[国内社会調査研修] 魚沼へ行ってきます! [2017年09月11日(月)]

現代教養学科では、隔年で「国内社会社会調査研修」を開講しています。

東京社会調査研修と同時開講の今年のテーマは「地方の魅力を発見・発信する」。9月12日(火)から3泊4日で、新潟の魚沼市にお邪魔して、カメラを片手に、東京とは異なる地方の魅力を、自分たちの目で発見し、それを、ポスターやビデオなど様々な形に編集をして、広く発信するための素材を作ってきたいと思います。

地元の魚沼の関係者の皆様には、実施に当たり、多大なご協力を頂き、心より感謝しております。少しでも魚沼の皆様に貢献できるように。そして、学生たちにとっても、またとない経験をして、スキルを少しでも身に着けられるように。これまで、準備を重ねてきました。その準備の様子を、出発前直前スペシャルということで(笑)以下で少しご紹介したいと思います。

この投稿の続きを読む »

志摩ゼミ4年 卒論ゼミ合宿に行ってきました! [2017年09月08日(金)]

みなさんこんにちは、志摩ゼミ4年です。
私達は少し前になってしまいますが8月25日、26日に湘南国際村センターで合宿をしました。
今回は卒業論文の進捗状況を確認すること、疑問を減らしさらに書き進めることを目標にしていました。
場所は逗子駅からバスで20分ほどの山も海も見える贅沢な宿泊施設でした。

1日目は午後に到着し、2時から6時頃まで各自足りない部分などを書き進めました。
夕食後はお互いの進捗状況を報告し、上手く進んでいる部分と困っている部分をはっきりさせることに取り組みました。
志摩先生のアドバイスを頂きながらGoogle Classroomの活用の仕方なども確認できました。
2日目は朝に少し施設の周りを探索しました。
自然豊かな景色は緑が綺麗で夏らしい色合いでした。湘南の海が見渡せる気持ちの良い朝でしたが、たちまち、暑さで研修室に戻りました。

昼食まで前日の続きをし、ゼミ生の疑問を減らしていけたと思います。
昼食後は、各自残りの夏休みへの目標や授業が始まるまでにやるべきことを確認し、みんなが10枚の下書き原稿の読み合わせもクラスルームでできるようになりました。他の人の下書きにコメントをつけることで、自分の論文を振り返ることも重要だと気がつきました。
3時頃には、逗子駅に戻り解散となりました。
一泊二日は少し短かったですが、おいしい食事と素敵な自然を感じられる環境によって集中することができました。
また、残りの夏休みを有効に活用しようと思いました。

K.N


最後に今回の合宿の感想を一部紹介します。

ゼミ合宿では葉山の景色を楽しみながら、湘南国際村センターで卒業論文に取り組みました。
海と山、自然に囲まれ最高の環境のなかでのゼミ合宿は学生最後の夏休みの良い思い出になりました!こうしてみんなで合宿ができるのは最後かもしれないという寂しさと同時に卒業論文に取り組む自分達の姿に成長と嬉しさも感じました。これから卒業論文提出に向けてゼミ合宿で学んだことを活かして志摩ゼミみんなで頑張ろうと改めて感じた1日でした!みなさんありがとうございました。

一泊二日のゼミ合宿で湘南国際村センターに訪れて、卒業論文に取り組みました。卒業論文はまだ手探りの部分も多いので、ゼミの子に相談したり、先生に分からないところを聞き、疑問に思っていたところを解決できたと思います。卒業論文以外では、逗子の緑や美味しいご飯を食べられてとても充実した合宿になりました。これからの卒業論文の取り組みも力を入れて、みんなで一緒にがんばりましょう!2日間ありがとうございました。

今回、ゼミ合宿に行くまで、卒業論文についてあやふやで焦りだけが残る…という状態になっていました。そのため、合宿に行ってゼミのみんなと進め方を確認したり先生からアドバイスをもらったことで、今までより卒業論文の執筆に前向きになれたことが何よりも良かったことです。良い景色と美味しいごはんも食べられて、夏の良いリフレッシュにもなりました。
卒業論文の完成まで、またゼミのみんなとがんばりたいなと思います!

