歴文ブログとは? [2015年08月02日(日)]

みなさま、こんにちは。こちらは2010年4月に立ち上げられた昭和女子大学 人間文化学部 歴史文化学科のオフィシャルブログ(歴文ブログ)です。

在学生のみなさまに学科内のアクティビティを情報提供して話題づくりをすること。

受験生のみなさまに歴文のことをもっと知っていただくこと。

卒業生のみなさまに歴文の今をお伝えして日々のご活躍にエールを送ること。

以上をモットーにして、歴文の最新情報を発信して参りますので、是非ブックマークをお願いいたします。

時系列順で記事が並んでおりますので、順番にご覧いただくと全ての記事がご覧いただけますが、こちらのリンク集「歴文ってどんな学科?―お役立ちリンク集―」もご利用くださいませ。

被団協文書に関する紹介報告を行います。 [2017年09月20日(水)]

みなさま、こんにちは。松田忍です。

2012年度から昭和女子大学の学生の皆さんと一緒に整理に取り組んでいる被団協文書でございますが、その全体像の概要を下記要領にて報告いたします。残されている史料の内容について紹介するとともに、被爆者運動の特質や広がりを考えて被爆者運動を分析することが日本の戦後史にとってもつ意味について考える機会としたいと思っています。

史料整理に参加して下さったみなさんはもちろん、それ以外の方もご興味があれば、是非ご参加下さいませ。


空襲被災者運動研究会 公開研究会
「戦争被害者運動の資料をめぐって-日本被団協と全傷連」
報告
松田忍(昭和女子大学)「被団協文書の整理状況とその概要」
松田英里(一橋大学)「全傷連資料の整理からみる運動の意義と広がり」(仮)
日時:2017年9月30日(土) 14:00~17:30
会場:日本大学法学部本館7階 171教室


2017年夏の史料整理の様子

発掘調査始まりました [2017年09月13日(水)]

日本考古学担当小泉です
中屋敷遺跡第9次調査始まりました
詳細はこちらをご覧ください
⇒玲子の考古学教室ブログ https://plaza.rakuten.co.jp/koukogakunahibi/


中屋敷遺跡のキャラクター「やしきちゃん」

 

椎葉巡見4日目 [2017年08月25日(金)]

こんにちは!歴文2年の瀧谷と彦坂と金井です。
8月22日から始まった椎葉巡見もいよいよ最終日を迎えました。
あっという間の楽しい4日間でした!


ご飯の後は、途中雨が降りながらも熊本県山都町の
通潤橋に向かいました。
熊本地震の影響が残っていましたが、途中降っていた雨も止み、アーチが特徴的な石橋や素敵な景色を楽しむことができました。
 

次に山都町観光文化交流館「やまと文化の森」では八朔祭の大造り物の製作途中を見学することもできました。
交流館では八朔祭の大造り物の製作過程から地域の文化の特徴を知ることができました。
 



バスで移動し、昼食をとった「あそ望の郷くぎの」では綺麗な景色を見ながら美味しいジェラートやプリンを食べました!
甘くて美味し~っ!(*^^*)



名残惜しくも、あっという間に空港へ…

今回の4日間の巡見を終えて初めての体験である聞書きや椎葉の
たちや自然の魅力に触れるなかで「もう一度行きたい」という人も続出し、たくさんのことを学んだ実りある民俗研修となりました!

今回の椎葉巡見では沢山の方々にお世話になりました。ありがとうございました!

 

 

椎葉巡見3日目 [2017年08月25日(金)]

こんにちは!歴文2年の後藤、吉川です。
3日目の朝ごはんはかわいらしい小鉢がたくさんあり、箸置きや箸袋も美しかったです!

午前中は日添公民館において椎葉歳治さんから、日添神楽や椎葉村の地名の由来、
幣の説明などのお話を聞きました。
神楽については授業で学びましたが、地名の由来についてはあまり聞く機会が無かったので
興味深かったです。

午後は川べりの小屋で、尾前秀久さんから川魚や猪肉や山菜の天ぷら、
またよもぎ団子などを頂き、お話を伺いました 。

そのあとは椎葉勝さんにご案内頂き、焼畑地を見学させて頂き、焼畑についての
お話を聞きました。
その際に、実際に椎葉村へ移住した女性のお話を聞くことができ、
椎葉村の良さを再確認しました。
  

3日目は鶴富屋敷へ泊まりました。
今日は最終日、もう東京へ帰ります。
残り少ない時間ではありますが、精一杯楽しみたいです!

