2016年6月

ツチハンミョウ [2016年06月30日(木)]

<日文便り>

実家の庭先を我が物顔に歩く巨大な蟻…?らしきものを発見。田舎名物の大きな蟻、ではありません。よくみると異様に大きいお腹の上に、後退した羽がちょこんと残っています。色も緑がかったメタルでかっこいいかも。

 

DSC_2117

 

 

 これ、「ツチハンミョウ」といって、『ファーブル昆虫記』でも紹介されている、変な虫界の有名人。そのアクロバティックな人生を知ると、「お前すごいヤツだったんだな」って思えます。指に向かって「やんのかコラ」ってすごんでるようにも見えますが、それだけのことはあるすごいヤツです。

 ツチハンミョウは、蜂の卵に寄生して育ちます。でも、だからといってツチハンミョウの親が、蜂の巣に出向いて「すいませーん、うちの子預かってください。おたくの卵に寄生させてください」って言ったところで寄生させてくれるわけありません。そこで、蜂の卵への寄生を目指すツチハンミョウは、土の中から、はるか蜂の巣を目指します。

ツチハンミョウの作戦はというと・・・

 

土の中から花によじ登り、花の蜜に集まった蜂に飛び乗り、蜂の巣を目指す、

 

というあまにりも壮大なプラン。

 

 まず、ツチハンミョウは、蜂の巣近くの地中に卵を産みます。写真でもお腹が大きいことがわかるとおもいますが、一度に4000個も産むそうです。

どうして4000個も産むかといったら、生存確率が極めて低いから、ですね…。

 

~~ツチハンミョウが蜂の卵に寄生するまで~~

 

地中の卵からかえった幼虫は、とにかく近くに生えてる植物に登ります。

お目当ての蜂は、キク科の花の蜜が好きなので、キク科の植物に登れれば蜂と接触できるかも。

 

 

Q.キク科に登れなかった幼虫はどうなるの?

A.死んじゃいます。

 

Q.キク科に登れた幼虫に、どうやってキク科を見つけたのか聞きたいんだけど…

A.たまたま登った植物がキク科だったんです。

 

 

キク科の植物によじ登ったら、花の中にもぐって蜂が来るのを待ちます。蜂が来たら蜂の毛にしがみついて旅立ちましょう。

 

 

Q.蜂が来なかったらどうなるの?

A.死んじゃいます。

 

Q.花に来た虫が蜂じゃなかったら?

A.とにかくやってきた虫に飛びつきます。その虫が蜂じゃなかったら、蜂の巣には行けないので結局死んじゃいます。

 

Q.どうやったら蜂に飛び乗れますか?

A.たまたま登ったのがキク科の花で、そこにたまたま蜂が来れば飛び乗れます。

 

Q.蜂さえ来たら100%飛び乗れるの?

A.もちろん失敗はつきものです。失敗したら死んじゃいます。

 

 

蜂に飛び乗っても、ここからが本当のスタート。蜂の卵に寄生したいので、巣で蜂が卵を産むのを待ちます。

 

 

Q.オスの蜂に乗っちゃったら、卵産まないけど?

A.乗ってるオスが、メスに近づいたときに乗り換えましょう。

 

Q.オスからうまいこと乗り換えられなかったら?

A.やっぱり死んじゃいます。

 

 

さあ、蜂が卵を産む瞬間に、卵に飛び乗れれば寄生成功。

 

 

Q.卵を産む瞬間に飛び乗るって、できるの?

A.難しいです。

 

Q.タイミングとか、着地点とか、ちょっと間違うとどうなるの?

A。蜂の巣の中で、卵の周りには蜜があります。失敗して蜜の上に落ちると、溺れて死んじゃいます。

 

 

・・・ここでようやく普通の幼虫生活のスタートラインに立つことができます。

このあとも、一度さなぎになってから幼虫に戻ってもう一度さなぎになって、それから成虫になる、などなど、なにかとアクロバティックな人生を歩むツチハンミョウ。そんな人生を歩んできたのが、写真のツチハンミョウ成虫。ついでに成虫は毒持ってます。もはやこれもすごい。

見た目はなんてことのない虫ですが、「お前すごいヤツだったんだな」って思っていただけたでしょうか。

目の前にあるものの背景と歴史を知ると、目の前のものの見え方が変わってきませんか?「ことば」に対して、そういう経験を重ねていくのがこの学科だと思っています。

 

(SN)

 

留学カフェー協定校についてー [2016年06月28日(火)]

