秋桜祭

深まる秋に [2015年11月27日(金)]

歴文の比較女性史論演習を担当している掛川典子です。毎朝銀杏の落ち葉を踏みしめて登校しています。学内には晩秋の風情が漂っております。研究館5階の窓からは、日ごとに濃くなる昭和の泉の周りの木々の紅葉が美しいです。

20151115先日の秋桜祭では、たくさんの歴文卒業生が歴文サロンを訪問してくれて、嬉しかったです。皆たくましく成長して見えました。ベビーカーのお子さん連れの方も複数。なかには三人のお子さんのお母さんで、ばっちり常勤職のお仕事も続けている懐かしい顔もあり、話に花が咲きました。北海道で研究を続けている卒業生にも会え、エネルギーを分けてもらいました。また来年も誰に会えるのか、楽しみです。
校門を入ったとたんから秋桜祭委員をしている歴文生に会ったのをはじめ、学内至る所で、在学生が活躍してくれておりました。掛川ゼミの三年生が2名ファッションショーのモデルにスカウトされていたので、見に行きました。とっても素敵で、可愛かったです。またゼミの四年生が競技ダンス部で活躍しているので、これも新体育館に見に行きました。さすがに貫禄の四年生ですが、想像を絶する余りのかっこよさにびっくり。いやー素敵です。中国からの留学生の7弦の琴の演奏も、深い精神性が感じられる貴重なものでした。自然と一体となって対話するような趣の奏法で、岡倉天心の『茶の本』にあった桐の木と琴の話を思い出しました。たしか映画の三国志では諸葛孔明も琴を弾いていたのでは。2.3年有志による歴史クイズの部屋もあり、西洋美術史の学生による「サンチャート」もあり、民俗学研究会の発表もあり、みな大活躍です。ご苦労様でした。

20151114-1115

左から秋水閣、おいでよ!歴文の森、Sanchart

11月19日の夕方には女川ランタン祭が開催されました。東日本大震災復興支援のプロジェクトです。研究館のすぐそばの昭和の泉と紅葉庵が会場でしたので、少しでも、「忘れない」という思い・祈りをつなげられたら、とランタンの照らす道を2周して歩いてみました。

最近国内の某大学図書館から、何年も前に科研費を頂いた研究の報告書の複写依頼をいただきました。修士論文の執筆のためにどうしても読みたいという院生がいらっしゃるということでした。私のささやかな研究が役に立つのであればとても嬉しいことです。以前も某大学の研究会で、そこの院生の方から、私の論文を読んでいると言って頂いたことがありましたし、全く思いがけないところで名乗ったら知らない方に、もう絶版になったマイナーな著書を読んで勉強したと声をかけられたこともありました。もう私はすっかり白髪になり、友人たちもぞくぞく退官していますが、研究は若い世代に言葉を通して繋がっていくようです。もう少し頑張ってみます。

 

【第23回秋桜祭】歴文サロンを開催します! [2015年11月09日(月)]

11月14日(土)・15日(日)に開催される秋桜祭もいよいよ間近に迫って来ました!
歴文では卒業生、在学生、先生方の交流の場、歴文サロン」を今年もおこないます☆(^▽^)
会場は大学3号館の5階、5S01教室。
在学生による展示やギャラリートーク、大学外での学びの場や活動なども紹介しています。
先生方もいらっしゃいますので卒業生の方、在学生の方、是非是非お越しください!
歴文トークに✿花✿を咲かせましょう!!

