建物

望秀海浜学寮 [2016年07月22日(金)]

 房総半島の南端に近い館山市に望秀海浜学寮が開設されたのは、1986年の3月、ちょうど本学の女性文化研究所開設の1か月少し前のことでした。「房州」でなくて、「望秀」と書くのは、「秀(たか)き理想を望みつつ励む」の意味が込められているからです。

 「秀」の文字は、「禾(穀物の穂)」と「乃(なよなよする様)」の文字を組み合わせて作られたという説があり、その説によれば、穀物の若い芽が伸びる様子を意味していたそうで、そこから「すらりと高く穂や花になる芽が出る」、「すらりとぬきんでた穂」「すらりと高く出る」「ほかの人よりすぐれる」ということを表し、「秀でる」とか「優れる」という意味になったということです。ですから「秀き」と書いて「たかき」と読むのは、少々苦しいかもしれませんが、本学で学ぶ者へのに「秀でた理想を望みつつ(目指して)、学生生活に励んで欲しい」という呼びかけの気持ちを表した名称なのです。
 
(望秀海浜学寮の建物)
20160721091901-0001
(望秀海浜学寮から見る那古の海)
20160721092251-0001
 
 本学を卒業してすぐに昭和女子大学附属中高部でしばらく教鞭をとりましたが、その後アメリカに留学、修士が終わって中高部に戻ったのが1977年でした。その年に東明学林が出来ましたから、私が大学生の頃は、茅ケ崎海岸にあった湘南学寮や大磯にあった鴫沢学寮で学寮研修を経験しました。多分、1週間~10日間の宿泊研修で、はっきりと覚えていないのですが、夕食も交替で学生が調理したように記憶しています。鴫沢寮での学寮が終わると、帰りには西行饅頭をお土産に家に持ち帰るのを両親も楽しみにしていましたし、湘南学寮では、海岸散歩と称して茅ケ崎の高級住宅地にある有名な俳優や歌手の家を皆で探すのも楽しみでした。
 
 さて、話を基に戻すと、望秀海浜学寮ができる以前から、中高部では千葉県館山市那古の数件の宿に分泊して研修をしました。研修中に必ず船形の灯台をめざして鏡ケ浦の海を泳ぐ遠泳と、那古観音での盆踊り大会がありました。望秀海浜学寮が建つあたりは、戦国の武将・里見氏を題材に書かれた滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」ゆかりの地で、盆踊りで観音様の境内に集まると、必ず、南総里見八犬伝の話を聞いたものでした。そして、那古観音から見下ろす船形、館山の町の夜景の美しさは今でも心に焼き付いています。もう一つ必ず海浜学寮で行われた行事が、後に昭和の寮が建つという広大な土地の草むしりでした。私は中学校から昭和に入り、中1から高2まで毎年、そして、高3でも中央委員として下級生のお世話をするために夏季寮に参加したので、6年間、麦わら帽子をかぶり太陽がカンカンと照る中で草むしりをしました。でも今では、友達と一緒に作業をしたことが楽しい思い出となっています。学生の皆さん、私たち先輩が汗を流しながら草むしりを何年も続けてできた望秀海浜学寮です。是非、東京のキャンパスではできない活動を取り入れて、有意義に過ごしてください。
 
(望秀海浜学寮に咲くオオマツヨイグサ)
20160721092553-0001
 
 そういえば、夏季寮の楽しみを、もう一つ思い出しました。オオマツヨイグサの花が夕方にポッという音を立てて開くのを聞くことです。海岸からの帰寮の順番が最後になり、日が落ちかけてから旅館まで歩いて帰る途中で、小さくポッという音を立てて開く黄色い花を見つけて感動しました。学園のキャンパスのところどころにも、オオマツヨイグザが咲いています。夜に花が開くと次の朝には萎んでしまうので、自宅で咲かない限り、なかなか音を聞くのは難しいかもしれませんね。

昭和学園記念室 [2016年06月24日(金)]

 皆さんは、昭和学園記念室がどこにあるかご存知ですか。見学されたことはありますか。
 
 創立者人見記念講堂の一階の入り口に向かって右側、講堂事務室に向かう階段を上がり、左手のガラスの扉を開け、すぐ右手に歩いて、初めの右手の扉の部屋が昭和学園記念室です。ちょっとややこしいですね。部屋が開いていない時は、隣の光葉同窓会事務室に声をかけていただくと、鍵を開けてくださることになっています。
 
