2015年3月

合同企業説明会【学生レポート】 [2015年03月18日(水)]

こんにちは。人間文化学部英語コミュニケーション学科3年のナナミです。

3月3日~6日、10日~13日の計8日間、80年館学生ホールにて学内合同企業説明会が行われ、約260社の企業様にお越し頂きました。

業種や募集職種は様々で、多くの3年生が参加しました。

説明会は開催時間が4つに区切られているので効率よく周る事が出来るようになっており、スケジュールがたてやすかったです。

学内で行われるので、全国の大規模な合同説明会とは違って、リラックスして説明会に参加出来たと思います。また友人たちと毎日顔を合わせ、意見を交換し合ったり、他愛のない話を出来るので毎日楽しみに通っていました。

 

たくさんの企業様の説明会を聞く事で、自分のやりたい事、目指したい事、求める事が明確になってきたと思っています。

ここで得た情報・知識をこれからの就職活動に生かして進めていきたいと思います。

卒業式 [2015年03月16日(月)]

Congratulations on your graduation!

卒業式の学位記授与の点呼の際、一人ひとりの名前を読みながら、皆さんと一緒に過ごした4年間の思い出が蘇ってきました。1年生のスキルクラス、2年ゼミ、3年・4年の専門科目の授業のこと、学寮のこと、卒論のこと、今となっては楽しい思い出ばかりです。

私は、英コミの皆さんは「最強の卒業生」だと考えています。大学での授業を通してコミュニケーション力を習得し、学科の様々な活動や、何といってもボストン留学を通して、少しくらいの困難にへこたれない強靭な精神力を身につけることができたのではないでしょうか。どうぞ自信を持って社会にはばたいてください。皆さんの活躍を期待しています。そして時には大学に元気な顔を見せにきてください。楽しみにしています。

 

髙野恵美子

附属3年生体験授業 [2015年03月16日(月)]

3月13日(金)附属校3年生へ50分の体験授業を行いました。

「異文化コミュニケーション力を高めて生活を豊かにしよう!」というタイトルで、ジェスチャーを使うアクティビティや大きな声を出さないと伝わらないウォームアップのあと、日本でしかできない体験、または日本の食品をアジアの国に売り込む、というグループプレゼンテーションを行いました。22名の元気な生徒が参加してくれ、和やかなうちに終えることができました。中学生ならではのかわいい発想もあり、楽しかったです。分刻みの準備を頑張ってくれて、有難うございました。
担当教員 杉橋朝子

KAKEHASHI 5 【学生レポート】 [2015年03月15日(日)]

英語コミュニケーション学科 2年 カホとモモカです。

いよいよ、最終日!
まずはじめに、Japanese American Museum にいきました。私たちは彼らの功績や困難をガイドさんからたくさん教えてもらい、私たちがアメリカで差別にあわないのは彼らのおかげだということを痛感しました。

そのあと、講義を聞きました。ヤエさん(Japanese American)や水谷さん(アメリカのビジネスマン)の話を伺いました。質問することができる機会もあり私たちにとってはとてもいい経験となりました。
私たちはヤエさんとお昼を食べました。ラザニアやサンドウィッチをいただきながらヤエさんにたくさん質問し当時彼女に何があったのかなど講義よりも深い話をすることができ大変良い機会でした。
そして、shopping and sightseeing タイムです!!!
まずはリトル東京を散歩しました。ここは本当に日本で特に浅草みたいで一瞬日本に戻ったような気分でした。そして、すごく暑かったのでもちアイスを多くの学生たちが食べていました!
そのあとは、Walt Disney Concert Hall に行きました。ここはただDisneyの会社が出資したためこの名前になったそうです!すごーくCool な建物でした!

そ•し•て、念願のSanta Monica Beach!!!

