2015年12月

2015年を写真とともに振り返る~後半~ [2015年12月27日(日)]

こんにちは、松田です。

「2015年を写真とともに振り返る~後半~」です。8月以降の写真をアップしていきたいと思います。

ここに挙げたのは、あくまで松田が関わったアクティビティです。学科全体ではもっとたくさんの企画が走っていましたよ~。

2015年8月3日 多摩川バーベキュー(3年生)

前期の間、研究を頑張った3年ゼミ生の打ち上げと、後期から韓国に留学することになる学生の壮行を兼ねて、多摩川河川敷でバーベキューを開きました。留学にいった学生ももう帰国していて、年末にはお帰りなさい会を兼ねつつ、忘年会をする予定です。

DSC03704_R

2015年8月6日~9日 青森旅行

学科行事の合間をぬって。プライベート旅行で青森へもいきました。初めてねぶた祭りも見たのですが、祭りを盛り上げる跳人(ハネト)のみなさまのパワーが素晴らしく感動しました!2度目の訪問となる奥入瀬渓流は、やはり空気がとても美味しく、清々しかったですねぇ。

歴史がらみでは学都・弘前を堪能できたのも大きかったです。維新の流れに取り残されそうになりつつも、西洋の学問をいち早く学び、時代をつくりだそうとする先人の息吹を感じさせる近代遺跡の数々は、「地方」のパワーを感じさせてくれました。

IMG_9472_RIMG_0070_R

2015年8月~9月 被団協文書整理会(1年生~3年生)

ブログの記事にはしませんでしたが、今年の夏も文書整理会を開催しましたよ~。多数の学生が歴史史料の整理に取り組みました。

DSC03730_R

2015年8月15日~16日 諏訪原遺跡発掘調査見学!(1年生~大学院生)

お次は、山梨県は諏訪原でおこなっている発掘調査の見学!いやぁ、楽しかった!暑かったですけどね……笑 考古学の現場をはじめて見学して、新鮮な驚きがたくさんあり、たいへん勉強になりました!ブログ記事も全力で執筆しましたので、未見のかたは是非ご覧下さいませ!

DSC03748_R

2015年9月1日~8日 ボストン研修

グローバル人材育成推進事業の一環として、昭和ボストンのキャンパスを視察し、世田谷キャンパスとボストンキャンパスとの間での意見交換をするための会議に出席しました。私自身初渡米であり、ボストンがアメリカ合衆国の歴史の原点なんだなぁと感じることがたくさんありました。他学科の先生方とも、こんなにゆっくりとお話しできたことはなく、貴重な経験となりました。ボストン情報はみなさまにどしどし還元して、留学を考えている学生にアドバイスしていきたいと思います。写真はニューヨークトリップに参加したときのもの。

IMG_0670_R

2015年9月23日~26日 日本近現代史ゼミ旅行(北海道)(3年生)

今年のゼミ旅行は北の大地・北海道へ!札幌→小樽→函館と回りました。史跡もしっかり回りましたが、なによりご飯が美味かった!

DSC03426_R

2015年11月14日~15日 秋桜祭(1年生~4年生)

さて!!秋桜祭です。

松田は演劇部、写真同好会、歴文学科有志企画、歴文サロン、そして学友会総務委員会バザーの顧問をつとめ、さらに学生部の見廻り分担もあり、当日は分刻みのスケジュールで各ブースを回る忙しさでした。みんなとゆっくり話せなかったのが心残りです。

たくさんの方の写真を撮ったにもかかわらず、記事をアップできていないことが気に掛かっておりました。この機会に一気に放出します。

掛川先生による秋桜祭体験記もありますよ!こちらをどうぞ♪

まずは歴文学科有志企画「おいでよ!歴文の森」。歴文2年生が中心となって1年生をひっぱりつつ、「歴史クイズに見事答えて景品GET!」企画と「『岩絵の具』体験」企画を立ててくださいました!最難関のクイズの難易度は鬼畜クラス!?コスプレをするのも歴文企画の恒例になりつつあります笑 みなさま、おつかれさま~!

IMG_1589_RIMG_1590_RIMG_1595_R

歴文OGお帰りなさい企画「歴文サロン」も3年目にしてすっかり定着しました。今年も100名近いOGのかたが訪問してくださり、旧交を温める楽しい場となりました!学生時代の気持ちに戻って、歴史系ボードゲームを持ち込み、集まってプレイしているOGも笑 一番下の写真は企画を立ててくださった3年生のみなさま。今年は大谷津ゼミの学生が中心になりました。ありがとね!

