現代教養学科 柿もぎ体験記 -東明編- [2014年10月17日(金)]

学寮2日目の労作で、学林外の町道清掃を行いました。そのお礼に、地元で農業を営む方から、ぜひうちの柿をもいで食べてほしいというお申し出があり、学生有志30名ほどを連れて柿をいただきに出かけました。
学林から徒歩7~8分、坂道を下ったところにある柿園で、まず地主の小宮さんから柿もぎのポイントと注意点を聞き、各自が「取り頃」と思われる柿をもいでいきました。当初は50~60個程度だろうかと予想していましたが、終わってみれば何と200個を超える大収穫でした。
一部の柿は、早速皮をむいておいしくいただき、残りをお土産に持って帰ることにしました。小宮さんと東明学林の方々に、厚くお礼申し上げます。

(記事:Y.J.)

学生のために先生方が柿をむいてくれました!とっても甘い柿です。ありがとうございました。