リトアニアからの留学生との交流会ー3年国際関係論ゼミ [2016年07月24日(日)]

国際関係論のゼミで、リトアニアからの留学生との交流会を行いました。交流を終えての学生の声をお届けします!

志摩ゼミらすと1志摩ゼミらすと2

留学生とお話しをして、リトアニアに行きたくなりました!自然が広がる美しい街並みに、小麦・じゃがいも・ビーツなどを使ったおいしそうな郷土料理、すてきな民族衣装の写真からは、リトアニアの魅力を感じました。
ジャガイモパンケーキのレシピも教えて頂いたので、さっそく作りたいです!楽しい時間を過ごせました^.^
金村

リトアニアという国は、正直知ってることはかなり少なかったのですが、今回お二人のお話を聞いて、リトアニアという国を見ることができ行ってみたくなりました。
クッキーやコンデンスミルクを入れたお菓子や、とがったバームクーヘンなど日本では食べたことないものがあったので食べてみたいと思いました。またこのような機会があると嬉しいです!
坂本

リトアニアについては知らないことばかりでしたが、様々なことを教えていただき、興味が湧きました。美しい自然や教会、可愛らしい建物が多い国だという印象を受けました。
じゃがいもパンケーキやサコティス、ティンギニスなどリトアニア料理は美味しそうなものばかりで、レシピも教えていただいたのでぜひ作ってみたいと思います。リトアニアについてもっと色々なことを知りたくなりました!
岡村

リトアニアで、日本のナマハゲのような格好をするお祭りがあることにビックリしました!秋田のナマハゲとはどこが違うのかを含めてイベントに参加してみたいです。また、男女の性別や女性の既婚・未婚によって名字の語尾が変わるということにも驚きました!ジェンダー意識への見方を詳しく知りたいと思いました。機会があれば是非一度訪れたいですし、文献で詳細を調べようとも思います。
平林

リトアニアという国すらまず全然知りませんでしたが、1番印象に残ったのは素晴らしい自然でした。食べ物の紹介もとても興味深かったです。人生で1回は行ってみたい場所になりました。リトアニアの学生と関わる機会なんて今回の授業でなければ一生なかったと思います。とても良い機会でしたし、楽しかったです!
佐々木

お二人のプレゼンテーションで、リトアニアは自然が豊かで素敵な建物がたくさんある美しい国だということが分かりました。映画『杉原千畝』でリトアニアが出てきましたが、そういったリトアニアの歴史などもう少し詳しく調べた上で訪れたいです。
内山

リトアニアという国は自然が豊かで、街並みや教会が美しいことを知りました。また杉原千畝が住んでいた土地でもあり、歴史の交わりを感じました。食文化も違いがあり、いつか絶対に訪れたいと思いました。
高口

リトアニアの国は知っていましたが、詳しく自然や文化をお話してもらったのは初めてで新しく知ることが多かったです。美しい風景や美味しそうなご飯も勿論、意外と日本とも関わりがある歴史ももっとよく知りたいと思いました。
松田

リトアニア風景

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

卒業生便り~岡山県倉敷市から~ [2016年07月14日(木)]

先日、学科で卒業論文中間発表会がありました。その際に、地域おこしを意識した発表を聞いて、地方(岡山県倉敷市玉島地区)で町おこしを頑張っている卒業生を思い出し、後輩と繋げることができるといいなと連絡を取ってみました。ますます、頑張っている様子が伝わるメディアでの紹介やメッセージが届いたので紹介します。
楽しそうに取り組んでいる姿にこちらも励まされます。(S.S.)

こんにちは。こちらは、元気に頑張っております!
夏期の毎週土曜日は商店街の土曜夜市毎月第二日曜日は朝市を開催しています。

0714めんまつり1

朝市では地元ならではイベントを開催しています。今回は「麺まつり」といった企画でした。

0714おかやま2

0714おかやま3

0714おかやま4

以前、新聞に掲載していただいたものです。
少しでも参考になれば光栄です。

0714おかやま5

倉敷観光課の方々と一緒に企画した、まち歩きツアーも実施しました。

(B.A)

ボストン留学フェア [2016年07月06日(水)]

ボストン留学に興味のある方対象に、2・3年生ボストン留学経験者の方々からお話を聞いたり質問に答えてもらうといった、気さくなフェアを開催しました。
経験者の方々が存分に経験をシェアしてくださり、とても有意義な会となりました。

ぼすとんりゅうがく2参加者の声
「今回、実際に留学に行った先輩から話を聞き、ボストンでの楽しい体験談や、留学を経て学んだことを教えていただきました。4週間の中でも、英語の苦手意識を取り除くことや、スキルアップだけではなく観光等で楽しめたり、現地の人との交流もできるため、とても充実した時間にすることができることが分かりました。説明会で改めて、短期留学に参加して多くの学びを得たいと思いました。」

(井上・佐久間)

ぼすとんりゅうがく

志摩ゼミ(国際関係論)ゼミ、外交史料館の見学 [2016年07月01日(金)]

例年通り、国際関係論ゼミ3年生は、外務省外交史料館への見学に行ってきました。今回は、外交文書の閲覧の時間は取れず、まずは、常設展の見学でした。外交史料館には、ゼミの1期生からお世話になっており、今回は12期生が伺いました。
毎年説明をしてくださる白石仁章氏の楽しい話も含めて、あっという間の時間でした。以下、参加学生からの感想を紹介します。(S.S.)