東京社会調査研修 第2回農業体験報告 [2017年08月17日(木)]

アクティブ・ラーニング科目「東京社会調査研修」では、6月3日(土)の農業体験に引き続き、7月22日(土)に2回目の農業体験を、前回と同じく世田谷区桜丘にある都市農園「中杉キッチンガーデン」で実施させていただきました。

中杉さんから仕事内容を聞いて作業開始

中杉さんから仕事内容を聞いて作業開始

午前中は、中杉さんの農園で、残っているサヤインゲンの収穫と、インゲンのつるを網からはずして片付ける作業を行いました。

はじめに残っているインゲンを収穫する

はじめに残っているインゲンを収穫する

インゲンのつるを網からはずしていく

インゲンのつるを網からはずしていく

昼休みを挟んで、近くにある桜丘すみれば自然庭園に移動し、部屋をお借りして、農園園主の中杉玲子さんから、都市農業を営む苦労や楽しさについてのお話を伺いました。

桜丘すみれば自然庭園での講義風景

桜丘すみれば自然庭園での講義風景

以下に学生の体験談を掲載します。(Y.J、M.K)

– – – – – – – – – – – – – – – – –

7月22日に世田谷区の中杉玲子さんが営む農園、「中杉キッチンガーデン」にて二度目の農業体験をさせていただきました。
今回農業体験をしたのは2年生のメンバー6人です。私たちは収穫時期の過ぎたインゲンのつるを網から外す作業を行いました。

野菜を育てるのも大変な農業ですが、収穫後の後片付けを行うことも重要な作業のひとつであることを知りました。インゲンは2列に並んでおり、ハサミで網を切らないよう気をつけながら作業が行われました。つるを支柱から外すのは、力も入り、夏の暑い時期での作業は本当に大変でした。大人数での作業にも関わらず、1時間半で終わる予定が2時間以上かかってしまいました。しかし、つるを少しずつ外していき、綺麗になった畑を見ると達成感がありました。

つるを網からはずすのは大変な作業です

つるを網からはずすのは大変な作業です

帰りにその日に取れたインゲンと中杉さんから赤紫蘇とトマトをいただきました。中杉さんから赤紫蘇はジュースやゼリーにすると美味しいとアドバイスを受け、家に帰ってすぐ作ったところ、色も綺麗で夏にぴったりの味でした。暑い日に飲むしそジュースは本当に美味しかったです。
中杉さんからは、野菜を収穫するときの採り方の工夫やスーパーで新鮮な野菜を見分ける方法、調理をするときのポイントなども教えていただきました。また、中杉さんは女性ならではの作物の育て方をしています。収穫する際にキャベツや大根など重たい作物は運ぶのが難しいということで、しそやインゲン、トマトなどを育てているということです。

IMG_3077

 

赤紫蘇を収穫する

赤紫蘇を収穫する

農業体験実習は今回で終わりですが、この実習は農業の大変さや楽しさ、都市農業を知るとても良い機会になったと思います。中杉さん、堀さん、大江さん、本当にありがとうございました!

(S.H., Y.S., M.S.)

– – – – – – – – – – – – – – – – –

7月22日(土)の午後には、農業体験をさせていただいた中杉玲子さんから、都市農園についてのお話を伺いました。(お話の最中には、中杉さんの農園で採れたシソを使ったジュース、ゴーヤやきゅうりなどのサラダとお漬物をいただきました。とっても美味しかったです!)

桜丘すみれば自然庭園での講義風景

桜丘すみれば自然庭園での講義風景

中杉さんが赤紫蘇のジュースとゴーヤのサラダを作ってきてくれました

中杉さんが赤紫蘇のジュースとゴーヤのサラダを作ってきてくれました

都市農園は、限られた土地でいかに効率よく栽培、収穫、販売を行えるかが鍵となります。地方の大きな農場であれば、その土地の気候や土壌に合った作物を大量に作ることができます。しかし、都市農園は規模も小さく、周囲を住宅(消費者)に囲まれているため、このような手法は不向きです。そのため、作物の種類を増やすことで、スーパーや他の農園との差別化を図り、リピーターを増やすことを目標としています。

中杉さんの農園では、具体的に、レタスやきゅうりが入ったサラダミックスや、観賞用植物などを販売されており、季節や天候に合わせながら数多くの作物を栽培していらっしゃいます。近隣の方や提携しているレストランからは、このような販売方法が人気で、都市農園ならではの工夫であると中杉さんはおっしゃっていました。

農業は休みなく作物の成長を気にかけなければならず、体力的にも大変なお仕事だと思います。しかし、農業体験や今回のお話から、中杉さんは大変さ以上に、農業をすることの楽しさややりがいというものを感じておられることが伝わってきました。私たちも、「農業=大変な仕事」というイメージだけで判断するのではなく、実際に体験することで得られる新たな発見や、楽しい!美味しい!という気持ちを大切にしていくべきだと感じました。

無事作業が終了!

