2017年9月

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~日本編⑤~ [2017年09月30日(土)]

〈Closing Ceremony〉

日本でのお別れ会は、3週間のプログラムの終わりという事で、韓国や中国でのお別れ会とはまた違った雰囲気でした。最後なので皆たくさん写真を撮って、お別れの言葉を交わしました。また、日本では先生たちの人気が高く、先生と写真を撮りたいという学生が続出しました。

私は3週間のまとめとして、中国語と韓国語でそれぞれの国の友達たちに感謝の気持ちを述べました。終わった後に、とてもいいスピーチだったとたくさんの人から褒めてもらい、今まで中国語と韓国語を頑張ってきて良かったと思えました。

Closing Ceremonyの様子

☆M・O☆

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~日本編④~ [2017年09月28日(木)]

〈最終プレゼンテーションの様子〉

授業最終日では、韓国、中国同様各チームに別れてプレゼンテーション対決をしました。
メンバーの協力もあり、私のチームは中国でのプレゼンテーションに引き続きfirst prizeをとることができ、閉会式では坂東理事長をはじめとする先生方にもう一度プレゼンテーションを発表する機会がありました。
私達のチームでは、高齢社会という問題に対する答えとして、東アジアの女性が抱える産休・育休問題からアプローチし、近年社会で活躍する女性が、なぜ子供を産むことに抵抗があるかを考えました。
フェアウェルパーティでは、CIEの皆さんが作ってくれたビデオに、今回このプログラムに参加した学生皆が感動させられました。
閉会式での各国からの代表者のスピーチは、この3週間で学生同士に芽生えた絆を表したとともに、個人の更なる活躍を期待し、貴重な体験をたくさん経験できた、このプログラムを締めくくるものとなりました。

プレゼンテーションの様子

修了証明書授与

修了証明書をもらって

修了証明書をもらって②

集合写真

 

☆A・Y☆

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~日本編③~ [2017年09月26日(火)]

〈落語鑑賞の様子〉

この日は落語家の立川志の春さんを招いて英語で落語を見ました。日本語でするのも難しいのに英語版に変えていて、またそれでも外国の人にも伝えられているのがすごいと思いました。全員浴衣を着ていたので雰囲気に合っていて良かったです。日本語の落語でもあまり聞くことが出来ないのに、英語の落語を聞くという貴重な体験が出来て良かったです。

浴衣で落語鑑賞

〈プレゼンテーションの様子〉

この日はこの日中韓プログラムでの最後のプレゼンテーションでした。中国でのプレゼンテーションの時と同じメンバーだったのでやりやすかったです。英語でのプレゼンテーションは初めてだったので凄く大変だったけど終わったあとの達成感は大きかったです。

☆M・H☆

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~日本編②~ [2017年09月24日(日)]

〈大学主催のフィールドトリップの様子〉

大学による日本のフィールドトリップでは、お昼ご飯にお好み焼きやもんじゃ焼きをお腹いっぱい食べて、夜はみなとみらいの街をシーバスから眺めました。お好み焼きでみんなこれ以上食べられないくらいにお腹を満たし、嬉しそうな様子を見て私もとても嬉しくなりました。みなとみらいでは、グループ別の自由行動で私のオススメのインドカレー屋さんに案内しましたが、韓国の子も中国の子も、美味しいと言ってくれてホッとしました。

大学のフィールドトリップ:お好み焼き

〈学生主催のフィールドトリップの様子〉

二子玉川の花火大会を観に行く予定だった学生主催のフィールドトリップでは、あいにくの雨で花火大会が中止になってしまい、残念でした。大荒れの天気だったので早めにホテルの最寄り駅まで帰り、近くのショッピングモールで夕食を食べました。中国の友達の希望で牛タンを食べました。目を輝かせて、牛タンを嬉しそうに牛タンを頬張る彼女を見て、良い案内ができて良かったと心から思いました。「今まで食べてきた牛タンが、偽物みたい」と言った彼女の言葉を思い出すと、その度に楽しかった思い出が次々と蘇ってきます。

学生のフィールドトリップ:牛タンと3人の写真

皆と食べた牛タン

 

☆Y・O☆

 

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~日本編①~ [2017年09月22日(金)]

〈Welcome Partyの様子〉

日中韓プログラムの三分の二が終了し、日本での生活が始まりました。
初日はWelcome Partyをしました。今までは自分のチームの友達との会話が中心でしたが、慣れてきて他のチームの学生とも積極的に話せるようになり、食事がより美味しく感じられました。
英語でコミュニケーションをとるなかで、相手の言っていることをうまく聞き取れなかったり、私の言っていることを理解してもらえなかったりすることもありましたが、言葉以外の表情や動きで伝えることも大切なコミュニケーションツールだと改めて感じました。
今回一年生で参加し、プレゼンテーションなど難しい課題も多くありましたが、中国と韓国で素晴らしい友達を作ることができ、本当によかったです。また、この経験は2年次での上海交通大学への留学に向けての良いモチベーションとなりました。引き続き、英語と中国語の勉強を頑張りたいです。

welcome partyの様子

授業の様子

 

