キャリア支援講座 内定者座談会 [2020年02月17日(月)]

〈日文便り〉

日文主催、キャリア支援講座 内定者座談会が開催されました。

4月からさまざまな職種に就く5人の先輩が、
就職活動を経験したからこそ伝えられること、伝えたいことを
後輩たちに惜しみなく語ってくれました。

集まった1~3年生たちも、先輩に聞きたいことはたくさん。
学年によっても、希望する職種によってもその内容はさまざまです。

後輩から先輩への質問は途切れることなく、
4年生の説得力のあるリアルな体験談に
真剣にメモをとる姿や、目から鱗が落ちたような表情もたくさん見られました。

以下、アンケートより参加者の声です。

・先輩方の話を一人一人聞ける時間があって嬉しかった。少人数だったので質問しやすかった。
・当時使っていた手帳などを見せていただけたのが良かった。
・同じ学部の先輩と話す機会は中々なかったので参考になりました。
・実際に就活を終えた方の生の声を聴くことができてとても参考になりました。今後何をしたらいいか少しわかったような気がしました。
・様々な業界の就活の話が聞けて良かったです。
・あまりまだ就活に力が入っていなくて、焦りと、本気で頑張らないとという思いが強くなりました。
・自分の不安を見つけ出せてよかったです。
・気になる業種の方とお話しできて良かったです。
・就活について不透明な部分が多かったのですが、少し先が見えた気がしました。
・「文系だから」「日文だから」と思わずに幅広く業界を見ていきたいです。
・どの時期に何をした方が良かったかなど聞けて良かったです。
・自分の見ている業界以外の話が聞けてとても勉強になりました。
【テンプル大学からの参加学生】
・いろいろな業界に就く方々の経験が聞けて、日本の就活について役立つ情報を得ることができました。

最後に、座談会に参加してくださった4年生から皆さんへのメッセージです!

・今回の座談会を通して、後輩の皆さんの不安を少しでも減らすことが出来ていればと思います。
色々な業界を見て、実際に働いている方のお話なども聞いた上で、自身の希望する道を決めて頂きたいです。先の見えない不安に駆られることもあると思いますが、焦らず頑張ってください。(KN)

・参加者の皆様が積極的に質問してくださったのが印象的でした。
1年生から3年生まで様々な質問がありましたが、学年が上がるにつれて具体的な質問が多く見られました。それだけ就活を意識しているのだと思います。
就活には漠然な不安が伴うものです。今回の4年生の体験談は一例に過ぎないので、参考にしつつも皆様には皆様なりの就活をしていただければと思います。頑張ってください。応援しています。(MA)

・「やりたいことは、やり切った!」と思っていた学生生活。
けれども、1-3年生と話をする中で、「これもやりたかったな」「もっとこうすればよかったな」という反省が何点も出てきました。
ぜひやりたいこと、気になることにはすぐにチャレンジをしてほしいです。
そして、1-3年生の学生生活がより素敵な時間になることを願っています。ありがとうございました。(IM)

4年生のみなさん、ありがとうございました。
1-3年生のみなさん、先輩方からのアドバイスを胸にこれからの就職活動頑張ってください!

(IR)