その他

100th Anniversary 卒業生インタビュー記事更新! [2021年06月25日(金)]

━━━━━━━━━━━━━━━

100th Anniversary

卒業生インタビュー記事更新!

━━━━━━━━━━━━━━━

 

昭和女子大学創立100周年記念特設サイトにて、

英コミ卒業生の新たなインタビュー記事が公開されました。

https://100th.swu.ac.jp/topics/interview/0001189/

 

ぜひ、アクセスのうえ確認してください!

学科紹介動画の撮影をしました! [2021年06月04日(金)]

こんにちは!英コミ3年のサナです!

5月上旬に、受験生に向けての学科紹介動画の撮影を行いました!

私は、英語コミュニケーション学科の特徴を英語で紹介するストーリーテラーとして出演させていただいています。

この紹介動画では、英コミで行われている英語での専門科目の授業やゼミの様子、留学制度などについてを紹介しています。

いつも通うキャンパスでの撮影でしたが、映像を通して見てみると改めて昭和女子大学のキャンパスには素敵な部分がたくさんあると感じました。受験生の皆さんには英コミの雰囲気を知っていただきたいのでもちろんみていただきたいですが、昭和の学生の方にもぜひみていただきたいです。

また、この紹介動画の中で留学経験のある4年生の先輩にインタビューもさせていただいています。昭和ボストンでの印象に残っているエピソードやボストン留学を経て先輩が今何を学ばれているのかなどをお聞きしました。私は昨年、昭和ボストンに直接行けずオンラインで授業を受けられるボストンオンラインに参加したので実際に貴重なお話を聞けて嬉しかったです。

撮影は緊張しましたが、撮影してくださるスタッフの方や、学科の助手さん、先輩、、、と、たくさんの方と一緒に英コミの魅力が伝えられるような映像の制作ができてとても楽しかったです!

動画の公開をお楽しみに!

英コミ客員教授杉田敏先生の著作本のご紹介 [2021年05月06日(木)]

英語コミュニケーション学科の皆さんへ

皆さんこんにちは、学科長の小西です。

新年度が始まって1ヶ月が過ぎました。大学で新たな学びをはじめた1年生、昨年度同様に学習環境の変化に適応している2-4年生。それぞれ自分がおかれた場で、学び、考え、コミュニケーションに関わって仲間を作り、学科のカルチャーを構築していくことを期待しています。

人類史上大きな出来事のCOVID-19のパンデミックが続く中、世界はどのように動いているのか、どのようになっていくのか。最新状況を英語で知ることも自分の視野を広げてくれます。身の回りの学びのネタを拾い、知的好奇心の翼を伸ばしてください。

「アメリカの社会やビジネスで起こることは、そのうち日本で起こる」と言われたりします。世界が混迷を極める中、このことばにどれほどの真実味があるのか、個人的にはわかりません。しかし、ワクチン接種で日本の先を行く米国を含め、他者・他国から謙虚に学ぶことも重要でしょう。

本学科客員教授の杉田敏先生は、NHKラジオ「実践ビジネス英語」の講師を30年以上務め、その時々の最新の米国ビジネス社会の状況と質の高い英語を紹介してきてきました。ラジオ番組は惜しまれつつ2021年3月に終わりましたが、季刊ムック『杉田敏の現代ビジネス英語』で、引き続き英語学習を通した米国社会の紹介を行っています。

21年春号は “The Power of Diversity” (多様性) “What’s in a Name?” (名前) “Navigating the New Normal” (ニューノーマル) “Next-Generation Foods” (次世代食糧)の4つのトピックをカバーしています。音声をダウンロードして学習できますので、授業に加えて質の高い学習をしたい場合にはオススメです。

引き続き、健康には気をつけて、学びを続けていきましょう!

今回紹介のムック

『杉田敏の 現代ビジネス英語 2021年 春号』

SWU COOL 始めました! [2021年02月09日(火)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科、Ryanゼミ3年のチヒロです!

期末課題も終わり、今週から長期休みに入った方が多いと思いますが、どのようにお過ごしでしょうか?私の経験上、長期休みは「3歩進んで2歩下がる」が体現されやすい時期です。。。せっかく後期の授業で身についた英語力が下がってしまうのは非常にもったいないですよね。

そこで!!

Ryanゼミの3年生で、1月4日から3月14日限定のSHOWA COOL ENGLISH COMMUNITYという英語学習支援コミュニティを立ち上げました。当初は、12月末で授業が終了してしまった英語コミュニケーション学科2年生のためものでした。しかし、「私たちのコミュニティを、より多くの人の英語学習に役立ててほしい」という思いから、2月からは活動の幅を広げて、他大学や新 昭和女子大生の方にもご参加いただいています。

さて、そんなSHOWA COOL ENGLISH COMMYNITYは、「毎日20分英語に触れる機会」の提供を目標に活動しています。そのために、平日に、英語学習に役立つコンテンツが盛りだくさんで、無料のニュースレターの配信をしています。ありがたいことに、現在は226名の方にご登録いただいています!

