2015年9月

第1期生・国民大学校留学便り~7月編~ [2015年09月25日(金)]

<授業を受けている際、心がけていることは何ですか>
宿題を必ずやり、小さな単語のテストも気を抜かずにしっかりやるようにしています。教科書が4級の時と比べて単語も難しく、量も多くなりました。なので予習をするようにもしています。単語の中にも辞書で調べてもその日本語の意味が理解できなかったり、初めて聞くような言葉も多々でできているので、どういう意味なのか先生が韓国語で簡単に説明してるのをよく聞いて理解に努めています。日本人が4人もいるので近くに座らないようにして韓国語で話す時間を多くしています。

<寮での生活を振り返って>
一人の韓国人のルームメイトとはよく話すようになりました。引っ越してきたときにその子に気を使わず楽に過ごしてねって言ってくれたので、今すごく楽しく過ごせています。語学堂から帰って来るとみんな出かけていてひとりの時間が多く、気を使わない一人でリラックスしてゆったりとした時間が過ごせてうれしいです。たまにエアコンの設定温度が低すぎて風力も強くて、我慢するときもありますが、前の部屋よりは快適に過ごせています。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
中間テストと韓国語能力試験が連日続いた土日が大というほどでもないですが、一番楽しめたかなと感じます。

テスト前の様子

テスト前の様子

テストを受けたことがよかったということではなく、ある仲良しの中国人の友達とスピーキングのテストを一緒に練習して番を待ったり、韓国語能力試験が終わった後に一緒に食事をしてショッピングをするのがテストが終わったということもあって気分よく遊ぶことができました。中間テストでは他の子たちとも仲良くなれたので良い時間でした。

試験後の食事

試験後の食事

☆S.A.☆

平成27年度 内閣府日本・中国青年親善交流事業に参加 [2015年09月24日(木)]

夏休みを利用して、内閣府が主催する日本・中国青年親善交流事業に、日本青年中国派遣団として参加しました。

式典での様子

式典での様子

本事業は、日中平和友好条約が締結されたことを記念して始まった事業で本年度で37回目、日本と中国の青年の相互理解と友好を深めるために目的としています。事業をより充実したものにするために、一週間の事前研修や出発前研修、帰国後研修など様々な準備をしました。中国では、北京・太原・杭州の三都市をまわり、大使館や企業・大学を視察しました。

中国企業視察

中国企業視察

 

現地の学生との交流

現地での文化交流の様子

ホームステイでの様子

文化交流:餃子作り体験

特に太原ではホームステイを経験することができ、より深い文化交流をすることが出来ました。本事業では個人では行けないところや、会えない人に会うことができ非常に貴重な体験となりました。

研修を終えて

修了式

今後この経験を通して得たことをどのように社会に貢献していくか考え、積極的に事後活動に取り組んでいきたいです。

☆I.M.☆

 

 

第5期生・ソウル女子大学留学便り~7月編・その2~ [2015年09月18日(金)]

<授業を受けている際、心がけていることは何ですか>
授業を受けているときはなるべく積極的に発言をするように心がけています。しかし、6級になると質問される内容が日本語でも答えられないのではないかと思うほど難しい時があります。単純に韓国語ができればいいという問題ではなく自分の意見や考えを常に持っとかなければいけません。政治問題や科学技術、環境問題など本当に難しい問題について韓国語で意見をいうことは簡単なことではありませんが、常に関心をもっとかなければいけないことについて学べているので日本に帰ってからも役に立つと思っています。

<寮での生活を振り返って>
寮では2人部屋ということで日本にいた時のように自由にできない部分もあり、自分の行動が制限されることもありました。夜遅くに寝たり、ドラマや芸能プログラムを見るときいイヤホンをしないと相手に迷惑がかかるので気を使って生活をしました。すこし不便なところもありましたが、その代わり相手を思いやる心が成長したと思います。そして部屋でお互い話をすることも楽しかったです。いつも部屋に帰るとルームメイトがいたので日本に帰って生活するのが少し寂しくなりそうです。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月の大イベントは、はんこ作りです。