☆M・T☆

 

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~中国編⑤~ [2017年09月20日(水)]

〈最終プレゼンテーションの様子〉

日本への帰国を明日に控えた今日、韓国同様、与えられた課題の中からテーマを選び各チームでプレゼンテーション対決がありました。ただし、韓国でのプレゼンテーションと違った事は、必ず全員が発表し、スクリプトをなるべく見ないようにする事でした。
私達のチームは東アジアのwebmediaによる影響についてプレゼンテーションしました。
各国での事例、具体的には、韓国では高齢女性によるユーチューバーとしての活動、中国ではジャーナリストによるブログ活動、そして日本では、小林麻央さんによる闘病生活を綴ったブログについてその影響力について述べました。
どの学生も苦戦しながらも、堂々と発表することができ、とても素晴らしいプレゼンテーション対決となりました。

上海最後の食事は、中華料理を堪能しました。

 

プレゼンテーション対決の様子

上海最後の食事で食べた中華料理

 

☆A・Y☆

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~中国編④~ [2017年09月18日(月)]

〈授業の様子〉

中国での授業は、中国の歴史的宗教と現代における社会生活を関連付けた授業から、現代の中国における女性ヒーローの紹介など、韓国での授業に比べてバリエーションが多めでした。私は中国留学中に全て中国語で授業を聞いていたため、英語で中国について学ぶのは新鮮でした。また、私が以前交通大学で学んでいた儒教や道教などを他の学生に教える機会があり、一生懸命勉強しておいて良かったと思いました。

プレゼンテーションは、中国の先生からお褒めの言葉をいただき大変うれしかったです。

発表後みんなで

 

☆M・O☆

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~中国編③~ [2017年09月16日(土)]

〈フィールドトリップの様子〉

中国の大学主催のフィールドトリップでは、豫庭園という、中国の昔の富豪の庭園を見学しました。夜は、上海の夜景を船から眺めました。庭園で日本とは違う芸術性と歴史を感じるとともに、中国の経済発展を象徴するビルを通して、現代の中国の社会のあり方を感じられました。

豫庭園にて

船から見た上海の夜景

 

〈上海交通大学生主催のデイトリップでの様子〉

お昼ご飯を上海でも有名な火鍋のお店で、韓国人、中国人のみんなと一緒に鍋をつつきました。それから、田子坊でお店の立ち並ぶ路地をまわり、ショッピングモールで買い物やカフェで休んだりしました。夜は、上海のタクシーに乗って会話を楽しみながら、帰路につきました。中国の食文化や街の雰囲気を肌で感じることができ、良い1日を過ごせました。案内してくれた中国の4人の学生にも感謝です。

上海で有名な火鍋のお店

 

☆Y・O☆

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~中国編②~ [2017年09月14日(木)]

〈上海散策の様子〉

この日は、中国の伝統的なティーハウスに行きました。お茶を飲みながらティーハウスの説明を聞いたり、牛肉麺を食べたり、伝統的な音楽を聞いたりしました。
また、ティーハウスの上の階からは、周りの街並みをを一望することが出来ました。周りの建物より少し高いところから見ることが出来たので遠くまで見ることが出来ました。とても貴重な体験でした。

ティーハウス

牛肉麺

ティーハウスから見た景色

 

☆M・H☆

Asian Women’s Leadership Program(日中韓プログラム)~中国編①~ [2017年09月13日(水)]

〈中国初日の様子〉

韓国での一週間が終わり、中国での生活が始まりました。
私はこの大学で中国語を勉強し初めてから約4ヶ月ですが、実際のところ中国についての知識がほとんどありませんでした。
しかし、自分の学んでいる言語の背景にはどんなものがあるのか、どのような歴史や文化をもつのか、知る必要があると思い、このプログラムに参加しました。

初日はWelcome party をしてもらい、中国らしく回転テーブル式のビュッフェを楽しみました。
日本で食べる中国料理は日本人の舌に合うように作られているので、あくまで中華料理ですが本場の中国料理は味付けが日本風のものと違い、美味しかったです。
また、皆で大きい料理を少しずつシェアして食べることがいいなと思いました。

welcome party

回転テーブル式ビュッフェ

小籠包

 

☆M・T☆