<日文便り>

留学カフェを行いました。
今回は韓国の協定校をテーマとしてのカフェで日文と歴文合同での開催でした。
留学希望者のみならず、 経験者同士も滞在中の話題でとても盛り上がっていました。
このような交流の場を設けられて良かったです。

留学の目的は人それぞれです。
ボストンプログラムの場合には、英語力を身に付けたい!、という目的が多いですが、
韓国認定留学の場合には、韓流カルチャーに関する興味関心が大きいようです。

国は変われど、一歩日本を離れての外国生活ということでは全く同じ。
異文化体験は異文化理解だけでなく、自国の理解が深まります。
広い視野を持てるようになることは留学ならではの経験です。
みなさん、その一歩を踏み出してみませんか?

DSC_0961 DSC_0964 DSC_0948

DSC_0958 DSC_0939

0624留学カフェポスター

 

(KW)

卒業生からのメッセージ [2016年06月25日(土)]

<日文便り>

今週の水曜日、卒業生が訪ねてきてくれました!
在学生へのメッセージを頂いたのでご紹介します(^-^)

———————————————————————————————————————————————————————

 現在、第一生命の営業職員として毎日担当企業のお昼休みの時間と
お仕事終わりの時間に営業活動をさせていただいております。

 暑い中、スーツを着ての就職活動は大変だと思いますが、
周りの状況に気を取られすぎず、しっかり自分を見つめて就職活動を頑張って下さい。
今の頑張りは、決して無駄にはなりません!必ず結果に結びつきます!ファイトです!(*^-^*)b

(2016年卒業 谷口 真愛さん)

——————————————————————————————————————————————————————–

DSC_0901

 

谷口さん、素敵なメッセージをありがとうございます。
是非ともまた、仕事のお話などをお聞かせ下さい。

 

(YD)

オープンキャンパスを開催しました [2016年06月23日(木)]

<日文便り>

6月19日(日)、オープンキャンパスが開催されました。
天候に恵まれ、日文の学科ブースにもたくさんの方が来てくださいました。
どうもありがとうございました!

当日の様子の写真とともにオープンキャンパスがどのようなものかご紹介します♪

学科ブースでは、授業やゼミ、留学、時間割、進路などを紹介する、
日文のことがよ~くわかるパネルを展示しています。

001

さらに、ブースでは、在学生キャンパスアドバイザーがみなさんをお待ちしています。

002

「大学ってどんなところ?」
気になっていること何でも質問してください!

学科企画①「学生による学科紹介」
在学生が、自分自身のキャンパスライフを自分のことばで説明します。

003

スライドはもちろん、学生本人が作成!

006

キャンパスライフがぐっとイメージしやすくなるはずです★

学科企画②「体験授業 日本語を外国語として学ぶとは?」
日本語教育がご専門の、横山紀子先生が講義をなさいました。

005 004

大学の授業の雰囲気を肌で感じられます。
体験授業は毎月異なる内容で行いますので、今回ご参加くださった方も、
是非また足をお運びください。

次回のオープンキャンパスは、7月24日(日)に開催します。
みなさんのお越しをお待ちしております!

(IM)

茶懐石講座を行いました [2016年06月21日(火)]

<日文便り>

6月のオープンキャンパスの学科企画として「茶懐石講座」を行いました。
茶道歴40年の講師による講義は、全て英語で行われました。
お客様はブリティッシュスクール東京のみなさま。
茶道の歴史から始まり、茶事とは、日本のおもてなしとは、をご説明いただいた後、茶懐石(お料理三品)をお楽しみいただきました。
先生によるお点前の披露があり、その後はお客様ご自身によるお点前の体験がありました。
短い時間ではありましたが、日本伝統文化とホスピタリティとを十分お楽しみいただけたのではないでしょうか。

参加した学生のコメントを掲載します。

短い時間の中、大変有意義な時間を過ごすことができました。

着物を着て料理をお運びした際にゲストの方が笑顔で礼をして下さり、作法の拙さで申し訳なさを感じながらも、ゲストの方に楽しんでいただけて、喜びを感じました。
けれども、そのような思いをした一方で、先生方とブリティッシュスクールの方のみのご参加でありましたことは残念に思いました。

