2016年4月

すべりどめ [2016年04月25日(月)]

エジプト学を専門にしている吉成です。

以前、オープンキャンパスで手伝いの学生さん達と話した時に「すべりどめ」という言葉の使い方が違うことに気がつきました。われわれが受験生の時代には、「受験の際、目的の学校を失敗した時の用意に、別の学校を受験しておくこと(新明解国語辞典第三版)」ということで、その場合の別の大学とはかなりの確率で合格できる大学という意識で受験したと思います。その結果すべりどめの大学に入学したときには、ここは自分の居るべきところではない、という様な意識になったと思います。ところが、今の学生さん達の「すべりどめ」は自分の偏差値に合った大学、自分の現実の実力に最も合った大学ということで、本命は自分の偏差値の2ランクアップの大学という認識ということだと教えられました。

こうした認識が生まれた原因としては、18才人口の減少、受験者数が募集人数とほぼ同じで、高望みしなければ誰もが大学に入学できるという状況になっていることがあるのでしょう。

こうなるとわれわれの感覚では、すべりどめが自分に最も合った大学ということの様に思えて、何とも不思議な気分になりました。ということは、昭和女子大学をすべりどめで受験した生徒さん達は、うちの大学に最もふさわしい実力の持ち主達であるということになるのでしょう。その人達の意識が別の本命の大学に向いているとしたら、こんなにつまらないことは無いと感じます。

私は常々、大学入試はミュージカルのオーディションの様なものと考えて来ました。そのアーティストがこの演目にマッチしているかどうかを判断するのがオーディションならば、昭和の学風・教育方針・雰囲気に合う受験生を取り込むのが入試ということではないか、昭和女子大に来る学生はそういう条件に合った感性や感覚を持った人達であって欲しいというのが私の考え方です。

学生さん達が望むもの、大学から提供できるもの、それがピッタリと合えば、お互いハッピーな気分で4年間を過ごすことができると思います。偏差値だけで大学を選ぶのではなく、自分の感性を大切にして、それが最大限に生かせる大学を選んでもらいたいと思います。

昭和女子大は真面目な大学だと思います。そういう方向で努力ができる人にはふさわしい場が提供されていると思います。自分を信じ、最大限の努力ができる人を待っています。

新任の鶴岡明美先生に突撃インタビュー!! [2016年04月20日(水)]

こんにちは。歴史文化学科4年野沢春佳です。新年度が始まりましたね。1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

今回は、今年度歴史文化学科に赴任された鶴岡明美先生の下を訪れ、突撃インタビューしました。

――鶴岡先生が単独でご担当になる授業を教えて下さい。

前期は演習の他日本美術史基礎と日本美術史概論を担当します。日本美術とか日本文化って日本に住んでいて触れているようで触れていないものだと思うんです。高校までの授業でも歴史の政治面が中心で、文化は軽く触れて終わりという傾向があるでしょう。でも、皆さんにはぜひ一度は知ってもらいたい。勉強してもらいたいです。授業の中でも、専門的なことがらに加え、背景にある歴史や文化にも満遍なく触れていくようにしています。ぜひとっていただきたいですね。

――第一回の授業を終えての学生の印象はいかがでしたか?

今年度は一年生のクラスアドバイザーも受け持っているのですが、真面目な学生が多いですね。きちんとした礼儀正しい方が多いという印象です。協力的でコメントもたくさんいただけるのでうれしいです。

――鶴岡先生のご専門は日本美術史ですよね。

そうですね。特に江戸時代後期から幕末の作品に興味を持って研究・調査をしています。

――ぜひ詳しく教えてください。

最初私が興味を持ったのは、実景(実際に存在する景色)を題材にした作品です。実景というのは、今はスケッチなど当たり前に使われる表現ですね。日本が開国して伝わった技法だと考えられているんですが、江戸中期にはもうすでに実景の作品が描かれているんですよ。それが面白いなぁと、谷文晁という画家の作品を中心に学位論文を書きました。

――最初ですか?その後どのようにご研究は広がっていらっしゃるのですか?

実景については一区切りついたところで…次に別のテーマを探しました。そこで取り上げたのは黄表紙の挿絵です。黄表紙というと戯作という文学のジャンルで、挿絵を取り上げた研究はあまり盛んではないんですよ。そこで挿絵の中に描かれている看板や屏風などの文言に焦点を当てて研究してみようと。

――どうして、戯作を取り上げようと思ったんですか?