(昭和学園記念室)
20160623_1
DSC_0148
 
 ここは応接室となっていて、創立者人見圓吉先生、第二代理事長人見楠郎先生の思い出の品や本学の歴史に関する数々の品が展示されています。日本女子高等学院の創立、菊池寛賞受賞などにかかわる貴重な資料も含まれています。
 
(菊池寛賞)
DSC_0150 
 
 在学中の学生の皆さんは創立者人見圓吉先生のことは、入学の時に渡される『学生便覧』にある「創立者人見圓吉と緑夫人」の写真だけでしか、多分、知りませんよね。ここにある短冊に手書きされた「草の息 木の息 森の息 ききて こころ静かに 生きて 行かまし」の歌は東明学林の歌碑にもなっています。
 
 圓吉先生は、どんな青年だったのでしょう。先生のまわりをどんな人たちが囲んでいたのでしょう。私が圓吉先生のお授業を受けたのは先生の晩年の1年間だけでした。特製の袋に入れた牛乳瓶をいつもお持ちになり、大きな講義室で授業をされました。牛乳は健康に良いので、いつもそうなさっていると伺いました。昭和学園記念室は大きな部屋ではありませんが、圓吉先生が愛用されていたベレー帽やマント、それに拡大鏡、老眼鏡、硯箱などが展示されていて、「女性こそが世界を変えることができる」と信じて、文筆家としての筆を折り、女子教育にその後の生涯をささげられた先生のお姿を彷彿とさせます。
 
 大学時代に英米文学科で学んでいた私たちは、アーノルド・トインビーの書いた『世界と西欧』の一部を講読の教材として読んだ記憶があります。その中でトインビーは、歴史的に滅びた民族の共通点は、理想を失う、お金に価値を求めて心の価値を失う、自国の歴史を忘れることにあったと書いていたと思います。国でも、大学でも、家庭でも、その始まりから現在まで辿ってきた道を大切にする気持ちを持ち続けたいですね。
 
 歴史の始まりを知ることはとてもミステリアスで楽しいことです。未知の発見がきっとあります。昭和女子大学の始まりとその歴史からも、私たちの想像を超えるような何かが発見できるかも知れません。もうすぐ創立100周年を迎える本学の歴史の始まりとその歩みを、在学生、卒業生、教職員の皆様も是非、見学していただけると嬉しいです。

昭和のタイムカプセル [2016年06月17日(金)]

 創立者人見記念講堂の前に建っているトルストイ像は、パンフレットや式典の次第などの学園の印刷物の表紙でもおなじみです。本学で学んでいる人なら誰でも、トルストイ像のことを知っていると思っていたのですが、先日、像の前を通りかかった学生達が、「これ、誰?」「創立者記念講堂だから、創立者じゃないの?」と話しているのを聞いて、びっくりしました。創立者の人見圓吉先生は、がっちりしていてとても大柄な先生でいらしたことには間違えはありませんが・・・。今日は、そのトルストイ像のことについて書いておきたいと思います。
 
(トルストイ像)
____0053
 
 記念講堂前のトルストイ像は、ブロンズ製で2.5メートル、380キロもあります。今から120年近く前、トルストイが同じロシアの作家ゴーリキーと一緒に写した写真を基に作られ、中部ロシアのニコーリスコエの町の博物館の前に建っているものを模したものです。
 
 さて、昭和のトルストイ像には秘密があります。それは、実際に重量を測ってみると、なんと480キロにもなるということです。なぜだかわかりますか。
 
 像内に80周年を迎えた当時までの昭和学園の資料がさまざま入っているのです。開講の詞、人見東明全集、それまでの全卒業生の名簿、学生便覧、学報の特集号、それに、当時の昭和学園の施設の写真や学園が発行した様々なパンフレット等です。
 
 小学校や中学校の卒業記念にタイムカプセルを埋めたことがある人もいるでしょう。でも、いざ掘ることになり、探し始めると場所がどこかわからなくなってしまったとか、他のものがその上に建って掘り進めないとか、掘り当てても水が入っていて何が入っていたのかわからない、など、失敗談もたくさん聞いています。でもトルストイ像のタイムカプセルは、心配ありませんね。
 