IMG_1635_RIMG_1623_RIMG_1639_R

その他、「三軒茶屋と世田谷美術館とArtをつなげよう!」をコンセプトにして活動をはじめ、今年で3年目となるSanchart(サンチャート)のみなさまも元気いっぱいに活動していました!写真がなくてごめんなさい。

学科企画だけではなく、秋桜祭執行部のスタッフとして、お祭りを支えた歴文生もたくさんいました!たまたますれ違った学生をパシャリ♪各部署でたくさんの学生がリーダーシップを発揮していました!縁の下の力持ち的な働きをコツコツこなせるのが歴文生の魅力です。

IMG_1608_RIMG_1605_RIMG_1620_RIMG_1607_R

全学学生組織の学友会総務委員会では例年バザーをやっており、学生や先生方から献品していただいたものを格安で販売いたしました。写真でも分かるように大賑わい!収益金で「学生の皆様の役に立つもの」を購入いたします。今までは、傘のしずく取り機や学生ホールの電子レンジなどを購入いたしました。

さて、今年はなにを買うことになったのか?

『昭和学報』にて発表の予定です。乞うご期待!

IMG_1581_RIMG_1578_RIMG_1654_RIMG_1574_R

中国人留学生と日本人学生の共同企画として、中国の文化を展示・解説、中華料理を販売する企画を立てた学生もいましたよ!リーダーは歴文所属の留学生でした。

IMG_1612_R

そのほか、もう現役の秋桜祭企画からは引退したけれども、のんびり遊びにきている4年生がいらしたり……

IMG_1652_R

所属サークルで企画を立てる学生がいたり(上の写真は囲碁サークル・下の写真は写真同好会)……、箏曲部(お琴)での演奏を堪能したり……。

IMG_1650_RIMG_1583_RIMG_1585_R

なんかよく分からないけれど、よく見知った学生が荷物を持ってアセアセと走っているのとすれ違ったり笑……

IMG_1576_R

そうそう、歴文生が多数所属する民俗学研究会も忘れてはいけませんね。

今年の企画「妖怪展」。展示にすごく力を入れていて、しっかり読ませる工夫もされていて、とても面白かったですよ!写真はブースにいらした1年生部員のみなさま。

IMG_1645_R

一気に振り返って参りました。

いやぁ、本当に忙しい1年でした……笑 ま、いくら忙しくとも学生たちと関わりつつ、企画を立てていくのは充実していていいですね。授業外でのふれ合いに基づく信頼関係を土台として、授業やゼミでの真剣な向き合い方が出来るのかなぁなどと思っております。

いまは歴文応援マガジン『歴マガ』の編集作業が年末進行中です!学生が全ての企画・編集・校正を担当する『歴マガ』は2年生スタッフ6名と1年生スタッフ2名で制作しております。年度末には完成版をお届けできるかな?受験生のみなさまにはオープンキャンパスのときにご覧いただけるかと存じます。こちらも乞うご期待!

2015年もたいへんお世話になりました。

どうかみなさま良いお年をお迎え下さいませ♪

2015年を写真とともに振り返る~前半~ [2015年12月26日(土)]

こんにちは、松田忍です。

おかげさまで2015年もたいへん充実した1年を過ごすことができました。特にシンポジウムを準備した10月~11月にかけてはほとんど記憶がないほどの忙しさでした…!

「蔵出し写真」を交えながらとともにこの1年を振り返ってみたいと思います。

2015年1月12日 十国峠・岩戸山ハイキング

松田のプチブームになっているのは関東近辺の山をハイキングすること。十国峠にいったときに見た富士山があまりにも綺麗だったので、プライベート写真ですがアップします。今年はその他にも日向山、大山、三ノ塔などを歩きました。夏には青森にねぶたを見に行った帰りに、奥入瀬渓谷を歩いたりもしましたね~。

IMG_5960_R

2015年1月23日 卒論集製本会(現・OG1年目)

ゼミ生が書き上げた卒論を卒論集にしました!今の4年生も1ヶ月後にこんな笑顔になっていてくれるといいのですが。頑張りや~。

IMG_5998_R

2015年2月11日 プレゼミイベント「下町歴史散歩」引率(現・3年生)

4月からゼミに入ることになる学生たちと一緒に、ニコライ堂、神田明神、湯島天神、さらには旧岩崎邸などを一緒に散歩しました。おみくじ引いたり、甘酒飲んだり、懇親会で語らったり、激論したり笑 まだ9ヵ月しか経っていないんだなぁ!この時から比べて、議論を組み立てる力が、みなさん驚くほどの成長したなぁと感慨深いです。ゼミ旅行にもいって距離も縮まったしね。3年ゼミ、乗りに乗っています。これからも期待してるで~。

IMG_6041_RIMG_6035_RR0010883_R

2015年2月17日 卒論発表会(現・OG1年目)

卒論の内容を下級生に向けて発表する卒論発表会。卒業後もみなさん、試行錯誤しながら頑張っていらっしゃいますよ!大学院に残って研究を続けている方もいらっしゃいます!