無事作業が終了!

中杉さん、チーム玲子の皆さん、貴重な体験を本当にありがとうございました! (Y.N)

足跡つなごう! CLA~聞かせて先輩!! [2017年08月08日(火)]

みなさん、こんにちは。今回は7月26日(水)に開催された「足跡つなごう! CLA・聞かせて先輩!」の紹介をします。

「足跡つなごう!」は現代教養学科オリジナルのキャリア支援イベントです。年に2回、7月と12月に、学科卒業の社会人の先輩をお招きして、就職活動や社会に出て働くことなどについて、ざっくばらんにお話を聞くというものです。

DSCN6054

今回、お話をしてくれた卒業生の方は、IT、商社、建設系での勤務経験のある3名でした。みなさん、とても気さくに在学生と話をしていただき、ご自身の経験をもとにたくさんのアドヴァイスをしていただきました。この場を借りて、参加された卒業生の方々に厚く御礼申し上げます。

在学生の方はというと、7月下旬という、大学生にとっては期末試験やレポートなどで1年の中でも1、2を争うほどの大忙しのさなか、1年生から3年生まで12人の学生が参加しました。

DSCN6075

在学生の感想をいくつかご紹介します。

「今回は3名の先輩方にお話を伺ったが、仕事に出会うきっかけは様々であると気付いた。自分では考えもしていなかった職に就かれている方がいらっしゃると知り、自分の関心のある分野にこだわらず、常に幅広い視野で職探しをする必要性に気付いた」(2年生)

 「今回、OGの方々の話を聞き、改めて自分の将来について考えることができた。将来、やりたいことが見つからないというのが私の悩みだったが、OGの方にそれを相談すると『それは良いことでこだわりがない分なんにでもなれるし色々な業種を見ることができる』と言われた。確かにその通りだなと思った」(1年生)

「先輩にどんな仕事が合うのか分からないと相談したところ『明るく笑顔がステキだから営業向いてそう』というありがたいお言葉をいただいたので、営業についても調べたいと思いました」(3年生)

みなさん、将来についての悩みを遠慮なく先輩にぶつけることができたようです。今回も学生それぞれにとって、自分の将来について深く考え始める良い機会になったようです。

DSCN6068

「足跡つなごう!」はその名の通り、現代教養学科を卒業されていった先輩方の足跡を、後輩のみなさんにつないでいこうというものです。今回、参加した在学生のみなさんには、ぜひ納得のいく卒業後の進路を見つけていただき、将来、今度は自らの足跡を後輩につないでいってほしいと思います。
                                                      (T.O)

8/2【図書館学課程】~夏の国立国会図書館見学 [2017年08月07日(月)]

本学科図書館学課程の図書館見学第2弾が、8月4日(金)に実施されました。この度の場所は、永田町にある国立国会図書館です。司書科目を履修中の学生13名が参加しました。
国立国会図書館では納本制度により国内の出版物を網羅的に収集し、蔵書は1000万冊を超えています。国会・国会議員、行政・司法各部門、日本国民をサービスの対象としています。
まず初めに国会図書館の概要を知るために広報用のビデオを視聴しました。このビデオは「国立国会図書館公式チャンネル」として、YouTubeで見ることができます。

https://www.youtube.com/channel/UCHpDnv60i1LxOszXgBSE7DA

そして、いよいよ見学です!次の順序で見学させていただきました。
①本館入口 利用者登録制度についての説明
②本館書庫に関する説明 本館複写カウンター
③人文総合情報室 科学技術・経済情報室
④新館入退館カウンター辺りから 新聞閲覧室・議会官庁閲覧室・音楽・映像資料室
⑤新館複写カウンター 気送管(エアシューター)・気送紙の説明
⑥新館書庫 光庭 マイクロフィルム・マイクロリーダー・マイクロフィッシュの説明

新館書庫に入る際には、シューズカバーをしました。その理由は、新館書庫に、チリ・ホコリを入れないためです。

国会1

シューズカバーをはめました。

新館書庫には、光庭が設けられていました。当館は地上4階、地下8階建てであるため、 地下最下層まで外光が届くように配慮されているのです。

国会2

地下8階から上を見てみました!

