2014年1月

ボストンとのTV conference [2014年01月31日(金)]

ボストン校にいる学生を対象に、キャリア支援部長の森先生とキャリア支援センター長の磯野先生にお願いし、キャリア支援アドバイスを行いました。
遠隔システムを利用したTV conference です。東京の午前9時、ボストンの午後7時から開始しました。
内容は多岐にわたり、キャリア科目・社会人メンター制度(個別メンタリング、メンターカフェ、メンターフェア)・木やリア支援せたー活用術・キャリア支援講座・就職ガイドブック・SPI試験・求人Navi利用法・インターンシップ・過去の先輩の実例などをお話しいただきました。
「3年になってからでも間に合う」「ボストンで出来ることをしておこう! たとえば、アメリカメディアが世界のニュースをどう報道しているかなどを知ろう」などのことばに、学生たちは安心し、励まされたようです。非常に有益な講座でした。
最後に質疑応答をし、およそ40分程度で終了いたしました。
森先生、磯野先生、どうもありがとうございました。

 

学生研究発表会 [2014年01月30日(木)]

平成25年度学生研究発表会が、1月29日(水)3限目に、大学3号館の7教室を用いて行われました。総勢25名の発表者が、卒論の成果を発表しました。内容は多岐に渡り、英コミの専門科目の多様性を表していました。出席者も集中して、発表者の研究成果に耳を傾けていました。

 

2014 ハリファックスの空から HA ~留学便り④~ [2014年01月11日(土)]

【授業および大学での活動】
大学の授業自体は11月末に終わり、12月は勉強期間の後にファイナル試験を受けました。体育館で夜の7時から二時間半程度の試験でした。マークシート形式だけか、マークシート形式とエッセイ問題があり、私は全問マークシート形式を選択しました。語学学校ではペーパーのファイナルドラフトの提出や、プレゼンテーションをしました。定期的に行われるクイズやディスカッションもしました。

【寮での生活】
フルタイムの大学生はテストはじめのころはスチューデントラウンジなどで勉強をしている姿を見ることも多かったですが、ほとんどの学生が沢山の荷物を持って寮から出ていく姿を見ます。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
テストが終わって、帰国まで残り一週間だったので、最後に語学学校主催のムービーナイトに行きました。最後の週末はショッピングセンターに行くはずが、スノーストームで寮から出られなくなってしまったので学校内で友達とごはんを作ったり、今までの話をしたりゆっくり過ごせました。最後の週には語学学校で毎日共に勉強してきたクラスメイトと先生全員で食べに行きました。クラスはみんなとても仲が良くて、とてもいいところでいい人たちと勉強できたということを改めて感じました。

2014 シアトルの空から SA ~留学便り④~ [2014年01月08日(水)]

健康状態は極めて良好です。冬休みは寒いところを避け南下し温暖な気候の場所にいたため、体を冷やすこともなく風邪の心配も必要ありませんでした。ただ一つ気を付けたいことは、夜まで運動をしているので汗をかいたまま外に出て汗を冷やして風邪をひかないように気を付けたいです。

【授業および大学での活動】
今週の月曜日から新たなクウォーターが始まりましたが、前回よりも一つ授業が増え、更に前回よりもどのクラスもレベルアップしているのでとても難しいし、とても忙しいです。前回のクウォーターで学んだことを生かし、膨大な宿題にも負けないように精一杯子のクウォーターをがんばりたいです。

【寮での生活】
冬休み明けに久々にルームメイトに会って、その日の夜、一緒に尞のカフェテリアで夜ご飯を食べました。新たなRAが増え、尞での生活もまた少し新鮮な空気が味わえそうです。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
冬休みは、12月の前半に親がアメリカに来て一緒にサンフランシスコを旅行しました。3か月ぶりでしたが、特に何か変わったこともなくどんなに時間をあけて会っても何も変わらないという安心感を覚えました。12月の後半はシアトルから南下し友達の家に泊まったりしつつ、LA、ディズニーランド、サンディエゴへ旅行に行きました。暖かい場所なのでビーチなども廻れて最高の思い出になりました。

2014 ハリファックスの空から SK ~留学便り④~ [2014年01月01日(水)]

ハリファックスに留学中のカナさんからです。
*********************************************
あけましておめでとうございます。
英コミの篠崎です。
今年もよろしくお願いいたします。

一枚目の写真はお世話になった先生と、中国人の友達と最後の日に撮った写真です。
二枚目は友人の家でクリスマスの日に撮った写真です。大きなツリーが本当にきれいでした!

 

 

【授業および大学での活動】
12月に入ってからの授業は本当にあっという間でした。授業内容もまとめに入ったり、テストやディベートがあったりととても充実していたように思えます。ディベートではいろいろなトピックについて話し合いをしたのですが、わたしは「政府は大学の授業料を無償化するべきかどうか」について賛成の立場でclosing statementを担当しました。とくに反論をしたりする場面がむずかしかったように思います。しかしいろんな意見を聞くことができたので良い経験になりました。各クラスの最後はちょっとしたパーティーをしました。みんなでお菓子を食べたり、ゲームをしたりしました。約四か月のカナダ留学でしたが、本当はもっとステイしたかったぐらいハリファックスが気に入りました。町の人もみんな優しいし、とても住みやすく、学校の先生方、施設やアクティビティーもこの留学生活をよりよいものにしてくれたと思っています。この四か月、本当に充実した留学生活を過ごすことができたことをうれしく思います。

【ホームステイ先での生活】
ホームステイ先の家族は最後まで優しく話しかけてくれたり、毎日ランチを作ってくれたり本当に感謝しています。クリスマスまえにホームステイ先を出たので、クリスマスは一緒に過ごすことができなかったのですが、一緒に家の中の飾りつけなどして楽しく過ごすことが出来ました。ホームステイ先を出るときに暖かく見送ってくださったので少し泣きそうになりましたが、笑顔でお別れしたかったので我慢して家を出発しました。Lyttle家にホームステイできてとてもよかったと思っています。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
クリスマスはホームステイ先で過ごすことができなかったのですが、知り合いのカナダ人の家でその家族と一緒に過ごしました。大きなクリスマスツリーは本当にきれいだったし、ターキーはおいしかったし、クリスマス当日に映画館にいったのは良いおもいでになりました。また来年のクリスマスの時期もハリファックスにきて過ごせたらいいなとおもいました。この四か月間は、私の人生の中で一番いろんなことを体験した期間になりました。このなかでの出会いや経験を生かしてこれからまた頑張りたいと思います。