大島サイト・リノベーション in 秋桜祭「竹の弧、石の個」 [2017年11月24日(金)]

 これは何の写真だと思いますか。

 11月11日㈯、12日㈰は、昭和女子大学の秋桜祭。2日間で22,127人もの方々が参加してくださいました。「輝」をテーマに、実行委員長をはじめ141人もの実行委員が、企画・運営を行い、すばらしい2日間でした。今年も多数の団体、学科、研究室、クラブ、サークルをはじめ、望秀海浜学寮や東明学林、卒業生の光葉同窓会も参加。附属もこども園、初等部、中高部も、同日に昭和祭を開催しました。加えて今年は、The British School in Tokyoも初参加。学園挙げての一大イベントが秋晴れの中、無事に終了しました。

 2日間、あまりにたくさんのイベントがあったので、もしかすると、上の写真にある展示を見逃した人がいるかもしれませんね。これは、同じ位の長さに竹を切って、丁寧に編んだ紐を使って、おもしろい方法でつなぎ合わせたものです。

 

 南京玉簾(すだれ)をご存じですか。まさに、その原理を使って、青竹を結び合わせ、なだらかな円形の美しい空間を作ってあります。風にそよぐ竹のサラサラという音がどこかからともなく聞こえてくるような、何とも日本らしくて穏やかな空間ができています。写真では竹のきれいな緑の色が伝わらず、残念です。来年、大島のカレイ山に建設予定の竹のアーチに包まれた空間(バンブーシェル)を実験展示してくれたものだそうです。中央にあるテーブルのようなところには、特産大島石を切り出すときに出る石の破片を活用して、大島の地形イメージが展示されていました。過剰に繁茂して始末に困る孟宗竹や、切り出し過ぎて減少する大島石の小さな破片を生かして、自然の資源を大切に、捨てて処分するのではなく、環境デザイン学科の学生たちが、デザインして活用することで、こんな素敵な空間が出来上がっていました。

カレイ山公園内にどんな「展望・休憩できる交流空間」が出来上がるのか、とても楽しみですね。

この像は何を意味しているのでしょう [2017年11月17日(金)]

 建畠覚造は1919年に東京に生まれ、日本の彫刻界では「抽象表現のパイオニア」といわれる人で、父親は同じように彫刻家の建畠大夢。長男として生まれ、東京美術学校彫刻科を卒業後、渡仏しました。1962年から多摩美術大学彫刻科に努め、1966年から教授となりました。

 東京文化財研究所のデータベースによると1967年に第10回高村光太郎賞を、1981年には第12回中原悌二賞を、また、1983年にはヘンリー・ムーア大賞展優秀賞を受賞。神奈川県や和歌山県のギャラリーや美術館で建畠覚造展も開催され、武蔵野美術大学客員教授となりました。中高で教鞭をとっておられたこともあります。芸術選奨文部大臣賞を受け、2005年には文化功労者に選ばれましたが、2006年に86歳で逝去されました。

 これは、その建畠覚造による「二人」の像です。学園本部前の広場の8号館と1号館の間のプロムナードの入り口に据えられています。中高部父母会から寄贈されたものだそうです。

 建畠覚造の作品には、幾何学的要素と有機的要素が競り合いながらも共存していると言われています。「特集 建畠覚造の世界 明日への模索と実験」(『現代彫刻』56号 聖豊社 1982年)の中で、建畠氏は、自分の作品を見て、「それぞれ見る人によって全然違った考え方をもっていいから、広く考えてもらいたい」と書いています。

 皆さんは、「二人」の像を見て、どんな思いを持ちますか。別の方向を見ている二人の若者。しかし仲良く肩を組んでいます。この二人はどんな関係だと思いますか。肩を組みながら、お互いにどんなことを考えているのでしょうか。皆さん自身は、どのような友達との関係を大切にしていますか。

「歓」の像は今どこに [2017年11月10日(金)]

 正門を入って左手に小さな木陰とベンチがあったのを覚えていますか。そこに1メートル程の像が据えられていました。この一画は、大学9号館が完成して246号沿いの土地の一部も本学が購入したため、正門あたりがより広く使えるようになり、現在改装中です。