国会3

光庭の説明を受けながら・・・全員がシューズカバーをはめています。

光庭では、唯一写真を撮ることが許されましたので、見学者全員で記念写真を撮りました。

IMG_3623

新館書庫のメリットとして、次の二つを知ることができました。
①外気の影響を受けにくく、一定の温度と湿度を保つのによい(常時、気温22度 湿度55%)。
②地震に強い。
東日本大震災の際、本館では180万冊の本が書棚から落ちたそうですが、新館では1冊も落ちなかったそうです。

約2時間の見学でしたが、時間が経つのを忘れるほど充実したひと時でした。

(I)

【シムゼミ】国籍・民族・世代を超えた交流をしてきました! [2017年08月04日(金)]

こんにちは!シムゼミ3年の吉野です。

今回シムゼミでは、7月29日(土)に渥美国際交流財団・鹿島新館ホールにて行われた関口グローバル研究会(SGRA)の討論カフェに参加してきました。

SGRAカフェは毎回、良き地球市民の実現を目指す首都圏在住の世界各国の方に毎回気軽に集まっていただき、講師のお話を伺う<場>として開催されています。10回目となった今回のカフェでは、昭和女子大からはシム先生を含め10数名の学生が参加したこともあり、今までの中で一番の参加者数になったそうです。

SGRAについてのより詳しい説明は以下のHPをご参照ください。:http://www.aisf.or.jp/sgra/whatis/

さて、今回のテーマは「産まれる前から死んだ後まで頑張らないと?『妊活』と『終活』の流行があらわすもの」でした。

シムゼミ1

シムゼミ2

まずは講師のライプチッヒ大学・東アジア研究所のムラデノヴァ・ドロテアさんと東京外国語大学・総合国際学研究所のファスベンダー・イザベルさんのお話を聞き、その後近くの方々とテーマの「妊活」と「終活」についてディスカッションをしたうえで各グループの代表がそれぞれの見解を発表しました。「妊活」は女性だけの問題なのか、女性である以上は子どもを産まなければならないのか、「終活」は自分のためなのか、それとも家族に迷惑をかけたくないためなのか、でも迷惑をかけてもいいのが家族なのではないのか、などなど興味深い意見をたくさん聞くことができました。

シムゼミ3

シムゼミ4

シムゼミ5

また、嬉しいことに、カフェが終わった後はBBQパーティーもあって、参加者の方々が用意してくださった世界各国の料理だけでなく炭火で焼かれたお肉、お野菜と海の幸を美味しくいただきながら交流をさらに深めることができました。

シムゼミ6

シムゼミ7

シムゼミ8

私は今回のような、外国人の方々と国境、民族や世代を超えて、自分達の身近な社会問題について話し合うことを初めて経験しました。ディスカッションの時間では、初めは自分の意見を伝えるのに少しためらいましたが、違う国によって異なる意見が飛び交ったことから刺激を受けて、私も自分の意見を発信したくなり、たくさん発言することができました。

このような多様性に富む有意義な<場>に自らまた積極的に参加し、自分のこれからに活かしてしっかりと「自活」していこうと心の中で固く決めました!

 (記事:シムゼミ3年・吉野)

 

8/2【図書館学課程】~夏の国際子ども図書館見学 [2017年08月03日(木)]

現代教養学科には図書館学の資格課程が配置されています。(「図書館司書」と「学校図書館司書教諭」の2種類があり、全学部学科の学生が履修できます)
例年、前期授業が終わった後の8月第1週に図書館見学を行っており、今回は8月2日に国際子ども図書館の見学に、「図書館司書」の資格取得を目指す学生11名と行ってきました。