黄表紙は当時のトレンドブックのような立ち位置でもあった大衆向けの読み物のです。文学作品としての研究はたくさんされているのですが、挿絵はほとんど触れられません。でも、挿絵の中にもユーモアやパロディがたくさん盛り込まれてるんですよ。全ての作品を通して、様々な点から研究ができるのではないかと、今も試行錯誤をして研究をすすめています。

――(実際に黄表紙の作品を説明していただいて)一ページの中で文章と挿絵が密接に関わっているんですね。挿絵というと児童文学とか絵本をイメージしてしまうけど全然違いますね…!

でしょう?今の学生さんはイラストとテキストの融合を抵抗なく受け入れられる世代になってきてますからね。興味持ってくれるんじゃないかな。

――他にも何か取り組んでいらっしゃるんですか?

実は今足立区立郷土博物館の文化財調査にも参加させていただいてるんです。これまでの調査の成果を「美と知性の宝庫足立―酒井抱一・谷文晁とその弟子たち―」という展覧会で紹介しています。5月22日まで開催しています。最初に取り上げた谷文晁の作品やお弟子さんの作品が足立区にはたくさん残されていて…。これから調べを進めることでもっと新しいことが分かっていくかも…と期待してるんです。

――ちなみに、お休みには何をされてるんですか?

私趣味がないんですよ(笑)。もともと絵をみることが趣味で、美術館や博物館を訪れていたんですけど、でもそれ仕事になっちゃったから(笑)面白そうな展覧会があれば京都でも秋田でも、日帰りでどこへでも行っちゃいますね

――旅行お好きなんですか?

「どこかへ行ったりするのは好きですね。乗り物だと鉄道が好きです。」

――鉄道ですか!?

飛行機より電車派です。青函トンネルとかすごいんですよ。本州と北海道だと景色が全く違うんです。そういう景色がすこしずつ変化していくことが分かるのがすごくいいんです。鉄道旅行の醍醐味ですね!

――では、最後に学生に一言お願いします。

まだまだ分からないことがあるので、助けてもらいたい気持ちでいっぱいです。どうぞよろしくお願いします。

P4154012_R

「研究のことになると熱く語ってしまうんです」と鶴岡先生。とても楽しい時間を過ごさせていただきました!ご協力ありがとうございました!

新入生何でも質問大会が開催されました [2016年04月08日(金)]

引き続き新入生オリエンテーションの様子をお届けします。

4月5日(火)のなんでも質問大会は、履修のこと・授業のこと・資格のこと・クラブやサークル・アルバイト…

大学生活について上級生になんでも質問しよう!という企画です。

こちらも当日に向けて、上級生が準備をしてくれました。

DSCN5682

歴史文化学科の2年生から大学院生まで、約40人の上級生が集まってくれました !

DSCN5692DSCN0065

上級生の自己紹介の後に質問大会がスタートしました。やはり一番多い質問はカリキュラムについてのようです。

写真は上級生たちから様々なアドバイスをもらっている様子です。

DSCN0068

質問大会も終わりに近づくとクラブやアルバイトについても、上級生と新入生で活発に情報交換がされていました。

ガイダンス期間も明日で終わり、来週からいよいよ授業が始まります。

アドバイスをもとに組み立てたカリキュラムで、有意義な学生生活を送ってくださいshine

(助手O)

 

 

 

新入生を歓迎する夕食会を開催いたしました! [2016年04月07日(木)]

こんにちは!松田忍(日本近現代史)です。

4月7日で新入生のガイダンス行事が終わりました。今年歴史文化学科に入学したのは90名であり、全員が欠席することなく、学びへの準備を進めました。

その様子を振り返ってみたいと思います。

まずは4月4日には歴文の上級生が企画する新入生歓迎「夕食会」が開催されました。

開会の挨拶を告げつつ、夕食会を準備してきたサブリーダーから乾杯の挨拶。

DSCN9975_R_RDSCN9989_R_R

かんぱーい!!(ソフトドリンクです!)

金尾朗副学長と増澤史子人間文化学部長の御挨拶……DSCN9979_R_R

DSCN9982_R_R

そして・・・

DSCN5663_R_R

夕食会準備を一生懸命おこなってきた歴文の新3年生からも歓迎の挨拶です!

