2016年1月

第5期生・中国留学便り ~上海交通大学 12月編・その1~ [2016年01月29日(金)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
1年目から変わらず、予習は教科書の単語の意味を調べる作業と意味は分かっていても読み方がわからない単語にピンインを振る作業を行っています。復習は授業のあったその日のうちに授業で触れた部分をもう一度声に出して読んだり、教科書に付属されているCDを聞いたりして行っています。予習復習で手一杯にならなければ、その他に自分の押さえておきたいところを勉強したりしています。3年生の授業は2年生のころの授業と異なり、小説を読んだり、中国語の成り立ちのようなものを学んでいるので予習復習をしても理解をするのが困難なことがよくあります。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
本科生は語学研修生と異なりクリスマスも授業があるので、去年同様通常通りに授業に行きました。日本では、必ず通学で街にでるのでイルミネーションや音楽でクリスマスムードを感じることができたのですが、今は学校の敷地内に住んでいることもあり、どこか栄えているところに自ら足を運ばないとクリスマスを感じることができません。テストまで2週間をきっているので、特にどこかへ出かけたり特別なことはせず、部屋でゆっくり過ごしました。テストが終わったら日本へ帰国するのでクリスマスや年越しの分まで満喫したいです。

友人とのクリスマスの様子

友人とのクリスマスの様子

<今年を振り返って>
1年目の去年と比べて年越しまでの時間の流れがとても速いように感じます。それはきっと1年目の経験があるからだと思うのですが、それだけ自分が上海での生活に慣れたという証なのかなと思います。1年間を通して感じることは、やはり日本語を使って過ごす時間が多いことです。クラスには、昭和とタイ人、韓国人、アメリカ人がいるのですが、国ごとに座っているのでグループワークがない限り授業内で会話をすることはとても少ないです。リスニングはある程度できるのですが、話さないのでスピーキングにやはり苦手意識を持ってしまいます。ですが、これでは留学へ来た意味がないのでできる限り毎日日本語のわからない中国人と会話をするようにしています。今年が終わったら留学生活も残り半年なので、中国人との交流の機会を大切にして中国語を使う時間を増やしていきたいと思っています。

☆H・M☆

第5期生・セント・メアリーズ大学留学便り~11月編~ [2016年01月27日(水)]

 

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
授業の前日に授業で使うテキストブックを開き、今やっているUnit全体に目を通して自分なりの意見を頭で考えてみます。授業では近くに座っている生徒とのディスカッションタイムがあり、絶対自分の意見を言う時間があるからです。でないとディスカッションが出来ないので。教科書のトピックは環境問題や情報技術についてと様々です。いざやってみると、英語の問題だけではなく、恥ずかしながら自分の知識の少なさを再確認しました。他の国の生徒と同じ教室で気づいたことは、みんな自分の意見をしっかりもっていることです。自分の意見をもってないとそもそも話が進まないので、そのことを意識するようになりました。

授業準備の様子

授業準備の様子

<寮・ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
ホームステイ先の生活だけに限らず大変なことは食事の時間などに会話を弾ませることです。正直、来たばかりのころは今日あったことを夕食のときにホストマザーに話すことで話した気になっていましたが、今はそれだけではすぐに会話が終わってしまい良くないと気づきました。なので日常会話で使えるフレーズを覚えるのに必死です。私が話してホストマザーが面白く会話を展開してくれようとしても、私がそれに返せないと悔しいです。会話のキャッチボールがすんなりできるようになりたいです。

ホストマザーが作ってくれたポップコーン

ホストマザーが作ってくれたポップコーン

<Thanksgiving Dayはどのように過ごしましたか>
Thanksgiving Dayは、ホームステイ先では特に何もしなかったです。ですが私が所属しているCanadian & Japanese SocietyではThanksgiving についての紹介をスライドを使ってしてくれました。みんなターキー、マッシュポテト、クランベリージャムを食べるみたいです。ちなみにカナダのThanksgiving Dayは10月の第2月曜日なのでアメリカとは違います。ですがBlack Fridayはアメリカと同じ日に行われます。私も行ってみましたが、地元のショッピングモールでは買い物袋をもった人であふれていました。帰りに、あまりの荷物の多さにタクシーを呼んでる人も見ました。

