2018年1月

第3期生・ドイツ留学便り~ライプツィヒ大学 11月編~ [2018年01月30日(火)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
学校の予習はホームワークしか行っていませんが、復習を徹底的に行っています。その日習ってわからなかった単語知らなかった単語をその日に覚えます。また一度解いてできなかった問題をきちんとやり直して復習をしています。また文法についても習ったものを身に着けられるように、新しい問題を探して復習として解いています。自習としては、日本から文法の教科書や日本で使っていたプリントを持参しているので、私はそれを使って自主的に文法のおさらいなどをしています。

<寮での生活で大変なことは何ですか>
寮生活で大変なことは、何事も一人で決断し一人で生活することです。寝坊しても誰も起こしてくれる人などいませんし、ご飯が食べたくても自分で買いに行ったり、作らなければいけません。ある意味自立した生活をするのが、一人暮らしが未経験な私には正直初めの方ではつらかったです。しかし最近はルームメイトが新しく入り、優しく親切な方なので楽しく生活しています。初めは慣れることに苦労すると思いますが、慣れてきたら大丈夫だと思います。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月の一大イベントは、今週の水曜日の祝日にポツダムに行くことです。ベルリンは先月行ったのですが、近郊のポツダムにはまだ行ったことがなく、歴史的な建造物がたくさんあると聞いたので、とても楽しみにしています。このじきのドイツは日本と比べ物にならないくらい寒く風邪をひかないように防寒対策をしっかりしていきたいと思います。来月はクリスマスがあるとともにまたクラスのテストがあるので、早めに準備したいと思います。

ポツダムにあるサンスーシー宮殿

ライプツィヒのクリスマスマーケット

クリスマスツリーと観覧車

観覧車から見た景色

☆S・M☆

第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その4~ [2018年01月28日(日)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
予習は、次回の範囲の教科書に目を通して、新出単語を調べて、理解できない部分があったら、先生に質問できるように印をつけるようにしています。復習としては、授業のノートを見返して自分でまとめ直すこと、授業内でやったことと同じことをもう一度一人でやってみて、理解できているかの確認をするようにしています。そして、文法事項でまだ理解が足りないと思った部分について、日本語の文法書を読んだり、ワークなどで勉強するようにしています。また、時間があるときには単語帳や検定の本で勉強しています。

予習・復習に使っている教科書など

自分の部屋の壁(単語を付箋に書いて貼っています)

ほぼ毎日利用している近所の図書館

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
家族とご飯を食べるときに、会話になかなかついていけないことです。ホームステイ先の生活にも慣れ、語学力はついてきても、まだまだネイティブの会話を全て理解して自分からそこに入っていくことが難しく感じています。少人数での食事の際には、以前よりは自分から積極的に質問をしたり、話したりできるようになりましたが、人数が多かったり、家族だけで日常会話をしている時には、まだまだ私には理解ができないことが多く、話題についていけないことが辛いと感じることがあります。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
授業の中で初めて1人でプレゼンをしたことです。私のテーマは「日本とスペインの若者の生き方の比較」であった為、下調べからパワーポイントの準備、原稿の作成、暗記まで、ホストファミリーやスペイン人の友達にたくさん協力してもらいました。当然、全てスペイン語を使いながらインタビューをしたり、添削を頼んだりしたため、最初は大変で上手くいかないこともありましたが、試行錯誤をしながら準備を進めていき、非常に力がついたと思います。プレゼン当日も、前もってしっかりと準備や練習をした成果を発揮して、落ち着いて話すことができました。

プレゼンに使用したPowerPoint

☆N・N☆

第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その3~ [2018年01月26日(金)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
授業の復習としては、文法などノートに書き留めたものを自分なりに綺麗にまとめてスペイン語で文法を説明するノートを作ったりしています。授業中に出た覚えておいた方がいいと思う単語やわからなかった単語の意味調べをして単語帳を作るようにもしています。予習は出された宿題以外には特にやってないので復習を主にしている状態です。自習としてはスペイン語の絵本を翻訳したりしてできるだけ楽しみながら勉強しようとしてます。今後はスペイン語の映画も観たりして使えるスペイン語を多く覚えれるようにしたいと考えてます。

