2018年3月

[授業レポート]東京の「現代都市事情」を考える [2018年03月15日(木)]

今、大学は春休み中ですが、今日は後期に受講した授業「現代都市事情」の紹介をしたいと思います。私たちは授業の中で2つの課題を通して東京の都市事情について、グループでリサーチ・分析・プレゼンを行いました。

1つめの課題は「住みたいまち」
まずグループに分かれて調査地域を決め、住みやすさの視点で特徴をリサーチし、昭和女子大学のある三軒茶屋と比較しました。

教室でのグループ発表は、地域の特色が表れる興味引かれるプレゼンも多くありました。
共通点・相違点をどう分かりやすく伝えるか、どのような発表にすれば興味を持ってもらえるかなど、”発表”を工夫することについても勉強になりました。


2つ目の課題は、エリアマネジメントについて。
既存の再開発事例を各自選択し、エリアマネジメントについてレポートにまとめ、基礎知識をつけてから、二子玉川ライズへの提案を行うものでした。

まずは二子玉川ライズの事前調査を実施。
自分で挙げた他の再開発地と比べながら、二子玉川ライズがどのような目的・経緯で完成されたのかをリサーチ。
調べていくごとに「再開発」「エリアマネジメント」というものが地域の人々、来客者、そして自然環境に与える影響がどんなに重要なものなのかを深く知ることができました。
レポートにまとめた後、授業に東急電鉄の二子玉川ライズ担当者の方がゲストスピーカーとしていらっしゃり、ライズの取り組みを講義してくださいました。

授業の後半では、「こんな所を作ってほしい」「こんなイベントを行って欲しい」など、グループで話し合い、東急の方に提案。貴重な経験でした。

私たちのグループは6つの提案をしました。
①近隣に大学が多いため、自然の落ち着ける環境を利用した学習スペースを作る、子どもに勉強を教えるボランティア活動も行う、図書館も隣接する
②2月バレンタイン料理教室(時間帯で年齢層を分ける)チョコレート販売を企業と提携をして行う
③たまこサーキット:以前にも開催されたという車(模型・ミニカーの展示)に加え、子ども向けに大会形式のサーキットを開く
④駐車場のデジタル化:駐車券などにICチップを埋め込み、ライズ内に設置されたデジタル掲示版で駐車位置を確認できるサービス(駐車場内事故や混雑対策を期待)
⑤コストパフォーマンスの良いフードコート:学生の集客数を増やす目的
⑥宣伝を効果的に行うために専用アプリを作る
などとイベント会場をどこでやるのかも細かく考え、たくさんの提案をしました。

また、他のグループの発表も高齢者向けのイベントや環境教育、ゲームセンターを作る、若者の向けのショップを入れるなど私たちのグループでは浮かばなかった提案も多くあり、とても面白い授業でした。

この提案で私たちのグループは、東急電鉄の方に一番良い発表として選んで頂き、二子玉川ライズスケート場無料券を頂きました。まさか選ばれるとは想像もしていませんでしたが、「発表の仕方、提案も具体的でよかった」と好評を頂き、とても嬉しかったです。

この授業を通して、「調べること」「伝えること」この2つの大切さを特に学びました。
普段疑問に思っていても「調べる」までには行動が進まないことがよくあると思います。しかし、ちょっとしたことでも少しでも調べてみることで新しい発見があるということに気づかされました。そして、誰かに自分の考えを伝えることは何か新しいアイデアに繋がるということを改めて知りました。
また、発表を通してどう効果的に相手に伝えるかを工夫することは今回の授業を通してとても力になりました。

(記事:1年 豊田)

梅の花満開の中「したのや縁日」開催! [2018年03月13日(火)]