伝統的に受け継がれている日本の文化をより多くの方に直接感じていただきたかったです。

しかしながら、たまに室外から覗いている視線を感じており、茶懐石に興味を持った校外の方も多く居られていたのではないかと思います。

今回の講座の席に着いたゲストの方のみならず、立ち寄って下さった多くの方には日本の文化に興味を持っていただけたのではないでしょうか。

日本に住んでいるからこそ普段は知りたいとも思わない日本の文化を、このような企画講座を開くことで知りたいと興味を持って下さっている方がいらっしゃいましたら、ホスト側として幸いです。

英語での茶懐石、茶道の紹介は大変興味深く、茶懐石料理のレシピもいただき、ホスト側でありながら大変勉強になりました。
ありがとうございました。
(日文4年)
 DSC02804 DSC02777
 DSC02775 DSC02781 DSC02788
    DSC02819
(KW)

 

 

 

 

 

日本の心を海外に伝える(日文学科企画) [2016年06月17日(金)]

<受験生の方へ>

6月オープンキャンパスの学科企画として、「茶道のおもてなし「茶事」について」の講座を実施いたします。

日本文化を海外に伝える活動を行っている外部の先生による講座で、ブリティッシュスクールのみなさんと本学留学生をお招きして行います。
留学経験と茶道の心得のある日文学生が補助としてお手伝いいたします。
日文のグローバル活動をぜひご覧ください。

日時 6月19日(日)12時~13時
場所 大学1号館2階2M01
講師 茶道全般 表千家 筒井宗優氏
茶懐石 福井英志氏

なお、当日は1号館1階のロビーで、本学裏千家茶道部がお茶席を設けております。
見学のあと、どうぞお立ち寄りください。

IMAG4105

日本語日本文学科

オープンキャンパスのお知らせ [2016年06月16日(木)]

<受験生のみなさんへ>

みなさん、こんにちは!
日本語日本文学科キャラクターさくらです。

今週末の6月19日(日)、本学ではオープンキャンパスを開催します。

日文のブースでは、在学生キャンパスアドバイザーが
受験生のみなさんをお待ちしています!
授業、サークルやアルバイトなどなど、気になることを
どんどん質問してください。何でもお答えしますよ!

その他、6月は学科企画が盛りだくさん♪

学科企画

学生による学科紹介
時間 10:45~11:00 / 13:45~14:00
場所 大学1号館3階 3S38教室

体験授業「日本語を外国語として学ぶとは?」
横山 紀子 先生
時間 11:10~11:50 / 14:10~14:50
場所 大学1号館3階 3S38教室

茶懐石講座の見学
時間 12:00~13:00
場所 大学1号館 2階 2M01教室

みなさんとお会いできることを楽しみにしています♪♪

(sakura)

001

---------------------

昭和女子大学オープンキャンパス
日時 6月21日(日)10:00~15:00
場所 昭和女子大学80年館1階(学科ブース会場)

---------------------

 

留学生のプログラム [2016年06月15日(水)]

<授業紹介>
昭和女子大学には様々な留学プログラムや海外研修プログラムがあります。留学派遣のみならず、留学生を受け入れるプログラムもいくつか用意しています。
そのひとつに、Intensive Japanese という日本文化を学びながら日本語を勉強するコースがあり、多くの国の留学生が参加してくださっています。
今回はイタリア8名、リトアニア2名、ポーランドとインドネシアがそれぞれ1名ずつ、総勢12名の留学生たちです。
14日の授業では「日本企業の製品について」というテーマでプレゼンテーションを行いました。
留学生のプレゼン力は素晴らしく、表情豊かに堂々と発表している姿に感動を覚えました。
発表のテーマとして取り上げられた日本製品は以下の品々です。
 ・カシオの電子辞書
 ・資生堂の化粧品
 ・富士フィルムのカメラ
 ・ソニーのPS
 ・キャノンのカメラ
 ・レクサス
 ・吉野家の牛丼
 ・カワサキのバイク
日本人であれば誰もが知っている日本企業の商品ですが、日本人であるがゆえに日頃意識することはほとんどありません。
それを留学学生が丁寧に調べて、日本製品の高い品質が海外で評価されている、ということを発表してくれたことは、本当に嬉しいことです。
Intensive Japaneseのコースは4月から7月の4か月です。
残りの期間が充実したものとなるよう、頑張ってください。
インテンシブ1 インテンシブ2
(KW)

六月の花──紫陽花── [2016年06月14日(火)]

<日文便り>

関東もいよいよ梅雨入りとなった。

このところ雨もようの日が続くが、曇天には菖蒲や紫陽花など紫や青の花がよく映える。紫陽花の花の名の由来は、藍色の意の「さゐ」(真藍さあゐ)と集める意の「あぢ」(あづ)によるともいわれるが、諸説がある。別名「七変化」ともいわれるように、白、青、紫、淡紅色と咲きはじめてから、また雨や土によって色彩が変わるのも風情がある。

