2012年3月

2年生 BOSTON MISSION 10日目 [2012年03月28日(水)]

早いもので帰国前日。あっという間の10日間でした。

午前中は各Groupごとに最後の授業。HISTOERY CLASS は Supermarket へ。

広い店内をあちこち歩き回りながら、Resarch & Shopping  してきました。

  

午後は、Rainbow Hall で Closing ceremony が行われました。

10日間お世話になったSHOWA BOSTON の先生方から 一人ずつ

名前を呼ばれ、壇上のProvost 校長先生から修了証を手渡されました。

代表生徒のスピーチの後、感謝の気持ちを込めて生徒全員でコーラスの

プレゼントを贈りました。更にはサプライズとして、先生方、スタッフの方々

に、全員で書いた手紙も贈りました。とっても喜んでくれましたよ!

  

最後はResarch Theme ごとに記念撮影。それではご紹介致します!

              HISTORY 1

             HISTORY 2

              HISTORY 3

              HISTORY 4

              SCHOOL 1

              SCHOOL 2

                ART 1

                ART 2

THANK YOU ALL THE TEACHERS !

THANK YOU BOSTON !!

明日は4時起床、5時出発です。それでは東京でお会いしましょう!

英国短期留学 [2012年03月27日(火)]

25日の朝、去りがたいチェルトナムの家を出発しホストファミリーとお別れし、

一路ロンドンに向かいました。まず、大英博物館のさまざまな展示物を見学し、

教科書や資料集で見た考古学の遺跡の収集物が、目の前にあることに驚き、

発見がたくさんありました。

26日はロンドン市街を見学しました。特にウエストミンスター寺院の内部の荘厳さには息をのみました。

ロンドン塔の見学では、王室のきらびやかなダイヤの王冠の輝きに目を奪われ、ロンドン塔の

悲しい歴史の側面を知りました。そして、夜のミュージカル観劇。ドラマチックな生演奏、

それと響きあうヒロインの透き通る美しい歌声を堪能しました。

2年生 BOSTON MISSION 9日目 [2012年03月27日(火)]

朝から風の強い1日でした。気温は8℃。例年並みに戻りました。

午前中は、SCHOOL LIFE & ART が、Supermarketへ。

History は教室で授業を行いました。

午後は各テーマ独自のプログラムが展開されました。

SCHOOL LIFE は近隣の Wayland School と Sarcred Heart Schoolへ学校訪問。

ART は Isabella Stewart Gardner Museum の見学。

HISTORY は USS Constitution Museum の見学。

今日もまた、Unforgettable day となりました。授業もいよいよラスト半日です。

夕食後はRA主催のFarewell Party。チョコブラウニーを食べた後は

マシュマロタワー作りに挑戦しました。RAのお姉さん方にも本当にお世話になりました。

ありがとうございました!

 

      School Life の様子(Wayland School)

 

   HISTORY の様子(USS Constitution Museum)

  Farewell Party の様子。マシュマロタワー制作中!

※ Isabella Stewart Gardner Museum は全館撮影禁止でした。ご了承ください。

2年生 BOSTON MISSION 8日目 [2012年03月26日(月)]

本日の午前中はHARVARD UNIVERSITY TOUUR !

朝から降り続いていた雨は上がりましたが、昨日同様に肌寒い一日となりました。

広大なHARVARD YARDでは、有名な『John Harvardの像』やMemorial Church,

Widener Memorial Library を見学しました。

午後はRAINBOW HALL で、映画鑑賞や椅子取りゲームをして楽しみました。

また夕食後のActivityではSWIMMING と STUDY に分かれて有意義な時間

を過ごすことができました。残りの日々も元気に頑張ります!

  左脚に触れると幸福が訪れる?(John Harvardの像)

Libraryに刻まれた【VE・RI・TAS】の校章と共に。

 

 椅子取りゲームの勝者は?  人気のプールエクササイズ

2年生 BOSTON MISSION 7日目 [2012年03月25日(日)]

今朝一番の驚きは、気温の低さ。

朝の気温は7℃とすっかり例年並みに逆戻りです。

朝食後、しっかり着こんで(コート着用はNARITA以来です。) いざ、FENWAY PARKへ!