そのあとは、Mallに行きそれぞれお買い物しました!すごくいい天気で外のmall だったのですごく歩いていて気持ちがよかったです。
そしてご飯!
tacos buffet でした。すこしピリッとしましたがすごーくおいしかったです。
そして最後、各学校がばらばらになりclosing ceremony をしました。各グループトピックを渡され、それについて学んだことやそれぞれの価値、今後の目標などをdiscussion しました。
各学校と混ざってなにかするという機会はあまりなかったのでとても新鮮でした。
このKAKEHASHI Project を通して私たちはたくさん歴史に触れることがらでき、自分について考えさせられる部分がいくつかありました。ここで学んだことを活かし、さらに将来みんなが日米間のKAKEHASHI となるような人達になれればと思います。

これから就職活動をする後輩たちへ 【学生レポート】 [2015年03月14日(土)]

こんにちは。
英語コミュニケーション学科4年のアサコです。
3/13日に学内で行われた合同企業説明会に内定者として参加しました。

今年から、就職活動の解禁が3/1となりました。
自分の就職活動から1年以上たち、就職活動真っ最中の頑張っている3年生をみるとなんだか懐かしいような感慨深い気持ちになりました。



就職活動において大切なのは、2つあると思います。1つめは自己分析だと思います。自分が今までなにをしてきたのか、これからどうしていきたいかを、明確にすること。2つめは、たくさんの企業の方の話を聞きに行くことだと思います。その2つを続けていけば、きっと自分に合った企業にめぐり合えると思います。

4月から、新社会人になる私にとって、改めて気を引き締めるいい機会となりました。

合同企業説明会【学生レポート】 [2015年03月14日(土)]

こんにちは。

英語コミュニケーション学科3年のマミです。

3月1日より、就職活動が解禁されました。

今年度より解禁日が3ヶ月後ろ倒しとなりましたが、内定式は今までと変わらず10月1日に行われるため、短期決戦となります。

3月1日をかわきりに、各所で合同企業説明会が行われています。
昭和女子大学でも、先週から学内合同企業説明会が始まりました。

全8日間開催されるこの説明会には、約260の企業の方がいらしてくれます。

1日あたり32社の説明があり、学生は各々興味のある企業ブースへ行きます。

様々な業種、同業種でも複数の企業の方がいらしてくれます。

今まで興味のなかった業種の説明も聞けるので、学生の視野が広がる良い機会になっており、また同業他社の比較をすることもできます。

過去に推薦の求人依頼があった企業の説明会は毎回人気があり、会場が変更になるほどです。

企業の説明を受けた感想としては、女子大学ということもあり、どの企業も福利厚生について力を入れて説明しているなと感じました。

1回の説明が40分間しかないので、企業の方も全ては話しきれないという様子でした。

今回の合同企業説明会で、企業の概要を知り、興味を持つきっかけとなれば嬉しいです、と企業の方もおっしゃっていました。

この学内合同企業説明会にいらしてくれる企業は、昭和女子大学の学生を採用したいと思って来てくださってると思うので、積極的に複数の企業の説明を聞きたいです。

KAKEHASHI 4 【学生レポート】 [2015年03月14日(土)]

こんにちは KAKEHASHI Project、ボストンチームです。 私たちは、3月9日と10日にホスト校であるUniversity of Massachusetts Boston、UMassへ行き学生との交流そして、本来の目的であるプレゼンテーションをしました。 9日は朝にレセプションを行い、UMass の学長先生や教授、昨年の夏に昭和女子大を訪れたUMass学生、そして昭和ボストン校の校長先生、シュワルツ先生と交流の機会がありました。キャンパスツアーをした後、午後には学生へ向けてプレゼンテーションをしました。夕食後はUMass学生がボストンのダウンタウンを案内してくれました。 10日は朝から、プレゼンテーションを学生、教授、そして地域の方々へ向けて行いました。昭和ボストンのスチューデントサービスの2人も駆けつけてくださいました。その後、ランチを含めたレセプションを行い、ハーバードスクエアでの観光を堪能しました。 2日間でたくさんの方々に日本の魅力を発信することができ、このプロジェクトの主旨であるCool Japanを多くの方に伝えることができたと思います。2020年の東京オリンピックに向けて湧き上がる日本ですが、ボストンも2024年のオリンピック招致に向けて盛り上がっています!