☆K・E☆

第6期生・アリゾナ州立大学留学便り~11月編~ [2016年01月22日(金)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
授業の予習は主に先生が宿題として毎回出します。大変ですが、周りの生徒のレベルが高いので範囲外で関連事項の単語を調べたりなど、先生が出したところ以外も調べるようにしています。復習は主に新出単語を中心に、自分でノートにまとめ日常でも使えるように書き留めています。またそれと同時に、スピーキングスキルをあげるために、動画などをみて使えそうなフレーズや言い回しを集めています。これは私にとってとても有効的で、集めていくたびにネイティブの友達との会話が自然なものになっているように思います。

<寮・ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
私のルームメイトは二人ともアメリカ人で英語の力を伸ばすチャンスなのですが、二人とも外に出ていることが多く生活パターンがあわないため話す機会がなく、あまり仲良くなれていません。そのため、積極的にルームメイトがいるときは自分の部屋から出て、リビングにいったり、飯を作ったりなどしてコミュニケーションの場を増やそうと努力しています。またリビングから自分のものがなくなったり、夜中にテレビを見たりなど、自分が嫌だなって思うときも多々ありますが、このようなときはにどうやって解決すればよいのか、友達に相談したりなどして助けてもらっています。

<Thanksgiving Dayはどのように過ごしましたか>
ASU(arizona State University)には留学生一人につき、conversation leaderという現地の学生パートナーがつきます。その人が彼氏と同棲しているため、その家のパーティーに招待され夕食をいただきました。彼氏とその家族親戚がメキシコ人なのですが、最初はどんな風になるだろうと緊張しましたが、みんなとてもフレンドリーで楽しい時間を過ごすことが出来ました。中でもhead’s upというこっちで人気のジェスチャーゲームは盛り上がり、クリスマスもまた来てねと言ってくださったので楽しみにしています。その後はブラックフライデーの買い物に連れていってもらい、たくさんのものが安くなっていたので多くのものを買いました。

ホームパーティーの様子

ホームパーティーの様子

thanksgivingの御馳走

thanksgivingの御馳走

友人の家

友人の家

☆K・N☆

2015年度後期 留学出発式 – ボストン留学 – [2016年01月21日(木)]

I’m going to study in Boston for one year. My purpose is to improve my English and intercultural communication skills, so that someday I can work to help children in developing nations.

When I was a junior high school student, I saw a small Asian boy fighting in a war on TV. I was shocked. I couldn’t understand why, but it was clear poverty was the reason. This made me interested in international affairs and I decided to study hard to be able to work to help these children.

Right now, I’m volunteering with a students’ organization to send books to Nepalese children. One day we visited a Nepalese elementary school in Tokyo. The children spoke English to us, because English is an international language, but I had trouble communicating with them. This experience made me want to study English harder.

In Boston, I’m going to actively participate in all the programs they offer, so that I can move closer to my goal, which is to help children.

出発式のスピーチの様子

出発式のスピーチの様子

☆Y.S.☆

第1期生・アメリカ留学便り ~アラバマ大学 11月編・その1~ [2016年01月20日(水)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
リーディング・ライティングの授業では特に予習復習をすることはないのですが、ライティングのテストの添削が結構大変で時間を費やすことが多かったです。文法の授業ではわたしの苦手な単元が3つ続いたセッションだったので正直つらいです。毎日予習復習をしても暗記ものなのでなかなか習得することもできず、未だに日々苦労しています。一度日本でやった内容と言え、やはり自分が苦手としているものを改めて学ぶことはとてもいいことだと思い、勉強を続けています。新たな文法知識に加え、国ごとの文化の間違えるポイントの特徴や日本人視点からの英語により理解に時間がかかったり、毎日様々な発見をしています。自分の価値観の違いにより文法事項が理解できないときは先生に質問することも結構大変ですが頑張っています。ビジネスの授業では大学の近くの病院にいったり、レジュメ・カバーレター・インタビューの練習などをして、アメリカ流だけれども、この授業でしか得られない知識を得ることができていてとても嬉しいです。将来に役立つと思うので復習もしっかりして自分のものにしていきたいと心がけています。

<寮・ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
とくに大きなことはないのですが、ルームメイト二人ともアメリカ人ということで授業プログラム、テスト期間、課題の量などに大きな差があります。そして、朝型のわたしと夜型のルームメイトたちということもあり、テレビや笑い声の騒音で少し嫌な思いをすることはありますが、毎回口でしっかりと伝えて解決しています。大変ではないのですが、タスカルーサにもやっと秋が来ました。日本で気温を調べていた際は、東京よりも少し暖かいくらいと聞いていたのでそこまで防寒を考えていませんでした。しかし最近11月の時点でマイナスまで冷え込んでしまう朝晩もあり、とてもつらかったです。一方、暖かい日は半袖と半ズボンで十分なくらい暖かく、毎日の激しい気温差に驚いています。この気温差で体調を崩して学習と遊びに支障が出ないように毎日の自己管理を気をつけています。

