2017年7月

7/1(土)卒業論文中間発表会を開催しました! [2017年07月03日(月)]

とても蒸し暑い7月1日(土)に、平成29年度卒業論文中間発表会が開催されました。
その時の様子を時系列に追っていきたいと思います。

□9時15分

chuukann1

chuukann23年生の中間発表会係学生が1号館4S02教室に集合しました。
簡単に会の流れを確認した上で、会場となるそれぞれの教室へ概要集、ベル、ストップウオッチ、座席表等々を運び、設営作業開始です!準備に45分程度しかありません!

□10時
さあ、いよいよ今年度卒業論文中間発表会の開始です!4年生の緊張がこちらにも伝わるようです。
この会は、3年生の中間発表会係学生が各教室で司会者、タイムキーパーを決めて、進行させます。

chuukann94年生は、全員一人3分の持ち時間を有効に使って、卒業論文の研究テーマ、研究目的、研究方法について発表しなければなりません。

chuukann5

chuukann33年生は、全員出席しなければならず、4年生の発表に対して質問をします。
今年度のテーマとしては、次のようなものがありました。
・生活保護と格差の問題について ・商業施設の屋上空間利用について
・広告における女性像について ・大学生のTwitterを活用したつながりについて
・子ども食堂について

□12時~13時
会場の教室によって時間はまちまちですが、食事休憩となりました。
その間に3年生に少しだけインタビューをしてみました。
筆者:どうですか。来年、発表できそうですか。
3年生A:自分たちが本当にできるのか、とても心配です。
3年生B:大丈夫かなあ。。。
3年生C:4年生、すごいなあ。

□13時~

chuukann7
昼食もいただいたところで、午後の部開始です!
因みに、タイムキーパーはスムーズに会を進行させるために、次のようにベルをならします。
・学生報告時間
予鈴  2分30秒   ベル1回
本怜  3分     ベル2回
・学生質疑 3分     ベル3回
・教員質疑 3分     ベル3回

□15時半

chuukann4

chuukann6全ての発表、質疑応答、先生方のご講評が終わりました。みなさん、お疲れ様でした。
4年生は、初めての体験であるにも関わらず、3年生、先生方の鋭い質問に対して、できる範囲で堂々と答えていました。その姿を見て、3年生は大いに刺激を受けたはずです。
4年生のみなさん、この体験を糧に、すばらしい卒業論文が完成することを祈っています。

 

【三茶PJ企画班】三茶・子育てファミリーフェスタに参加しました! [2017年07月01日(土)]

三茶PJ企画班は、6月18日に昭和女子大学内で開催された三茶・子育てファミリーフェスタに参加しました。
“さんちゃんのぬりえちゃん”というブースを設けて、小さい子にさんちゃんのぬり絵をしてもらいました。ぬり絵をしてもらったら、メダルかブンブンゴマにして完成。完成品を渡して「ありがとう!!」と言ってもらえた時は嬉しくて笑みが溢れました。
さんプロのメンバーが子どもと接している姿を見ると、みんなお母さんのよう!とても接し方が上手だなと思いました(笑)

kosodate1
子どもたちと共に私たち自身もイベントを楽しめてよかったです。
そして前回の防災フェアと同様に当PJ、map班が作成した三茶マップを約600部配らせていただきました。(今回もすべて配布!)
みなさんに三茶や、ゆるキャラ”さんちゃん”のことをもっと知っていただだけると嬉しいです!
来てくださった方々、ありがとうございました。

kosodate2