されました。人見圓吉理事長、玉井幸助学長がご一緒のお写真も保存されています。当時の皇太子明仁親王のご愛犬であったコリー犬(エリー)の母犬、ARM号もコリー祭に出場しています。


(コリー祭に参加する皇太子時代の天皇陛下ご夫妻)

 昭和59(1984)年には、皇太子明仁親王ご夫妻には、2回ご来臨いただいていたようです。タイや中近東、アフリカなど、世界各地での難民救援活動の資金作りのために開催された3月15日の音楽会、「第4回慈善演奏会」(マキシム・ショスタコヴィッチ指揮、読売日本交響楽団、ピアノ演奏、神谷郁代)が1回目です。当日の演奏会が終了した後、2階のロビーで催されたレセプションにも、予定を延長されてご参加下ったという記事が学報233号(昭和59年4月号)にあります。

 同じ年の10月24日には、文化研究講座の音楽会にお見えになっています。インドシナ難民を助ける会の主催で、行われた清水和音氏のチャリティ・ピアノ・リサイタルです。


(歓談される皇太子(現天皇陛下)ご夫妻)

 皇太子殿下でいらした時代には、様々な機会に本校にご来臨いただいた今上天皇と皇后美智子さま。ご譲位とご退位のどちらが正しい表現かの議論もあるようですが、来年の5月1日には新天皇がご即位されます。本学には、皇太子徳仁親王にもご来臨いただく機会があり、大変光栄に思います。東京オリンピックを控え、お元気でいらっしゃる今上天皇のご退位と、新天皇の即位。そして改元。「平成」と改元された時と違って、新天皇のご即位を心からお祝できますね。

正月飾りと言えば・・・ [2018年01月12日(金)]


(正門に飾られていた門松 ※1月11日まで)

 明けましておめでとうございます。

 正月飾りと言えば、鏡餅や門松、しめ飾りなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。JTB出版の『英文日本絵とき事典1(文化・風俗編) Illustrated A Look into Japan』(1991)では、門松のことを次のように説明しています。

Kadomatsu: This decoration, made from pine branches, bamboo and straw, is used in pairs, one on each side of the front gate or door of a house. The pine tree is a symbol of longevity. (p.81)

 外国の方には門松はとても珍しいものだと思います。ここに書かれている程度のことは英語で説明ができるといいですね。最後の文は「松の木は長寿の象徴です」という意味です。
 
 幸せをもたらしてくれる年神様が、正月に迷わずに来てくださるための目印として、門松を飾るのは、古くからある日本文化の一つです。昭和でも、毎年正門に飾っています。平安時代に、宮廷儀礼として、年のはじめに外の小さな松の木を引き抜いてくることで長寿祈願をした習慣から始まったと言われているそうです。長寿の象徴である竹も一緒に飾るようになったのは、室町時代に入ってからなのだそうです。
ところで、門松にはいろいろな飾り方があるようで、昭和の正門の門松はというと、3本組の竹を中心にして周りに短い若松を飾り、根元をわらで巻いてあります。そして、竹の先端は斜めに切った「そぎ」の形をしています。真横に切る「寸胴」と呼ばれる切り方もあるそうです。門松は一対で飾りますが、昔は左に黒松を使った「雄松」を、右に赤松を使った「雌松」を並べていたと思います。かすかな記憶ですが、私が昭和の中高部の生徒だった頃に、そう説明を受けたように記憶しています。

 門松などの正月飾りは「松の内」が始まる12月13日から、関東では新年の1月7日まで終わりになりますが、大学では11日に片づけてしまうそうです。本学では1月6日㈯に新年あけの授業が始まりますので、正門を飾った門松を見た方も多いのではないでしょうか。

狛犬それとも狛猫? [2017年12月22日(金)]

   
(8号館と1号館の間のプロムナード、ウッド・デッキにある置物)

 8号館と1号館の間のプロムナード。昨年の夏に工事を終えた素敵なウッド・デッキを、皆さんも楽しんでいることと思います。大学生から初等部の児童や保護者の方々、そしてBSTの生徒たちもたくさん利用してくださっています。以前はアスファルト舗装をしただけの通路に、テーブルやベンチがところ狭しと置かれていましたが、ウッド・デッキができて、雰囲気のある空間になりましたね。