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
当初よりも普段の会話はスムーズに進むようになってきたので日常生活を送る分には特に不便は感じてないです。まだホストファミリー同士で話してる時の会話は早くて聞き取ることは多くできませんが比較的以前よりは話せるようになったと思います。距離も前より近づいた気がするのも嬉しいです。ホストファミリーが出かけていたりで用事がある日が続くと洗濯を回すことができず数が足りなくなったりすることは不便ですが、やり方は教えて貰ったので本当に困った時は自分で回そうと思っています。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
日西交流会で知り合ったスペイン人の友人と近場に出掛けてみたり、そのスペイン人の友人の日本人の友人と知り合ったりとスペインでの輪が広がったと思います。そのため、新しく知り合った他大学の友人と交流して様々な経験や話を聞く機会が11月は多かったと思います。日本に帰っても交流したいような素敵な方々と出会うことができたり、アルカリングアでできた中国人の友達との仲も以前より深まったりした充実した月だったと思います。スペインで仲良くなった友達とは互いに帰国しても時々交流できるといいです。

スペイン人の友達と他大の日本人学生とトレドへ

中国人の友達と観光へ

アルカリングアの近くにある香港料理屋さん

El-Corte-Inglésのイルミネーション

 

☆A・U☆

第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その2~ [2018年01月24日(水)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
授業の復習は、授業中に書き留めたノートを見返して、もう一度まとめ直しています。毎日新しい単語に触れるので、日々の積み重ねが大切だなと感じています。自習では、今回のテストの復習をメインにしています。文法のテストは現在完了形と点過去形の不規則活用が間違っていたり、穴埋め問題、薬局での応対の描写のミスがあったので、間違った問題や文法の復習をしています。オーラルのテストは冠詞・不定冠詞の復習、時制による動詞の活用、gustar形と現在形の答え方の違いの使い分けのミスが目立ったので、それらを集中的に行うようにしています。また、授業中に新しく習った単語や、家族やスペイン人の方々と話したときに聞いた単語を話す際に意識して使うようにしています。

机の前のコルクボードに新しく聞いた単語をメモ

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
困っていることは特にありませんが、洗濯が週に1回だけなので、下着や運動用の服は2日に一回自分で手洗いしています。ホームステイ先のママは「洗濯物があるなら言ってね」と言ってくれるのですが、なかなか2、3日に一回洗ってほしいとはいえません。それは文化の違いなので受け入れるようにしています。同時に日本人は本当にまめだなと思います。また、部屋に暖房がないためすごく寒いです・・・。私の部屋は屋根裏部屋なので階段と部屋の仕切りがなく、リビングの暖炉の熱気が上がるはずだとママは言ってくれるのですが、やはり自分で暖かいふくを着込んだりする工夫が必要だなと感じています。布団が薄くて毎晩寒さに耐えながら寝ていたのですが、今日ママに「夜寒くない?」と聞いてくれたので布団をもっとほしいことを伝えました。今回はママが聞いてくれたから問題は解決しましたが、これからは自分から願望を言わなければいけないなと思いました。

家の中にある暖房機

部屋の様子

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
アトレティコマドリードの選手と写真を撮ったことです。友達と公式練習場に行ったのですが、すでにAチームの練習は終わっていて会場は閑散としていました。周囲を散策しているとBチームのコーチが話しかけてくれて、Bチームの練習が数時間後にあることを教えてくれました。せっかくの機会ということで、時間まで待って練習を見に行くと2人のおじさんが練習を見ていました。彼らは選手のお父さんで、写真を撮りながら一緒に観覧していました。フェルナンドトーレスに会うために来たけどもう練習が終わっていた旨を伝えると、1時間後に空港に行くために選手が集合することを教えてくれました。そして、私たちはフェルナンドトーレス、サウール、グリーズマンと写真を撮ることができました。様々な偶然が重なって大好きな選手に会うことができたのは一生の思い出です。そして、現地の方々とコミュニケーションをとることの大切さを痛感しました。