 

紫陽花は、『万葉集』にすでに詠まれている伝統的な歌材であるが、

飛ぶ蛍日かげ見え行く夕暮になほ色まさる庭のあぢさゐ

(藤原家良)

移り行く日数を見せてかたへより濃く薄くなる紫陽花の花

(大隈言道)

など、やはり花の色に目をとめた歌が少なくない。

 

俳句も数句紹介しておこう。

紫陽花や縹に変はるきのふけふ          (正岡子規)

紫陽花や白よりいでし浅みどり          (渡辺水巴)

あぢさゐが藍となりゆく夜来る如        (橋本多佳子)

 

散文の世界で、もっとも印象深い紫陽花の景を描いた珠玉の名作は、泉鏡花の随筆「森の紫陽花」ではないだろうか。

今年も紫陽花が見ごろの季節を迎えたが、鏡花の随筆の紫陽花の景と現し世の紫陽花の景をかさねて鑑賞してみるのも一興かもしれない。

 

分けて見詰むるばかり、現に見ゆるまで美しきは紫陽花なり。その浅葱なる、浅みどりなる、薄き濃き紫なる、中には紅淡き紅つけたる、額といふとぞ。夏は然ることながらこの辺分けて多し。明きより暗きに入る処、暗きより明きに出づる処、石に添ひ、竹に添ひ、籬に立ち、戸に彳み、馬蘭の中の、古井の傍に、紫の俤なきはあらず。寂たる森の中深く、もうもうと牛の声して、沼とも覚しき泥の中に、埒もこはれごはれ牛養へる庭にさへ紫陽花の花盛なり。

(吉田昌志編『鏡花随筆集』所収)

紫陽花1 紫陽花2

紫陽花3 紫陽花4

紫陽花5

(校庭の紫陽花)

 

(ks)

第3回産学連携事業「社会スタディ」優秀賞受賞者インタビュー [2016年06月09日(木)]

<日文便り>

 

この度、日文2年のノルド・絵莉華・ナターシャさんが第3回産学連携事業「社会スタディ」優秀賞を受賞しました。優秀賞受賞おめでとうございます!

「社会スタディ」は、小論文審査により選ばれた学生が情報通信技術について学び、その後、少人数グループに分か、「ICTを活用して未来社会にどのように向き合うか」について討議をします。社会スタディ終了後、グループごとの話し合いをもとに各自学びの成果物を作成し、後日、それをもとに優秀賞受賞者が選出されました。

そこで、今回の受賞についてノルドさんにインタビューしました。

Q1.「社会スタディ」とはどのようなものですか?

—-小論文審査を通過した全国の国公私立大学25大学の学生が、ITC(情報通信技術)について学習し、その未来社会を議論する場です。 社会の発展に向けたイノベーションの重要性に気づく事、積み重なる社会問題を自ら切り拓く高い志を持った人材を育成すること、これらを目的としています。

Q2.なぜ参加しようと思ったのですか?

—-以前に女性教養講座でイノベーションについて学んだため、関心がありました。社会スタディを通して、今後の未来に必要不可欠なイノベーションを自分の中で、どうITCと繋げるかを考えていきたいと思い参加しました。

Q3.どのようなことを学びましたか?

—-情報技術の発達は、この10年で目まぐるしい展開があったことを学びました。しかし、実現可能でありながら、倫理などの問題で制作に至れないITCもあり、人の心がついていけない現状も、同時に感じました。
 ITCを活用していけば、生活様式や、働き方が大きく変わり、より高度社会になると思います。また、一部の社会問題は解決に近づくと感じました。

Q4.今後、この経験をどのように活かしていきたいですか?

—-日本は、イノベーションを好まない傾向にあるそうですが、同時に最先端のITCにも戸惑いがあるように感じます。発達する上では、人々にある保守的な思考から変えていかなくてはならないのでしょう。
 将来どのように活かすかよりも、どう人々に受け入れられるようにアクションを起こすかが重要であると私は考えます。それと同時に、機械であるが故の課題――例えば、AI(無人)化に付きまとう責任問題などにも向き合いたいと考えます。

 

DSC_0670 (2)

「修了証」と賞状を持つノルドさん。

ノルドさん、インタビューにご協力頂きありがとうございました!
今後の更なるご活躍に期待しています。

(YD)