(ウッド・デッキ)

 通路の真ん中にあった木々も、うまくウッド・デッキに収まっています。デザイン・コンペを競りぬいた設計とのことで、正門からキャンパスに入って少し歩き、こども園の方を見渡したときの景観が私も大好きです。

 さて、デッキに上がる階段に置かれているのが、写真に写っている猫の置物です。デッキに上がる人たちを歓迎しているようにも、狛犬のように魔除けにも見えます。もともと猫の置物は、8号館の前に車が入らないように置かれたものでした。赤い三角ポールやチェーンつきポールを置くのは、景観を損ねるので、他に何か方法はないものかと考えていたところ、思いついたのが、猫の置物。いくつか通路の入り口付近に置いて、車の侵入を防いでいました。ところが、残念なことに車の運転席からは、道路にペタッと座っている猫(の置物)が見えにくく、車が乗り上げたり、一部が欠けたりしてしまったりしたものも多かったようです。ウッド・デッキができたので、それまで通路を守ってくれていた猫(の置物)達への感謝の気持ちを込めて、今はデッキの階段で皆さんを見守ってくれているということです。粋な計らいですね!

元宋の『赤』 [2017年12月15日(金)]

 キャンパス内には、いろいろな所に由緒ある絵画や美術品が飾られています。その中で、とても印象的なのが、上の写真の絵画です。この絵を見たことがありますか?

 奥田元宋の作品です。11月10日のブログで紹介した『歓びの像』の作者で人形作家の奥田小由女の夫です。1912(明治45)年に広島に生まれ、上京して画家生活を始めましたが、戦争が激化して1944(昭和19)年に故郷の広島に疎開しました。第5回新日展で文部大臣賞を受賞した『磐梯』により、1963(昭和38)年には日本芸術院賞を受賞しています。1974(昭和49)年には日展の常任理事となり、1975(昭和50)年の『秋嶽紅樹』で、「元宋の赤」を確立したと言われ、自然の風景を印象的な赤色で描くようになりました。1984(昭和59)年には文化勲章を受章しています。風景画に新しい表現をもたらした奥田元宋は、1977(昭和52)年に日展理事長に就任し、1996(平成8)年には、銀閣寺の弄清亭障壁画を完成しましたが、2003(平成15)年に逝去しました。

 写真の作品も、『元宋の赤』と呼ばれる独自の赤色で描かれています。『魁夷の青』で有名な画家で元宋と親交のあった同時代の東山魁夷と並んで、日本画壇を代表する画家と称されています。

 さて、写真の作品には『秋嶽晩照』という題がつけられています。1988(昭和51)年に奥田元宋氏の特別のご厚意により、本学に寄贈されたもので、1979 (昭和54)年10月発行の『昭和学報』には、次のように紹介されています。「日本画という伝統的手法の中に、独自の美の世界を築きあげた氏の、文字通り生命の炎を削るようにして生まれた、真赤に燃える山に、静かに見入る私達に、氏は何を語りかけてくれるのだろうか。」
 秋、日が暮れて静まりかえった山、そこに立つ燃えるような真っ赤な木々。記念講堂のロビー正面にありますので、是非、開演前にゆっくりとご覧ください。

クリスマスツリー [2017年12月08日(金)]

 クリスマスと聞いて、皆さんがイメージするのは、どんな色でしょう。緑、赤、白、金、銀など、きっと色々思い浮かべることでしょう。こうした色は、クリスマスツリーの飾りによく使われていますね。


(本学3号館前のクリスマスツリー)