今日は歴史の詳しいお話と史料を見ることで、日本の外交の歴史を再確認するとともに、またさらに新しい小話も聞くことができて良い機会をもつことができました。
昔の総理のサインや写真、文書をちゃんと見たことは初めてだったので、まだまだ知らない日本があるのだと思いました。最後に頂いたマッサンの資料はなかなかないものなので、家に帰って目を通してみようと思います。(坂本)

当時の資料から学べることがたくさんありました。興味深かったのは第二次世界大戦における降伏文書の資料です。重要な文書であるにもかかわらず、カナダの代表が署名すべき場所を間違えてしまったため訂正線が引かれたものになっていました。
新しい文書を作成するべきではないかという日本側の提案は通らなかったことから、戦勝国側の、敗戦国である日本に対する扱いを垣間見ることができました。(内山)

外交資料館では、歴史の授業で学んできた条約などの調印書やサインがありました。わかりやすい解説を聞きながらそれらを見てみると、当時の外交官や首相の想いや考えが詰まっているように感じることができました。また、歴史は繋がっているということを改めて実感しました。(高口)

今回は貴重な資料を見ることができただけでなく、歴史に残る日本の外交官たちの活躍を感じることができました。また、松岡洋右と昭和天皇の関係や吉田茂の原稿がトイレットペーパーと呼ばれた話など、ユニークなエピソードも交えてお話していただけたので、とても楽しい時間でした。今回は時間が限られていたため、ぜひもう一度行きたいです。(岡村)

今日は滅多に見ることが出来ないものを見ることが出来、良い機会でした。教科書に出ていたものや、有名な歴史の人物の直筆のものを見て、本当にあったんだなと実感しましたし、凄いなと思いました。説明の中でちょっとした面白い話もあり、楽しかったです。(佐々木)

小難しい書類の背後には様々な逸話が潜んでいて大変興味深いものがありました。直筆の調印書・批准書などから垣間見える人間味も魅力的でした。よって、教科書上の出来事としか捉えられなかった歴史が、より身近に感じられるようになりました。(平林)

教科書で習ったことのある条約書や史料を実際に目の当たりして、遠い昔のことだと思っていた事柄が身近に感じました。
今回外交史料館に行けたことにより、歴史はただの昔話ではなく現在に繋がる重要なものであると改めて感じました。今後は現在に繋がるように歴史の学習をしていきたいです。(金村)

志摩先生0701

志摩先生07012

志摩先生07013

志摩先生07014

突然の卒業生の訪問 [2016年06月29日(水)]

先日、現代教養学科教授室に卒業生のI.Mさんが立ち寄ってくれました。
在学生へメッセージを書いてくださったので、紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

卒業してから4年が経過し、この春で入社した会社も5年目を迎えております。

現在の会社を知ったきっかけが、キャリア支援センターで主催している「インターンシップ」がきっかけでした。

実は卒業後も、キャリア支援センターの方と少し交流があり、今回、在学生・就活生に向けて「仕事を知るシリーズ」の講師として、お声掛けいただきました。

現在、私が行っている広報の業務の話をしてきました。
各企業様によって広報としての役割が異なりますが、少しでも学生の皆さんの将来につながるきっかけになればと思い発表しました。

学生の皆様も非常に熱心に聴いて下さり、(中には1年生の学生も!)
私も改めて勉強になり有意義な時間でした。別の会社の方とも、一緒に良い雰囲気の中で、講座を終えることができ、未来に向かっていく、学生のみなさまを見て私も改めて力をもらいました!

その後、夜も遅く・・・
現代の先生は居ないかな・・・と思ったら!?
ゼミの先生である志摩先生がいらっしゃいました!!!
(やっぱり立ち寄ってよかった!!)
久しぶりに先生ともざっくばらんにお話ができ、帰り道に、「改めて昭和女子で良かったな~!」と感じた1日でした。
志摩先生ありがとうございました!

卒業生I.M

現代教養学科卒業生、花火大会フォトコンテストに入賞 [2016年06月29日(水)]

はじめまして、一期生五修生の松下祥子です。

志摩先生にお声がけ頂き、この度現代教養学科のブログに掲載させて頂く事となりました。

今年の夏、第56回いたばし花火大会フォトコンテストに応募し、先日入賞の連絡がありました。

こちらの作品は、ナイアガラという花火を撮影した時のものです。まだまだ未熟な写真ですが、これから伸びしろがある写真として、気に入っています。

私がカメラを始めたきっかけは去年の夏Facebookで偶然出会った1枚の写真でした。写真ですのでもちろん動かないのですが、そこに写し出されていた風景が小学生の頃の思い出にリンクしてとてもドラマチックに映り感動したことを今でも覚えています。