 さて、像内に入っているものを開封するのは、いつのことになるのでしょう。1970年に行われた日本万国博覧会の次の年、大阪城本丸にタイムカプセルを埋めたことは大きなニュースとして扱われました。世界各国から2000点以上の文化的価値を持つ品物を集め、内径1メートルの同じカプセルを2個埋め、上の1個は各世紀の初めに開き、そのまま埋めておいても持ち続けるかを調べて、良ければ再度密封して埋めるのだそうです。2000年に第1回目のチェックを行った時には、内容物に変わりは無く、そのまま封をしてまた埋めたそうです。下の1個は埋めた時から5000年後にあたる6970年に開かれる予定とのこと。そう聞くと、昭和のタイムカプセルを創立100周年に開封するのは、早すぎますよね。

オリンピック [2016年06月03日(金)]

 もう50年以上も前のことになりますが、1964年の東京オリンピックでは本学のキャンパスの中央にある体育館が、世界各国の体操選手の練習会場となりました。私が高校生の時のことです。外から覗くと、チェコスロバキアの選手たちが平均台の練習をしていたことを記憶しています。1993年からはチェコ共和国とスロバキア共和国が分離したので、チェコスロバキアという国があったことを知らない方もあるでしょう。「オリンピックの名花」と呼ばれたベラ・チャスラフスカ選手もきっとこの中にいたのかもしれません。この年に、オリンピック協会から大学にいただいた五輪旗は、その後、昭和のグラウンドで行った全学園の体育祭の入場式の先頭を飾ったものでした。

(今も残る体育館)
DSC_0094

 

 

 

 

 

 

 

 

 チャスラフスカさんは、1942年生まれで今年74歳。1964年の東京オリンピック、1968年のメキシコオリンピック女子体操の個人総合で優勝しました。チェコスロバキアの首都プラハへのソ連軍侵攻に反対したことから、東欧での民主化の波がチェコスロバキアの共産党政権を崩壊するまで迫害を受け続けたそうです。1990年には、大統領補佐官として彼女は再び日本を訪れています。
 日本では今、次々とリオデジャネイロ大会の代表選手が発表されていますね。皆さんはクレー射撃の競技をご存知ですか。いくつかの種目に分かれていますが、基本的には散弾銃で動く直径15センチ程のクレーと呼ばれる素焼きの皿を撃ち壊していくスポーツ競技です。リオ五輪の代表選手に、昭和女子大学卒業の石原奈央子さんが選ばれました!
 石原さんは文学部日本文化史学科を1997年に卒業され、ご実家は栃木県の天狗で有名な古峯神社です。イギリスに5年間留学もされました。アジア予選で1位になり、この種目で初の日本女子の五輪出場となるそうです。また、リオのパラリンピックの水泳でも本学に在学中の福祉社会学科2年の森下友紀さんが、水泳S9クラスで100メートルバタフライに日本の代表として出場します。
 近代オリンピックでは、様々な競技が行われてきました。1920年のアントワープ大会までは綱引きも競技種目になっていたそうです。オリンピック競技のテレビ中継はきっと皆さんがご覧になると思いますが、これを機会にオリンピックの歴史を振り返ってみると興味深いことがたくさんあるのではないでしょうか。そして、みんなで本学学生の森下友紀さん、卒業生の石原奈央子さんを応援しましょう。

(リオのオリンピック 女子クレー射撃代表の本学卒業生 石原奈央子さん)
ishibashi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(リオのパラリンピック 水泳代表の福祉社会学科学生 森下友紀さん)
morishita

図書館に行きませんか [2016年05月20日(金)]

 このアクアリウムはどこにあるがご存知ですか。カフェテリア、ソフィア?それともグローバル・ラウンジ?

DSC_0649

 

 

 

 

 

 

 

 

 80年館3階の図書館です。ふつうは図書館には水槽のような物は置かないのだそうです。本学の図書館は、単に収蔵された図書などが閲覧できるだけでなく、さまざまな学びの場所として活用できる新しいスタイルの図書館として工夫されています。このアクアリウムもその一つ。館内で、本を読んだり、ディスカッションしたり、レポートをまとめたりする合間に、疲れた目を休めてほしいという館員のみなさんの心遣いでここに置かれています。エサは1日1回。希望があれば、エサやりもできるそうです。シーズンごとに熱帯魚の種類が変わり、良く図書館に来る人は、「熱帯魚に交じってエビがいる!」などと楽しんでいるとか。また、このコーナーでは200種以上もの雑誌も自由に見ることができます。是非一度、足を運んでみましょう。

