2017年1月

第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その4~ [2017年01月31日(火)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
私は14:15-18:45の午後クラスなので、午前の3時間、授業後の1時間半は学校の近くの図書館で予習復習、自習をしています。授業内容のほかに、日本から持ってきたスペイン語作文の問題集を進めています。また、歩いている時や空き時間などにスペイン語のポッドキャストを聞いて、意味がほとんどわからなくても早いスペイン語にも耳を慣らすようにしています。
休みの日は、なるべくスペイン人の友達、または学校の中国人の友達とスピーキングを意識して過ごすようにしています。また、先生が勧めてくださったRTVEというサイトやYoutubeを利用して、スペイン語字幕付きの映画やアニメを見ています。

アルカリングアまでに通る小さい公園

アルカリングアまでに通る小さい公園

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
約3ヶ月間ホストマザーが不在の為、仕事と家事をしているホストシスターの負担が大きいので、なるべく自分にできる掃除洗濯などは自分でしていました。ホームステイでは、自分と異なる文化、生活スタイルを持った人と家族のように生活するようになるので、学ぶことは多いです。日本の家族と過ごしている時には、あまり客観的に見ることができなかった、日々の生活の大切さを感じることができました。
スペインでは、金曜に遅くまで映画へ行ったりレストランやバルで友達や家族と過ごし、休日は10や11時までゆっくり寝て過ごすのが、一般的なようです。最初は、生活リズムを合わせるのが難しかったですが3ヶ月過ごして慣れてきました。平日は働き、休日はしっかり休むという切り替えがはっきりしていて、日本が学ぶべき素敵な点だと思います。

映画館のポップコーンとドリンク 日本のMサイズより大きくてビックリ

映画館のポップコーンとドリンク
日本より大きいMサイズ

アルカリングア近くのカフェ

アルカリングア近くのカフェ

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
私の11月の大イベントは、国際交流基金のマドリード日本文化センターで行われた、日本語を勉強しているスペイン人と日本人の交流会に参加したことです。スペイン人は約25人日本人は8人ほどでした。日本人の日本語教師の方が日本語で進行し、スペイン人の通訳もいました。テーマは「日本とスペインの文化」でゲーム形式で会話をし、お互いの文化を知るアクティビティをしました。その後、5人グループを作り、スペインと日本の料理を組み合わせ「MENU EL DIA」を考えました。参加者の方々は、学生からご高齢の方までざまざまでした。|日本に興味を持ってくれている人がたくさんいるのだということを実感することができ、また日本人として改めなければと思いました。今まで、このような充実した文化交流会に参加したことがなかったので、とても感動しました。これからも、積極的に文化交流の会に参加していきたいと思います。

☆H・W☆

第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その3~ [2017年01月26日(木)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
その日の授業で学んだことを家で復習します。各ユニットで新しい会話表現や単語が毎回出てくるのですが、なかなかすぐには覚えることはできません。自分だけの単語ノートを作ってわからない単語を整理してまとめています。また、文法では点過去・線過去を学んでいる最中です。日本で勉強していた時もこの二つの過去形を覚えるのに苦労していました。授業で配られる練習プリントでは間違えることが多いのでさらに復習が必要です。予習に関しては行っていません。ただ、授業の進行は早くて新しい単元に入るとわからない表現・単語は必ず出てきます。いつも焦って電子辞書を開きますがその余裕はあまりないです。予習はできるだけやっておくべきであると感じます。

わからない単語をまとめたノート

わからない単語をまとめたノート

点過去、線過去、現在完了の演習プリント

点過去、線過去、現在完了の演習プリント

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
食生活に関していくつかあります。私のホストマザーは通常ご飯をたくさん作るのですが、私には量がとても多く感じられます。最初の頃はいつも残してばかりで、嫌いな食べ物が出てきても「嫌い」と言えず、無理して食べてしまいました。2,3か月程度経ってからは少しずつ慣れてきて、全部残さず食べるようにしてきました。けれど、ご飯の量は変わらず多かったため、ホストマザーに「たくさん食べることができない」「量を減らしてほしい」と直接言いました。ホストマザーはそれを理解してくれ「嫌いな食べ物があったら食べなくていいよ」と全く怒ることなく優しく言ってくれました。今まで言いたい事が言えなくて我慢してきたので言えてすっきりした気持ちと、もう少し早く言わなければならなかったという後悔があります。

