2016年10月

ミスインターナショナル交流会 小川ゼミ【学生レポート】 [2016年10月27日(木)]

小川ゼミ英語コミュニケーション学科3年のさやとゆかです。

 

ミスインターナショナルの方々が私たちのゼミに来てくれました。

 

 

 

 

プレゼンテーションを通して、日本の学生生活や大学内について発表しました。また、ミスの方々から美の秘訣や大学生活の話を聞くことができました。

 
大学内を歩きながら、ボストンで得た英語を活かして、コミュニケーションをとることができ楽しい時間を過ごすことができました。

ミスインターナショナル交流会 杉橋ゼミ【学生レポート】 [2016年10月26日(水)]

英語コミュニケーション学科3年のサヤです。私たち杉橋ゼミでは、ミスインターナショナルの方たちと日本と各々の国の違いについてディスカッションしたり、何故ミスインターナショナルに立候補したのかについて伺いました。

 

一見、ミスインターナショナルの目的は世界の中で最も美しい人を決めるコンテストだと思っていましたが、皆さん様々な目的を持っていたことに驚きました。

 

今回のイベントで、大学生活で学んだ語学力を活かすことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

ミスインターナショナル交流会 中村ゼミ【学生レポート】 [2016年10月24日(月)]

英語コミュニケーション学科3年のユカです。

先日、10月20日(木)のゼミの時間に、ミスインターナショナル2016に出場される方々がいらっしゃいました。

 

私たち中村ゼミは、中国(China)、マカオ(Macau)、オランダ(Netherlands)のミスの方々と交流しました。プレゼンテーションを通して、ミスインターナショナルの方々と日本の歌を歌ったり、関連のある話題で話を弾ませたりしました。

 

 

 

フリートークでは、お互いの文化の違いを学ぶだけでなく、健康や美容維持の方法などを教えて頂き、今回の交流会は大変充実したものとなりました。

 

 

 

10/22(土)オープンキャンパス【学生レポート】 [2016年10月24日(月)]

英語コミュニケーション学科3年のヒロコです。

 

週末、快晴のなかオープンキャンパスが行われ、たくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございました。

 

私はオーロラホールで行われた学科説明会でボストン留学についてプレゼンをさせていだだき、その後学科ブースで質問を受け付けていました。プレゼンを聞いて来たという方や、私の母校に通っている受験生が親近感を覚えたといってブースに来てくれてとても嬉しかったです。

 

 IMG_0506 (400x300)

 

私自身、受験生や保護者の方とお話ししていて改めて自分の大学生活を振り返ることができ、みなさんの意欲の高さが今後のモチベーションにも繋がりました。

 

 IMG_1239 (400x300)

 

もうすぐ秋桜祭も行われますので、そちらにも是非いらしてください。

ミスインターナショナル交流会 髙野ゼミ【学生レポート】 [2016年10月24日(月)]

英語コミュニケーション学科3年のリカです。

 

 

10月20日にミスインターナショナルの方々と交流会を行いました。私たち高野ゼミにはフランス、ハイチ、チュニジア、グアドループから4名の方が来てくださいました。

 

 髙野ゼミ (400x300)

 

日本語で名前の書き方を教えてネームプレートを作ったり、ジェスチャーゲームをして楽しみました。また、美を維持する秘訣を教えていただいたり、日本ではやっている美容法を教えるなど意見交換をすることができました。一度にいろいろな国の方とお話する機会があまりないので貴重な体験をすることができました。

BST Autumn Lecture Series【学生レポート】 [2016年10月22日(土)]

こんにちは。英コミ4年のあいりです。

 

10/21(金)、BST Autumn Lecture Series 2016 第6回の会に参加しました。Goldman SachsでTest Engineerを務めておられる方のファイナンスとテクノロジーに焦点を当てたお話を聞くことが出来ました。

  

このレクチャーシリーズでは様々な業界の方が講師となり、これから将来を考えていく学生達に業界理解とリアルな働き方を伝える趣旨のものでした。「オリンピックの施設投資」等のホットな話題を例にファイナンスという業界での働き方について話してくださり、大変身になる時間であったと感じています。

  

また、国際的な会社の日本支店で働くということは何がメリットであり、同時にどんなデメリットが存在するのか?といった日本人とは違った視点から日本で働く事について考えることも出来ました。

ミスインターナショナル交流会 金徳ゼミ【学生レポート】 [2016年10月22日(土)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科3年のシオリです。

10月20日の正午、2016年ミスインターナショナルの方々がご来校されました。

  