 そこにあった像は「歓」と名付けられたもので、現在は大学5号館の中高部よりのグランドの植込みに移動しています。

(大学5号館の中高部よりのグランドに移動した「歓びの像」)
  

 作者は奥田小由女(おくだ さゆめ)氏。旧姓は川井小由女です。1936年の11月26日に大阪に生まれ、ほどなく現在の広島県三次市に移りました。年代は違いますが、たまたま誕生日が私と同じです。東京に展覧会を見に来てそこで人形と出会ったのがきっかけで、創造的な人形作品の制作に取り組みはじめたとのこと。それ以来、数々の美術展や人形展などで受賞や入選を重ね、1972年の第4回、1974年の第6回日展で特選にも選ばれました。その後、銀閣寺の東求堂とつながる弄清亭(ろうせいてい)の襖絵を描いたことで有名で、また、本学の創立者記念講堂に掲げられている「秋嶽晩照」の作者でもある、奥田玄宋画伯と結婚。その後も日展で文部大臣賞や日本芸術院賞を受賞し、1998年には日本芸術員会委員、2008年には文化勲章に次ぐ栄誉である文化功労者に選ばれました。日展常務理事から、2014年には日展理事長となり、現在に至っています。

 「歓」の像は、川井氏の作による木彫の像を拡大してブロンズ像にしたものだそうで、本学の創立50周年(1970年)を記念して、中高の卒業生から贈られました。

(中高部にある「歓」の像の説明書き)

 11月中旬を過ぎると5号館や中高部前の銀杏の葉が黄色に輝き始めます。ぜひ、若い女性のはつらつとした姿を現した「歓」の像を見ながら、学園の秋をお楽しみください。

「楚形昭韻」 [2017年11月03日(金)]

 ブログのタイトルについて、何のことかわかりますか?昭和学園のどこにあるでしょう?

 「楚形昭韻」は、1992(平成4)年の5月2日の昭和女子大学の創立記念日に世界で初めて演奏された編鐘のことで、アメリカのボストンやオーストラリアでも、写真が紹介されました。「世界で初めて」というのは大げさですが、きちんとした楽譜も無く、どのような楽曲をどのように演奏するのかもよくわからない中で、演奏が試みられました。「楚形昭韻」という名前の意味は、「中国の楚の時代にあった形そっくりの昭和女子大学に響く鐘の音」といった意味ではないかと思います。

(昭和女子大学 創立者記念講堂にある楚形昭韻)

 「楚形昭韻」は、本学の記念講堂のロビーに飾られています。編鐘は、音の高さの異なる複数の鐘を枠に吊るした、古代中国の打楽器で、宮廷や上流社会で使われ、権力の象徴でもあったそうです。打楽器ですから、長い棒のようなもので、鐘をついて音を出します。組み合わせる鐘の数は7、13 、16、32など様々のようですが、本学にあるものには、大小43の鐘が3段に並んでいます。高さは3メートル、横幅9メートル、総重量6トンもあり、一番大きな鐘は1個で350キロもあるとか。記念講堂を訪れた人がインスタグラムでも時々紹介しているようです。

 1978年に中国の湖北省で発見された本物の編鐘は、戦国時代初期の諸侯であった曾侯乙墓(そうこういつぼ)から出土したもので、3層の木製の横木に最大153.4cmもある65点の総重量2567kgにもなる大きなものです。1つの鐘で2つの音を出すことができ、音階は七音階あり、音域は5オクターブ半あるのだそうで、中国の国宝に指定されているそうです。日本には編鐘を使用する音楽は伝えられていませんが、13世紀伝来と考えられている本物の編鐘は日光東照宮に保存されているのだそうです。2008年の北京オリンピックでは、中国の古楽器として演奏されたそうです。

 ところで、本学は上海交通大学と交流協定を結んでいて、今年度の3月には上海交通大学と昭和女子大学のダブル・ディグリーを授与される卒業生が出ます。本学からの要請で、記念講堂の編鐘を制作したのは、その上海交通大学付属の中国芸術研究所です。ちょうど1992年は日中国交正常化20周年の年にも当たり、編鐘は、それを記念して上海交通大学とこの年に提携を結んだ記念として本学のために製作してくださったそうです。