ホストマザーのボリュームたっぷりご飯

ホストマザーのボリュームたっぷりご飯

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月の25日の金曜日にDELEの試験会場でアルカリングアが使われる予定だったため授業はありませんでした。そのかわりに文化の授業でmuseo de ceraという蝋人形館に行ってきました。

museo-de-ceraで撮ったセルバンデスの写真

museo-de-ceraで撮ったセルバンデスの写真

希望制だったのですがせっかくの機会なので参加してみることにしました。日本にあるマダムタッソーのようなところで、有名なスポーツ選手、俳優、ミュージシャン、歴史の偉人などの人形が多く置かれています。そこでは各グループ共通の課題が出され、メンバー全員で協力し合わなければいけませんでした。課題の内容は主に、配布された小さなカードにある人物の特徴が書かれていてその人物が誰であるのかを探すことです。私たちのグループは私を含む日本人2人と3人の中国人学生で、スペイン語で考え協力しながら課題をクリアしていくことが出来ました。たくさんの学生と交流を深めることができ、有意義な時間を過ごすことができて良かったと思います。

☆M・I☆

第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その2~ [2017年01月24日(火)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
予習より復習を重点的に取り組んでいます。予習は次の授業で学習する範囲文章を軽く読み、わからない単語を確認するようにしています。復習はその日のうちに習った単語を整理したり宿題に取り組んでいます。自習では習った範囲の長文を読み直ししたり忘れやすい、苦手な点は繰り返し書き取りをするなどしています。図書館が使えるので家で集中出来ない時やテストの前に行っています。図書館は試験前後以外でも常に現地の多くの学生が勉強しに来ています。

学校近くにある大学図書館

学校近くにある大学図書館

3階建て(スペインでは4階)

3階建て(スペインでは4階)

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
ホームステイで大変なことは、最初のうちは食事の時間や、週1回の洗濯物になれませんでしたが今は全く問題ないです。ホストファミリーとの会話では学校であったことをよく聞かれます。またテレビを見ている時にニュースの内容などが話題になります。文化や芸能の話題は比較的話しやすいですが、政治の話になると話すのが難しいです。また日本ではどうなの?と聞かれることがありますがうまく説明できないことがあります。これからも単語力を増やすように勉強したいと思います。

ホストファミリーとTVでサッカー観戦

ホストファミリーとTVでサッカー観戦

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
前に住んでいた留学生の友人の中国人学生がスペイン語をもっと実用的に使いたいとのことで泊まりに来ていました。1週間だけの滞在でしたが私よりスペイン語を積極的に話していて、良い刺激になりました。予定では1ヶ月でしたが学校が遠いので1週間だけの滞在となってしまいました。もっと話してみたかった思いもあります。時々月に1回ほど週末に昼食に招待することがあるので、その際には今まで以上に沢山話せるようになれるよう努力したいと思います。

ホストマザーと現地の大学に通う留学生と

ホストマザーと現地大学に通う留学生と

☆N・I☆

第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その1~ [2017年01月19日(木)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
予習は次の日にやる教科書の範囲を一通り読み、意味がわからない単語を調べて書き込んでいます。復習はその日に出た宿題以外に、わからなかった単語を授業中書き込んでおいているノートを見直しています。自習は自分で作った単語帳を読みながら覚えるという作業や、勉強するのに集中できないときはリビングに行き、お母さんと話をするようにしています。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
まず1つ目はお母さんとお父さんのバレンシアの帰省に付いていったことです。バレンシアにはおばあちゃんとおじいちゃん、叔母と叔父さんが住んでいるので毎年2、3回バレンシアに訪れて家族団欒で過ごしているそうで、今回はその時に付いて行かせてもらいました。昼間はバレンシアの街を叔父とお父さんに散歩しながら紹介してもらい、夜には家族とご飯を一緒に食べクリスマスの行事について話をしました。

