2018年5月

光葉同窓会のシンボルマーク [2018年05月25日(金)]

皆さん、このマークをご覧になったことがありますか。
光葉同窓会のシンボルマークとして、同窓会が平成19年から使用しているものです。

元同窓会会長の安西美津子先生が、同窓会のシンボルマークを是非作りたいと発案されて、このマークができました。

この写真は、記念講堂2階にある同窓会室に額に入れて飾られているものですが、上半分の写真が第7代学長の平井聖先生がデザインしてくださったシンボルマークの原画、下の写真は同窓会会員が、一針一針心を込めて手で刺繍して作成した第二緞帳の写真です。このシンボルマークと第二緞帳は、光葉同窓会の象徴となっています。
光葉同窓会報第69号で、シンボルマークのデザインは第二緞帳「光葉の大樹」をイメージしたものだと、平井先生は語っておられます。名刺、レターヘッド、エコバッグ、クリアファイルなど、どんなものにもつけられる素敵なシンボルマークですね。緞帳のデザインと同様に、葉が放射状についています。幹も大樹らしく太く描かれています。左下にある「光葉同窓会」の文字や、右下にある山並みが描かれている部分も、緞帳と似た図柄になっていますが、ワンポイントとしてマークを使う時は、この部分が無くても、光葉同窓会のマークだとすぐにわかります。色は、葉が緑とベージュの2色で、幹は焦げ茶。遠くに見える山並みもベージュ色です。
光葉同窓会の会員数も、9万4千人を超えました。5月20日には同窓会総会を新潟のホテル日航で行いましたが、各支部からたくさんの会員が参加され、坂東理事長のご講演や新潟支部有志による「佐渡おけさ」の踊りなど、大盛況となりました。

光葉博物館を訪れたことがありますか [2018年05月18日(金)]

光葉博物館は、1994(平成6)年4月11日に開館し、9月16日に歴史博物館として博物館相当施設に指定されています。「光葉」の名称は、本学の同窓会の名称です。正門から入って、大学のキャンパスの一番奥、正面の7号館1階に展示室があります。
毎年、春と秋に様々なテーマで特別展を開催し、収蔵資料や、学生や附属校児童・生徒の制作作品などの展覧会も行っています。特に学芸員の資格取得を目指す学生にとっては、格好の実習の場となっています。博物館の主なコレクションとしては、ベル、世界の仮面、海外の民族衣装、日本の郷土玩具、漆芸資料、民族資料などがあります。

【ベル】

【民族衣装】

【日本の郷土玩具】

【漆芸資料】

今年の6月1日から6月30日まで、春の特別展として、図書館70周年・近代文庫60周年を記念して、「ことばのいろ ことばのおと―人見東明と白秋・露風の詩の世界―」を開催します。同時に「図書館70年の歩み」の展示も8号館1階の昭ルームで行われます。

学内に博物館があることで、博物館での展示は、学生・生徒や教員の研究成果の発表の場として、また、教育・研究資料の理解の場として、大いに役立ちますが、それと並んで、ここでの展示を広く社会に公開して、地域社会に対する情報発信の場としても、大切にしていきたいものです。

是非みなさんも、博物館で今どんな展示をしているのか、時々、足を運んでくださると嬉しいです。

陶板に描かれた絵「躍進」 [2018年05月11日(金)]

これは、どこの港でしょう。

学園本部1階ロビーの壁に飾ってある、陶板に描かれた横4メートル、縦3.2メートルの絵で、1850年のボストン港を描いた陶板画です。
陶板画(porcelain panel painting)は18世紀半ばにヨーロッパで生まれ、陶器の板に図柄を描き、焼き付けたものです。皆さんはマイセンの陶磁器をよくご存じだと思いますが、同じような手法で作られています。絵画とは違って、年月がたっても色が劣化することが少なく、直接手で作品に触れても絵に汚れが付く心配がいりません。タイルのような感触です。陶板に絵付けをし、それを高温で加熱する「焼成」という過程を繰り返すことで作り上げます。この「躍進」の絵も、何らかの原画があって、それを陶板に転写して焼成したものではないかと思われます。
この陶板画には、「1980年のBOSTON」と題して、次のような解説が添えられています。

1620年、新大陸開拓の夢をメイフラワー号に託した人々が大西洋を越えてこの地に初上陸。
1853年、鎖国日本の扉を開くための黒船が、ボストンからノーフォークを経て浦賀に来航。
1920年、本学園は日本の女性文化の帆を張って、世界の夜明けを目指して海路遥かに船出。
1988年、7月7日、昭和女子大学は東西文化融合実現のために、新たにボストン校を開設。
太平洋と大西洋にまたがる文化の巨大な架け橋によって世界が新しい躍進を遂げることを祈る。

次の写真は、1988年7月7日のボストン校開校の前年の12月に昭和女子大学の教職員の代表が現地を視察した時のものです。ボストンキャンパスへの入り口の反対側、丘の下から現在も教室棟として利用している建物を背景にしています。

最後の写真は、キャンパスの入り口から現在のレインボー・ホールのあたりにまで坂を上ってきたあたりです。

今年の7月7日で、ボストン校は創立30周年を迎えます。この30年間でボストンの研修に参加した学生は1万人を超えています。東京キャンパスとボストンキャンパスは、東洋と西洋の架け橋の起点として大きな役割を果たしてきました。これからも、もっともっと多くの学生がボストン校で学び、日本ばかりでなく、世界で活躍する力をもって卒業してほしいと願っています。

創立100周年シンボルマーク [2018年05月04日(金)]

あと2年で創立100周年を迎える昭和女子大学。昨年、児童・生徒・学生・教職員を対象にシンボルマークを募集しました。写真にあるようにたくさんの応募があり、8号館の東側で展示されています。どれも大変な力作ばかりです。

昨年の審査会でその中から、大学の環境デザイン学科の学生、袖山かれんさんの作品が最優秀作品に選ばれました。正式な創立100周年シンボルマークとして採用され、まずは、今年度学園で使用する封筒や教職員の名刺に印刷されます。


 最優秀作品  袖山かれん作

次の入選作品3点も、学園ではいろいろに活用させていただき、100周年を迎える機運を盛り立てたいと考えています。記念式典は2020年11月9日に行う予定で、ほかにもさまざまなイベントの計画があります。どうぞお楽しみに。


  入選 高橋 悦子 作


  入選 砂川 栞 作


  入選 長谷雄 翠 作