2014年3月

イスタンブールの春 [2014年03月20日(木)]

トルコ最大の都市イスタンブールは、都市のインフラ整備が急速に進んでいます。
昨年末には日本の建設会社の力も得て、ボスポラス海峡地下トンネルが開通し、アジア側とヨーロッパ側を地下鉄で往復できるようになりました。
写真は、新たに開通した地下鉄のイエニカプ駅から高速船乗り場へ抜ける途中の交差点です。
地下鉄駅と港までは徒歩5分。
残念ながら交差する車道によってたくさんの信号を渡らないとたどり着けません。
歩行者よりも車優先のようです。
交差点を遠回りしながら、イスタンブールの春に出会いました。
チューリップはイスタンブールを象徴する花です。
路上の横断幕は、まもなく行われる地方選の影響。
街のいたるところにポスターや政党の旗、横断幕が設置され、盛り上がっています。
この街は、今後どのような発展をしていくのでしょうか。
(記事:Y.T.)