歴文では「歴文サロン」の他に「おいでよ!歴文の森」「Sanchart」も出店しています。
歴文生一同、準備をがんばっています♪みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

◆歴文サロン        大学3号館5階 5S01
◆おいでよ!歴文の森  大学3号館3階 3S02
◆Sanchart(サンチャート)   大学1号館2階 2M34

※ご案内ハガキに一部誤りがございました。歴文サロン会場は大学3号館5階となります。

H27rekibunsaron

【秋桜祭】Sanchart~教室編~ [2014年11月11日(火)]

こんにちは!再び登場、Sanchartですhappy01

今回は、秋桜祭期間中の教室内展示の様子についてお伝えしようと思いますpencil
教室では、世田谷美術館の所蔵作品とアンリ・ルソーの作品を基に制作したリメイク・オマージュ作品の展示これまでのSanchartの活動の記録を展示しました。また、プラ板を使った制作ワークショップを行い、子どもたちや学生などたくさんの方が参加してくださいましたshine

ミスインターナショナルのみなさん

なんと、Sanchartの展示をミス・インターナショナルの皆さんが見に来てくれました(皆さんお綺麗でした…!lovely)。
ワークショップにも参加してくださり、皆さん楽しそうに制作していました。完成したものを見て「かわいい!」との声がたくさんあがっていました。

私たちが制作した作品をひとつ紹介してみようと思います。

よ~く見ると・・・

これは、「三茶×アート」というSanchartの大テーマを形として表してみたい、と考え制作しました。
昭和女子大学から世田谷美術館までの道のりを実際に歩き、写真を集め1つの作品としました。近くで見ると、見慣れた大学内の風景や世田谷の閑静な住宅街、世田谷美術館のある砧公園の豊かな緑など、どこにでもあるような普通の写真たち。それを遠くから見てみると…ぼんやりとあの“おじさん”が!eyeshineこのモザイクアートに、たくさんの方から「すごい!」とお声かけいただきましたhappy02

他にも「イラストレーター かずを」のオマージュ作品などを展示しました。

かずを作 「ばら色の衣装をつけた2人の踊り子」のオマージュ

今年は、今までにない新たな挑戦をした刺激のある活動となりました。
まだまだ手探りな部分も多いですが、これからもSanchartの活動を通してより多くの方へ美術の魅力を発信していきたいと思いますconfident
あと、もっと一緒に活動してくれる方が増えたらいいな~と思いますsign01

たくさんのご来場ありがとうございましたsign03

Sanchart代表 歴史文化学科3A  出澤 梓

【秋桜祭】Sanchartの活動~店舗編~ [2014年11月11日(火)]

こんにちは!Sanchart(さんちゃーと)ですhappy01
私たちSanchartは昭和女子大学と世田谷美術館の共同企画で、「三茶×アート」をテーマに活動を行っています。(基本的に歴史文化学科西洋美術史ゼミ生が中心となって活動しています)

11月8、9日に開催されました秋桜祭に合わせまして、三軒茶屋にあるお店とのコラボ・教室内展示を行いましたshine今回は店舗での様子をお伝えしますwink

ご協力いただいたのは、「Pepe Rosso」「Steps」「ぱんやのパングワン」の3店舗です。各店舗内にアンリ・ルソーの作品を中心としたレプリカパネルを展示しましたeyeshine

Pepe Rossoの店内

Stepsの店内

こんなところにもフリュマンス・ビッシュが…!happy02

ぱんやのパングワンの店内

また、「ぱんやのパングワン」ではコラボパン&クッキーを2日間限定で販売しましたsign01

アンリ・ルソーの《フリュマンス・ビッシュの肖像》をイメージしたパン&クッキーです。
その名もズバリ!「ひげパン」&「ひげクッキー」!!!
大きなひげが可愛い!!heart04lovelyheart04
「ぱんやのパングワン」店内販売のみでしたが、嬉しいことに多くの方にご好評いただき、2日間ともに完売することができましたhappy01

ひげパン&ひげクッキー

ご協力いただいた店舗の皆様、実際にお店へ足を運んで展示を見てくださった方、ありがとうございました!