元々人見知りな私ですが、カメラをきっかけに、出掛けた先でカメラを持っている方と仲良くなったり、同じ趣味で繋がった友人と撮影に行ったりと、カメラを通して多くの方と知り合い、多くの事を学びました。

自分が感動した風景はもちろん、今まで気にも止めなかった事も、写真に撮ったらどう写るか、どう撮ったら相手に伝わるか、など考えるようになったので視野も広がりました。

今の季節はコスモスがとても綺麗です。川原で咲いているたった数本のコスモスも構図や設定を工夫することで可愛らしく切りとれます。

皆さんは今、こちらのブログをスマホで読んでいますか?一度、視線を上げて周りを見渡して見て下さい。小さな幸せがきっと沢山見つかります^ ^

ありがとうございました。

板橋花火大会にて

板橋花火大会にて

板橋花火大会、ナイアガラでしょうか。

板橋花火大会、ナイアガラでしょうか。

CLA Reporters 始動! [2016年06月29日(水)]

現代教養学科では、自分たちの取り組みを、主体的により魅力的に世の中に向けて発信をしていくそんなスキルを身につけるカリキュラム(メディアリテラシー科目)を用意しています。そこで見につけたスキルを活かし、実践していくための場として、昨年度活躍した学寮研修取材班を発展させ、今年度から”CLA Reporters”というプロジェクトを始動させました。

この投稿の続きを読む »

現代教養学科の開設科目「アート・マネジメント」についてご紹介します。 [2016年06月28日(火)]

この授業では、コンサートの企画や運営について講義で学び、その実践としてコンサートを1から作り上げていきます。他学科の学生も一般教養として履修できますが、今年は受講希望者が多かったため、現代教養学科のみの受講となりました。

今年は「アート・マネージメント」の授業が開設されて10年目ということで、10周年記念の特別なコンサートを企画しました!
過去に参加してくださったソリストの方4名と、世田谷フィルハーモニー管弦楽団にも出演していただくことになり、人見記念講堂でこれまでにない規模のコンサートを開催します!

6月9日の授業では、指揮をお願いしている木村美音子先生をお迎えして、指揮者の役割やコンサートに関するお話を伺いました。

アートマネジメント①
現在、コンサートの構成や曲目、広報の仕方等について、チームに分かれて話し合いを進めているところです。受講生全員がコンサートに向けて、アイディアや意見を積極的に出し合っています。

10周年記念コンサートは、2017年1月21日(土)です!!
引き続き情報発信をして行きますので、情報をチェックして是非お越しください!

(現代教養学科3年 西永美穂)

Showa Bostonからの便り(5月編) [2016年06月17日(金)]

みなさん、こんにちは。現代教養学科3年の齋藤です。
ボストンに来て、早くも2カ月が経ちました。6月になり、ボストンの気候は徐々に暖かくなってきました。さて、今日は5月の出来事について、みなさんにお伝えしたいと思います。

まず初めにみなさんに紹介したいことは、5月一番の大イベントであった、New York Tripについてです。私たちは昭和ボストンからニューヨークまでの道のりを、片道約4時間かけてバスで移動をしました。これがニューヨークで撮影した写真です!!!

boston6-1

ニューヨークではTimes SquareやTop of the rock、メトロポリタン美術館を訪れました。また、ブロードウェイの“WICKED”を鑑賞したり、遊覧船に乗って自由の女神を見に行くなど、とても貴重な体験をすることができました。生で見る自由の女神には本当に感動しました。ニューヨークは、また行きたい!と心から思えるようなそんな場所でした。

次にみなさんに紹介したいことは、昭和ボストンが開催している“Afternoon Tea”というイベントについてです。このイベントは、昭和ボストンの学長であるDr.Schwartzとお話しをしながら軽食を楽しめるという内容です。軽食にはエビや餃子、お菓子など、豪華な食べ物がたくさん並んでいました。また、Dr.Schwartzと話せる機会はあまりないので、私たち昭和生にとってはとても貴重な時間となりました。

boston6-2

ボストンもいよいよ夏が近づいてきました。昭和ボストンの敷地内では、リスやウサギなどの動物もたくさん見られるようになりました。夏が待ち遠しいです。

boston6-3

【授業紹介】環境と地域づくり [2016年06月08日(水)]

こんにちは、現代教養学科3年の長田です。
私は現在、「環境と地域づくり」の授業を受けています。
この授業は地域づくりについて、様々な環境面から先行事例と共に考えていく授業です。
6月7日の授業では、自分の住んでいる地域について、そのまちの特徴と地域づくりについて各自発表しました。
ここでは世田谷区用賀の特徴的なまちづくりについてご紹介します。

DSCN7224

「瀬田フラワーランド」
区民が自ら花作りを学べる公園として作られました。
また、ここでは定期的にフリーマーケットなどの各種イベントを開催しており、地域住民の交流の場になっています。
私は今回の発表を通して、自分の住んでいるまちの新たな側面について知ることができました。
また、各自治体のまちづくりに対する工夫が分かり、面白かったです。
みなさんもぜひ、自分のまちの「まちづくり」について調べてみてください。

DSCN7205DSCN7233DSCN7196