夕食会は各テーブルを10人程度で囲む立食パーティ形式でした。各テーブルの様子をのぞいてみましょう。

DSC04143_R_R

まずは野口朋隆先生(日本近世史)のテーブル。新入生と上級生でいろいろな情報交換がなされたようです。

DSC04139_R_R

みんなのアイドル、小野寺拓也先生(西洋近現代史)。「この写真は載せるな!」といわれたのですが、それすなわち「載せろ!」という意味だと解釈して掲載します(ニヤリ)。

DSCN0013_R_R

吉成薫先生(エジプト史学)もこの表情。楽しそうですね!

DSCN0017_R_R

今年4月から着任された鶴岡明美先生(日本美術史・中央奥)も、早くも新入生の輪の中心に!

DSC04148_R_R

教職担当の緩利誠先生(教育学)も歴文の夕食会にかけつけてくださいました!

その他のテーブルのようす……!

DSC04140_R_RDSC04145_R_R

会の後半になると、先輩たちから歴文紹介のプレゼン、三軒茶屋紹介のプレゼンがなされ、そして、恒例のクイズ大会へ!DSCN0008_R_R

出題されたのは・・・

昭和女子大学の建学の精神は?? 【正解】世の光となろう

歴史文化学科のキーワードは?? 【正解】手で考え、足で見る

といった基本問題や先生方の顔当てクイズなどでした。

上位3チームには学科長の菊池誠一先生(ベトナム考古学)から賞品が!

DSCN0032_R_RDSCN0038_R_R

DSCN0043_R

4月から着任された金子朝子学長の御挨拶。ご自身の学生時代の体験を面白おかしく話してくださりながら、知識を活用していくことの重要性を伝えて下さいました。新入生達も真剣に聞き入っていましたよ!

〆は新3年生の夕食会リーダーの挨拶。金子学長も暖かく見守ってくださっています。

DSC04174_R

新入生に聞いてみると、夕食会で新しく話すことができた友だちもたくさんいるとのことで、本当に開催して良かったなと思っています。3ヵ月かけて準備して下さった上級生のみなさま、本当にありがとうございます。君らの気持ちはしっかり伝わったと思うよ!

【ヨーロッパ歴史演習】ケルン大聖堂の衝撃 [2016年04月07日(木)]

koeln1

西洋史の小野寺です。
ヨーロッパ歴史演習の学生レポートも4回目になりましたが、今回はドイツ・ケルン大聖堂を訪れたさいの学生の皆さんの感想をご紹介します。

今回大聖堂を訪れたさい、ちょうどミサが行われており、大司教であるライナー・ヴェルキ枢機卿の説教を聞くことができました。
ドイツを初めとするヨーロッパ諸国では現在、シリアなどからの難民受け入れをめぐって「難民危機」と言われるような深刻な状況になっていますが、宗教や肌の色、出自に関係なく、全ての人間を平等に扱うことの重要性、キリスト教徒としての態度が今ほど求められている時はないというような趣旨のことを大司教は語っていました。
大聖堂の中を自由に歩くことはできませんでしたが、学生の皆さんはそれでも強い感銘を受けたようです(小野寺
)。

koeln4

ケルンの大聖堂は、私が世界史に興味を持ち、大学でも世界史を勉強したいと思うようになったきっかけの大聖堂だったので、実際に見ることができて本当によかったです。
ケルンに着き、バスでホテルまで移動するときに少しだけ夜のライトアップされた大聖堂を近くで見ることができましたが、その姿だけでも感動しました。
次の日の朝、近くに行って大きな大聖堂を見て涙が出そうなくらい感動しました。
ケルンの大聖堂は、ゴシック様式の外観だけが大好きでしたが、ガイドさんのお話を聞いて、外観だけでなくて、歴史にも興味を持つようになりました。
戦争時にステンドグラスや燭台などは疎開しており、戦後元通りにされたという話を聞いて、日本では建物も疎開していたということを文献で読んだことがあったので知っていましたが、ドイツでも行われていたとは知らなかったので、知ることができてよかったです。
疎開していたからこそ、現在もこのような美しい大聖堂が存在しているのだと思いました(歴文3年Wさん)。

koeln3

私はこの研修で正直最も楽しみにしていたのがこのケルン大聖堂でした。
いままでにここまで大きな聖堂に足を踏み入れた経験はなく、もちろんそこでミサにあずかったこともなかったので、今までにない感動を経験しました。
時代によってミサ曲というのも曲想や構成が変わってきますが、今回自分の体で感じた事をミサ曲を歌うときに表現力の向上のために活かせれば良いなと思います(心理2年Mさん)。