 クリスマスが近づくと、あちこちで見かけるクリスマスツリーですが、日本では「ウラジロモミ」や「ドイツトウヒ」という種類のモミの木が多く用いられるのだそうです。ドイツの神学者で宗教改革の中心人物であった、マルティン・ルターがクリスマスイブの礼拝の帰り道に、森の中で常緑樹の木の葉の間から見えるきらめく無数の星を見て、美しさに心を打たれ、多くの子供たちに見てもらいたいと、家の中に木を持ち込んでろうそくに火を灯し、木を飾ったのが始まりといわれているそうです。
 クリスマスツリーの習慣は、19世紀初頭に移民たちによってヨーロッパからアメリカへ伝えられました。イギリスのクリスマスツリーは、1840年にビクトリア女王の夫君であるアルバート公がウィンザー城にツリーを飾り付けたのがその始まりとされています。日本では、1886(明治19)年12月に横浜の明治屋に初めてクリスマスツリーが飾られた等、諸説あるようです。

 ツリーはモミの木以外の木を使うこともありますが、必ず冬でも枯れずに生き生きとした緑の葉をつけている常緑樹を使います。一年中緑の葉を茂らせる強い生命力は「永遠」を象徴し、キリスト教では、イエスが与える永遠の命を象徴しているのだそうです。

 ドイツでは、モミの木には妖精が宿っていて、食べ物や花を飾ると妖精たちがそこに集まって、力を与えてくれると言われていたことから、クリスマスツリーにモミの木が用いられるようになったという話もあります。

 ツリーの一番上には、星の飾りがついていますが、あれはキリストが生まれたときの空に輝いた星を象徴し、また、必ずと言ってよいほどツリーに飾られる、丸くて赤い玉飾りは、アダムとイブの話で有名な「知恵の実」のリンゴを表しているのだそうです。


(正門から見えるクリスマスイルミネーション)

 ツリーの飾りにも一つ一つ由来や意味があるのですね。冒頭の写真は本学キャンパスの3号館前のツリーです。毎年11月の終わりになると、飾り付けが始まる昭和のクリスマスツリー。ずっと昔から、師走の喧騒の中にあってもホットした気持ちにさせてくれる、昭和のキャンパスの名物です。4コマ目の授業が終わる頃に校舎を出ると、素敵なイルミネーションが楽しめます。

このイチョウはどこにある? [2017年12月01日(金)]

 先週のある朝、イチョウの葉があまりにも美しく輝いていたので、携帯で撮影したのですが、逆光で葉の輝きまでは再現できていないようで残念です。どこにあるイチョウかわかりますか?

 さて、モミジは赤、イチョウは黄など、木の種類によって何色に変わるかはだいたい決まっていますから、遠くからみても、この写真はイチョウの木だとすぐわかりますね。でも、こうした色はどのようにして決まるのでしょうか。

 2年ほど前に、民放の番組で知ったのですが、その理由は、こうです。イチョウ等、葉が黄色くなるものは、葉に含まれている緑の色素と黄色の色素がふくまれているのですが、秋になって気温が下がると、緑色の色素が分解されて少なくなり黄色の色素が残るために、黄色になるのだそうです。一方、モミジなど葉が赤くなるものは、秋になると、茎の栄養が葉にいかないように、葉の付け根が遮断されるため、葉の中に光合成でできた糖分がたまって、アントシアンという赤い色素が増え、葉っぱが赤くなるということでした。

 でも、何のために色を変えるのかなどは、まだわかっていないのだそうです。自然現象の中には、どうしてそうなるのか知らないことがたくさんあります。でもきっと何か理由があるはずです。秋、私たちの周りの自然も足早に冬に向かって変化します。学園内の美しい紅葉を眺められるのは、今少しの間ではないでしょうか。秋には読書を楽しむのも一つですが、それに加えて、自然の変化を楽しむと共に、その移り変わりを見て、なぜ?と思いを巡らすのも楽しいのではないでしょうか。

 ところで、次の写真は、冒頭のイチョウの木を、角度を変えて撮影したものです。

   
(昭和の泉にあるイチョウの木)

 1枚目は、滝側から、2枚目は庭園「昭和の泉」の入り口から光葉庵を見渡した景色です。紫色のアメジストセージの花と、色とりどりの鯉が、光葉庵と色づいた木々の背景と相まって、授業の途中で一息入れるだけではもったいないくらい優雅で美しい眺めですね。