さらに、私たちはOpenChatの運営もしています!ニュースレターで得た知識を、OpenChatで使うことで、英語力の定着が期待できます。正しく英語を使うことよりも、まずは英語を使って話してみることを重要視しているので、英語力は問いません!好きな音楽や映画、スポーツなど、色々なテーマについて和気あいあいと話しています。また、OpenChatでは、ニックネームを使用できるため、気軽にご参加いただけます。

加えて、オンラインで参加可能なイベントも開催しています!なるべく時間や人数に縛られずに参加できるイベントを企画しています。過去にはInstagramでTravel Photo Contestを開催しました。

コロナウイルスの影響で、英語を使ってコミュニケーションをとることが難しい世の中ではありますが、この活動を通して、皆さんの英語学習をサポートできれば幸いです。不安なこと・分からないことがあれば、showaelc@gmail.comや各種SNSで気軽にご連絡ください。短い期間ではありますが、よろしくお願いいたします!!!

ニュースレター登録 → http://eepurl.com/cKoBa9

各種SNS → OpenChat Twitter Instagram       

大学生活~生活編①~ [2020年12月23日(水)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科1年のユイカです。

 

今年は前期は全てオンライン授業、後期は週1回登校での授業が行われました。

私はこの1年間、オンライン授業だからといって授業の直前に起きるということはせずに、毎日7時に起き、しっかり朝食を取ってから授業を受けるよう努力しました。また、少量の課題は出されたその日か、次の日までには終わらせ、大きい課題は土日に早めに終わらせるようにしました。早めに終わらせることで、自分の自由時間を作ることができ、趣味や自習に当てられました。

オンラインだからこそ、コロナ禍だからこそ、早寝早起きをし、規則正しく生活することの重要さを実感しました。

コロナ禍で先のことは誰にも分かりませんが、オンライン授業でも対面授業でも、これからも規則正しい生活を送ることで元気に過ごし、目の前のやるべきことに1つ1つ丁寧に対応していきたいと思います。

 

大学生活~友人編①~ [2020年12月23日(水)]

英語コミュニケーション学科1年のスズです!!

今年はコロナウイルスの影響もあり前期はすべての授業がオンライン、後期もゼミ以外はオンラインという授業形態になってしまったため、友達を作ることが難しい状況でした。

そのため、前期にあった「新入生の集い」の時に初めてゼミの子や同じスキルクラスの子達と会いました。私は昔から全く人見知りをせず、誰にでも話しかけられるので直感で仲良くしたいなと思う子がいたらどんどん話しかけに行きました。色んな人と話していくうちに自分と趣味嗜好が同じ人とさらに仲を深めました。

みんな最初は友達作りに必死で趣味嗜好が違う子達と無理して付き合うことも多いですが、自分と気が合う子は絶対にいるはずなので焦る必要はないということを今までの学校生活の中で学びました。

日中韓プログラム [2020年12月17日(木)]

こんにちは 你好 안녕하세요

英語コミュニケーション学科4年のミサキです。  

今回はバーチャル日中韓プログラムに参加してきました。バーチャル日中韓プログラムとは昭和女子大学、上海外国語大学(SISU)、誠信女子大学(SU)の大学生と共にオンライン上で授業を受け、女性のリーダーシップについて考えるプログラムです。今年は異文化交流をする機会が少なかったことやもっと英語を話す場が欲しい!と思い、申し込みました。

授業はすべて英語で行われ、2年前に留学したボストンでの記憶が蘇りました。最終日に班ごとのプレゼンテーションがあったので、準備期間の短い中協力して準備を進めました。

私の班ではアンケートを使い、参加者のリーダー経験や将来のビジョンについて調査したのですが、発表後にはアンケートに対するコメントや質問が多く寄せられ、嬉しかったです。授業の議論を活発化させる発表ができていたという点で先生方からも高評価を頂きました。

プレゼンまでの準備は決して順調だったとは言えませんでした。私は初めブランクの影響があり、SISUの学生が話す英語の速さやSUの学生が使う難しい単語についていくので必死でした。それは他の学生も同じで、皆英語が母語ではないため、コミュニケーションを取ることが1番難しかったです。しかしお互いの意思を尊重して、丁寧に確認し合って、理解し合ったことで無事に発表ができたのだと思います。