20150217-IMG_6195_R

2015年4月8日 新入生歓迎夕食会(1年生)

そして4月!新しい歴文生を迎えて新年度がスタートしました。3年生が中心となって企画して下さった夕食会の様子。初顔合わせだったこのときには探り探りでしたが、今ではこの写真に写っている学生全員、いろんなエピソード込みで、顔と名前が一致してます!

IMG_6859_R

2015年5月 世田谷歴史散歩引率(1年生)

「世田谷を散歩して懇親を深めようぜ!」と新入生に呼びかけたところ、まさかの50名近くの人の参加希望が!引率しきれないということで、3コースに分けて散歩しました。「世田谷から駒場を歩くコース」「世田谷線沿線を歩くコース」そして「小泉先生と巡る世田谷の古墳コース」。3日間とも好天にめぐまれ、とても楽しい散歩となりました!ソフトクリームを食べまくった記憶が笑

IMG_6903_RIMG_6930_RS__19439625_R

2015年6月3日~6日 東明学林学寮研修引率(2年生)

今年は2年生のクラスアドバイザーをしておりまして、2年生学寮の引率にいきました。東明学林は小田原のほうにある研修施設です。ドッヂボール大会をしたり、キャリア講座でプレゼン大会を開いたり、みかんの肥料やりをしたり。学寮研修中に学生たちともよくお話ししました。

DSC03534_RDSC00305_RDSC03581_R

2015年7月16日 1年生必修「歴史学概論」(1年生)

歴文の1年生必修「歴史学概論」では、松田からいろいろな問いかけをして考えてもらうとともに、上級生を何度もゲストスピーカーとしてお招きして、「歴史」に対する理解や思いを語っていただきました。特に7名の3年生をお招きした7月16日の授業は松田としても「記憶に残る授業」でした。白熱の授業の様子はこちら

DSCN4193_R

2015年7月 【歴文らじお】ネットでオープンキャンパス(1年生)

7月には1年生を研究室に呼んで、入学後3ヵ月の感想をいろいろと伺ってみる「歴文らじお」企画を立てました。歴文の生の雰囲気がよく分かる企画かと思いますので、進路に悩んでいらっしゃる受験生のみなさまは是非是非お聞きになってみて下さいませ!

DSC03640_R

2015年7月29日 1年生クラス会の様子(1年生)

前期最後の1年生クラス会にお邪魔しました。この頃になると、みなさん、大学にも慣れてのんびり~という感じですね。

IMG_7188_R

まずは前半をお届けしました。夏休み以降についてはまた!

ではでは。

Merry Christmas! [2015年12月25日(金)]

みなさま、Merry Christmas!

日本近現代史担当の松田忍です。

私の研究室には学生たちと面談するスペースがあるのですが、日本近現代史ゼミの3年ゼミ生のYさんがこっそりとクリスマス風に飾り付けてくださいました。

IMG_1674_R

可愛いですよね♪ 膝立ちのシロクマさんがとってもキュートです!

Yさん、いつもさんきゅ~!

また別の学生からは、イブの夜に友だちと「バーニング忘年会やってます!」との写真が送られてきました笑

なぜにイブに焼き肉なんだ!?ファイア~~~!!

S__62152706_R

みなさまはクリスマスから年末年始どのようにお過ごしになりますか?

本年もたいへんお世話になりました。どうぞみなさま良いお年をお迎えくださいませ。

4年生は卒論のラストスパート、しっかりと仕上げてくださいね!あと約2週間だぞ!!

黒猫は主夜神のお使い [2015年12月25日(金)]

仏教文化史を担当しています。木版刷りのお札を好んで集めています。先日、京都市左京区三条の朝陽山檀王法輪寺が出した婆珊婆演底主夜神(バサンバエンテイシュヤジン)の御影札を手に入れました。

20151225141656-0001

この神は、『華厳経』に「摩竭陀国の迦毘羅衛城の主夜神の名を婆珊婆演底という。恐怖、諸難を取り除き、衆生を救護し、光を以って諸法を照らし、悟りの道を開かせる」と説かれ、また『大日経疏』に「六枝の花を手にし、夜をつかさどり、また衆生を擁護し、穀物の生育を守護する神」と説かれています。その「主夜」を、日本では「守夜」と解して、とくに夜の恐怖を除く神として、悪夢除け・盗難除け・火災除け・五穀豊穣の神として尊崇してきました。しかし主夜神を祀る寺社は少なく、檀王法輪寺のほか、あまり例がありません。

