授業風景(中学生) [2017年10月16日(月)]

本日は6年生が模擬試験、4,5年生は中間テスト、そして中学生は平常授業という1日でした。

【高校生:試験開始を待つ】

【高校生:問題と向き合う】

昭和での中高6年間では、様々なことを学び、経験をしていきます。

「日々のいろいろな課題に立ち向かっているうちに、

いつの間にかできることが増えていた」と話していた卒業生。

どの授業も真剣に取り組んでいくことが大切です。

今日は音楽、美術、家庭科の授業の一部を紹介いたします。

昭和ではShowa Global School Identityとして次の3つの目標を掲げています。

Know Thyself(自己や自国を知り、日本人としての自覚と誇りを持つ)

Find a Way(困難を乗り超え、最後までやり遂げる)

Contribute to Others(他の人のために尽くす)

今日の授業は「Know Thyself」と「Find a Way」を意識して取り組めていたように思います。

「できない」とあきらめるのではなく、チャレンジ精神を持つことが大切です。

【2年音楽:お琴 Bostonで披露します】

【1年美術:フィギュア製作】

【1年技術:wordを使ってポスターを作る】

【2年家庭科:ハーフパンツ製作】

二十四節気では寒露(草木に冷たい露が降りる頃)といわれる季節。

気温も下がり、秋の長雨も続いています。

明日からは1~5年生が中間テスト期間に入ります。

体調管理に気を付け、コツコツと積み上げてきた成果を発揮しましょう。