2018年10月

学寮便り 東明学林二日目。学科プログラム「コンセンサス・ゲーム」始動! [2018年10月31日(水)]

<学寮便り>

二日目を迎え、学科プログラムが本格的に始動しました。
今年のテーマは「伝え方を考える」。
ディスカッションを通して、日文での学びを深めていきます。
自分の考えを伝え、同時に他者の考えを学び、その上でより説得力ある解釈をグループ内で導き出し言葉に出来ることを目指します。

午前中は、山田夏樹先生より実習「コンセンサス・ゲーム」の内容説明とその意義・目的についての講義が行われました。
「コンセンサス・ゲーム」とはある課題について、グループ全員の合意によって意思決定をするゲームです。
課題に正解がある場合は、個人決定とコンセンサスによる集団決定の正確さを比較することで集団活動の有効性に気づくことを狙いとし、正解がない場合は、互いのものの考え方や価値観の違いを知ることを狙いとします。
  

今回の講義では、山田先生よりお題となる物語と発表の形式が紹介されました。
この形式は独自なもので、なんと演劇を通して発表を行います。
少人数が集まり、それぞれが一人一役を割り当てられ一時的な「小劇団」が生まれます。
各々が二日間を通してリハーサルを重ね、果たしてどのような作品が生まれるのか今から楽しみです。

(KM)

児童文学プロジェクト9/27 開催特別講座+秋桜祭準備 [2018年10月31日(水)]

<授業風景>

「児童文学プロジェクト」は、今年度から始まった新規の学科プロジェクトです。
家庭や教育現場で活用してもらえる児童書ブックリストの作成」を目標として、
活動しています。

プロジェクトメンバーはぜんぶで15名。この15名が2グループに分かれ、
秋桜祭での発表・配布をめざして、
①「これぞ決定版」という名作絵本リスト
②子どもの「食べる・眠る・あそぶ」に関わる「お悩み解決」絵本リスト
という2つのブックリストを現在、鋭意作成中です。

リスト作成のために、関東圏の図書館が公表しているブックリストや、
絵本を紹介した出版物を集め、タイトルの重なり数を集計したり、児童書を扱う書店に行って
入手可能であるかを確認したりしながら、じっさいの絵本を手にとり、読み、選別しました。

単なるリストではなく、本の紹介文の執筆もおこない、冊子化をします。
秋桜祭でぜひ、この成果を、たくさんの方々にご覧いただきたいと願っています。

4月以降、これまで5限や昼休みなどを中心に、コンスタントに活動してきていますが、
9月27日には、本学名誉教授の西本鶏介先生を講師にお招きして、「特別講座」を開講して
いただきました。

西本先生は、長らく本学学部および大学院で児童文学を講じておられただけでなく、
『まよなかのたんじょうかい』『おじいちゃんのごくらくごくらく』
(共に青少年読書感想文コンクール課題図書)などで知られる児童文学作家でもあります。

「簡単ななことばでも、物語が短くても、人を感動させることができる。それは児童文学を読めば
わかる」と、先生は述べられました。「真に優れた児童文学は、子どもだけでなく大人の心も
動かすものだ」と、先生はいつもおっしゃいます。

多くの優れた児童文学があり、それらをいろいろに読むことで目も肥えてくるから、
まずは作品を手にとってみなさい、という享受者側の姿勢についてお話しになったあと、逆に
もし自分が物語を書く場合には、物事にどう着眼すべきかという、実作者ならではの視点からも
お話を伺うことができました。

「この作品は読んだことがあるか?」「あなたの心に残っている児童文学はなにか?」と先生から
問われて、ふだんは読書歴に自信があるプロジェクトメンバーたちでしたが、「意外と知らない」
「改まって訊かれると迷う」と気づかされたようです。

また、いくつもの「読み聞かせ」をしていただいた上で、「本をよむときは、上手にやろうとする
必要はない、ふつうでいい」というアドバイスを頂戴しました。今後、作成したブックリストを
ふまえて、私たちも拙いながらぜひ読み聞かせの実践をしていきたい、と考えていたのですが、
先生のことばにホッとした…と言いたいところですが、むしろハッとしました。
読み聞かせは、心の問題だ、と言われたのと同じだからです。

とすれば、私たちがする読み聞かせも、成果の発表の場というよりは、子どもたちと真摯に向きあう
チャンスなのだ、ということになります。
子どもたちに素敵な作品をわたすことができてこそ、私たちのプロジェクト活動は実を結ぶという
べきでしょう。

結実にむけて、これからが私たちの佳境です。

<FK>

学寮便り 東明学林第一日スナップ集 [2018年10月31日(水)]

<学寮便り>

バス研修 神奈川県立美術館葉山館
  

葉山の海を散策
  

開寮式
 

避難訓練

(KM)

学寮便り 東明学林第一日! [2018年10月30日(火)]

<学寮便り>

東明学林が始まりました。

本日は、バス研修で「神奈川県立美術館葉山館」で『アルヴァ・アアルトもうひとつの自然』を見学しました。
アルヴァ・アアルトは日本とも親交の深いフィンランドの建築家であり、日本文化の繊細さと自然との親密さを肯定的に捉えたアーティストでした。
学生は、普段はあまり触れることのない建築家の軌跡を目の当たりにして、深い感動を覚えたようです。

 