Sanchart代表 歴史文化学科3A 出澤 梓

【秋桜祭】ドキュメンタリー映画「やるべぇや」上映会のおしらせ [2014年10月22日(水)]

こんにちはhappy01
歴文4年S.Oです

少し前にブログ「大谷津研究室だより」でもお伝えした
ドキュメンタリー映画「やるべぇや」上映について詳細が決定しましたmoviesign03

「やるべぇや」は福島県檜枝岐村で270年途切れることなく伝えられた≪檜枝岐歌舞伎≫を題材にしています。
歌舞伎を伝承する千葉之家花駒座の一座の3年間に密着したこの映画には、伝統を継承する座員の姿や村の自然と文化、村人の営みが描かれています。
さらにsign01
8日には監督の安孫子亘氏をお招きし、映画についてお話しいただきますkaraokenotes
地域の文化を伝承することの難しさや素晴らしさを感じ、考えるきっかけになるのではないでしょうかhappy02

クリックで拡大☆

  

クリックで拡大★

   
【秋桜祭1日目/8日】
大学1号館5階5S05教室
11:20~第1回上映
13:30~安孫子監督対談
14:10~第2回上映
監督との対談を含め、上映会はすべて無料ですshine
※2日目(9日)は展示のみ行います

また、秋桜祭では、オープンキャンパスとまた違った大学を見ることができると思いますので
それだけでもとても楽しいと思いますshine
みなさんぜひ来てくださいhappy01sign01

大谷津研究室だより [2014年10月09日(木)]

こんにちはwink大谷津研究室4年Sです。地域に根付いた民俗・芸能を学んでいますpencil

今年の秋桜祭に参加することになりましたshine取り上げるのは福島県檜枝岐村に伝承されている《檜枝岐歌舞伎》ですsign03檜枝岐歌舞伎は270年途切れること無く伝承されてきた農村歌舞伎です。

当日はパネル展示だけでなく、役者の高齢化に伴い、檜枝岐歌舞伎をこの先 「若者達にどうやって繋げていくのか…?」「そして子供達にどうやって興味を持たせていくのか…?」を描いたドキュメンタリー映画『やるべぇや』の上演もしますmovie
11月8日(土)には我孫子監督をお招きしてトークショーも行いますhappy02

 

クリックで拡大します

 

そして、発表するだけじゃつまらないsign03自分たちの目で見たいeyeと実際に有志で現地に行ってきましたshine
列車に揺られtrain 山間バスで移動しbus 平家落人伝説が残る檜枝岐村へ。
歌舞伎というと歌舞伎座や国立劇場など劇場でしか見たことがなかったのですが、夜に外の舞台で見る歌舞伎は素晴らしかったです。何より人の暖かさを感じましたconfident

実際に檜枝岐歌舞伎を見て益々やる気になった私たちなのでした…

秋桜祭当日、是非お越しくださいhappy02

 

秋桜祭でお待ちしてます!!

 

歴文ならでは。 [2013年12月04日(水)]

こんにちは。学内もクリスマスツリーxmasが点灯し、すっかり年末気分ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうかhappy02
気がつけば1ヶ月も前になってしまいましたがenter今日は秋桜祭のお話しをしたいと思いますsmile

突然ですが、これはなんでしょう?

 

消しゴムスタンプ(ハガキ大)ですsign03

これを色ごとに順番に重ねていくと・・・

 

じゃじゃーんsign03sign03sign03

浮世絵風の作品が完成しま~すscissors

この作品は歴史文化学科有志の学生が秋桜祭のワークショップのために手作りしたものですshine
実際にご来場頂いた方は体験されたかもしれませんねgood
本学科のモットーは「手で考え、足で見る」なので、手先の器用な学生が多く在籍しているのも「歴文ならでは」ですlovely

ちなみに、この絵には元の絵が存在するので、並べてみましたeye


左が学生の作品、右は東京国立博物館蔵の歌川国芳「金魚づくし さらいとんび」ですwink
(『歌川国芳展』日本経済新聞社1996より転載)
なかなかのクオリティだと思いませんかheart04
Y.Mさん、次の作品期待してますよ~。 (文責:文鳥大好き助手)

歴文サロンの準備着々 [2013年11月03日(日)]

11月9日、10日の秋桜祭

歴文の学生有志の方々が「歴文サロン」開催

卒業生と在学生の交流の場を提供します
もちろん卒業生、在学生に限らずどなたでも参加できます

歴文サロンで予定しているワークショップの一つが
「歴文ストラップ作り」

「歴まる」「踊る埴輪」「諏訪原遺跡出土土器」のチャームに色づけしていただき
オリジナルのストラップを作成していただく企画

先日、有志の学生さん達がチャーム作りの作業をしていましたので、ご紹介します

歴文サロン~~秋桜祭企画~~ [2012年11月25日(日)]

