未分類

「学長ブログに紹介されました」 [2020年12月17日(木)]

こんにちは。トモです。

英コミ 井原教授が本学HPの「学長ブログ」に紹介されました。

https://content.swu.ac.jp/president-blog/  

本学HPにはいろいろな記事が紹介されていますね。

学長ブログだけでなく、さまざまな記事をぜひ読んでみてください!

 

ボストンオンラインプログラムについて [2020年12月16日(水)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科2年のりうです。

9月に始まったボストンオンラインプログラムもついに14週目となりました。コロナウィルスの感染拡大により留学になり不安も大きかったオンラインでの授業でしたが多くのことを学ぶとても貴重な機会でした。

まず様々な社会問題に対して自分の意見を持ち、なぜそう思うのかを説明できるようになりました。授業では世論ではなく自分の意見を話す機会が多かったこととボストンの先生方が常に関心をもって聞いてくださったからです。またこのような授業を通してニュースを見ることが楽しくなりました。

オフィスアワーには先生方の今までに経験した素晴らしい体験や面白い話を聞き、より海外の国に興味を持ちました。例えばある日荷物を全て車に乗せて家を出て移住した話やドイツの美しい町並みの話はまだ日本以外の景色をみたことがない私にとって夢のようであり、世界にでてみたいという願いを一層強いものにしてくださいました。

アクティビティでは現地の方々と毎週たくさんのお話をすることが出来ました。文化や風習、政治システム、時事問題について話した日にはアメリカについて学ぶとともに、日本の文化の由来などに詳しくなりました。またあるときには「パソコンが動かなくなったときにどのようにパソコンに声かけをするのか」についてや漫画について話す楽しい時間を過ごしました。アクティビティには他にお菓子作りを習ったり、一緒にゲームをする活動もありました。

授業では考え方の違いから多くのことを学びました。一番考え方が変わったことは交渉することです。中間試験やプレゼンテーションが多かった時期にある先生から「課題が多くて大変なら他の教科と締め切りが被らないよう交渉をしなさい」と言われました。交渉をするという選択肢を持っていなかった私はとても驚きました。しかしこの経験は授業だけでなく、授業外のプロジェクト活動をするときに非常に役立ちました。

ボストンのオンラインプログラムは英語力向上を目指して取り組みましたが、英語力向上だけでなくまだ書ききれていないほどたくさんの経験をして成長することができたり、今後取り組んでいきたいことが明確になりました。

このボストンの先生方を始めとしたお世話になった方々に感謝するとともに、1月に開催されるボストンの延長プログラムにも意欲的に取り組もうと思います。

国連世界食糧計画で働く卒業生がノーベル平和賞受賞! [2020年12月15日(火)]

こんにちは。トモです。

みなさんにとても嬉しいお知らせです!

英米文学科(現英コミ)の卒業生が国連世界食糧計画で働き、

今年度ノーベル平和賞に輝きました!

本学HPの「卒業生訪問」に記事が掲載されています。

 

【卒業生訪問】ノーベル平和賞に輝く国連世界食糧計画で働く本田容子さん

https://univ.swu.ac.jp/topics/2020/12/08/40627/

 

おめでとうございます! 心からお祝いします!

これまでの偉業を讃え、今後の活躍をお祈ります。

 

「我謝 京子先生(英語コミュニケーション学科客員教授)特別講義について」③ [2020年12月11日(金)]

Winter is around the corner.

こんにちは。英語コミュニケーション学科4年のミサキです。11月25日(水)に全5回に渡って行われた我謝京子先生の最終講義がありました。

私は報道記者として海外で働いている先生の話が聞いてみたいという好奇心から、受講しました。インタビューの仕方、映像編集、映画製作の話では実際に仕事をしている人でないと分からない工夫や制作にかける情熱を感じました。さらに授業の中には実践の場面もあり、自己紹介の練習や発声練習を通して、話し方を見直すきっかけになりました。

私たちは英語での自己紹介を第1回の授業から練習しました。最終回では今までの自己紹介ビデオをすべて振り返りましたが、受講者全員が見違えるように上手くなり、堂々とした姿で話す様子が見られました。

①苗字と名前の間を空けてハッキリと発音する

②目線は下を向かずにカメラ目線で話す

③話す内容は1番伝えたいことに絞る

この3点を意識し、かつ声はお腹の丹田という部分に力を入れて発声するよう教えて頂きました。毎回我謝先生は1人1人に丁寧なアドバイスをして下さいました。

授業期間中には米国大統領選挙が重なった時期もあり、その時は日本とアメリカのスピーチ様式の違いに気づかされました。原稿用紙を見ていると目線は下に下がるので、どんなにいいことを言っていても自信がないように見えます。日本人はそれが顕著に現れるため、練習を繰り返して、きちんと前を向いて話すことの重要性を学びました。