左から、アルヴァ・アアルト、代表作の椅子、葉山の海をバックに笑顔の一枚

着寮後は開寮式に引き続き避難訓練を行いました。備えあれば憂いなし。万が一の時に自分の身を守るのは自分自身であることをしっかり自覚した訓練となりました。

夜は導入集会。係チーフからの連絡に引き続き、目標の発表がありました。
学生は明るく前向きで、意識を高く持って研修に臨んでいます。四日間、実りある学寮研修となる予感がしています。

学科長撮影の富士山
 

(KW)

月に思う。 [2018年10月22日(月)]

<受験生の方へ>

十月二十一日、十三夜の月が煌々と照っています。
『徒然草』第三二段に次のような文章があります。

九月二十日の頃、ある人にさそはれ奉りて、明くるまで月見ありくこと侍りしに、
おぼしいづる所ありて、案内させて入り給ひぬ。荒れたる庭の露しげきに、
わざとならぬにほひしめやかにうちかをりて、しのびたるけはひ、いとものあはれなり。
よき程にて出で給ひぬれど、なほ事ざまの優に覚えて、物の隠れよりしばし見ゐたるに、
妻戸を今少しおしあけて、月見るけしきなり。やがてかけこもらましかば、
くちをしからまし。あとまで見る人ありとはいかでか知らむ。かやうのことは、
ただ朝夕の心づかひによるべし。その人程なくうせにけりと聞き侍りし。

古文の授業でこの段を学ばれた方もいらっしゃるかと思います。兼好は月明りの夜に見た
女性の心遣いや風情に心惹かれています。月を見る様で相手との名残を惜しむ女性の
奥ゆかしい姿が浮かんできます。兼好はその女性が程なく亡くなってしまったのが
とても残念だったのでしょう。

『万葉集』の時代から、人々は月に思いを託してきました。

月立ちて ただ三日月の   眉根掻き 日長く恋ひし 君に逢へるかも(巻六・九九三)

大伴坂上郎女の歌です。恋人が訪ねてくるのは月夜の晩でした。蛾眉に喩えられる三日月が
夜空に見え始めるのを心待ちにしていたのです。眉が痒くなるのは恋人に逢える前兆と
考えられていました。二つの事象が重なって、心がときめいたのでしょうね。

去年見てし 秋の月夜は 照らせれど 相見し妹は いや年さかる(巻二・二一一)

柿本人麻呂の歌です。愛する妻と昨年は共に見た秋の月が、今年も同じように照っているけれども、
月の満ち欠けと共に容赦なく月日は過ぎ去って行き、喪失の悲しみは癒えないのに、妻だけが
ますます遠ざかって行くことを嘆く気持ちが伝わってきます。

満ち欠けを繰り返す月はまた、不老不死の象徴ともみられていました。

天橋も 長くもがも 高山も 高くもがも  月読の  持てる変若水  い取り来て  君に奉りて  変若得てしかも(巻十三・三二四五)

月が不老不死なのは、月読(月の神)が変若水(若返りの水)をもっているからだと考えていたのですね。

日頃は慌ただしい生活の中で、夜空の月を眺める時間などないと思います。
けれども、ちょっと足を止めて夜空を見上げてみてください。
清らかな月の光は心を癒してくれると思います。

陰暦九月二十日は、今年ならば十月二十八日に当たります。
この日の夜に浮かぶ月はどのような月でしょうか。兼好が見た月の形状とは異なるかもしれません。
けれども、月に対する歴史や文化を少しだけでも感じることが出来るかもしれません。

兼好も眺めたかもしれない夕方の東山の上に昇る十三夜の月、十三夜の賀茂川に映る月の写真を
載せます。
 

受験生の皆さんに少しだけでも古文の世界に触れていただけたならば嬉しいです。
入試まで、あと二か月、健康に気を付けて頑張ってくださいね。
(KR)

【4年学寮】2日目・バス研修③ [2018年10月16日(火)]

<学寮研修便り>

ガラスの森美術館、体験工房での作業風景。

一日の終わり、夕焼けとともにきれいな富士山がみられました。

バスの車中でもさまざまな姿の富士山をみてきましたが、富士山らしくてっぺんが白くなったのはちょうど前日からだそうです。

(引率教員 SN、HX)

【4年学寮】2日目・バス研修② [2018年10月16日(火)]

<学寮研修便り>

箱根神社の後はガラスの森美術館に向かいました。
サンドグラス体験ではシール剥がしに苦戦しつつも想い想いの柄に仕上げました。

この写真(↓)、機械で細かい砂を吹きかけて研磨しているんです。

できあがりました!

これから学寮最後の夕食です。今日のメニューはローストビーフ🍴

(k.s)

【4年学寮】2日目・バス研修① [2018年10月16日(火)]

<学寮研修便り>

今日は晴れて朝から富士山を見る事が出来ました☀️
午前中は大雄山最乗寺にお参りに。階段が多くて大変でしたがボランティアの方に案内していただきました。
これから箱根神社に向かいます⛩

(K.S)

【4年学寮】1日目・避難訓練 [2018年10月15日(月)]

<学寮研修便り>

避難訓練です🏃

おさない
かけない
しゃべらない
もどらない

で確実に身の安全を守ります🙂

(K.O)

【4年東明】1日目・お昼ごはん [2018年10月15日(月)]

<学寮研修便り>

これからお昼です😊
お弁当美味しそう~🍱🍴
いただきます😋


(K.O)