インターナショナルパーティーで新しい友人ができました

インターナショナルパーティーで新しい友人ができました

<Thanksgiving Dayはどのように過ごしましたか>
アメリカ人の友達がインターナショナルスチューデントを招くパーティーを2回も開いてくれ、どちらにも誘われたので参加してきました。新しい友達もできましたし、今までの友達とも仲が深まり、とても楽しかったです。ELIの主催でもディナーパーティーがあり、それにも参加してきました。そこでは伝統的なThanksgivingの料理だけではなく、先生が用意してくださった歴史についての短いプレゼンも聞くことができて、ただのご飯を食べて楽しむ会にはなりませんでした。とてもいい機会で参加できたことをとても嬉しく思っています。Thanksgiving当日は学校の先生が家に招待してくださったので行かせてもらいました。生徒5人ほどと先生3人という少ない人数でしたが、学校ではいつも話さないような話や、なかなか話す機会の得られない先生ともお話ができて本当に貴重な経験でした。今年が初めてでおそらく最後であろうThanksgivingの料理は4回も食べましたが、すべて少しづつ作り方が違い、それを比べてみることもとても興味深く楽しかったです。

Thanksgivingの料理

Thanksgivingの料理

先生の自宅でのパーティー

先生の自宅でのパーティー

☆I・S☆

第2期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その3~ [2016年01月15日(金)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
以前の夏期講習の1ヶ月よりも課題が多くなりました。その日の授業で学んで出た課題をやったり、授業以外で出される課題では本を読んで問いに答えるものがあり、読解についてもやっています。以前に比べ内容が濃くなっています。内容も複雑になり、復習などをしないと理解できなくなっているため、毎日机に向かうようにしています。それとともに私は家族との会話を大切にしています。授業で習った文法を使って会話をすることを心がけています。

授業の様子

授業の様子

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
私のホームステイ先の家族は本当の家族として私を迎えいれてくれているため、とても居心地がいいです。スペイン人の温かさを日々感じています。生活面で大変なことはあまりありません。語学力面で大変なことは自分の言いたいことを上手く伝えられないときや説明してくれていることがわからないときです。それでも私の未熟なスペイン語でも理解しようとしてくれたり、わかりやすく説明してくれて意思疎通できたときは達成感を感じ、もっと勉強しようというやる気になります。

クリスマスのミサの様子

クリスマスのミサの様子

ホストファミリーとの写真

ホストファミリーとの写真

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月の中旬に中間テストがありました。10月から12月までの3ヶ月間の学期の中でとても重要なものです。私にとって家族と話したりすることが毎日の楽しみとなっています。今月はテストの勉強をしたり、かなり文法的なことをやっていたと思います。会話はたくさん話さないと身につかないので授業だけでは足りません。今月の反省は先月のほうが家族と会話をしていたと感じたことです。今月で3ヶ月目なのでこれからはよりスムーズにスペイン語で会話をしていきたいです。

☆F・E☆

第2期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その2~ [2016年01月13日(水)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
教科書で次に勉強しそうなところのページのわからない単語を調べています。また、次に問題があったら軽くどのような問題なのかを把握しておくようにしています。復習ではその日の授業で出てきたわからない単語をノートにメモっているので、それを整理しています。自習では日本から持ってきた単語集や文法書を使いながらの勉強、また私はリスニングが苦手なので、スペイン語の歌など聞いて少しでも耳を慣らすようにしています。

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
居間にいても部屋にいても心地よいです。強いて言うのであれば、引き出しがないので小物などの管理が少し大変です。また食事で嫌いなものがあれば言って、とホームステイ先の家族の方が言ってくれていますが、なかなかはっきり言えません。ですが、ウサギの肉はホームステイ先の兄も嫌いだったので、私も嫌いとちゃんと言えました。ウサギの肉は味付けによっては美味しいですが、ウサギのことを想像しちゃってダメでした。

パーティの様子

パーティの様子

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
先日、私事ですが、誕生日を迎えました。去年までは、日本人からのメッセージのみでしたが、前にこのホームステイ先で1週間一緒に住んだスウェーデン人からや、アルカリングの人からメッセージをもらい、日本人以外の人と友達になれたことを嬉しく思いました。またホストマザーに耳を歳の分まで引っ張られるのもいい思い出となりました。スペイン語での手紙などももらい、もっと勉強して話せるようになって、ホームステイ先の家族ともっと思い出を作れるようにしたいです。