バレンシアのおばあちゃんとおじいちゃんの家にて

バレンシアのおばあちゃんとおじいちゃんの家にて

バレンシアのパエージャ

バレンシアのパエージャ

次に、お兄ちゃんのボクシングの試合です。マドリッドにあるボクシングジムでお兄ちゃんが出る試合があったのでお父さんとお母さんと見にいってきました。人が殴られるのを間近で見るのは初めてだったのでどうなるかと思いましたが、予想以上に興奮して楽しめました。お兄ちゃんも勝てたのでとても安心しました。

兄の彼女のテコンドーの発表会

兄の彼女のテコンドーの発表会

3つ目はお兄ちゃんの彼女のテコンドーの発表会です。これもマドリッドの大きな体育館でやっていました。いつもと違い、よりキレのある動きと表情、力強さがとてもかっこよく感じました。

兄のボクシングの試合

兄のボクシングの試合

毎回お母さんが積極的に出かけようと声をかけてくれます。

☆S・I☆

第7期生・韓国留学便り ~漢陽女子大学校 11月編~ [2017年01月17日(火)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
先生がテスト範囲を細かく教えてくれて、さらに出るところも教えてくれたのでそこを中心的に勉強しました。また韓国語でテストをやるため、テストに出る重要な単語をピックアップして単語の勉強もしました。一番勉強が大変だったのは教養科目です。毎回授業を録音していたのでその録音を聴いて復習したりしました。中国語は録音でもう一度先生の発音を聴いて理解しました。もう一つの教養科目は女性についての授業で専門用語が多いため授業中にわからなかった単語を記し付けて、復習するときに調べて理解を深めていました。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
特にこれといったのはないです。11月は中間考査が終わったため、韓国人とご飯を食べたりカフェに行ったりなどの時間が多かったと思います。ある時は韓国人の友達が京幾道まで連れて行ってくれてみんなとイルミネーションを見に行きました。天気も良くてそれほど寒くなかったのでゆっくり見れて良かったですし、とても綺麗でした。

京幾道のイルミネーション

京幾道のイルミネーション

ハート形のイルミネーション

ハート形のイルミネーション

また違う日には、たまたま乗ったタクシー運転手が気さくな人目的地までずっと話したりしました。今まで乗ったタクシー運転手の中で一番優しくて話してて楽しかったのでとても印象に残っています。他のタクシー運転手もあれくらい気さくな人だったらいいなと思いました。

☆K・H☆

第7期生・韓国留学便り ~国民大学校 11月編~ [2017年01月12日(木)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
教科書に出てくる単語のリストや文法をまとめました。それぞれの単語や文法自体はさほど難しくはないですが、韓国語でその単語の意味を説明できるようにならなければならない点が難しかったです。
また、あらかじめ出題されている問題の解答を考え、韓国人の友人やグローバルバディに推敲してもらいました。各国のことを聞かれることも多かったため、日本のことについて調べることもありました。

寒くなり落葉がきれいなキャンパス

寒くなり落葉がきれいなキャンパス

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
TOPIC試験を受けに大邱まで行ったことです。韓国に来てから親しくなった東海大学の友人と、Sさんと一緒に行きました。お金を口座に振り込むことが難しくて知り合いに助けてもらうこともありましたが、行きのKTXの予約や帰りの高速バスの予約などほぼ、自分たちで出来たことに達成感を感じました。
大邱はソウルに比べて人が温かく、方言でフレンドリーに話しかけていただき、貴重な経験になりました。ゆっくり観光などはできなかったので改めてまた行けたらいいなと思います。
ルームメイトがロシア人なのですが、ロシアはなにしろ寒い国なので、いまでもエアコンをつけたり、窓を開けたまま寝たりしていて、私たちは厚着をして寝ている状態です。
悪いことばかりではなく、お互い今日何をしたのかを話したり、嫌なことがあったら話を聞いてくれたり、お菓子をくれたりなどいい関係が築けていると思います。