 

私たち金徳ゼミには、ベルギー、台湾、タイの計3名のミスインターナショナルの方がいらっしゃいました。

ネームプレートを一人一人用意し、自己紹介やグループディスカッションを通して、文化交流をしました。

 

 

美について様々な意見交換をし、互いの文化の違いに触れることで楽しくも身になる1時間だったと思います。

フリートークも交えつつ、賑やかな雰囲気の中でとても充実した時間を過ごすことができました。

このような貴重な経験は皆にとっていい思い出になったと感じました。

 

IMG_0451 (400x300)

 

ミスインターナショナル交流会 小西ゼミ【学生レポート】 [2016年10月21日(金)]

こんにちは!英語コミュニケーション学科3年のアユミです。

 

10月20日、本校にミス・インターナショナル2016の出場者が来校されました。

私のゼミクラスには4人の方がいらして、質問に答えていただいたり、圧巻のウォーキングを披露していただきました。

 

 

 小西ゼミ (400x300)

 

 

会話の中で、”love yourself”や”we are just us”等の力強いメッセージを届けてくださいました。

このような経験はなかなかできることではないので、貴重な思い出になりました。

ミスインターナショナル交流会 増澤ゼミ【学生レポート】 [2016年10月21日(金)]

英語コミュニケーション学科3年のマユコです。

 

昨日10/20(木)はミスインターナショナル交流会を行いました。増澤ゼミでは、シンガポール、スロバキア、フィリピン、北マリアナ諸島のミスの方々と交流しました。交流会ではミスの方々とゲームや折り紙をして交流を深めました。

 

 image4 (300x225)

 

最後にはモデルさんにウォーキングを教えて頂くという貴重な体験もさせて頂きました。モデルさん方はとても気さくで、大変充実した時間を過ごすことができました。

 

image1 (300x225)

日独学生青年リーダー交流【学生レポート】 [2016年10月13日(木)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科4年のモエカです。 先月、私は文部科学省とドイツ連邦家庭・高齢者・女性・青少年省主催の「日独学生青年リーダー交流」に参加しました。テーマは若者の社会参画です。この事業には日本の全国各地から集まった高校生から大学院生までの23人が参加しました。日本で2回の合宿セミナーがあり、ドイツ団員とのディスカッションを通し、ドイツと日本のボランティアや社会参画について学びを深めてから9月13日から27日の2週間ドイツに行ってきました。

 

私たちはベルリン、ラーヴェンスブリュック、ドレスデンを訪れ、環境保護、教育、難民支援や政治などの分野でドイツの若者が主体となって活動しているボランティア団体と様々な意見交換を行いました。ベルリンでは市内研修でベルリンの壁やブランデンブルグ門を訪れ、東西ドイツの分断と統一の歴史について学びました。

 

 14516488_1770929546499358_1392478705289909041_n (300x225)

 

また、ラーヴェンスブリュックの強制収容所では女性看守たちが実際に暮らしていた建物に宿泊しました。ここから歩いて5分ほどのところには実際に収容者が虐殺や強制労働させられていた建物や銃殺所、焼却炉がありました。この合宿では、15人のドイツ団員も加わり日独混合の3グループに分かれ民主主義と住民参画をテーマにシミュレーションを行い、自分たちの考えを自由に述べることができました。今、私たちは強制収容所跡で自分の意見を自由に述べることもできるし、楽しくキャンプファイヤーをしたり、国を越え、交流をしたりしているけれど、昔は自由のない生活を強いられ、人間が人間として扱われない世界があったことの対比に複雑な気持ちになりました。同時に、今の私たちがこうして自由に考え、意見を言い合えることがどんなに尊いことか考えることができました。そして、今を生きる私たちが、過去にこんなに残酷なことがあったことを忘れず、後世に伝え、二度と繰り返さないようにしていくことが大切だと感じました。

 

 14657753_1914743268752917_48165355_n (300x225)

 

日本での2回の事前合宿に始まり、ドイツでの2週間を通して、改めて民主主義や社会参画の大切さについてたくさんのことに気づきました。また、ドイツの若者の政治参画や社会参画への積極性や、社会は自分たちで変えられるという姿勢に感銘を受けました。帰国して2週間が経ちますが、以前よりニュースを身近に感じ、私たちで変えていけるかもしれないと考えられるようになりました。この事業に参加できたこと、素晴らしい仲間に出会えたことをとても嬉しく思います。これからもしっかりと様々な問題意識を持って日々過ごしていきたいです。