11月10~11日に開催された秋桜祭。その参加記はすでに記事にいたしましたが、今日は歴文サロンの様子をご紹介いたしたいと存じます。

歴文サロンとは・・・

OG、在校生、そして教職員とが定期的にふれ合って、お話ししましょうというサロン企画です。今年の春から月1回ペースで開催して参りましたが、秋桜祭ではその拡大版として、より多くのOGの皆さまをお誘いして「お帰りなさい!」の場を設定いたしました!歴文サロンはこんな雰囲気です↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

社会に出てそれぞれの分野でご活躍になっていらっしゃ卒業生のみなさまきっとお忙しいだろうなぁどれだけの方がいらしていただけるだろうと案じておりました。しかし蓋を開けてみれば大盛況!2日間で70名以上の卒業生と数十名の在校生、そしてたくさんの先生方に足をお運びいただき、とても盛りあがりました!卒業なさっても、こうして歴文に戻ってきていただけるのは、本当に本当に嬉しく存じました!!2日間、サロンの教室では至るところに再会を懐かしむ輪ができ、「今どうしてる?」とか懐かしい思い出話などに花が咲きましたよ~  

サロンの一貫として 「4年生から就活の話を聞こう!」という就活相談会も企画したのですが、これに卒業生も飛び入り参加。当初の予定時間を過ぎても、この通り↓↓↓ 輪はなかなか解けずに、貴重な情報がやりとりされたようです。

特別企画としては、10日(土)には増田勝彦先生による「和綴じ製本によるメモ帳づくり教室」、11日(日)には小泉玲子先生による「埴輪ストラップづくり教室」が開かれました。

色とりどりの紙を自分で自由に並べ替えて作る和綴じメモ帳。良いお土産ができました!

 

ストラップづくり教室には、小泉ゼミのゼミ生たちがお手伝い役として参加してくれました。野毛古墳祭りでも人気企画のストラップづくり、お手伝い段取りはお手の物でしたよ!

 


 

みんなと並んで、山本博也先生も歴文公式キャラクター「歴まる君」に色をつけます。先生の真剣さ 😆

卒業生がどんどん集まり、この人数に!!

サロン中の黒板に、「この夏に旅行したところにシールを貼っていってください!」と書いて地図を貼っておいたところ、この通りシールで埋め尽くされました。「手で考え、足で見よう」の歴文スピリッツは卒業してもまだまだ健在です!小さくてよく見えないのが残念ですが、楽しいコメントもびっしりですよ!!

歴文サロンで待ち合わせをしてそのまま三軒茶屋お食事会開いた卒業生たちもいらしたようですよ。

歴文サロンまた開催するときには是非足をお運び下さいませ。お越し下さった皆さま本当にありがとうございました!!

Sanchart~世田谷美術館とコラボしました!~ [2012年11月10日(土)]

三茶(三軒茶屋)×アートというコンセプトの下、
世田谷美術館と西洋美術史ゼミを主体とする歴文学生で
【Sanchart(サンチャート)】というアート企画artが立ち上がりましたsign03
11/10(土)・11(日)の秋桜祭期間中、
三軒茶屋のカフェcafe、レストランrestaurant三店舗の中に
世田谷美術館の所属作品が隠れていますhappy01  
大学近くの「cup bearer」、「Pepe Rosso」、「steps」の皆さんにご協力を頂き、
アンリ・ルソー≪フリュマンス・ビッシュの肖像≫
アンドレ・ボーシャン≪花≫≪散歩≫
稲垣知雄≪荒野の猫≫≪笑う猫≫
などの作品パネルを学生たちがそれぞれ悪戯書きsmileなど
可愛い装飾shineをしたものが飾られていますのでcatface
是非アートartの紛れた店内を覗いてみて下さいhappy02notes