koeln5

感動という一言では表しきれないほどの感情を抱いたのは、ケルン大聖堂です。
世界史の資料集でしか見たことがありませんでしたし、あれほど大きな教会に入ったのも見たのも人生で初めてでした。
外見を見ただけで圧倒され、中に入ると神聖という言葉がぴったり合った雰囲気が漂っていました。
教会の奥の方を見たいという願望もありましたが、あまり出くわすことのないミサを見ることができて、感無量です。
先生も言っていましたが、声が天井から降ってくるという感覚は初めて味わいました。
異世界にいるみたいで、正直今でもあの中に入ったことが信じられないくらいです(歴文3年Hさん)。

2016-02-25 12.54.10

日本にいてはあまり体感することができない宗教について感じるということについては、ケルン大聖堂を訪れた時にタイミングよくミサを聴くことができ、教会のパワーというものを感じることができました。
ケルン大聖堂に入った瞬間に、神秘的な、上から言葉や音楽が降ってくる感覚に感動し、ずっと鳥肌がたっていました。
大司教の方がお言葉を述べられていて、そこに人々が集い、歌が歌われその幻想的な世界は、無宗教の私ですら信じたくなるような世界でした。
司教の方のお言葉の中に、「難民」という言葉は使っていないがこのことに関する内容のお話をしていたと先生が訳してくださいましたが、教会でそのようなことを話す外では、貧しい人が座っているこの光景には、教会や宗教ってなんだろうと考えさせられました(歴文3年Iさん)。

平成28年度 大学院入学式 [2016年04月05日(火)]

同じく4月2日(土) 昭和女子大学 大学院の入学式も行われました 🙂

cherryblossomcherryblossom歴史文化学科の大学院にあたる生活文化研究専攻に1名が入学しましたcherryblossomcherryblossom

!ご入学おめでとうございます!

DSCN9926 DSCN9934 DSCN9929

入学式後は上級生である2年生も一緒に、ガイダンスを行いました。

専攻主任である田畑先生などからお話しがありました。

ガイダンス後は上級生が新入生へ、新しい教室を案内するなど優しく指導していました。

(助手O)

 

 

 

平成28年度 昭和女子大学入学式 [2016年04月05日(火)]

4月2日(土) 昭和女子大学で入学式が行われました

 空は少し雲がかかっていましたが、正門をはじめcherryblossomcherryblossom満開の桜cherryblossomcherryblossomが新入生を迎えてくれていました

本年度は歴史文化学科に90名の学生が入学しました。

ご入学おめでとうございます

!!ようこそ歴史文化学科へ!!

DSCN5632 DSCN5651

入学式が終わり、クラスアドバイザーの先生方からのガイダンスを受ける新入生たち。

これから始まるキャンパスライフに向けて、期待とたくさん不安もあるかと思いますが、

4年間たくさん勉強し楽しんで、充実した学生生活が送れますよう応援しています 😆

(助手O)

 

2016年度 歴史文化学科教員紹介 [2016年04月01日(金)]

 


歴史・地理

野口朋隆

日本近世史

info.

blog

松田 忍

日本近現代史

info.

blog

掛川典子

比較女性論史、倫理学

info.

blog

吉成 薫

エジプト学、オリエント史

info.

blog

小野寺拓也

西洋史

info.

blog

田畑久夫

人文地理学(文化地理学)

info.

blog

 


美術・民族の文化

鶴岡 明美

日本美術史

info.

blog

木下 亮

西洋美術史

info.

blog

安蔵裕子

服飾文化史、服飾造形

info.

blog

関口靜雄

仏教文化史

info.

blog

大谷津早苗

日本芸能史・民俗学

info.

blog

早田啓子

日本仏教思想・仏教文化

info.

blog

 


考古・文化財

山本暉久

日本考古学(縄文時代)

info.

blog

小泉玲子

日本考古学(古墳時代)

info.

blog

菊池誠一

アジア考古学(東南アジア)

info.

blog

武田昭子

文化財学、文化財保存修復学

info.

blog


“info.”からは各教員の教育内容、研究歴などをご覧頂けます。 また“blog”からは各教員の執筆記事や関連記事をまとめてご覧頂けます。

(2016年4月1日現在)