6年生特別プログラム 園児とパン作り [2013年01月28日(月)]

今朝は小雪が舞う中の登校になりました。何となく先日の大雪の日のことが蘇ってきて心配もしましたが、お昼前にはご覧の通り(下の写真)。こちらの心配を吹き飛ばすような、太陽の強い光がグラウンドそして校舎を照らしていました。午後には、6年生の特別プログラムで幼稚部の園児とパン作りをする講座が開かれました。パン生地を切るのは高校生の役目、それを形にしていくのは園児の役目。絶妙な役割分担のもと、スムーズに作業が進んでいきます。

焼いている間の待ち時間は、高校生が園児に折り紙を教えていました。この頃にはお互いの緊張も解け、和やかな雰囲気のなか、楽しい時間を過ごしていました。そして、いよいよパンが焼きあがりました。

どれが自分の作ったものかな?高校生と一緒に探しています。見つかったら袋に入れて、できあがりです。

見ているこちらまでもが心温まる、午後のひと時でした。園児のみなさん、お味はいかがでしたか?またお姉さんと一緒に作ろうね。