はんこ作り

はんこ作り

授業の一環としてはんこを作りにいくイベントがあったのですが思ったより楽しかったです。細かい作業が得意ではなく苦労しましたが自分の名前をハングルで掘って作ったはんこは思い出に残るものになりました。はんこを作ったあとは級ごとに分かれてみんなでビビンバを食べました。私たちのクラスみんなでご飯を食べるのはこの時が初めてだったので嬉しかったです。ビビンバも美味しくあっという間になくなりました。

食事会

食事会

☆A.Y.☆

 

第5期生・ソウル女子大学留学便り~7月編・その1~ [2015年09月16日(水)]

<授業を受けている際、心がけていることは何ですか>
授業を受ける際に心がけていることは、分からないをきちんと表現することです。先生が質問した時、自分なりに色々考えてみて答えがどうしても分からない場合、それを表現するようにしています。他の子の答えを聞いたり、先生がもう一度丁寧に説明してくださるのを聞いて、とても私の理解の助けになります。小学生のようなことかもしれませんが、分からないまま進むとそれが積み重なって、あとですごく大変なことになったことがあるので、授業を受ける際の心構えとして継続しています。母国語では無く、韓国語なのでより重要なことだと思います。

<寮での生活を振り返って>
寮での生活は私にとって、とても印象的なことばかりでした。4回の引越しで全員ルームメイトが変わったことが1番大きいです。毎回引越しの度にドキドキしながらルームメイト発表の用紙を見に行ったのが懐かしいです。韓国人2人、フランス人、日本人、4人の方と一緒になりましたが1番楽しかったのは交流を深めるために色々お話したことです。 韓国人の方は日本語選考の子だったので、お互いに語学交換をしたり、文化の共有をしたり、とても為になる日々を過ごしていました!フランス人の方と一緒の部屋になった時は、英語だけの意思疎通にアタフタしながら、知っている単語と文法で会話したのも思い出です!今は日本人の方と一緒ですが、語学堂のことや様々な情報の共有が出来るので楽しいです!寮のことだけでも私の韓国留学生活において大きな思い出がいっぱいです!

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月の大イベントは友達と新村の『水鉄砲祭り』に行ったことです!友達がそのイベントを見つけてくれて行ってきました。写真を見る限り、物凄く盛大で少しドキドキしていましたが、実際に行ってみるとそれはもう楽しかったです!

新村の『水鉄砲祭り』

新村の『水鉄砲祭り』

友達も初めて会った人も関係無く、皆手持ちの水鉄砲で相手に向かって水をかけます。かけられた人はその人にまたかけて…と、写真通りとても激しいお祭りでした!途中、大きな機械からブアーと泡も出てきました!韓国人のノリの良さと盛り上げる雰囲気が楽しくて、時間も忘れて水をかけてました!(私は何故かほぼかけられました)このようなお祭りに参加出来て本当に良い思い出です!

『水鉄砲祭り』

『水鉄砲祭り』

☆S.K.☆

9/15(火)附属4・5年生体験授業「camisoleってキャミソール?」 [2015年09月16日(水)]

付属の4・5年生を対象に、『camisoleってキャミソール?』というタイトルで、50分の体験授業をおこないました。日本語になっているフランス語についてと、英語以外のヨーロッパ系の外国語について話をしました。

本来のフランス語とは発音が変わっていたり、意味が異なるものなど身近な日本語の例を挙げ、スペルと発音の関係が英語ほど複雑ではないことを話しました。また、ゲルマン系列の言葉とラテン系列の言葉を比較しながら、英語とヨーロッパ諸言語との違いを簡単に説明しました。

授業の様子:camisoleってキャミソール?

授業の様子:camisoleってキャミソール?

締めくくりに『言語はコミュニケーションの手段に過ぎず、本当に大切なものは話の内容』と伝えて終了しました。

松浪

 

9/15(火)附属4・5年生体験授業「ハングルって何?」 [2015年09月15日(火)]

9月15日に付属高校生のための韓国語の体験授業を行いました。

今回のテーマは「ハングルって何?」。韓国語がまったく分からない学生を対象にした授業です。
まず簡単なあいさつからはじまり、Quiz形式で①韓国語、朝鮮語、ハングル語の違いは何か?②ハングルはいつ作られたか?③韓国語は日本人に学びやすい言語って本当かどうかなどについて説明しました。

1111111

授業の様子:ハングルってなに?

