MONTH

2011年4月

  • 2011年4月30日

オープンキャンパス情報!!

   平成23年度のオープンキャンパスの日程が決まりました!! 詳細は決まり次第ご連絡いたします。 6月18日(土) 13:00~16:00 7月24日(日) 10:00~15:00 8月20日(土) 10:00~15:00 8月21日(日) 10: […]

  • 2011年4月28日

濫読の勧め

こんにちわ 歴史文化学科の山本暉久です。 濫読(らんどく)という言葉知ってますか? 手当たり次第に本を読むということです。 わたしは、横浜の緑園都市というところに住んでいるので、大学に通うのに2時間くらいかかり ます。 それで、大学への行き帰りは、横 […]

  • 2011年4月25日

お気軽にどうぞ

こんにちは、松田忍です。 長々と書き連ねて参りましたが、とりあえず今日で一段落。2号館東棟の1階に研究室を構えておりますので、なにかお話をしたいことがあればいらしてくださいませ。写真の招き猫を用意して、みなさまがいらっしゃるのをお待ちしております。 […]

  • 2011年4月24日

戦争と戦後

こんにちは、松田忍です。 先週の増田先生ではないですが、日曜日ですが大学に来て研究室にこもって史料を読んでいます。 今日は真面目に研究の話を書きます。私が今興味を持っていることは戦後の政治と社会ということになります。近現代の戦争というのは、多くの人々 […]

  • 2011年4月23日

100年前の卒業論文指導

みなさまこんにちは。松田忍です。 楽しくも、悩み多き学生生活。4年間の学生生活のなかでもつねに頭の片隅にあり、多くの学生が揃って頭を悩ませるものといえば「就職活動」と「卒業論文」でしょうか。今日は昔の大学の先生や学生さんに悩み事を相談してみましょうか […]

  • 2011年4月22日

辞典で遊ぼう!

こんにちは。松田忍です。 今日は諸橋轍次〔もろはし てつじ〕著『大漢和辞典』の話をします。この辞典は通称「諸橋大漢和」という名前で親しまれておりますが、「大漢和」をつけずに、そのものずばり「モロハシ」というだけで多くの人に通じてしまう、数あるレファレ […]

  • 2011年4月21日

文献史学のフィールドワーク

みなさまこんにちは。日本近現代史を担当している松田忍です。 「博物館・美術館での資料実見」「発掘作業」「文化財修復」……と足や身体を使ってのフィールドワークが盛んな歴史文化学科。そういった華やかな活動と比べると、いわゆる日本史って文献史学だから地味だ […]

  • 2011年4月19日

紙のつづき

昨日も名前を書き忘れました。増田です。 今日も、紙の話しをしましょう。日本にはまだ手漉き和紙を造っている工房が200軒くらい有ります。随分減ってしまったのですが、先進工業国のなかでは断トツに多いのです。フォルクスワーゲンのドイツには2軒?イギリスには […]

  • 2011年4月18日

今日は紙について

いかがお過ごしですか。 今日は、紙についてすこし話しましょう。 みんなが使っている紙は、リサイクル原料も混ざっている紙だと思います。 日本は紙の原料となる木材をたくさん輸入しています。しかし、紙自体は非常に優秀な再生原料なので、山や原野の木々を護るた […]

  • 2011年4月17日

刀の鍔

今日は、日曜日だけど博物館の展覧会準備で大学に来ています。 机の上には、刀の鍔が重しとして置いてあります。岩山の上と下で獅子が向かい合って吠えています。山には花が咲いています。獅子に付き物の花と言えばボタンでしょう。部分的には金も使われていて、薄肉彫 […]