IMG_3617
旧帝国図書館として使われた建物であるレンガ棟と、同敷地内に2015年に新しく建てられたアーチ棟からなる国際子ども図書館は、国内外の児童書に関する図書館サービスを行う国立の児童書専門図書館(国立国会図書館の支部図書館)です。
図書館のサービス内容やテーマごとに分けられた各部屋を説明いただきながら、多彩で貴重な資料も手に取ってみることができ、普段は入れない書庫も見学させていただきました。東京都選定歴史的建造物に指定されているレンガ棟では、建造物としての見どころや保存にあたってのさまざまな工夫やご苦労などについてのお話もうかがえました。

IMG_3608IMG_3610

改修にあたっては創建当時のものを補修の上保存されていて、外観も含めて見学し学べるように図られている点、特に建物本体をそのまま保存するだけでなくつくられた方法も保存しつつ、図書館としての必要な機能も充足するように工夫されているということについては、お話をうかがって驚くばかりでした。

IMG_1185IMG_1186

 

学生の感想が届きましたら、またブログへお届けします!

前期終わりの国際関係論3年ゼミの一日 [2017年07月31日(月)]

7月29日(土)午前、試験、レポートも山場をおそらく越えた土曜日、グローバル・スタディーズ・グループでは、定例のオープンセミナーを開催しました。今回は外部講師をお招きして、テーマは、「サッカーで越える国境」、学生時代から始めたサラエヴォでの活動をご紹介いただきました。

午後は、神田神保町の三省堂本店にて、国際関係論3年ゼミで選書ツアーを実施、思っていた以上に楽しそうに国際関係分野の選書に取り組みました。(S.S.)

学生の感想を紹介します。
~オープンセミナー~
あまりよく知らないユーゴスラビアでしたが、少しでも理解を深めることができて良かったです。もっと他の国のことも知っていければといいな、と思っております。最初は堅いお話なのかと思っていましたが、作業や話し合いを通じて非常に楽しく学ぶことができました。スポーツを通じて仲間意識が生まれるなんて素敵ですね。

~選書ツアー~
自分の選んだ本が大学の図書館に並べられる…貴重な体験をさせて頂きました!普段は読まないような専門書や珍しい本も見ることができて嬉しかったです。国際関係の本を中心に探しましたが、その分野だけでも量が多くて驚きました。
(I.K.)

今日は午前にグローバルセミナー、午後は選書ツアーと盛り沢山の1日でした。
グローバルセミナーではボスニア・ヘルツェゴビナの内戦の実情や、講師の森田さんが民族問題を解決するために行っているサッカーチームプロジェクトの話をお聞きしました。私は今日の話を聞くまでボスニア・ヘルツェゴビナという国を詳しくは知りませんでした。しかし、今日の講義を聞いて、ボスニア・ヘルツェゴビナの内戦や未だに残る民族問題についてもっと深く知りたいと思いました。また、ここまで複雑に絡み合った民族問題をスポーツの力を使って解決しようという森田さんのアイディアをとても素敵だと感じました。今回の講義で実際に紛争問題を解決するためにはどうすれば良いか、というグループワークを行いましたが、私も物事を多角的に捉えて色々なアイディアを生み出せる人になりたいと思いました。今回の講義で沢山の興味や知識を得られたので今後の学習に活かしていこうと思います。森田さん、今日はお忙しい中貴重なお話をありがとうございました!いつかボスニア・ヘルツェゴビナの街を観光したいです。

選書ツアーでは神保町の三省堂さんの協力の下、大学の図書室に新しく入荷する本を自分達で選びに行きました。私は国際関係論ゼミに所属しているので国際問題に関連する本を主に選んだのですが、意外と本選びとは難しいものであまり多くの本を選ぶ事が出来ませんでした。ですが本を選ぶのは面白く、自分の興味ある分野の本との出会いもあり、自分が選んだ本が選出されて大学の図書館でまた出会えたら嬉しいな、と思いました。普段じっくりと本屋を徘徊する時間がないので今日は沢山の本に触れる貴重な経験となりました。ただ、本を選ぶだけでなく自分で読む事も大切にしたいと思います。
(K.A.)

~選書ツアー~
今回初めて三省堂書店本店に行きました。6階全てに本があり、図書館のようでわくわくしました。専門書に目を通すことは、普段あまりないことなのでいい経験になりました。自分が選んだ本が図書館に貯蔵されるのが楽しみです。機会があったら他の本屋さんの本店にも行きたいと思います。

~オープンセミナー~
学生時代から活動を続けていることに驚きました。話を聞くだけでなく、グループワークを行うことで今回の話をより深く楽しく学ぶことができました。私もひとつのことを極めようと思いました。
(N.H.)

