第5期生・上海交通大学留学便り ~6月編・その3~

<テスト対策は何をしていますか>
部屋の中は誘惑が多いので、カフェなどに行って勉強していました。
カフェに行けば、中国人の店員さんに分からないところを聞いて教わることもあります。
それがきっかけで仲良くなることもできました。
テスト勉強をしながら中国人とコミュニケーションをとれるのでカフェでの勉強は楽しかったです。
また、中一レベルのときよりも内容が難しく、単語の量も多いのですべてを覚えるのが困難でした。

<寮での楽しみは何ですか>
一人部屋なので、帰ってから一人の時間を過ごせることが楽しいです。
好きな時間に好きなことができるのはストレスにもならなくて楽だと思います。
また、それぞれの誕生日が来るごとに主に部屋でお祝いをしているのでそれも楽しみの一つです。
誕生日当日はもちろん、その前にみんなで準備する時間も楽しいです。
このようなことは寮だからこそできることだと思うので今しかできない貴重な経験なのかなと思います。

<1年間の留学を振り返って>
この留学を通して学んだことや自分自身で変わった部分が多くあります。
以前は一人で好んで外出しなかったのですが、
今では一人でミュージカル観劇をするなど活発的に行動するようになりました。
そして外国人の友達ができ、様々な考え方があることを知りました。
自分だけの考え方に捉われず、視野を広げて周りを見ることの必要性を学びました。
一年間の留学は長いようで短く、まだ足りないと思う部分もあります。
しかし限られた時間の中ですべきことを見つけ、自分自身の成長へ繋げられたと思います。
この一年間は有意義で濃い時間でした。

☆F.J.☆