発表後にグループで撮影した写真は皆いい表情をしていました。状況が良くなったら、画面越しではなく、皆と肩を組んで写真が撮りたいです。そう思えるほど素敵な仲間に出会うことができました。参加してよかったです。

 

今年を英語で振り返ってみよう! 杉田敏先生(英コミ客員教授)のオンラインゼミ [2020年12月12日(土)]

こんにちは。タクです。

NHKラジオで1987年から続く長寿番組『実践ビジネス英語』、その番組の講師を務めていらっしゃるのが本学科客員教授の杉田敏先生です。12月4日に行われた、英語で振り返る読売Bizフォーラム東京 オンラインゼミ「英語でふり返る 激動の2020年」の動画がYouTubeにアップロードされました。
杉田先生の講義を聞いて、今年を振り返りつつ、現代社会を理解する視野を獲得し、英語の語彙を増やしてみてください。
動画URL

SWU America Challenge 2020 開催決定!! [2020年10月05日(月)]

皆さんこんにちは!

SWU America Challenge 2020 実行委員です。

 

昨年度開催した英コミ主催のクイズ大会(SWU America Challenge)を、

今年の125日土曜日に開催することが決定しました!

昨年度英コミの恒例行事にしたいという思いで開始したクイズ大会を、今年度も引き続き開催することができることを、大変うれしく思っています。

 

昨年のクイズ大会の様子は学科ブログに掲載していますので、是非ご覧ください。

https://content.swu.ac.jp/engcom-blog/2019/12/13/1207/

 

改めまして、

SWU America Challenge 2020とは、

多分野からアメリカに関する問題が英語で出題され、トーナメント方式で行われるクイズ大会です。

英語を母語とせず、過去10年間に英語圏に2年以上滞在していない学生が3人1組となり優勝を競います。

 

新たなる試みとして、今年度はオンラインで実施します。

 

“様々なことが制限される状況下だから”と諦めるのではなく、”今までとは異なる状況下だからこそ、私たちで出来ることは何か”を今一度よく考えながら実行委員一同、前向きに準備を進めています。

 

得た知識を参加学生各自の今後に活かすことができることはもちろん、例えばクイズ大会を通しアメリカについての知識を高めることができたら、いつか現地に旅行に行った際、より楽しみながら満喫することができるのではないかと思います。実行委員一同、”誰にとっても”楽しく、そして役立つコンテンツを届けられるよう準備しています。

 

SWU America Challenge 2020の応募方法や当日のスケジュールは下記の公式HPに掲載しています。

こちらのURLからご確認ください。↓

https://sites.google.com/view/swuamericachallenge

 

学生時代の忘れられないの想い出を一緒に作りませんか?

 

申込締め切りは、111日日曜日です!

皆さんのご応募・ご参加、心よりお待ちしております。

 

SWU America Challenge 実行委員会

A Message from an ELC Graduate [2020年09月03日(木)]

英コミ在学生のみなさん、英コミの受験をお考えのみなさん

こんにちは。2017年卒業のチサトです。

 

新型コロナウイルスの流行で学校生活や私生活など多くの影響を受けているのではないでしょうか。

私は現在、海外赴任する人をサポートする仕事をしています。

(海外に出国できないため、もろにコロナの影響を受けています。笑)

今回は少しビザについてご紹介しようと思います。

留学を経験した方はご存知かと思いますが、海外に入国するためには基本的に「ビザ」が必要です。

英コミのみなさんがボストンに行くときには、「学生ビザ」(=学校に通うための入国許可)を取得します。

将来海外で働きたい!と考えているみなさん、日本の会社から海外赴任をするためには

「就労ビザ」(=働くための入国許可)が必要となります。

この就労ビザ、実は国ごとに非常に厳しい審査があるんです。

入国ルールには国の文化や政治が非常に深く関わっていて、

国のトップが変わったり国勢によってこの入国ルールはポンポン変わるんです。

 

学生時代に英米文化を専攻していたので、この国ごとのルールの勉強は非常に興味深いです。

そして英語を使って企業の海外進出をお手伝いすることに、とてもやりがいを感じてます。

英コミのみなさんは、きっと将来英語を使った職業に就きたい、海外で働きたい、と思っている方が多いのではないでしょうか。

英語を使う仕事や海外と繋がる仕事は、この世の中何万とあります。

英語を使って、「モノ」を売りたい!

英語を使って、「コト」を広めたい!

英語を使って、「ヒト」をつなげたい!

選択肢はたくさんあるので、ざっくり3つの中からどれに興味あるか絞ってみると

少し調べやすくなるかもしれませんね。

おうち時間、いろいろ可能性広げてみてください。