自分たちで予約したKTXに乗って大邱へ

自分たちで予約したKTXに乗って大邱へ

☆K・H☆

NPOインターンシップ報告会 [2017年01月10日(火)]

発展途上国の子どもを支援する国際協力団体でのインターンシップ(就業体験)を経験した学生4名による最終報告会を国際学科で開催しました。学生達は今夏に2名ずつ、「公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパン」と「特定非営利活動法人 幼い難民を考える会」の東京の本部事務所にてインターンシップ体験をさせていただきました。
プラン・インターナショナル・ジャパンは、世界50か国以上で子どもの権利を推進し、貧困や差別のない「すべての子どもたちが能力を最大限に発揮できる世界の実現」、特に女子が差別されない社会の実現をめざして活動する国際NGOです。インターンシップでは、学生達は主に中高生を対象にした読書感想文コンクールのお手伝いをさせていただきました。今回の体験を通し、途上国の女性達の苦難について知ると同時にプラン・インターナショナル・ジャパンが状況や人々の意識を変えようとする活動を学びました。また多くの中高生が途上国の女子についての課題読書を読み、しっかりと感想文を書いていたことから、読書感想文コンクールを行なう意義を感じたそうです。また学生自身が、もっと主体的に行動すべきであった、自分の主体性のなさに気づき、新たな自分を発見する機会となったと話していたことが印象に残りました。

報告:プラン・インターナショナル・ジャパン

報告:プラン・インターナショナル・ジャパン

幼い難民を考える会は、主にカンボジアで幼い子どもたち、また女性の自立支援のため活動を行なっているNGOです。1980年にタイの難民キャンプで設立され、現在はカンボジア国内と日本の東日本大震災の被災地の子ども達の支援を行なっています。学生達は現場の活動を支える東京事務所の多岐に渡る仕事、たとえばおやつ募金についての企画提案、布製のお人形づくりのための布チョッキンの型紙作り、Facebookやホームページの記事作成などのお手伝いをさせていただきました。この体験を通し、人とのつながりの大切さ、企業の社会貢献活動などの他、国際協力を行なうNGO活動について、学ぶことが多かったとのことでした。

報告:幼い難民を考える会

報告:幼い難民を考える会

米倉

第7期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 11月編~ [2017年01月10日(火)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
普段から授業と平行に単語と文法帳を作っていたので、単語と文法を練習しました。聞き取りや作文、会話のテストもあるので、ニュースを見て聞き取れるようにしたりしました。会話のテストでは、テスト範囲の文法を使いながら話さなければいけないので、文法の理解をしなければいけません。なので、とにかく教科書理解を優先的にしました。普段から課題としてでる副教材もテスト勉強の一環となるので、テスト前日に徹夜することもなく、コツコツ勉強できたのではないかなと思います。以前日本でやっていた教科書を使っているということもあるので、テストは大丈夫でしたが、冬学期の5級クラスから今までのようにはいかないと思うので、頑張っていこうと思います。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
わたしにとって11月はテストや発表の月でした。パワーポイントでの発表が2つ、ゴルフと語学堂の期末テストもあり、週に1度は必ずテストがあったので、ひたすらおわれていました。
発表の原稿の締め切りや準備などで追われていたので、日が過ぎるのがあっという間でした。発表では、日本の観光地、日本の年中行事を発表したため、日本のことを振り返れるいい機会でした。

日本の観光地、年中行事について発表したパワーポイント

日本の観光地、年中行事について発表したパワーポイント

思っていたより日本のことを知らなくて、先輩たちが留学前に日本について知ってから行ったほうがいいと言っていたのを思い出しました。授業内でも、よく韓国、中国、日本、ベトナムを比較することが多く、日本のことを聞かれることが多いです。11月はいろんな意味で勉強になった月でした。
11月22日には語学堂最後の日で、チキンとピザパーティーをしました。来て3か月しか経っていないのに、もう中国のお姉さんたちなどとお別れなので、すごく寂しいです。5級の語学堂でもみんなと一緒に頑張ろうと思います。