アトレティコマドリードのフェルナンドトーレス選手

アトレティコマドリードのサウール選手

☆H・S☆

第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 11月編・その1~ [2018年01月22日(月)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
授業の予習に関しては、次の授業で学ぶ予定のページの単語を調べています。授業中はできるだけ辞書を使わない方針の先生なので、事前に調べておいた方が授業を理解しやすいです。復習に関しては、その日学んだことを家に帰ったからノートにまとめ直しています。授業中は時間が無くてうまくノートを取ることができず、いつもメモ程度です。帰った後に見直しながらまとめ直すことによって、その日学んだ内容も復習できるし、理解できていない点も見つけることができます。自習に関しては、本や新聞を読むようにしています。そのおかげで語彙力も増えていると思います。

<ホームステイ先での生活で大変なことは何ですか>
ホームステイ先で大変なことですが、現在は大変だと感じることはほとんどないです。最近ではホストファミリーの会話もほとんど理解できるようになり、わからないことの方が少ないので、とても楽しく過ごせています。ただ現在は午後授業のため、昼食の時間が自分だけ違うので家族と過ごす時間が少し減ってしまいました。ですが、夕食後に一緒に映画を見たりして一緒に過ごす時間をできるだけ増やすようにしています。ホストファミリーの親戚の方にもとても良くしてもらっています。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月はクラスが同じで親しくなった中国の友人と出かけたことが大イベントでした。定期券を使ってSan Lorenzo del Escorialに中国人二人、日本人二人の四人で出かけました。会話するときは当然スペイン語なので、日本人同士で出かける時よりもたくさんスペイン語を使いました。お互いスペイン語の能力はまだまだなので、行く前は意思の疎通が正しくできるか少し不安でしたが、特に困ることもなく楽しい一日を過ごせました。彼らはとても日本に興味を持ってくれていて、お互いの国の話をするのも楽しかったです。

San Lorenzo del Escorialの景色

San Lorenzo del Escorialの景色2

San Lorenzo del Escorialの街並

バスターミナル(マドリードへ)

☆K・A☆

第1期生・ベトナム留学便り ~ベトナム国家大学ハノイ校 11月編・その3~ [2018年01月20日(土)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
予習は主に、次にやると言われているところの読解、ともに新出単語の意味調べをしています。またわからない文法なども特出しておいています。文法を中心的にやる授業の復習は習った単語を単語帳に追加する。文法をまとめることをしています。会話中心授業の後は、その日やった会話を思い出して書き出しをします。自習は、単語をまとめて、単語帳をつくっています。また単語帳をアプリに移してテストをしています。毎日ではないですが3日ごとや先生ごとにまとめてやるようにしています。

授業で使っている教科書

<食生活について教えてください>
朝ごはんは、屋台でサンドイッチを買います。サンドイッチといっても日本でいうケバブによく似ています。ベトナムはパンに具が挟まっているものは全部バインミーと言います。私が毎日朝に食べているのは、豚肉と千切りになった人参と大根とキュウリが入ってるものです。時々オムレツが挟まっているものもを食べたりします。お昼はほぼ毎日ごはんとおかずを数種類選んで食べるものを食べています。夜ご飯は食べたり食べなかったりで、食べるときはフォーなどをたべています。

ケバブ屋さん

ケバブを作っている様子

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月の一大イベントは寮から徒歩30秒ほどのところに猫カフェができた事です。ベトナムの猫カフェは日本の猫カフェとは違い、時間制ではありませんし、抱っこもできます。またたくさんの子猫が居てほんとにかわいくて癒されます。猫も雑種ではなく、スコティッシュフォールドやエキゾチックショートヘアなどちゃんとした綺麗な猫がいます。ベトナムには野良猫が少なく、猫はよく盗まれてしまうらしく家猫がほとんどです。なのでベトナムにいる間には猫と触れ合うのを諦めてしまっていたのでとっても嬉しかったです。

猫カフェの子猫

☆S・M☆

第1期生・ベトナム留学便り ~ベトナム国家大学ハノイ校 11月編・その2~ [2018年01月18日(木)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
普段の予習・復習は宿題を中心にやっています。次の課に入る前の予習では、リード文を読んで、新しい単語や分からない箇所を調べて、印を付けておきます。復習では、その日に習った文法の練習問題を解いたり、リード文を読み直して、予習で印を付けたところが何も見なくても分かるか確認したり、習った単語、文法、例文から、日常で使えそうなフレーズを書き取ったりしています。その他に、週3回くらいベトナム語で日記を書くようにしています。