そのあと、ハングルの構造について「英語、日本語、韓国語」の表記を比べながら図で分かりやすく示しました。最後に日本語の「アイウエオ」が韓国語ではどのようになるのか、読み書きしながら学ぶ時間を持ちました。みんな大変反応がよく、楽しく授業ができました。

第5期生・上海交通大学留学便り ~7月編・その2~ [2015年09月11日(金)]

<授業を受けている際、心がけていることは何ですか>
レベルの高い授業なので集中して受けることを心がけています。当たり前のことのようですが語学の授業で一時間半集中力を高めたまま受けることは中々体力のいることだと実感しています。
今までの文章とは大きく違い、中国文化についての説明文や抽象的な表現も沢山ある文章なので自分で考えてもよく理解できない時は必ず先生に聞いて理解してから進むようにしています。
先生もたびたび指摘してくれますが別の課で学習したことも忘れないように、言い換え表現や成語を常に意識しながら授業に取り組んでいます。

<寮での生活を振り返って>
約一年間联兴楼に住んで、「住めば都」という言葉を強く実感しています。住環境や設備に違いや問題があっても自分なりに解決したり、自分で管理人さんに交渉したりして住みやすいように工夫して落ち着く環境を作れたと思います。
部屋は自習をしたり自分の時間を過ごす大切な空間なので、清潔で快適な時間を過ごせるように自分で工夫、努力をすることを下級生にお勧めします。

上海7月の様子

上海7月の様子

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
サマースクールでGクラスに挑戦したことです。最初に振り分けられたクラスはFクラスでしたが、授業を受けてみてレベルとスピードが自分に合っていない気がしたのでGクラスの授業を見に行きクラスを変えることに決めました。
FクラスとGクラスの授業内容や先生からの要求は大きく違い、クラスを変えるかどうか凄く悩みましたが、最後の一か月ということもあり、少し難しいクラスに挑戦することを決めました。
三週間経ってみて、難しいながらも面白くて刺激を受けられる授業を受けることができて毎日が本当に充実していると感じます。
学期終わりにはつきものですが、沢山のお別れがあったことも今月の大きなイベントでした。クラスメートの帰国の前には一緒にご飯に行ったり沢山お話をして楽しい時間を過ごしました。中でも特に仲の良かった同世代のクラスメートとはお互いにポストカードやプレゼントの交換をしたり帰国日にはお見送りをしました。彼女とはほぼ毎日顔を合わせてご飯に行ったりしていたのでお別れのときは本当に辛かったです。しかし離れ離れになった今でも連絡を取ってお互いの近況を報告しあっていて、留学ならではの体験であり非常に嬉しく思います。

クラスメートと記念撮影

クラスメートと記念撮影

☆Y.A.☆

第5期生・上海交通大学留学便り ~7月編・その1~ [2015年09月09日(水)]

<授業を受けている際、心がけていることは何ですか>
授業中は、とにかく授業の中でできるだけ吸収できるかを意識しています。そして、文章の理解もできるようにしています。難しい単語も増えてきたので、今まで以上に集中しています。
インターン中は、とにかく想像力を膨らませました。一つの物事を様々な角度から見て、沢山疑問を持てるようにしました。そして、深く知る努力をしました。休憩時間がないため、自分で休憩を入れたり、休憩の感覚や仕方を意識しました。

<寮での生活を振り返って>
中国人の友達と一緒にご飯を作りました。その人は、日本が大好きで、日本語もしゃべれます。そして、日本の家庭料理が食べたいとのことだったので、まだ食べたことがない日本料理を調べて一緒に作りました。そして、インターン中はほぼ毎日お昼ご飯のお弁当を作りました。インターン先の会社が入っている建物の周りは、高いお店しかないため、ほぼ毎日お弁当を作りました。材料をまとめて買って、インターン組3人で分けて使ったので、一週間一人約35元で節約できました。
そして、今ルームメイトは夏休みを使って帰省しているので、部屋では一人でさみしかったです。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
インターンです。インターンをすることで、普通の学生なら経験しないようなことを経験できて、とても良い機会でした。インターンを経験して、今自分がやるべきことを発見することができました。

