4年生海浜学寮 最終日 [2018年04月28日(土)]

水曜日にスタートした海浜学寮もあっという間に最終日。

慌ただしい最終日を象徴するかのように、各部の委員たちは他の生徒たちよりも一足先に

それぞれの作業に入ります。

 

【 左:寝具の回収、整理は文化部委員の仕事 右:ブレイクの仕分けと配布は厚生部委員の仕事 】

 

【食堂では教養部委員を中心にして、朝食の準備がスタート。手際よく食器を配膳します。】

朝食後は荷物整理の時間。パッキングが終わったスーツケースを指定された場所に運びます。

スーツケースを運ぶ表情が心なしか晴れやかに見えました。

 

 

【 雲一つない青空に負けないくらい、爽やかな表情の4年生たち。その理由は達成感と充実感と解放感(?) 】

続いては大掃除。合言葉は『 来た時よりも美しく! 』 4日間の感謝の気持ちを込めて、そして次に

望秀寮で学寮を行う2年生のために集中して清掃作業にあたりました。

 

 

閉寮式。

厳粛な空気に包まれた食堂に、静かに入場してきた4年生。背筋を伸ばし、引き締まった表情で

式に臨みました。事務長先生からは「中学生の頃から比べ、その成長ぶりに驚かされた。今後の活躍が

楽しみです。」とのご講評をいただきました。

また、代表生徒からは「この学寮で、ようやく高校生活のスタートに立つことができた。これからの中高部を

築いていくために、学年一丸となって取り組んでいきましょう。」との力強い宣言がありました。

 

 

沢山の「築き」と自信を胸に、望秀海浜学寮を後にした4年生。

車窓から那古の海を眺めつつ、3泊4日の生活を振り返りました。どのような思い出が

胸に去来したのでしょうか。

連休を挟み、5月からは高校生としての活動が本格的に始まります。

学寮で培った学年の絆を大切に、更なる高みを目指して躍進していきましょう。