 今度、創立者記念講堂に入ったときには、是非、編鐘やその解説を見てください。

秋桜祭のこれ何でしょう [2017年10月27日(金)]

 始まりは、「学芸展覧会」と呼んでいた行事を、昭和32年6月から「昭和祭」と名付けて、大学から高中小学校と幼稚園を含めて、学生・生徒・児童・園児のご家族や恩師、友人などを招いての学園を挙げての行事となりました。この頃、多くの学校がお祭り的な催しとして位置づけ、「文化祭」を開催していました。昭和では、研究発表を行う機会として、各部が統一したテーマのもと、研究発表をしていました。
 昭和40年6月の昭和祭には、三笠宮崇仁殿下がご来校になったという記録もあります。特に日本文学科の『平家物語』の展示を熱心にご覧になり、校庭でのフォークダンスにも参加されたとのこと。
 その後昭和46年、学生運動の影響を受けて、大学の昭和祭が縮小され、平成元年に大学は、「秋桜祭」として、また、附属は「昭和祭」として、同日に別々の企画で開催することとなりました。
 附属の昭和祭は、全校を挙げての充実した研究発表の場となっていますが、大学の秋桜祭は学生がすべての運営を行うものへと成長して、今では毎年、秋桜祭の運営委員に立候補する学生が続き、上級生から下級生へと確立された運営方法が引き継がれています。
 今年も、第25回秋桜祭が11月11日(土)と12日(日)に開催されます。学科や研修グループが日頃の成果を発表する研究発表、模擬店、野外特設ステージでのエンターテイメント、環境デザイン学科ファッションショー、人見記念講堂やグリーンホールでのクラブ・サークル発表やコンサートがあります。
 学園全体の展示や催しをゆっくり楽しむには、一日では足りないくらいですが、バザーや物品販売は特に人気があるので、早めに会場に足を運ぶことをお勧めします。特に全国の支部が参加して名産品や手芸品などを販売する同窓会のバザーや、東明学林や望秀海浜学寮の草花や手作り品の販売を、私はいつも楽しみにしています。

(昨年の秋桜祭で見つけた望秀学寮販売のリース)

 トップの写真は、同じく望秀学寮が販売していたクリップです。皆さんも、2週間後の秋桜祭をどうぞお楽しみに。

学園歌集に見つけた歌 [2017年10月20日(金)]

 昭和女子大学附属の中高等部や初等部の卒業生は、学園歌集を各自が持っていたことを記憶していると思います。残念ながら、2003年頃からは、大学では学生に配布しなくなってしまいました。附属では、毎年、生徒や児童に配布しているそうです。
1999年の「学園歌集」の巻頭言に、次のように書かれています。

 

東京の昭和キャンパスでは、定刻に響きわたるカリヨン(編鐘)のメロディーで1日の生活が始まり、進行し、やがて夕べの帳が静かにおろされてゆくしきたりになっている。
(中略)
そのカリヨン(Carillon)の中央部にある4個の鐘の表面にはBe a light to the World(世の光となろう)という学園目標がくっきりと刻まれている。後輩たちの学園生活を健かで豊かなものにしてほしいと希う先輩たち(光葉同窓会)のプレゼントとして、1984 年にオランダで製作されたものである。(最後に時報を告げる大鐘は、100年前のアメリカ製チャーチ・ベルである。)

 

 その歌集の中にとても珍しい歌を発見しました。A Dream Upon the Moss Hillというタイトルの歌です。2016年10月7日にご紹介した昭和ボストンにあるモス・ヒル宣言に曲をつけたものです。

(学園歌集に掲載されている楽譜)

 作詞は、元理事長の人見楠郎先生。作曲者は福浦理保子さん。残念ながら私は、福浦さんを存じ上げません。どなたかご存知の方は是非、お教えください。

 さて、昭和ボストン校は、来年、創立30周年を迎えます。30周年を祝って、この歌を歌うかもしれませんね。これまですでに15000名に及ぶ昭和の学生、生徒、児童が 昭和ボストン校で学びました。毎年、ボストンで研修をする人が増えています 。ボストン研修経験者数は、これまですでに、全卒業生の1割以上に及んでいます。これからその数はもっともっと増えることでしょう。まだ、昭和ボストンを訪ねたことが無い方は、是非、研修に観光にお出かけください。