インターンシップ先のビル

インターンシップ先のビル

まずは、英語の学習を本気でやることです。もともと、英語は必要だとは思っていましたが、今回のインターンで社内共通語が英語だったので、モチベーションが上がりました。そして、マーケティング用語を通して社会の仕組みについて学びました。そして、出張や中国人の女性の方と営業同行をして、営業のための様々なヒントを得ることができました。

☆H.K.☆

第1期生・国民大学校留学便り~6月編~ [2015年09月04日(金)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
今まで使ってきた資料や教科書から自分が覚えていない単語や文法、表現を書きだして覚えました。
私が一番大変だった詩を読みとる授業は毎回受けてきたため、読みとる力がついてきました。
そのため、中間テストの時よりは気持ちが楽に勉強に励むことができました。
ライティングのテストもあったのですが、
あらかじめ、大まかに問題を教えてもらっていたのでどのようなことを書こうか、
まとめてからテストを受けたので思った以上にスムーズにできました。

勉強中の様子

勉強中の様子

勉強中の様子

勉強中の様子

<寮での楽しみは何ですか>
部屋が変わって韓国人の二人と同じ部屋になりました。
最初は挨拶だけしていて、あまりお互いに話さずよそよそしい雰囲気で過ごしていましたが、
最近になって偶然道ですれ違って会話してから一気に距離が縮まり、
日本の食べ物をプレゼントしたりしてどんどん仲良くなりました。
会話するときも、私が言葉がでなくて躓いていても最後まで待ってくれて、とても優しい人で安心しました。
なので、今はその友達と話すことが楽しみになっています。

<語学堂の休暇はどのように過ごしましたか>
休暇は私たちにはありません。
大学のテストが金曜日に終わってから日曜日に引っ越しがあるのでその準備で忙しく、
引っ越しが終わったと思うと次の日は語学堂だったので何もできませんでした。
MERSのことも心配だったので外へ出かけようとも思えず、あまり大学の外には出ないようにしていました。
最近では少しずつ治まりつつあるので、
語学堂の友達や韓国人の友達と大学近くの食堂で昼食を共にしたりして、過ごしていました。

☆S.A.☆

第5期生・ソウル女子大学留学便り~6月編・その2~ [2015年09月02日(水)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
語学堂で習ったものをもう一度一から確認をして
理解がちゃんとできていないところは徹底的に勉強するようにしました。
わからないところは先生や友人に聞くなどして理解するようにしました。
主に単語と文法はしっかりと暗記するようにしました。
会話のテストは友人とお互い考えた予想問題で事前に考えをいえるようにするという事前準備もしました。

<寮での楽しみは何ですか>
友人と集まって昼食と一緒に食べるのが唯一の寮での楽しみです。
部屋に入ってしまうとそれぞれ自分の時間を過ごすようになってしまうので授業が終わったら、
チキンやピザを配達して話をしながら食べるのがすごく楽しいです。
最近は忙しくてみんなで集まって遊ぶ時間も少なくなってきているので
こういう時間を作るのもいいと思います。
お互い情報交換をする時間にもなっているので、貴重な時間になっています。
留学が終わったらこんな生活もできなくなってしまうので大切にしていきたいです。

<語学堂の休暇はどのように過ごしましたか>
友人と行きたいところと食べたい物のリストを作って実行しました。
行ったことがないところに観光しに行き、食べたかったものも思う存分食べました。
また、したかったショッピングもあらゆる場所ですることができ充実した休暇を過ごすことができました。
しかし、部屋にいる日も多く最後の休暇期間だと考えると
もっと他のこともできたのではないかと思い少し後悔もしています。
語学堂が再開してもう長い休暇がないため、
勉強を頑張りながら空いている休みを利用して残り短い留学生活を有意義に過ごすことでたらいいです。

☆M.M.☆