<食生活について教えてください>
私は普段、朝ごはんにバナナを食べています。学校の近くのスーパーで、バナナ6本約50円で売っているので、毎週それを買って1日1本ずつ食べています。お昼は、学校から寮までの道で売っているバインミーを食べることがほとんどで、夜は、おかゆを食べるのが好きです。時々、日本人とベトナム人の友達と一緒に夜ごはんを食べに行くこともあります。休みの日には、ベトナム人の家に食事に招いてもらったり、現地の人からも美味しいと人気のあるフォーやブンチャーのお店に行ったりしています。

ベトナム人の友達の家でご飯

学校の近くにあるフォー

ブンチャーオバマ

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
私にとっての今月のイベントは、日本人の友達の紹介で、孤児院ボランティアのバス旅行に参加したことです。今回のバス旅行では、子どもたち32人と一緒にノイバイ空港の見学に行きました。私自身も日本の協力で建てられた空港を見学できるのは良い機会でしたが、それ以上に、普段田舎の孤児院で生活していて、外の世界を知らない子どもたちが、空に届きそうなくらい高い建物や、前を通ると勝手に開く扉、勝手に動いている階段、色々なものを面白そうに見ているのがとても印象的でした。

孤児院ボランティアでノイバイ空港へ

☆S・K☆

第1期生・ベトナム留学便り ~ベトナム国家大学ハノイ校 11月編・その1~ [2018年01月16日(火)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
予習は単元ごとの新しい語彙の意味調べのみです。授業では新出単語の意味を分かった上で進めていくので必ずやっています。復習はその日やった分の理解出来なかった部分と、文法のおさらいなどです。その日扱った文法を使用し、自分で例文を作るなどしてアウトプットを重要視した学習をしています。自習は予習復習に+して覚えた単語を自分なりに纏めたノートを作っています。既に習った単語を忘れてしまうことがあるので思い出すのに役立っています。

新出単語をまとめたノート

<食生活について教えてください>
食生活については、寮での自炊が不可能な為、ほとんど外食です。朝食は学校までの道中にあるケバブ屋さんに寄ったりバインミーというサンドイッチのようなものを買って学校で食べています。もしくは、スーパーで買ったヨーグルト、バナナを家で食べてから向かうことも多いです。昼食は学校付近のお店で摂っているのでバリエーションが少ないですが、満足しています。寮と学校の周りでは口に合うお店があまり無いので夕食は食べないことが多いです。

卵焼きがパテとして入っているバインミー

ほとんど毎日のように食べているお昼ご飯

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
今月一番のイベントは、祖母がベトナムへ来てくれたことです。十一月半ば、ちょうど私の誕生日があったこともあり、ハノイでの留学生活の様子を見に祖母がこちらへ来ました。私オススメのベトナムのデザートを食べに連れて行ったり旧市街を観光したりしました。ベトナムでは教師の日という祝日があり、それを利用してハロン湾へ旅行にも行きました。クルーズに参加したのですが、湿度が高く霧の多い湾内の景色はその形状も相まって、とても神秘的で、船を囲む島々の大きさに圧倒されました。私にも、祖母にとっても素晴らしい思い出になったと思います。

ハロン湾

ティエンクン鍾乳洞

☆M・H☆

第8期生・韓国留学便り ~淑明女子大学校 11月編~ [2018年01月14日(日)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
中間テストは、韓国語の授業2つでした。対策は、授業中に学んだ文法・単語などを全体的に復習して、自分で活用して使えるようにしました。日本にいた時と違って、授業のあとや休日にコツコツと復習をしていたので、テスト前日に夜遅くまで苦しんで勉強せずに済みました。初めてこのような余裕のあるテスト期間を送ることができて、これからもコツコツと積み重ねていきたいと思いました。特に期末試験の時は、私も語学堂が始まっているので、しっかりと両立できるように気を付けていきたいと思います。