お札の主夜神のお姿は、檀王法輪寺の開山・袋中上人が夢中に感得したもので、同寺の縁起には、「慶長8年(1603)3月15日夜、袋中上人が念仏をしていると、朱衣に青色の袍を着た主夜神尊が光明の中に現われ、〈われは華厳経に説き給ひし婆珊婆演底主夜神なり。専修念仏の行者を擁護すべ〉と告げ、御符を授けられた」と伝えています。慶長8年は袋中上人が明に渡ろうとした年なので、『華厳経』に「海にあって難に遭う人のためには、船の形となり、海神の姿となってその難を救う」という主夜神の顕現はありがたかったはずで、上人は琉球から帰洛後、主夜神を檀王法林寺に祀っています。

由来は不明ですが、黒猫は主夜神のお使いとされています。檀王法林寺は日本最古の伝承をもつ黒招き猫の寺として、12月の主夜神大祭には招福猫のお守りが頒布されています。寺の記録に、寛文4年(1664)、霊元天皇が主夜神尊の御前に行幸され、首飾りをお供え給うたと伝えています。おそらく袋中上人は明への航海に猫を連れて行ったのでしょう。薩摩藩17代島津義弘も朝鮮出兵に7匹の猫を連れて行きました。瞳孔の開き具合で時刻を推測したことから、猫は「時の神」ともされています。島津別邸跡の仙巌園には生還した2匹を祀る猫神神社があります。

(関口靜雄)

 

 

 

 

紅葉@世田谷キャンパス [2015年12月14日(月)]

こんにちは、松田忍です。日本近現代史を担当しています。

世田谷キャンパスでは今が紅葉の盛りです。もう12月も中旬ですので、かなり遅いのですが、妙に暖かい日があったり、急に冷え込んだりしたりして、時期がずれてしまったのかもしれませんね。

真っ赤に色づくモミジを前に、携帯のカメラでパシャパシャとしている方もちらほら。場所は昭和之泉のあたりですよ~!まだ見てないわというかたは是非!

 

IMG_1670_RIMG_1657_RIMG_1662_R

さて、先週末はオープンキャンパスが開催されました。12月にオープンキャンパスを開くのは初めてのことであり、どれくらいの方にいらして頂けるのか未知数だったのですが、蓋をあけてみれば、一般入試直前に大学のことを確認しておきたい受験生のみなさまや、ちょっと早めに大学のことを知っておきたい高校2年生の方など、たくさんの方にお越しいただけまして、予想以上の大盛況でした!御来場いただきましたみなさまには心より感謝申し上げます。

受験生のみなさま、これからいよいよ本番ですね!ベストを尽くせるよう、お身体にお気を付けて頑張ってください!みなさまの夢がかないますように・・・。

【授業紹介】伝統文化の現場-正月飾りづくり [2015年12月12日(土)]

歴史文化学科の「伝統文化の現場」の授業では、美術・服飾・民俗・仏教・神道などの、いわゆる“伝統文化の現場”で今まさに活躍中の方々にお越しいただき実演・実技をまじえてそれぞれの専門分野について具体的に講じていただきます。

これまでも何度か授業の紹介をさせていただきましたが、今年も昨年に引き続きお正月飾りを作りました。
※昨年の様子はこちら→お正月飾り!(20141225)

今年度も農業をされている重田先生自家製の藁をお持ち頂き、神奈川県の田村地域に伝わる作り方を講義していただきました。
shimenawa1 shimenawa3

まずは藁を本体1束とその他3つの束にわけ、3つの束のうち2つを三つ編みにします。
藁は水を吹きかけると切れにくく強くなるそうです。藁を紐替わりに使って束を結んだりもしました。

shimenawa4 shimenawa2

本体の束を3本に分け、そのうち2本を右に撚りながら左巻きに綯っていきます。
次に残った1本を、先に綯った2本へ左巻きに撚りこんでいきます。
すると1本の縄が出来上がります。
今回の作業は三人一組でおこない、チームワークが試されますね(^^)
※「撚る」とは、数本の細い糸をひねって絡み合わせること
※「綯う」とは、藁などをより合わせて1本の縄にすること  (配布資料より)

shimenawa5 shimenawa6

さらに縄を輪っか状にして、輪の下の方に先程三つ編みにした「足」を入れます。
輪の周りに、ダイダイ、楪、裏白や福袋、国旗、末広など様々なものを付けて完成です。
出来上がったお正月飾りに学生たちもとても喜んでいました♪
重田先生、ありがとうございました!!

shimenawa7

重田先生と集合写真

歴文教授室にもちょっと早いですが、授業で作ったお正月飾りを飾りました(^^)

shimenawa8

★毎年恒例の卒業論文提出カウントダウンも始まっています。
4年生と大学院2年生、がんばれ!!あともう少し!