~オープンセミナー~
1つのきっかけで、大学進学を決め、学生時代から活動をされていたということに驚きました。
実際に、紛争を解決するための課題を与えられ、グループでアイデアを出し合うとき、難しく考えがちでしたが、意外に簡単なことが解決に繋がっているんだな、と感じました。
写真で見せていただいたボスニアヘルツェゴビナの街はとても綺麗だったので、いつか必ず訪れてみたいです!

~選書ツアー~
普段から本を探すときは、まずネットで調べて、何を買うか決めてから書店に行くので、書店で実際に手を取りながら 本を選んでいくのは新鮮でした。
あまり見たことのないコーナーにも行けて、自分の興味と合う本があり、たくさんまめっぴを押してしまいました!
本が選ばれて図書館に所蔵されるのが楽しみです。
(O.S.)

午前中のグローバルセミナーで、みんなで話し合いながら、ボスニアヘルツェゴビナの民族について学ぶことができました。️ 子供たちが民族を越えてサッカーをすることで、民族同士の壁が無くなり、仲良くなることはとても素晴らしいと思いました。また、その保護者同士も子供たちのサッカーを通じて交流を持ち、友達になっていて、スポーツの力はすごいなと感じました。

選書ツアーでは、国際関係の本がたくさんあり、選書するのがとても楽しかったです!
帰りに行ったたこ焼き屋は美味しかったです。今回は残念ながらソフトクリームを食べられなかったので、次回は食べたいです!
(I.Y.)

1 2
 3  4
 5

 

地域社会の活性化(農村)お漬物&非常食大試食会! [2017年07月31日(月)]

こんにちは、現代教養学科3年の佐々木です。今回は私が履修している授業についてお伝えしたいと思います!

7月27日は木曜4限“地域社会の活性化”最後の授業日でした。ということで、履修者全員で先生が持ってきてくださったお漬物やご飯の大試食大会を行いました!!

buroguyou1buroguyou2

京都の“すぐき”や長野の“野沢菜”、名古屋の“守口漬”などをはじめとする11種類のお漬物、お水またはお湯を入れるだけで食べられる災害時用の非常食ご飯2種類、秋田の小豆でできたお菓子もろこしなど全国のお漬物や特産品をみんなでおいしくいただきました。

buroguyou4DSCN6113

特に盛り上がったのは、終盤に先生が配ってくれた兵庫県の超高級黒豆、“丹波の黒豆”!!と言えば丹波!の高級感あふれる大きな黒豆の粒、とっても甘くておいしい味付けに学生一同大興奮でした^^その他にも中にくるみの入った信州味噌など、普段はなかなか口にすることのない食材がたくさん出てきて戸惑ったチームもあったようですが、私のチームは大変おいしく完食させていただきました。

buroguyou3

授業内では地域、特に農村地域に着目したまちづくりについて学習してきましたが、事業だけに注目するのではなくその地域特有の特産品を知り、そうした商品を買うことでも活性化につながるということを最後に学ばせていただきました。

buroguyou5

私もスーパーの安い食材ばかりではなく、地方のアンテナショップやデパ地下などにも足を運びいろんな地域の特産品にも目を向けるようにしようと反省しました。

是非皆さんもたまにはいつもと違ったスーパーへ行って普段食べないような地域(農山漁村地域の)の食材にも注目してみてください^^

ブログ筆者 現代教養学科3年 佐々木

【瀬沼ゼミ】選書ツアーを行いました! [2017年07月23日(日)]

こんにちは、地域環境デザイン論ゼミ(瀬沼ゼミ)4年の長田です。
今回瀬沼ゼミ4年生は、神保町にある三省堂書店を訪れ選書ツアーを行いました。

sennsho4
このツアーでは学科の専門資料が充実することを目的に、学生の手で大学の図書館に所蔵する本を選びました。

sennsho3

sennsho1

sennsho2
卒論執筆中ということもあり、皆熱心に本選びを行っていました。

sennsho5
その後、神保町と言えばカレー!と言うことで、チキンカレーで人気のマンダラを訪れました。美味しいカレーを堪能しました。

瀬沼ゼミ 長田