2013年度 入学式 [2013年04月08日(月)]

本日、第93回入学式が春空のもと、創立者記念講堂にて挙行されました。

開式前、ロビーでは、新入生がベレー帽を被り、学年主任の先生からの、入学式の流れ、そして心得などのお話を緊張の面持ちで聞いていました。

第一部の式典では、校長先生より新入生224名へ向けての告辞がありました。

昭和学生道から「励む」「進める」「みがく」「捧げる」「使う」の5つの言葉の紹介がありました。

「勉学に励み、自分独自の研究を進め、クラブ活動・朋友班活動を通して自己を磨き、友人・隣人に奉仕の真心を捧げ、その他の時間を自分の成長のために使ってほしい」

「仲間とともに、前進して参りましょう」

新入生だけでなく、在校生も熱心に聞き入っていました。

第一部最後は、教職員および在校生全員で「祝歌」を歌い、新入生の入学を祝いました。

第二部の対面式では、在校生代表から新入生代表へ学燈の灯火が授受されました。

新入生代表の中高部生活への決意は、実に頼もしいものでした。

入学式が終わり、在校生による人垣が新入生を温かく迎えました。

そして、各教室では、主任の先生方よりお祝いのチョコレートやお饅頭、教科書などが配られ、明日からの学校生活の説明がありました。

新入生のみなさん、中高部入学おめでとうございます。