かわいい誕生日ケーキ

かわいい誕生日ケーキ

☆N・M☆

第2期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その1~ [2016年01月08日(金)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
予習は学ぶ文法の勉強をしてします。そろそろ、大学で習わなかった接続の用法が入ってくると思います。なので、しっかり取り組もうと思います。復習は、授業でやった問題をもう一度解いたり、わからない単語を調べなおしたりしています。あとは、宿題をやって、わからないところはママに聞いています。自習は、自分で買った幼稚園生や小学生が解くような問題集を気が向いたときに解いています。あとは、安い漫画や絵本見たいのも興味あるやつを買って読んでいます。日本から持ってきた参考書の問題を解いたりしています。単語がわからないので、スペイン語の本はとても難しいし、読んだり、解くのに時間がかかります。頑張ってやりたいです。

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
ホームステイ先で大変なことは、休みの日になると出かけな、ここ面白いから、と言われることです。オススメしてくれるのは嬉しいが、たまには家にいたいですね。スペイン人としては、休みの日は出かけるようです。私の家族はみんな忙しいので、あまり出かけないのですが、私には出かけたら?とか、言われます。なので、近郊まで遊びに行くのですが…多分、私の部屋の掃除とかをするためにいってくれたり、いろんなものを見てきなっていう意味だと思うのですが…|時々友達が家にいたいとか、用があって、一緒に出かけられないときもあるので、毎回言われると少し悲しいし、大変です。

休日の様子

休日の様子

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月の私にとっての一大イベントは、に行ったことです。一ヶ月ほど前にあるスペイン語を話す教師をチラシで見つけました。”Esquina Espa?ol教室”です。主に、中国語話せるの学生に向けたものですが、日本人でも誰でも参加できます。この教室を運営している夫婦が、7日に他の学生と彼らの息子や娘たちを連れてピクニックに行きました。とっても楽しい時間を過ごせました。私にとって、スペイン語の勉強にもなるし、中国語の勉強にもなってとっても充実しました。あとは、行ったところはローマの歴史があるとで、でこぼこした石畳が続いていました。とても歩きづらい道でしたが、晴天にみんなもお互いの国のことを教え合ってピクニックできたこと本当に良かったです。またお城にも寄りました。中には入らなかったのですが、そこの景色はとてつもなく綺麗でした。緑と湖の濃い青と晴天の水色、白い家、山などこのよにあるもの・自然が一つの額におさまったような景色はとても忘れられません。色々な情報を集めると、素敵なことが起きるのですね。

お城で見た素晴らしい景色

お城で見た素晴らしい景色

ピクニックへ行きました

ピクニックへ行きました

☆T・C☆

第2期生・韓国留学便り ~国民大学校 11月編・その3~ [2016年01月06日(水)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
韓国語は、先生が問題をワークから中心に出すとおっしゃっていたので、ワークを徹底的に復習しました。
分からないところはバディーに分かるまで教えてもらいました。英語が二人一組でペアになり、英語の対話文を2つ作り、先生の前で発表するというものだったので、ペアの中国人の子と一緒に対話文を作り、対話練習をたくさんしました。

<寮での生活で大変なことは何ですか>
寮生活で大変なことは、毎日の食事です。寮に食堂とキッチンがないため毎日3食何を食べるか、ルームメイトと相談しなければなりません。韓国は宅配の文化が発達しているので、ほとんど宅配をしていますが、飽きてきたら外に食べに行ったりしています。また、冷蔵庫がないことも不便でしたが、最近はその生活にも慣れてきました。また、寒くなってきたので窓の外にものを置いておけば勝手に冷えるので冷蔵庫代わりになっています。

交流会ツアーの様子

交流会ツアーの様子

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
日本語の授業の教授の勧めで日本語学科主催の日韓の学生でいく交流会ツアーに参加したことです。韓国で北朝鮮に一番近い一般区域である「イムジンガク」や、MBC放送局などを観光しました。展望台に登り、韓国人学生が実際にあの奥に見えるのが北朝鮮だと教えてもらったり、軍隊に行った学生からは軍隊ではどんなことをしたのか聞きました。韓国人学生は皆日本語がペラペラですごく刺激を受けました。私が今在籍している国語国分学科はこのような交流会がないので、とても貴重な体験になりました。