道の像 [2017年10月13日(金)]

 いつもの通学や通勤で通る道だけでなく、ゆっくりとキャンパスを散策しながら、普段通らない道を歩くと、歌碑、石碑、ブロンズ像などがいろいろなところにあるのを見つけます。
 今日はその中で、「道の像」について、書いてみようと思います。「道の像」は西門から入って、左手の中高部の1号館に沿って作られている鯉の池の奥、中高部の玄関の近くに置かれています。作者は「現代の円空」とも評され、静寂の中にも温かさのある作風を持つ、木彫りの彫刻家、長谷川昻(はせがわこう)氏です。千葉県富津市にある東京湾観音の原型も作っています。昭和女子大学が千葉県に所有する望秀海浜学寮のある館山市と同じ安房圏域にある鴨川市生れで、1962年には、世界美術展で国際グランプリ金賞を受賞し、日展審査員や千葉県美術界会長などを歴任しました。

(学園にある「道の像」)

(木彫りの原作)

 原作の「道の像」そのものは、ナタによる木彫りの作品です。ナタで制作すると言っても、木材をすべて鉈(ナタ)だけで彫るわけではなく、先の丸い鑿(のみ)で彫った縞(しま)模様の彫り痕(あと)を規則正しく残す木彫技法のことを指すそうです。ふつうの木彫も、必ずこの状態の工程を経て仕上げをするのでそうですが、ナタによる木彫りは、仕上げ前の段階でとどめた状態のように見えるので、未完成作品だと考える人もあるようです。彩色も施されず、素地のまま仕上げてあるので、荒々しく粗野な印象を受けますが、力強く独特な持ち味を楽しむ人も多いようです。

 中高部前にあるのは、原作をもとに製作し直したブロンズ像です。皆さんに鑑賞していただけるように屋外に置こうと、本学が要請して鋳造してもらったものだとのこと。子どもを抱きかかえ、左手はもう一人の子どもの手をしっかりと握った母親が、厳しい冬の道をひたむきに歩む姿を表現したもので、子供たちをしっかりと寒さから守りながら、吹雪の中を、一歩一歩大地を踏みしめて、黙々と目的地に向かって進んでいる母親を私はイメージしますが、皆さんはどうですか。

 ブロンズ像の脇にある長谷川昻氏作自身が書いた詩にはこう書かれています。

道  長谷川昻


みち
嶮俊の道
茫漠のみち
はるかにはるかに
つヾいている

英邁で勤勉で
不屈な先人が
拓いたに違いない

道標には

歩けとだけ
書いてある

(中高部 ブロンズ像の脇にある長谷川昻氏の詩)

9号館ウッドデッキに沿うハツユキカズラ [2017年10月06日(金)]

 正門を入ってすぐ左に昨年完成した9号館があります。正面入り口近くの桜もしっかりと根を張り始めました。先週、9号館脇のウッドデッキを歩いて建物の奥にある体育棟に行きましたが、建物に沿って、ハツユキカズラが花壇のグランドカバーとして植えられていました。

(9号館体育棟の脇のハツユキカズラ)

 ハツユキカズラは「斑入り定家葛(フイリテイカカズラ)」とも呼ばれ、小さな葉をつけて、新葉にはピンクや白の様々な形の斑が入るとても可憐な植物です。丈夫で、ゆっくりと成長します。春から秋にかけては濃いピンクから淡いピンクそして白、それから緑色の葉っぱとなり、秋には紅葉も鑑賞できます。十数年前に自宅から持ってきた枝を学園本部前の植込みに移植してもらいましたが、本部前にあるものは、背の高い木が多く日当りも良くないので、あまり目立たない存在のようです。ちなみに自宅のハツユキカズラは、枝をどんどん長く伸ばしてフェンスに絡み、いくら刈り込んでも成長する一方です。毎年夏になると、あまりに成長するので花芽と一緒に剪定をしてしまうためか、白からクリーム色に変化する小さな花は、残念ながらまれにしか見たことがありません。

