2019年7月

図書館で使ったことがありますか? [2019年07月26日(金)]

PCの様に見えますが、キーボードがありませんね。

これは、図書館の入り口付近に設置されている、図書の自動貸出返却機です。貸出カウンターに書籍を持参して手続きをしなくても、この機械で簡単に手続き完了です。学生証や教職員証があれば、それを指定通りに右下の部分に置き、借りたい本を平な所に本の背を奥にして置くと、瞬時に手続きが終わります。かなり前から設置されていたので、すでに使われている方も多いでしょう。もし、まだ使ったことが無い方は、夏休みに読みたい本をこの機械を使って、是非、借りてみてください。8月は、8日(木)から16日(金)と、土・日(3日は開館)以外は開館しています。また、9月は16日(月),17日(火),23日(日)と土・日は基本的にお休みですが、21日と28日の土曜日は開館しています。

さて、白いカゴに入っているバッグは何だかわかりますか。

図書館内で、コピー機を利用するときに財布などの貴重品を手に持っていると、つい、机に置いたままにしてしまうこともあります。そこで、図書館では、このバッグを準備しています。館内で貴重品を持ち歩くためだけでなく、書籍を複数冊借りた時に、それを持ち帰る際にも使ってよいのだそうです。毎回返却せずとも何度使っても良いのだそうですが、ほとんどの皆さんが、返してくださるのだそうです。嬉しいですね。

次の写真の左側に写っているのは、アクアリウムで、小さな熱帯魚が元気に泳いでいます。

見ていただきたいのは、右にあるカゴです。利用したことがあるでしょうか。最近はレストランなどでよく見かけますね。実は、荷物を隣の座席に置いて本を読んだりレポートを書いたりする方も多く、図書館の席が見つからないほど座席が埋まってしまうこともあるようです。どうしてもバッグなどは、身近に置いておきたいものですから、そのために、座席の近くや足元にこのカゴを置いて、この中に荷物を入れてもらおうという図書館の計らいで置かれています。このカゴが全部出払うほど、たくさんの利用者があるといいですね。

夏休み、何冊の本を読破しましょうか。是非、目標を立てましょう。暑い夏になりそうですが、涼しい図書館で、「頭」と「心」を鍛える時間も大切にしたいものです。

スマートストアってどんな店のこと? [2019年07月19日(金)]

 最近耳にするようになった「スマートストア」とは、モバイル、クラウド、センサー、AIなどの各種デジタルテクノロジーを駆使した未来型の店舗のことです。
7月下旬に㈱ダイエーと昭和女子大学が連携して、キャンパス内で、その実証実験を行います。レジを通すことなくキャッシュレス決済が可能な「ウォークスルー決済」が体験できます。この仕組みは、クラスメソッド株式会社が提供してくれるもので、次の様な仕組みになっています。

<ウォークスルー決済の仕組み>

① まず、スマホにQRコードをダウンロードしておく。
② ダイエースマートストアにスマホアプリのQRコードをかざして、入店。
③ 店内で商品を手に取ると、各種センサーが、商品を記録する。
④ 商品を置いたエリアを出ると、センサーの働きで、持ち出した商品について自動的にクレジットカードで決済が完了する。

商品を購入する側にとってはレジの待ち時間がなく簡単に購入ができ、また、店舗側も消費者の購入行動を把握できるので、マーケティングに役立つ情報が得られ、両者両得の新しい形の店舗ということになりますね。
場所は昭和女子大学8号館1階学生ホールにあるゆうちょ銀行ATMの隣で、対象商品は50品目ほどの菓子類です。7月22日(月)から31日(水)まで体験できる予定です。夏休みに入る前に、是非、これからの新しい店舗として期待されているスマートストアで、ウォークスルー決済を体験してみてください。

鉢の周りで何をしているのでしょう [2019年07月12日(金)]

朝8時少し過ぎごろ、こんな光景を見ました。

正門を入って続くアプローチの歩道に沿って、昨日までは白い鉢の中央にコキアだけが植えられていたのですが、今朝はその周りに色とりどりの日日草を植えてくださっている途中でした。学園の朝、学生生徒児童園児の皆さんが登校するずっと前から、キャンパスの環境整備のために、いろいろな所で仕事をされています。
学園本部館前のロータリーの所にも、コキアの周りに植える白、ピンク、赤の日日草が3株ずつ、ビニール鉢に入ったまま既にセットされていました。

どの鉢も同じ植え込みのデザインで、鉢の中央にあるのがコキアです。ホウキギグサとかホウキギとも呼ばれているようです。秋に葉を落とした後の枝を束ねたものをホウキとして利用するので、その名がつけられました。秋になると実がなり、その実が食用にもなるそうで、江戸時代にはたくさん栽培されていたそうです。秋田県名産の「とんぶり」をご存じでしょうか。「とんぶり」は、このコキアの実から作ったものだそうで、キャビアに似た食感でおいしいですよね。これから夏の間は葉の色はきれいなグリーンですが、秋になると赤く紅葉します。 

 コキアの周りに植えられている日日草はアフリカのマダガスカルが原産地とのこと。5月から10月ごろまで半年間も次々とたくさんの花を付けるので、この名がついたそうです。

最後の写真は、光葉博物館入り口で咲いている日日草です。梅雨の晴れ間を喜んでいるようにきれいに咲き誇っていますね。日日草の花ことばは「楽しい思い出」。大学は前期の締めくくりの時期になりました。今年の前期、楽しい思い出はたくさんできたでしょうか。

Tのマークは何でしょう [2019年07月05日(金)]

 三軒茶屋の駅から本学方面に歩き、ダイエー三軒茶屋店の前を過ぎて左に曲がるとこの景色が見えます。新しい建物です。

 TはTemple UniversityのTです。西キャンパスの校舎の建築は7月には内装も終え、いよいよ8月にはTUJの引っ越しが始まります。

 テンプル大学のスクールカラーはエンジです。写真の中央にスクールカラーの壁が見えますね。そこがTUJの入り口のようです。

 この通りに沿って、ガラス張りのラウンジや教室が並んでいます。
 昭和のこども園の通りに突き当たって、左に曲がると左手に、上の写真で見た校舎の反対側の教室の窓も見えます。

 そのまま少し歩くと、こんな光景が見えました。

 工事の資材を次から次へと運んでいるようです。ここは、体育館とプールの建物です。この左奥に広場がありますが、工事中の場所の奥になるので入れず、残念ですが広場の写真はありません。

 私がTUJの博士課程に通っていたころの小さくて狭い校舎のことを思い出すと、これからこの新しい校舎で学ぶTUJの学生さん達は、とても幸せだなと思います。そして、昭和学園も待ちに待った新しい体育館やプールをもうすぐ使えますね。附属は9月から、大学は10月からの新学期が楽しみです。