地図

北朝鮮の場所を教えてもらいました

 

☆I・N☆

 

第6期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 11月編・その2~ [2016年01月01日(金)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
쓰기試験では毎日習う文法はその日のうちに習得できるよう、授業が終わってから宿舎に戻ってすぐ復習をするようにしました。また、夜は次の日までの課題を終わらせ、予習をしました。そうすることで、テスト前にまとめて勉強をするのではなく、自分にとって自信の無い文法を集中的に勉強することができるからです。単語なども習った時点で日本語の意味と韓国語での意味(音)で覚えるようにして、後からスペルミスをゆっくり直していく努力をしました。
말하기試験は配られたプリントを元に、どんな質問をされたらどの文法を使って答えるのが相応しいか自分で例文を作り試験のイメージをしながら何回も繰り返し書いたり声に出して覚えるようにしました。気が遠くなりそうな時は書き出さずに頭の中で別の文を考えて声に出してみたりもしました。
읽기試験では教材を見直したり小問題をもう一度解くことも大切ですが、せっかく触れることのできた話を何度も読み、この状況ではこう使う表現なんだと単語やフレーズを覚えるようにしました。それだけではなく、説明文のような文章に関しては自分が作文を書く際に使える表現があるのかと参考にしながら読みました。話の内容を理解する上で、聞かれたことに答える回答を探す際に助けとなるキーワードを見つけてまとめてみたりもしました。
듣기に関しては日々の授業の中で練習できるよう、授業中は特に注意して先生が話す言葉や友達が話す韓国語を集中して聞き、正確に聞き出せるように努力しました。また、授業の中で練習する聞き取り練習を期末の試験に活かせるように、自分はどのような部分で聞き取りミスを多くするのか分析しながら練習をするようにしました。

<寮での生活で大変なことは何ですか>
気温が寒くなるにつれて自分の体調管理にも気をつけなければならないと感じました。寝るときには基本ずっと部屋でオンドルが付いていますが、だからと言って風邪にならないとは限らないので暖かくして寝ます。また、宿舎から帰ってきた際は手洗いうがいもするように心がけています。洗面所が遠いので面倒になることもありますが、毎日の語学堂を休まないためにはこのようなことが必要です。
次に大変なのは部屋に虫が出た時です。私たちの部屋は1階の1番端っこだからか、2日間も同じ虫が出てきたことがあります。オンドルのせいで暖かいので虫が生息しやすいのだろうとは予測はしていましたが、実際出るととても驚きます。その上自分で処理が難しいと尚更大変です。そのため私たちの部屋で使えるように虫の殺虫スプレーを購入しました。後にどんな虫かを調べたら、どうやら現地の人たちは돈벌레と呼んでいるらしくなぜ生息しているのかというと、他の虫を食べているからだそうです。もっと面白いのは、その虫がでた家は金持ちになると言い伝えがあるそうです。この虫のおかげで大量の虫の発生は防がれているのかなと思いました。このことから、虫が今後出た際は自分で処理できるようにならなければ、強くならなければと感じました。

紅葉

校内の紅葉

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
学校の敷地内に木が多く紅葉がとても綺麗だったので語学の授業の後に写真を撮りながら散歩をしました。このようにしている学生は私たちだけでなく、現地の学生や近所の人も散歩をしていました。敷地内も綺麗でしたが、語学堂の方に行くともっと自然が増えるのでいつも行ったことのない方向へ行ってみたりしました。少し上の方に行くと誰でも利用することのできる運動器具を置いたスペースがありました。このような空間を韓流ドラマや番組で見たことがあったので、とても韓国らしいなと感じることができました。
また、学校で申請をして頼んだ学科ジャンパーもこの時期に届きました。申請はとても簡単で、腕の部分に自分の好きなように刺繍を入れる事もできます。値段は5千円程度で、値段の割にしっかりとした素材でとても暖かいです。1年生の時に行った学寮で3年生の先輩たちが着ているのを見てとても欲しいなと思っていたので、受け取った時はとても嬉しかったです。
11月末に期末試験を終え、語学堂の秋学期が終わりました。最終日は試験結果が伝えられ、修了式も行われました。その式の中で皆勤賞の賞状を渡される機会もありました。受け取った時はとても嬉しく、朝早くからの語学堂で大変だなと感じることも多々あったことが思い出されました。今思えば諦めずに語学堂に行ったことがとても誇らしく、これからの学期も休まずに出席することができたらと思います。

語学堂の修了書

語学堂の修了書

☆T・M☆