(自宅のハツユキカズラ)

 根が定着すれば、勝手に成長する植物のため、最近はいろいろなところで工夫され使われています。寄せ植えやハンギングバスケットだけでなく、9号館脇にあるようにグラウンドカバーなどとしても使われているのを目にすることが多くなりました。
 ハツユキカズラは山に自生する、日本や朝鮮半島が原産の植物。名前がとても素敵ですよね。「ハツユキ(ハツユキ)」は白い葉がまるで雪がちらちらと降ったように見えることからつけられました。「カズラ」はつる性の植物のことを指します。もう一つの、「テイカカズラ」という名前の「テイカ(定家)」は、能の『定家』にもあるように、平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した歌人、藤原定家が、式子内親王のことをその死後も忘れられず、「定家葛」に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説に由来した呼び名だそうです。
 9号館脇は、日当たりもよく、きっと新しい校舎にふさわしい植え込みのグランドカバーになることでしょう。花言葉は『素敵になって』など。9月18日の誕生日花だそうです。

つもりちがい十ヶ条 [2017年09月29日(金)]

 本学では『倫理学』とは別に、『実践倫理』という授業があります。大辞林(第3版)によれば、「倫」は「人が守るべき道」、「理」は「物のすじみち」、そして、「倫理」は、「人として守るべき道。道徳。モラル」の意味とあります。また、「実践」は、「理論や理念を行動に移すこと」と書かれています。
 私が、中高部から大学の教員に籍を移した頃は、理事長・学長の『実践倫理』の授業を、該当学年のクラス担任も時間が合えば聴講していました。その頃から、『実践倫理』では、自校教育が行われ、昭和女子大学の教育が目指すものは何か、本学の学生としてどのように生活すべきか、などの話をお聞きしました。
 そのお話の中で、今でも記憶に残っている内容の一つが、「つもりちがい十ヶ条」です。学生席の後ろの方で聞いていて、身が引きしまる思いがしたのを覚えています。それ以来、何か新しいことをスタートする時には、この十ヶ条を読み直します。
 そもそもこの十ヶ条は、長野県飯田市にある元善光寺という寺の住職が書いたものと言われています。元善光寺は、推古天皇10年(602年)からある古いお寺で、この地の住人が大阪で見つけて持ち帰った善光寺如来の本尊が、勅令によって長野県長野市の善光寺に遷座されたため、この寺は元善光寺と呼ばれているとのこと。元善光寺には木彫りの本尊が残されているので、善光寺と元善光寺の両方を参らないと「片参り」と言われるほど由緒あるお寺だそうです。

つもりちがい十ヶ条
高いつもりで低いのが  教養
低いつもりで高いのが  気位
深いつもりで浅いのが  知恵
浅いつもりで深いのが  欲望
厚いつもりで薄いのが  人情
薄いつもりで厚いのが  面皮
強いつもりで弱いのが  根性
弱いつもりで強いのが  自我
多いつもりで少ないのが 分別
少ないつもりで多いのが 無駄

 いくつか耳が痛い言葉はありませんか。いつ読んでも、少なくともどれかひとつは(時には2,3も)「アーッ!気をつけなければ」と思いあたることがあります。後期を迎え、夏の暑さや急激な天候の変化も一段落し、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、そして食欲の秋となりました。「つもりちがい」を読み直し、新たな気持ちで気を引き締めて、前進を続けましょう。

(初秋を迎えた昭和之泉 手前は萩の花)

SNSをかしこく使っていますか? [2017年08月04日(金)]

 最近は、電車の中で新聞を読んでいる人をあまり見かけなくなりましたね。私たちが接するメディアが変わってきています。SNSや検索型のサイトで世の中の出来事を知ろうとする人たちが増えてきました。

 新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどのマスメディアは、各社の価値判断に従って、世の中で起こった事実を良いことも悪いことも含めて伝えますが、SNSなどのネット系の情報は、「この人はこういう情報に興味があるだろう」というものを見せてくれる仕組みになっています。例えば、Facebook、Twitter、Instagram、LinkedInなどのSNSは共通の興味や趣味を持つ人同士の交流を目的としているサービスサイトですから、自分の知りたい情報をすぐに手に入れることができるのが特徴です。最近では、SNSとそうでないものの区別が難しいように思いますが、CookpadやLINEなどもSNSの一種と考えて良いのではないかと思います。