椎葉巡見2日目 [2017年08月24日(木)]

歴文2年の栗栖と木下です。

1_R

朝ごはんには椎葉名物の菜豆腐があり、見た目も美しかったです✨

2_R

その後は、向山地区へ伺い、各自聞書きのお宅へお邪魔しました。今回の聞書きでは、お盆に行なっていることを実際に現地の方に詳しく聞き、調査をしました。今回の椎葉巡見の参加者はみんな初めての体験だったので、とても緊張しましたが、貴重なお話を伺うことが出来ました。

聞書きの次は、日添公民館で日添神楽の際に使用する幣切りを体験しました。今回作ったのは「上の弊」です。細かい作業だったので、難しく感じるところもありましたが、楽しく作ることが出来ました。

3_R

今日の夕食は民宿焼畑で頂きました。夕食では、わくど汁や山菜の天ぷらがとても美味しくて印象に残っています。椎葉で有名のクニ子さんともお話ができ嬉しかったです。

4_R

今日の最後は、日添公民館で日添神楽保存会の皆さんに、日添神楽を実際に上演していただきました。演目は「大神」「牛頭天王のつかい」「鬼神」「泰平楽」です。初めて見た神楽は迫力があり、とてもかっこよかったです。泰平楽では昼間に作った幣を使って、現地の方と学生が一緒に舞い、良い経験となりました。

5_RDSC_3910

その後の日添神楽保存会の皆さんとの交流会では、椎葉幸男さんからの猪肉と鹿肉の差し入れを頂きました。猪肉は焼き、鹿肉は刺しで、初めて食べたのですがとても美味しかったです。

初めての体験をたくさんすることが出来、濃い1日でした。

椎葉巡見1日目 [2017年08月23日(水)]

こんにちは!歴文2年の江島、佐藤、真島です。

さて、今年も2017年度『民俗研修旅行 椎葉巡見』が始まりました!

今年の日程は、8月22日(火)~25日(金)の3泊4日で、参加者は2年生10人、1年生4人の計14人で、なんと全員が初参加です。

1日目は熊本空港に集合した後バスに乗り込み約2時間程かけてまずは「椎葉民俗芸能博物館」を見学しました。

椎葉の年中行事などに使うものが間近で見れてとても楽しめました!

1_R

 

実際の正月飾りの下をくぐり順路をすすむと、、、

 

2_R

 

なんとイノシシの剥製がお出迎え!!

 

博物館の側にある厳島神社にも行きました。

3_R

とても色鮮やかな社殿でした。

本日の宿に向かう途中のお店でかき氷を食べました(マンゴー味の多さ)今日はとっても暑かったので美味しかったです^^*

4_R

 

今日の宿泊先は「森の宿 三越」さんです。晩ご飯はとても豪華で、お魚も煮物もとっっっても美味しかったです!!

5_R

 

その後は小川直之先生の講話を聞きました。

6_R

 

2日目の聞き書きのヒントになるようなお話が聞けました!

 

初日からてんこ盛りでした!

明日からも楽しみです(*^^*)

 

 

おまけ↓博物館前の顔はめパネル

7_R

 

百日紅の季節ですね~! [2017年08月19日(土)]

こないだ8月になったかと思っていたのですが、ふと昭和之泉の前を通ると、もう百日紅の季節なのですね~!

そして足元には餌待ちをする鯉の群れが笑 昭和之泉では決まった時間に餌がまかれるのですが、必ずその時間になると鯉たちが集まっているんですよね。あるいは鯉にまぎれて、ちゃっかり餌をもらおうとするカモとかも。

IMG_3870_R

さて昭和女子大学では、本日、明日とオープンキャンパスが開催されます。まだ志望校を迷っていらっしゃる方も、受験の前にもう一度昭和女子大学を見ておきたい方も是非いらしてくださいませ!学生たち、教職員一同お待ちいたしております。

暑かったり、急に涼しくなったり、さらに長雨が続いたりと、不思議な天気が続いていますが、どうか体調には充分気をつけて下さいね!

学生が執筆した記事が毎日新聞に掲載されました! [2017年08月18日(金)]

歴史文化学科3年生後藤梓さんが中心となって学生記者として執筆した記事が、8月4日の毎日新聞夕刊総合面(6頁)に掲載されました。

キャンパる・戦争を考える /上 風化させない 学生記者が体験者らに聞く

記事の後半、アウシュヴィッツの日本人ガイド中谷剛さんに関する箇所です。

昨年2月の「ヨーロッパ歴史演習B」でアウシュヴィッツを訪問したことを一つのきっかけとして、「戦争を知らない世代が、どうやって戦争を伝えていけるのか」という問題と向き合った記事ですので、是非お読みください。

 

 

 

被団協文書整理会を今年も開催しています! [2017年08月09日(水)]