今年100周年を迎えるBASEBALLの殿堂。その揺るぎない存在感に圧倒されました。

次は是非ともシーズン中に…と、思ったのは一部の教員だけでしょうか?

午後は郊外のショッピングモールで、昭和Students待望のショッピング!

土曜日のモールは混雑していましたが、上達の著しい(?)英語を駆使して

逞しく前進していました。

夕食後はRAINBOW HALL で、BOSTON MISSION 期間中にお誕生日を

迎える友達を参加者全員でお祝いしました。

 見学ツアーのスタートはOFFICIAL SHOP の前から。

世界一、チケット入手が困難だと言われる

『Green Monster』真上の観客席にて。

座り心地はいかがですか?

       HAPPY BIRTHDAY  EVERYONE!

英国短期留学 [2012年03月25日(日)]

この3月24日は、参加生徒にはとても思い出深い日になりました。

午前は暑いくらいの陽気の中、メアリー先生と芝生のグラウンドで、

ラウンダーズというスポーツにトライしました。

そしてチェルトナムでのすべての英語の授業を終え、ホストファミリーが見守る修了式では、

各担当の先生からあたたかな言葉とともにCertificateをいただきました。

Farewell Partyに来てくださったホストファミリーに、研修の成果を見ていただくため、

クラスごとのストーリーテリングや感謝の言葉の発表、簡単な日本語講座のパフォーマンスを披露し、

TorFクイズも行い盛り上がりました。まとめとして全員で心をこめて英語の歌と、「予感」を歌いました。

初めてこの地に来て以来のことがしみじみと思い浮かび、あらためて今回の研修を支えてくださった

方々に感謝しました。

いよいよ明日の朝、バスでロンドンに向かいます。

2年生 BOSTON MISSION 6日目 [2012年03月24日(土)]

本日は、PlymouthにあるRising Tide Charter School を訪れました。

いくつかのグループに振り分けられて、緊張の面持ちのまま各教室へと

案内されました。最初は借りてきた猫のように大人しかった生徒達でしたが、

折り紙、独楽、紙風船、メンコと日本の文化を紹介していくうちにエンジン全開。

最後は一緒にダンス大会となりました。ブレイクタイムには、地元の名産品である

クランベリーたっぷりのクッキーやスコーンを沢山ご馳走になりました。

    Rising Tide Charter School の皆さん! どうもありがとうございました。

英国短期留学 [2012年03月24日(土)]

授業の行われるチェルトナムでの日々もいよいよあと2日となりました。

授業の合間の休憩時間に外のフレッシュな空気を吸いにでると、

イギリス独特の美しい芝生と青空が目を楽しませてくれましたが、

その時間もあとわずかとなりました。

明日ホストファミリーをお招きして開催されるFarewell Partyで発表する

各クラスのパフォーマンスを練習し、リハーサルしました。

ホストファミリーをはじめお世話になった方たちに感謝の気持ちを

伝えられるように頑張ります。

2年生 BOSTON MISSION 5日目 [2012年03月23日(金)]

本日は、History グループがFreedom Trail へ、

Art  グループと School Life グループがMuseum of Fine Art へ出かけました。

2ndグループ到着以来、お天気続きのBOSTONですが、本日の最高気温は

何と『29℃』まで上昇! 3月にして、夏日を経験しています。

夜のActivity はビンゴパーティー。カフェテリアのあちこちから歓声が沸き起こりました。

明日はいよいよ School Visit の日。Plymouth にある、Rising Tide Charter  校を

訪問します。

英国短期留学 [2012年03月23日(金)]

昨日、イギリスの新聞に、私たちがキングススクールを訪問した時の様子が
掲載されました。 キングススクールは、とても伝統ある素晴らしい学校で、
その学校の生徒と文化交流ができ、お互いにとてもよい体験ができました。
私たちの歌のプレゼントはとても褒められ、音楽の先生から、合唱隊ですかと
聞かれるほどでした。
22日の授業では、各自で地元の中学生・高校生とのディスカッションで尋ねる質問を
準備しました。いよいよ教室に英国の生徒たちを受け入れ、はじめは緊張していましたが、
だんだん打ち解けてきて、何とかして思っていることを相手に伝えたい、という気持ちが
原動力となり、活発にコミュニケーションをとることができました。