(様々な人々がインターネット上で繋がり合うSNSのイメージ図)
1_img310_16

 しかしSNSで得る情報は、情報としての質が高いものばかりとは限りません。利用する人達は、質よりは、情報が速い・自分が興味を持っている等の点に、より価値を置いているのではないでしょうか。時間をかけて、真実を詳細に語ることや、状況を正確に分析することなどの情報の質を人々があまり大切にしないようになっているのかもしれません。

 ですから、ネット上で流れている情報は、最低限の事実チェックすらされていないものもあります。そのため、多くの人々に利用されるようになったコミュニケーションツールとしてのSNSは、便利ではあるのですが、トラブルにつながる事例も少なくないのではないでしょうか。

 「デジタルタトゥー」という言葉を聞いたことがありますか。SNSに投稿した画像や発言などが、投稿者本人の意思とは関係なく、タトゥーのように永久にWeb上に残り続けることをそう呼ぶそうです。アメリカの企業の中には、採用面接の際にブログやSNSを利用しているかを尋ね、利用している場合は、過去の書き込みがチェックされることもあり、それで採用されなくなってしまうことも現実にあるのだそうです。

 東京都教育委員会では、LINE株式会社と共同でSNSに関する情報モラル教育に関するプロジェクトに取り組み、2017年3月に『SNS東京ノート』を発表しています。(東京都教育委員会 考えよう!いじめ・SNS@TokyoのHP
 都内の公立学校の全生徒・児童にすでに配布されました。現在、在学中の大学生は、多分その冊子を誰も手にしていないのではないかと思います。その冊子には、ネットでのコミュニケーションの特徴を以下のように説明しています。

  1. 文字だけで伝えるので、その時の「感情」が伝わらず、相手に誤解されることがある。
  2. 「知っている人しか見ないだろう」という認識の甘さや「不適切な写真」の認識にずれがある。

 また、使用する場合に、特に注意しなければならないことを4点挙げています。

  1. 世界中の人が見ることができる:ネットへの書き込みやアップロードした写真などは、世界中からいつでも見ることができる。「カギをかけているから」と安心していても、その中の誰かが転送すれば、世界中に公開される。
  2. 一度出まわった情報は絶対に消せない:そして調べれば誰が書き込んだか、容易に分かる仕組みを持っている。「この書き込みは将来自分にとってマイナスにならないか」ということを常に考えて発信する。
  3.  情報をそのまま信じてはいけない:ネット上には誰でも情報を書き込めるので、いい加減な情報や相手をだまそうとする情報もある。1次情報を確認すること。必ず複数のページで調べたり、本や新聞など別のメディアでも確認したりする。
  4.  面と向かって言えないことは書かない:顔が見えないネットのコミュニケーションは誤解が生じることが多い。対面のコミュニケーションや電話を大切にする。ネットは、誤解やトラブルが起こりやすい仕組みを使っていることを意識し、時には無視するなど冷静に対応する。

 最近、LINEはビジネスでも利用されるようになり、今までメールやFAXで行っていた連絡をLINEで行う場面も増えてきています。授業やゼミで学生同士、あるいは、教員と学生が連絡用等に使用する場合も、こうした点を十分注意することが必要ですね。

 SNSは大変便利なツールです。でも、人によって同じ言葉でもその使い方に対する受け止め方は色々。特に直接話をするのとは違い、話のテンポや表情、身振り手振りなどの手段が全く無いネット空間で、世代や性格も違う相手と、さらには、その相手とつながる人々がどういう人でどの程度いるのかもわからない世界でコミュニケーションを取るには、細心の注意を払う必要があります。ますます多様化し、複雑化していくネットコミュニケ―ションだけに頼らず、顔と顔を合わせてのアナログの対話も夏休み中には、充分楽しんでほしいものです。

※学長ブログは夏休み中更新をお休みいたします。次回更新は9月29日(金)を予定しています。