学内合同企業説明会 【学生レポート】 [2015年03月13日(金)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科3年のマイです。

3月3日(火)から13日(金)まで学内合同企業説明会が開催されています。毎日20社以上の会社の方が大学にいらして、会社の説明を行って下さいます。学生が昭和女子大生に限られているので、人数もほどよく、企業の方に質問しやすい環境となっています。また様々な業界の企業の方が来られているので、自分の知らない業界の勉強にもなり視野を広げる良い機会でもあります。
三月も中旬に入り、就職活動が本格化しています。それぞれが自分のやりたいことや成し遂げたい目標を明確化し、希望の職種に就けることを願います!

Ship for World Youth Leaders に参加して【学生レポート】 [2015年03月13日(金)]

シップ・フォー・ワールド・ユース・ リーダーズ事業に参加したアイコです。 私たちは、船上研修期間に沖縄県と岩手県に寄港しました。 中でも、東北に行ったことは私の中で強く印象に残っています。 私は、今まで東北に行ったことがなく、 岩手県を訪れることが初めてでした。

訪れた日は雪が舞っていて、とても寒かったです。 現在の街並みや震災遺構を実際に自分の目で見て、ただ驚きました。

しかし、公営住宅の方やローカルユースのメンバーなど現地の方が温かく 迎え入れてくれたことがとても印象的でした。 震災当時、今の生活、これからについてもお話をしてくれました。 また、海外青年は自国が東北のためにどれほど、 どんな取り組みをしたか伝えていて、自国への意識の高さも感じました。 今回、寄港地活動をしたことで、東北のことをずっと身近に感じました。 ローカルユースとはこれからも繋りを持ち続けて、 東北に必ずまた行きたいと心からおもいました。

海外インターンシップ報告 【学生レポート】 [2015年03月11日(水)]

こんにちは、

英語コミュニケーション学科3年のマホです。

この長い春休みを利用して3月から南アフリカのケープタウンという街でインターンシップとしてNGOで働かせていただいています。日本から飛行機で約20時間のところにあるこの街は、人口290万人で、住民の母語はアフリカーンス語(Afrikaans)、コサ語、英語等です。

 

No3

インターンシップ先である“Where Rainbows Meet”という現地のNGOでは主に、fundraising(活動のための資金を個人、法人、政府などから集める)を行っていて、イベントを主催したりもしています。敷地内には幼稚園やキッチン、PC室から裁縫室までそろっており、その中でも今回は“Sewing Project”という現地の女性の雇用を増やし賃金の向上を図っているプロジェクトを紹介したいと思います。

No4

このプロジェクトでは、手作りでアクセサリーやバッグ、洋服やキッチン用具などの裁縫を行っています。価格は日本円にするととても安い値段で売られているので、え?これがこんな値段なの!?とよく在庫を掘り起こしながらびっくりします。(R100=約1000円)

 

                       

ピアス:R25~R50

ネックレス:R50~R100

バッグ:R80~150

 

これらの素敵な作品を是非日本でも手に取ってもらえたらな、と思い、いろいろな方法で日本への進出を少しずつ進めているところです。その一歩としても、このブログを見て、もし興味を持って手に取ってみたい!ほしい!という方が1人でもいてくれたらとてもうれしいです。 そんな方は気軽にわたしにお知らせください。

 

3/21に“Human Rights Day”という大きな人権問題のイベントがあるので、 次はそこの様子を伝えられたらな、と思います。ありがとうございました。

C/o Trevor Siljeur Road & Vrygrond avenue, Vrygrong

Cape Town

South Africa

http://www.whererainbowsmeet.org/