また、先生がなぜこのお仕事をしているのかという話は私たちの将来を考える上で非常に勉強になりました。自分が将来社会に出てからも、自分が何に向いているのか、興味があるのか胸に問い続けて、選択をすることが大切だと仰っていたのが印象的でした。

報道、映像・映画製作、進路選択について学べる非常に貴重な経験をすることができたと思います。

我謝先生、ありがとうございました。

「我謝 京子先生(英語コミュニケーション学科客員教授)特別講義について」② [2020年12月11日(金)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科3年ユウナです。

今回、海外でジャーナリストとして、また映画監督としても活躍されている我謝京子さんの講義を全5回受講させていただきました。きっかけは、将来マスコミ業界に就職すること考えていることもあり、“映像を通して伝える”ことに関して興味があったからです。

今回の講義は、ただ話を聞く受け身の講義ではなく、実際に私達生徒も参加し意見交換をする主体的なものでした。自己紹介の練習では、限られた時間の中で映像を通して自分の言葉を伝える難しさや、印象に残る言葉のチョイスと表情のポイントを実践を通して学びました。また、様々な映像を見て、自分が何を思い考えたのか、他の生徒と交換しあいました。普段関わることのない学科や年齢も違う生徒と、濃いコミュニケーションを図る良い機会になったと思います。

何より、海外で働く女性として第一線で活躍される我謝さんの、考えやお話を聞くことができて、とても貴重な経験になりました。自分の将来働くことについて考える良いきっかけになったと思います。

皆さんも、昭和女子には様々なプログラムや、講義があるので、興味のあるものにはどんどん申込み、学びを深めていってください。私も頑張ります。

What’s Up, Showa ELC?(2) [2020年12月07日(月)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科1年のメイです。

前期は全てオンライン授業でしたが、後期からは対面授業もいくつか行われ、待ちに待った大学生活を味わえるようになりました。

オンライン授業は、自宅でリラックスして受講することができることに加え通学時間が節約されるため時間を有効に使うことができるなど、様々な利点があることが分かりました。しかし、カメラをオフにしたまま受ける授業や一般教養科目などの学年や学科が異なる学生とのグループワークでは、適切なコミュニケーションを取ることが難しく戸惑うことも多くありました。一方対面授業では、先生との距離感が近く感じられクラスメイトとも表情を見ながら話し合うことができるので、授業をより深く理解できると体感しました。

最近はコロナウイルスの感染者数も増加傾向にあり、第三波とも言われています。デジタル化が進む今日、コロナ禍でデジタル機器に触れる機会が増えたことをポジティブに捉え、世界的危機の中でも授業を受けられることに感謝をしたいです。そして、オンライン授業と対面授業にはそれぞれの長所があるため、今後も上手く対応しながら学びを深めていきたいと思います。

A Message from an ELC Graduate [2020年09月01日(火)]

英コミの在学生の皆さん、英コミの受験を考えている皆さん、こんにちは、卒業生のハルカです。

新型コロナウイルスが流行して早半年、みなさんもwithコロナの中での新しい生活様式に慣れてきたのではないでしょうか。

わたしは日頃から飛行機に乗る機会が多いのですが、ここ半年で海外はもちろん、国内の移動も控えることを余儀なくされました。多くの企業がテレワークに切り替え、出来るだけ出張等を行わずにビジネスができる時代になってきたと思います。この状況がまだ続くようであれば、もしかしたら今後、移動を伴う出張は以前のようには多くはなくなるかもしれませんね。

在学生の皆さん、また受験を考えている皆さんは、stay home中どのようにお過ごしでしょうか?わたしは最近、テレワークの合間や休日を利用して、会社の外国人社員とzoomを活用した語学学習を行っています。大学在学中はボストンに1年半留学をしていましたが、社会人になってから自ら意識をしなければ英語を使う機会は減ってしまい、恥ずかしながら英語力が衰えてしまいました。半年前までは、好きな時に、好きな場所へ行くことが出来ましたが、コロナ禍の現在、いつ旅行ができるのか、留学ができるのか、先が見えず不安になることも多いと思います。

そんなときは是非、現在の状況だけに目を向けるのではなく、未来に目を向けてみてください。わたしのモチベーションは、大好きな飛行機に乗り、大好きなアメリカに行くことです。それが何ヶ月、何年先であるかは分かりません。その時までに自分を見つめ直し、能力を高めるために努力することで、「あぁ、あんな大変な時期もあったなぁ」「あの時こうしててよかった」と思い出話が出来ると信じています。

皆さん、まだまだ油断せずに、どうぞ健康にお過ごし下さい。

7/29(水) 後期ボストンオンラインプログラム説明会② [2020年08月03日(月)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科2年のサツキです。

