2018年4月

映画「マルクス・エンゲルス」学生支援プログラムの募集 [2018年04月28日(土)]

西洋史の山本です。こんにちは。

今日からゴールデンウイークが本格的に始まりますが、みなさんのご予定ではいかがですか?

私は本日公開の映画「マルクス・エンゲルス」(岩波ホール)を観てきました。「カール・マルクス」の名前は、高校世界史の授業などで聞いたことがあると思います。「一つの妖怪がヨーロッパを徘徊している。共産主義の妖怪が」という冒頭で有名な『共産党宣言』や、マルクスの死後、友人のフリードリヒ・エンゲルスの尽力により完結した『資本論』等の著作で知られる、19世紀を代表する学者ですね。

マルクスの学問は経済学のみならず、歴史学にも大きな影響を与えてきました。彼が41歳の時に記した『経済学批判』にある「唯物史観による発展段階説」は、20世紀半ばまで我が国の(日本史を含む)歴史学のあり方を規定してきたといえます。私も学生の頃、マルクスをがんばって読みました(途中で挫折しましたが…)。

さて、この映画は、若きマルクス(今年はマルクス生誕200年にあたります)がエンゲルスとパリで出会い、妻たちの助けを得つつ、全ヨーロッパに広がる共産主義活動を始めるまでが描かれています。西暦では1843年から1848年までで、産業革命がヨーロッパ中に普及し、労働者(プロレタリア)が過酷な労働環境に置かれていた時代です。1848年には、フランスで労働者による革命(「二月革命」)が起こります。マルクスの上記の著作が、どのような時代や社会を前提として生まれたものなのかを知るため、非常に良い映画だと感じました(他にも語りたいことは沢山あるのですが、ネタバレになるので控えておきます)。

ところで、岩波ホールでは若者向けのプログラムとして、この映画「マルクス・エンゲルス」の団体観賞を募集しています。通常1500円のチケットが、なんと800円となります(ただし、団体観賞に限定。個人観賞では各日の最終回が学割1200円となり、お得です)。興味がある学生は、必要事項(学籍番号、氏名、希望の日時と時間 ←「金曜の夜」等)を記入の上、山本までご連絡ください(n-yamamoto☆swu.ac.jp ← ☆はアットマークに変える)。締切は5月15日です。予定を調整の上、指定の日に観賞となります。

学生のみなさんは、ふるって応募してみてください(西洋史でなくても結構です)。

映画「マルクス・エンゲルス」公式サイト → http://www.hark3.com/marx/

岩波ホール「学生支援プログラム」のページ → https://www.iwanami-hall.com/topics/news/1725

自己アピール大会! [2018年04月10日(火)]

新入生ガイダンスの一環として、
自己アピール大会】が開催されました!

一人ひとりが自己紹介していきます。
趣味や学びたいこと、住んでいるところetc…

好きなことを語る姿は…
本当にキラキラしていました!
また、それを熱心に聴いている学生たち。

大学生活は、毎日同じ人たちと会うことができるわけではありません。
自己アピール大会は、
今後の学生生活をより彩る、
素敵なお友達を作るきっかけになったことでしょう。

緊張もしていたことでしょう。
しかし、だれもが自分を持っており、
好きなことに対してまっすぐな姿勢が印象的でした。

仲間たちとともに、
学びも生活も満たされた素晴らしいものにしていきましょう!!

 

(助手E)

2018年度夕食会が開催されました! [2018年04月10日(火)]

こんにちは、松田忍です。

4月5日には新入生を招いての夕食会が開かれました。

会の冒頭には金子学長、増澤副学長、シュワルツ昭和ボストン学長、木下学部長からの激励メッセージがありました。いまこそ歴史が大事であること、今は英語が嫌いであっても在学中に海外に飛び立ってほしいこと、ボストンがそのファーストステップとして最適であることなど、各先生から熱く語りかけるおことばをいただきました。

金子学長からの日光東照宮の猿のお話しは心に沁みました。「みざるきかざるいわざる」は日本人の出しゃばらない特性を表しているように受けとめられがちだけれども、あれは子猿に悪いことを見させたり聴かせたりしないという意味もある。実は、日光東照宮にいる青年の猿の像はみんな空を見上げている。みなさんも空を見上げる青年になって下さいとの内容でした。

夕食会は立食パーティ形式。

各テーブルでは新入生たちが積極的に新しい人と話をしていました。みなさん、前向きで今年の新入生も期待出来ますね!

夕食会後半はクイズ大会です。「7号館は昔何と呼ばれていたでしょう?」とか「坂東理事長の出身県は?」などの難問(?)も登場しましたが複数チームが見事全問正解!上位グループには豪華景品(?)がプレゼントされました。

この夕食会、司会進行、開会閉会の挨拶、三軒茶屋紹介やクイズ大会の進行などは全て上級生が企画して下さいました。ありがとうございます!