こんにちは、松田忍(日本近現代史担当)です。

2013年度にスタートした被団協文書整理会も今年で5年目となりました。2017年度は参加メンバーも一新して、歴文1年生が中心となり、史料整理を続けています。

20170809-S__27648003

私の感覚では5年間はあっという間だったのですが、その間にも被爆者の数はものすごいいきおいで減り続け、被爆者の数が一番少ない山形県では23名までになってしまいました(『被団協』2017年8月6日)。5年前にはまだ活動していた県支部がやむを得ず活動を休止する事例もあり、史料保存センターとしての「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」の存在意義は非常に大きいものになっていると思います。

今回の史料整理会で同会の栗原淑江さんと話し込みました。被団協の活動としては、戦争責任を追及する活動などが、世間に知られていることわけですが、残された史料群をみていると、それは本当に氷山の一角であることが分かります。もし被爆者運動がなかったならば、孤立したままでどこに訴えることもできずに苦しんでいた被爆者の方々が横につながったこと、そして原爆がもたらした被害の実像を調査し続けてきたことにこそ、被団協の存在意義があるのだと思いました。

言うまでもなく、原爆は人類の歴史において時代を画する出来事であります。その実態が明らかにされないまま、記憶から失われてしまった可能性があったことを考えると本当にゾッとします。

現時点の松田は、縦横に被団協の史料を読み解き研究するだけの余力はありません。しかしながら、後世に史料を残し、将来の研究に備える一点で、今後とも協力していきたいと思います。開かれたる会でありますし、研究者の利用あるいは学生たちの卒論への利用など大歓迎であります。史料にご興味があるかたは松田までご連絡をお願いいたします。

20170809-S__2764801020170809-S__2764800520170809-S__27648006

参加した学生も熱心に史料をみながら、作業を進めていました。

夏の史料整理の参加者募集は締め切りましたが、まだまだ地方支部から史料が送られてきている状態です。長期休暇にはまた史料整理会を開催する予定ですので、是非学生のみなさんにはお手伝いをお願いいたします。

2016年度卒業生に送る!夏も元気でやってるで~ [2017年08月09日(水)]

こんにちは、松田(日本近現代史担当)です。

昨年度の卒業生と会ったときに「歴文ブログが更新されているのをみると元気が出る!」といわれましたので、まーーったく歴史と関係ないですが、記事をUpします笑

7月中旬に池袋で、ゼミ卒業生と同期会をしてご飯を一緒に食べたのですよ。そのときに「最近松田は釣りを始めたんだよね~、釣りやってみたい人一緒にいかない?」という話をすると、「どうしてもアジを釣りたい!」「子供の頃釣りしたけど最近いってないからまたいきたい!」というOGがいて、釣り大会が実現したのです。

どうせいくなら釣れそうな伊豆半島まで遠征して、しかもベストの時間帯にいくべきであろうと、午前1時半起きで車を飛ばしていって参りました!運転手をつとめた松田は行きと帰りに「強強打破」1本ずついれました笑

参加したのはKさん、Sさん、Yさん。今回あえて顔出しはしませんが、同期のみんなは分かるかな??

日の出前から釣り始めました。(写真は全てOGから頂いたものです)

20170807-20170807_170809_0040

3人中2人は全くの釣り初心者。有給とっての贅沢な休日笑 松田プロデュースの釣り企画で釣れなかったら申し訳ないな~と思っていたのですが……

20170807-20170807_170809_0021

Kさん、そしてYさんにヒット!!

20170807-20170807_170809_0048

ウミタナゴ~。結構でかかったです。おみごと!!ホッと一安心。

子どもの頃、海に潜ってモリで魚を突いていた(意外とアウトドアなのね!)というSさんは数はたくさん釣れるのですが、なかなか食える魚が釣れない。粘りの釣り。

20170807-20170807_170809_0035

松田はカワハギGET!!肝めっちゃうまかったです!!

20170809-S__27500559

まったりと海のイメージ写真撮影。

20170807-20170807_170809_0056-220170807-20170807_170809_0008

そして釣り再開。「アジを釣りたい」といっていたYさんが最後まで粘りに粘り、「これでラスト1投!」といったときに、ついに降臨!!

20170807-20170807_170809_0004

見事なゼイゴ!アジさまです!!豆あじですが、アジは大きくても小さくても食べられるのがいいね!フライにして頂きました。

帰り道は道の駅で、アジタタキ丼をみんなで食べました。

20170807-20170807_170809_0002

と、楽しい充実した夏の一日を過ごせました。ゼミで2年間苦楽を共にしているのっていいですよ~。行き帰りに卒論の話をしたり、その他にもいろいろと話をしたり。なーんか落ち着けるよね。

またいこうぜ~!そのほかの学生・OGも釣り経験をしたい方がいれば松田まで!

そして歴文ブログUpを待ち望んでいるというI川さん、満足したかい??また会いましょう♪

ということで2016年度卒業生、元気にやってますよ~というお話しでした!