7月29日(水)にボストンオンラインプログラム説明会が行われました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、予定していた後期の留学が中止になってしまいました。それに対し、不安や心配が募っている学生が多いと思います。

ですが、この説明会で、後期のカリキュラムの詳しい内容や新しく導入されるmoodleの使い方、授業の進み方などを明確に知ることができました。ボストン校にいる先生方も私たちが十分に学べるよう様々な準備をしてくださっているようで、不安もかなり軽減されました。

オンライン授業をさらに充実させるために、夏休み中も英語に接していることが大切だとアドバイスもいただけたので様々な形で実行していきたいと思います。

国内にいるからこそできることを考え、時間を有効に使っていきたいです。後期から始まるボストンオンライン授業をより良いものにできるようしっかりと準備していこうと思います。

英コミ 学科パンフ&留学パンフ [2020年07月20日(月)]

こんにちは! 英語コミュニケーション学科のトモです。
英語コミュニケーション学科では、大学案内のほかに、学科独自のパンフレット、留学パンフレットを作成しています。
学科パンフレットは、学科の特長、留学パターン、ボストン留学、認定留学、課外活動、国内インターンシップ、海外就業体験プログラム、主な就職先等、魅力的な情報満載です。
先輩たちからの生の声も載っています。
留学パンフレットは、留学パターン別のガイドです。グローバル時代を担う人になってほしい、そのような願いを込めて作成したパンフレットです。
大学全体のことを知りたい人は以下のURLをクリックしてみてくださいね!

4/8(水)英語コミュニケーション学科長からのメッセージ [2020年04月08日(水)]

 

英語コミュニケーション学科にご入学の皆様、在学生の皆様、学科長の小西卓三です。

 

コロナウイルスの影響で新入生の集いの中止、履修登録や授業開始の延期など、大学の行事がいろいろと変更されてきました。これからもいろいろとあるかもしれませんが、「柔軟性 (flexibility)」、「辛抱強さ (patience)」を発揮して乗り切っていきましょう。

 

いきなりですが、10年後の自分を想像してみてください。どこで、何をしていますか?しっかりと考えて書き出してみてください。

 

書き出した「10年後の自分」になるために5年後には何ができるとよいのか、卒業時には何ができるとよいのか、そして授業開始まで何ができるとよいのか、逆算して考え、それも書き出してください。

 

10年後のために今やるべき事がわかったら、必ず実行してみる。必ずです。考え、取り組み、失敗し、そこから学んで次につなげていくことは大学が皆さんに与えてくれる、とても重要な学びの機会です。知識は古くなっても、学ぶ方法をしっかり身につけておけば、それは皆さんにとって生涯を通して有用な、重要な武器になります。

 

英語コミュニケーション学科は、いうまでもなく英語とコミュニケーションを学ぶ学科です。英語を読み、書き、話し、聞けることで、国籍や地域を越えた広大な「空間」に参加することが可能になります。現在のコロナウィルスが生み出した危機も、英語をを使えば、その世界的な状況をより詳しく知ることができます。

 

また、24日に始まるオンライン授業によって、私たちは、メディア技術が可能にした新たなコミュニケーションを実践することになります。対面のコミュニケーションと、オンラインのコミュニケーションはどこが似ていて、どこが違うのか、体験しながら考えてみると、これからのコミュニケーションのあり方がみえてくるかもしれません。

 

英語もコミュニケーションも、学科で得ることのできる非常に重要な武器です。この武器を磨くために、今できる英語の学びや、UP SHOWA、Zoomを用いたコミュニケーションの実践をおこなっていきましょう。

 

昭和女子大学全体、そして英語コミュニケーション学科は、24日の授業開始に向けて履修ガイダンスやオンライン履修登録の準備を進めてきています。

 

履修登録には、学生が行う登録と、大学側が行う登録があります。

 

「学生登録」は、4月8日から20日までが一次登録、22日と23日が二次登録です。早く登録したら履修できるわけではありません。まずは自分が学びたいことをしっかりと考え、履修計画を立ててから登録してください。1年生の場合は、英語のクラス分けテストを受験し、その結果が発表される4月19日以降に登録が可能です。クラス分けテストの受験を忘れないようにしてください。

 

「大学側による登録」は公正性を期すため、および現時点教職員の出勤できる時間が限られているため、大学ポータルサイトのUP SHOWA (https://up.swu.ac.jp/unipa/faces/login/Com00501A.jsp) への掲示をもって最終といたします。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

それでは、授業時に皆さんにお目にかかれることを、学科の教職員一同、楽しみにしております。

 

英語コミュニケーション学科を代表して

学科長 小西卓三