最後は大谷津新学科長の挨拶で締め!

いよいよ11日からは授業スタートです。スタートダッシュを焦りすぎず、じっくりと勉強していきましょう!

平成30年度 大学入学式! [2018年04月06日(金)]

4月2日(月)に、

cherryblossomcherryblossom昭和女子大学の入学式cherryblossomcherryblossomが行われました!

入学生のみな様おめでとうございます!

今年は113名の新入生が、
歴史文化学科に入学いたしました!

 

やりたいことが既に決まっているひとも、
いろいろなことに興味がある人も、
様々なお考えのもと、式に臨んだと思います。

ここには歴史・地理、美術・民族の文化、考古・文化財まで、
あらゆる分野の専門の先生方がそろっています!
先生方の優しく、情熱的なご指導のもと、
いろんなことにチャレンジしてくださいね!
私たちも応援しています!

良い大学生生活となりますように♩

(助手E)

平成30年度 大学院入学式! [2018年04月04日(水)]

4月2日(月)に、

cherryblossomcherryblossom昭和女子大学大学院の入学式cherryblossomcherryblossomが行われました!

入学生のみな様おめでとうございます!

 

 

今年は2名の新入生が、
歴史文化学科の大学院にあたる、生活文化研究専攻に入学いたしました!

 

入学式の後には在学中の先輩とともに、ガイダンスがあります。
教務担当の野口先生による挨拶からはじまり、
西洋美術史ご担当の木下先生、日本美術史の鶴岡先生からも、
大学と大学院との違いや今後の研究への取り組み方について、熱くお話しくださいました。

 

 

優しく、情熱的に見守ってくださる先生方とともに、充実した研究ができるよう、
私たちも応援しています!

良い大学院生生活となりますように♩

 

(助手E)

3年生・4年生合同たこパ開催しました! [2018年04月01日(日)]

こんにちは、松田忍(日本近現代史)です。

いよいよ新年度になりました。明日は入学式であり、新しい歴文生のみなさまとお会いできるのを楽しみにいたしております!

さて先週の3月29日には、三軒茶屋のおしゃれなカフェを丸ごと借り切って、松田ゼミの旧4年生(=卒業生)および旧3年生の合同たこ焼きパーティを実施しました。

歴史文化学科では、基本的には3年ゼミと4年ゼミは別々に開催されているのですが、日本近現代史ゼミでは2016年度から「クロスセッション期間」を設けて、学年を超えた合同ゼミを開催し、4年生の報告をきいて3年生の研究意識を高めてもらうと共に、また後輩たちの前で恥ずかしい報告をできないというプレッシャー(!)を4年生に与えています笑

実質的な卒業パーティであるこのたこパにも、4年生7名に対して3年生5名が参加して下さいました。徐々に「縦のつながり」が強くなって、先輩から個人的にいろいろなアドバイスを受けるような機会が増えていくと良いなぁと思っております。

幹事学生の「たこ焼き器の限界に挑戦する」とのことばどおり、通常のたこ焼き、イカ焼き、キムチ焼き、チーズ焼き、スパム焼き、ウインナー焼きなどの多彩なたこ焼きがつくられ、たこ焼き粉2パック(約200個分)をみんなでぺろりと平らげ、さらにアヒージョやお菓子なども。たいへん楽しい回になりました。

卒業生は入社式直前、新4年生は就活真っ只中という慌ただしい時期ではありましたが、多いに盛り上がり、親交を深めることが出来ました!

「昭和女子大学は皆さんの『母校』であると同時に、いつでも帰ってこられる港、『母港』でもあります。いつでも戻ってきて、気持ちも新たに補給していってください」というのは金子学長が常日頃からおっしゃっていることです。嬉しいことがあったときやつらいことがあったときには、いつでも戻っていらして、いろいろなお話しを聞かせて下さいね!

新年度からそれぞれのフィールドで頑張っていこう!!

後片付け部隊も活躍していました!

2018年度 歴史文化学科教員紹介 [2018年04月01日(日)]

 


歴史・地理

野口朋隆

日本近世史

info.

blog

松田 忍

日本近現代史

info.

blog

牧野 元紀

東洋史

info.

blog

山本 成生

西洋史

info.

blog

 


美術・民族の文化

鶴岡 明美

日本美術史

info.

blog

木下 亮

西洋美術史

info.

blog

安蔵裕子

服飾文化史、服飾造形

info.

blog

大谷津早苗

日本芸能史・民俗学

info.

blog

 


考古・文化財

小泉玲子

日本考古学

info.

blog

菊池誠一

アジア考古学

info.

blog

田中眞奈子

文化財学(保存科学)

info.

blog


“info.”からは各教員の教育内容、研究歴などをご覧頂けます。 また“blog”からは各教員の執筆記事や関連記事をまとめてご覧頂けます。

(2018年4月1日現在)