 私が在学していた昭和40年代の図書館のことを時々思い出すことがあります。一歩足を踏み入れると、外に比べて少し薄暗く、シーンとしている。木製の本箱が並び、本を開いた時の香りが漂ってくる。書架の間をゆっくり歩きながら、気になる本があるとページを開いて、読み始める。意外と面白くて、床に座りこんでもう少し読んでみる。“へー”と思うことが見つかると余計に嬉しくなって、結局、最後までザーと目を通して、ついには借りることにする。取り出した本の隣にあった本にも目を通したくなる。こうして、ふと気づくと、1、2時間はすぐ過ぎてしまったものです。

(旧図書館入口)
20160430151845-0001

 

 

 

 

 

 

 

 昭和女子大学の図書館には、いろいろな歴史がありますが、現在の図書館は2002年の4月にオープンしました。80年館の3階の入口で学生証をICにかざして入ると、左手にはアクティブ・ラーニングに活用できるフリーラーニング・スクエア、右手に情報検索エリアが広がっています。東から西に約70メートルあるスペースには開架式書架が並び、閲覧席も3・4階を合わせると520席以上あります。3階西側と4階は静かに本を読むフロアー。私の大学時代の図書館の雰囲気は今でも地下1,2階の書庫に行けば味わえますよ。昨年は延べ23万人もの人に利用された本学の図書館。みなさんも是非、図書館に自分の好きな席を作っておきませんか。

ビッグ・ベンとカリヨン [2016年05月13日(金)]

 イギリス、ロンドンにあるウエストミンスター宮殿(英国国会議事堂)にある、1世紀半以上の歴史を持つ有名な時計台(エリザベス塔)と大時計ビッグ・ベンは有名です。高校の英語の教科書の題材にもなっていますし、旅行で行かれた方もあるでしょう。そのビッグ・ベンを74億円もの費用と、2017年からの3年間という時間をかけて大修復を行うというニュースを読みました。
gahag-0053874571-1
 昨年の調査で、1時間に6秒の時間のずれが生じていて、塔全体の老朽化も激しいことがわかっていました。工事が始まるとビッグ・ベンの鐘の音も数か月間聞くことが出来なくなるということです。このメロディは日本の多くの学校で授業の始まりに「キンコンカンコーン」と鳴るチャイムのルーツだそうです。

 本学で時を告げるのは、大学1号館の9階にある大小21の鐘、カリヨン(連鐘)です。カリヨンはオルゴールの起源といわれています。毎日4回、季節に合わせて学園の歌や日本・世界の歌が奏でられます。オランダ製のカリヨン中央の100年以上の歴史があるチャーチベルには、学園目標「BE A LIGHT TO THE WORLD(世の光となれ)」が鋳込まれていて、カリヨンの演奏の最後に3回、その音を響かせます。でも、毎回、誰かが9階でチャーチベルやカリヨンをたたいているのではないので、ご安心を。ビアノで演奏したメロディが自動的に再生されるように、金属のピンが打ち込まれたバレルと呼ばれる大きな筒(オルゴールの回転軸と似た形)が回転すると鐘を叩くハンマーが動く仕組みになっているそうです。
DSC_0001

  
 ところで、授業の始まりを告げるのは放送で流れるパイプオルガンの演奏による「学生歌」。演奏は30秒程度で終わりますから、まだ教室に到着していない人は大急ぎで教室に向かいましょう。特別な事情が無い限り、授業は時間通りに始め、時間通りに終わる約束になっています。様々なイベントや活動が休み時間や昼休みにも計画されていますから、カリヨンや授業の始まりの学生歌を上手に利用して、みんなの時間を有効に使いましょう。

記念講堂第一緞帳(ドンチョウ) [2016年04月08日(金)]

 創立者記念講堂(人見記念講堂)の舞台には2枚の緞帳がかかっています。緞帳とは、客席から舞台を隠すための幕です。開演までの間や終演後にかなりの時間、観客の目に触れるものなので、その施設の顔とも考えられています。

 客席側にある第一緞帳は西陣織で、「躍動する光」というテーマで織られたものです。神奈川県大井町にある本学の研修学寮「東明学林」から望む富士山や箱根の山々と伊豆・相模の海が浮かびあがった図柄です。その上空を3人の女性が、髪をなびかせながら移動している姿をかたどったオーロラの光が乱舞しています。

 では、3人の女性とは誰のことだと思いますか。

 3という数字は「無数」を意味しています。この緞帳は、無数の女性・無数のオーロラの光、つまり皆さんが「世の光」となって、日本から世界に向かって飛躍していく姿を描いたものなのです。記念講堂での催しの折に、是非、ゆっくりと第一緞帳を鑑賞して下さい。第二緞帳のお話はまたの機会に。
 
 
創立者記念講堂第一緞帳
DSC011318