<学生寮での生活で大変なことは何ですか>
学生寮で大変なことは、特にありません。生活に慣れてきたので、最近は共同のキッチンを使って自炊をしています。日本にいたときは全く料理をしたことがなかったため、私のような初心者でも簡単に作れる、かつ、材料が安く買えてつくれるものを調べたり、考えたりしています。外食に行くとなると、肉や辛い料理が多くなってしまうので、野菜は日本より安くないですができるだけ食べるように心がけています。すべてが私にとって新鮮なことなので楽しいです。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
11月で心の残ったことは、韓国人のバディーのお姉さんと二人で出かけたことです。私が行きたいと言っていた、景福宮と清渓川で行われている灯篭のお祭りに連れて行ってくれました。紅葉やお祭りの灯篭・ライトアップが綺麗ですごく楽しかったですし、周りながら歴史的なことも含めて、たくさんのことを教えてくれてとても勉強になりました。私も日本についてたくさん知っておかなければならないなと思いました。そして何よりも、バディーのオンニが話したことを理解できなかったり、うまくしゃべれなかったりして、とてももどかしい気持ちだったので、もっと韓国語ができるようになりたい!と思いました。頑張ります。

景福宮

景福宮のきれいだった銀杏の木

灯篭のおまつり

平昌オリンピックのキャラクター

☆S・N☆

第8期生・韓国留学便り ~西江大学校 11月編~ [2018年01月12日(金)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
西江大学語学堂では試験1週間前に今まで授業で扱ってきた単語、文法、表現などをまとめたプリントが配られます。加えて試験がどのように出題されるかの模擬試験も行うため、授業内で試験対策ができます。私はそれらのプリントやノートをもとに、今までの授業をざっと復習しわからない単語や表現を自分なりにまとめます。文法は自分で例文をいくつか作り、意味やニュアンスを把握し実際に会話で使えるように慣れさせます。会話試験の対策はクラスの子と時間があるときに集まり実際にインタビュー形式で模擬試験をします。昭和女子大学在学中の試験対策とほとんど変わらない方法で行いましたが、何も問題はありませんでした。むしろ試験自体は比較的易しいものだと感じました。

語学堂の試験前に配られる対策プリント

<学生寮での生活で大変なことは何ですか>
今までに比べ寮生活にはだいぶ慣れてきました。しかし食生活が健康面、金銭面で不安定になっている原因としてやはりキッチンがないということが大きいと思います。キッチンがないことで外食ばかりになってしまうことは仕方ないですし、外食でも栄養を考えて食事を取ることは可能です。しかし自立した生活を送れているかと問われると難しいです。実家を離れて生活するという新しい挑戦に気合い十分だったので少し勿体無いと思いました。加えて最近では、ルームメイトとのコミュニケーションが難しいと感じます。実家では一人部屋で唯一一人の時間を取れる場所でしたが今はそれがありません。かなりストレスを感じます。ルームメイトとは生活スタイルが合わないことからかなり苦戦することもありますが、これも留学生活の大事な挑戦だと思い頑張ります。

寮の共同使用品(左から電子レンジ、ウォーターサーバー、冷蔵庫)

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
11月3日に語学堂のフェスティバルがありました。西江大学の広場で語学堂の学生たちが飲食の屋台を出し交流を深めるものです。世界の様々な国から集まった学生たちなので、いろんな国の料理を楽しむことができます。料金は、語学堂の学生だけに配られるクーポン券を利用しほとんど無料で飲食物をいただけました。そしてこのフェスティバルのメインイベントは学生全員参加のくじ引きです。賞品は小さなお菓子から家電製品まであり、その日1番の盛り上がりでした。私は外れてしまいましたが、同じクラスの友達の名前が呼ばれるたびに一緒に喜んだりし、仲間との絆が深まりました。そして何よりも、普段あまり話さなかった人や違うクラスの学生とも交流ができ、とても良い機会だったと思いました。月曜日から金曜日まで毎日授業があり大変ですが、良い息抜きになって良かったと思います。

語学堂のお祭り「제11회 세계인의 축제(第11回 世界人の祝祭)」の様子

広場とその周りを囲む屋台

☆N・N☆