語学堂でのパーティー

語学堂でのパーティー

 

☆K・S☆

第7期生・中国留学便り ~上海交通大学 11月編・その2~ [2017年01月05日(木)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
テキストの復習以外に授業内で用いたプリントなどにも目を通し、単語の意味を調べ、文法を確認しました。また、自分はどうしても無理やり日本語に訳そうとしてしまう癖が有ります。そうなると、どうしても日本語で訳すことができない単語や文章に出会います。ニュアンスで捉えるように心がけていますが、なかなかうまくいきませんでした。そのような分野に関しては紙に丸写ししてそのまま覚えるようにしました。ですが、まるまる暗記だとすぐに忘れがちになってしまうので、似たような使い方をしている別の例文を教科書内、またはネットで調べ、できるだけ頭の中に詰め込むようにしました。

日本語で訳すことができない中国語の対策

日本語で訳すことができない中国語の対策

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
油画に挑戦したことです。友達に誘われて行きました。最初は、絵はがき程度のイラストかと思っていましたが、お店に着くと、大きなパレットやキャンパスがあり、結構本格的な絵描きだと驚きました。人生で初めての油画はとても緊張しましたが、自分は以前絵画を習っていたため、とても楽しかったです。普段、学校や授業について考えてばかりいましたが、絵を書描いている間だけは、学校のことを忘れていました。もちろん学習も大切ですが、少し勉強から離れて息抜きすることの必要性も感じました。現地の人たちと楽しく交流しながら過ごすことができたので、本当に充実した時間になりました。

油絵に挑戦

油絵に挑戦

☆N・M☆

第7期生・中国留学便り ~上海交通大学 11月編・その1~ [2017年01月03日(火)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
先生が教えてくれる範囲や重要点を元に、また先輩達にどんな問題が出題されるかを聞き、ポイントを重点的に勉強しました。
阅读や口语では文法事項がとても大切だったので、自分でそれらを使って、文章が作れるようにする理解が必要でした。听力は今までやってきた课の内容を読んだり、CDを聴いたりして勉強しました。でもやはり视频は何回聴いてもなかなかできず、苦戦していました。写作では先生が题目を教えてくださったので、事前に文章を完成させ、中国人の友達に添削をしてもらうなどしました。
そして図書館が毎日、土日も8:00〜22:00まだ空いていたので、部屋で勉強のできない私はほぼ毎日利用していました。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
私は今月学校の旅行で、バスで3~4時間ほどかけ安吉と西塘へ行ってきました。
安吉では山に登り、前日大雨であったため滑りやすく、また時間の関係上頂上まで登ることはできなかったが、滝の流れる場所を目指し、とても楽しくなかなかない貴重な経験となりました。そして自然のマイナスイオンを存分に浴びることができ気持ちよかったです。

安吉の自然

安吉の自然

料理は毎度円卓の中華料理で、そこで多くの人たちとの交流をはかることができました。バスの中ではタイ人の人たちと仲良くなり、トランプゲームをしたり、一緒にお菓子を食べるなどしました。ホテルもとてもキレイで良かったです。
2日目には西塘へと行き動物園と西塘古墳という観光スポットを訪れました。動物は日本よりも数は少なかったですが迫力があり、中でもライオンと虎によるショーはとても興奮しました。西塘古墳は、水辺には船が浮かんでいたりと情景も美しく、写真が全て絵に描いたようでした。 また出店が立ち並んでいる場所は昔ながらで、撮影現場になっているそうです。

西塘古墳の水辺

西塘古墳の情景

西塘古墳の水辺に浮かぶ船

西塘古墳の水辺に浮かぶ船

今回の学校の旅行では、新たに多くの人々と交流も深めることができ、本当に充実した2日間を過ごすことができたので参加して良かったと思っています。

☆A・F☆