こんにちは!鶴田ゼミ3年の小林です。
以前ブログでお知らせした「したのや縁日」を3月4日(日)に下の谷商店街で開催しました。今回はその報告をします。

皆さんは下の谷をご存知ですか?太子堂2丁目付近、三軒茶屋の数ある商店街の中でも歴史のある下の谷商店街周辺が「下の谷」。近くにはかつて用水だった烏山川緑道があります。
さて、「したのや縁日」は2007年から下の谷で毎年行っているお祭りです。下の谷と新しい「ご縁」を結ぶという意味を込めて、「したのや縁日」と名付けられています。

【作成した当日配布のチラシ】

今回はイベントを通して、地域の方々の交流を図るだけでなく、下の谷町会の活動を知ってもらいたい、御神輿を担ぐ団体の会員を募集したい、という第2の目的もあり、写真のような当日配布のチラシも作成しました。
事前にインタビューをさせて頂き、まず私たちから下の谷のことを知ることから始め、どうやって若い方へ関心をもってもらうか、議論をして、なんとか当日までに印刷完了。

【準備風景:作成したチラシを折ったり…】

イベント当日は、餅つき、焼きそば・豚汁、レモネード販売、こども向けワークショップ、地域のキャラクター“せたがやじん”とチラシ配布を分担しながら、地域の方々をお手伝いする形で準備から参加しました。
11時半からいよいよイベント「したのや縁日」スタート!
天気にも恵まれたくさんの方に来場していただきました!!

【つきたてのお餅には長蛇の列・・】

 

【町会名物の豚汁・焼きそばも大人気!】

 

【 「まち図鑑」をつくるワークショップもたくさんのこどもが参加】

 

【せたがやじんもイベントを盛り上げてくれました!】

こどもから大人まで年齢性別関係なく交流できることがイベントの魅力!と、改めて感じました。
今回、したのや縁日に参加してくれた方々が少しでも、このイベントをきっかけに地域に親しみをもつようになってくれたら嬉しいです!!

【ありがとうございました!!】

最後に、したのや縁日に来てくださった皆様と、イベントの準備から協力をしてくださった下の谷町会、睦会、下の谷商店街の方々に心から感謝を申し上げます。

(記事:3年小林)

大学院福祉社会研究専攻 院生研究発表会開催 [2018年03月09日(金)]

3月7日に福祉社会研究専攻院生の研究発表会を開催しました。
修士課程1年の7名が今年度の研究成果と次年度の研究計画を発表。
社会人の院生は日頃抱えている現場の問題と向き合い、留学生の院生たちは自国と日本の現状を比較研究するなど、バラエティーに富んだテーマでの報告でした。

それぞれに概念の定義や今後の調査方法など抱えている問題について質疑応答がなされ、先生方から研究方法のアドヴァイスも頂き、有意義な時間となったことと思います。
来年度、修士論文としてまとめることはさらにエネルギーが必要ですが、各々テーマとしっかり向き合い、パワフルに研究を進めてほしいと願っています。
(記事:鶴田)

【鶴田ゼミ】3月4日「したのや縁日」開催! [2018年03月01日(木)]

こんにちは。鶴田ゼミ3年の小林です。今日は春のような陽気ですね。
さて、今週末のイベント「したのやえんにち」のお知らせです。
「したのやえんにち」は、2007年から毎年11月23日に下の谷商店街で開催している小さなイベントです。

—————
日時:3月4日 (日) 11時~15時
※もちつき大会 11時半~ おもちが売り切れ次第終了
会場:下の谷商店街(太子堂2丁目周辺)
—————

地域の若い住民にも下の谷のことをもっと知ってもらいたいと町会が中心となり、もちつき大会やフリーマーケット、こども向けのワークショップを行います。
お餅をついてみたい方、つきたてのお餅を食べたい方、大人も子供も大歓迎!
町会名物焼きそば、豚汁もあります。

茶沢通りから太子堂中央商店街を通って、左手に銭湯の富士見湯が見えたら、下の谷です。
烏山川緑道も近くにあります。
午後のひととき、散歩がてらお立ち寄りください。

(記事:3年小林)