図書館だより

夏休み中の図書館 [2021年08月20日(金)]

8月も後半に差し掛かりましたね。
図書館はちらほらと来館する学生さんが静かに勉強をしており、穏やかな時間が流れています。

水槽のお魚たちも夏バージョンです(写真左)。造花のひまわりがゆらゆらと揺れ、涼しげな感じですね。
赤いのはレッドゼブラ、黄色いのはカエルレウス、白いのはスノーホワイトシクリッド。

貴重資料展示も今の期間はお休みになります(写真中央)。
次回は9月29日(水)から、聖書・百人一首・かるた展を予定しています。鋭意準備中ですので、ご期待ください!

表向きの図書館は利用者も少なく落ち着いた雰囲気ですが、バックヤードでは色々な業務が進行中です。
現在、貴重資料のデジタル撮影をしています(写真右)。ここで撮影したものは、準備出来次第図書館デジタルアーカイブに保存・公開されます。皆さんの研究・学修活動に役立てていただければ幸いです✨

(図書館)

理事長・総長、学長、副学長 おすすめ本コーナー2021 [2021年05月13日(木)]

ゴールデンウィークも終わり(本学学生のみなさんは祝日開講でしたが)、世の中はすっかり初夏の装いとなりましたね。

緊急事態宣言下とあって図書館はひっそりとしていますが、粛々と開館中です。
本学学生・教職員のみなさんには、来館せずとも受けられる図書館サービスも展開していますので、詳細はこちらの文書をご確認ください。

本日は、図書館展示コーナーの1つ「理事長・総長、学長、副学長 おすすめ本コーナー」ご紹介です。
こちらは図書館3階のレファレンスカウンター近くにあるのですが、ご存知でしょうか?
毎年4月に入れ替えを行っており、2017年からスタートして、今年で5年目です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2021年度のセレクト

  • 理事長・総長 坂東真理子先生
     『生活保障のガバナンス : ジェンダーとお金の流れで読み解く』大沢真理著
  • 学長 小原奈津子先生
     『こどもホスピスの奇跡 : 短い人生の「最期」をつくる』石井光太著
  • 副学長 志摩園子先生
     『羊皮紙に眠る文字たち : スラヴ言語文化入門』黒田龍之助著
  • 副学長 八代尚宏先生
     『シルバー民主主義 : 高齢者優遇をどう克服するか』八代尚宏著
  • 副学長 吉田昌志先生
     『私語り樋口一葉』西川祐子著
  • 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    先生方のセレクトは毎回バラエティに富んでおり、コメントも大変面白いので、図書館にお立ち寄りの際はぜひご覧ください✨

    (図書館)

    国文学研究資料館長ロバート キャンベル先生 図書館来訪 [2020年12月25日(金)]

    去る12月14日(月)に、日本文学研究者、国文学研究資料館長のロバート キャンベル先生が図書館に来訪し、本学理事長・総長坂東眞理子先生と図書館長吉田昌志先生の案内で「昭和女子大学創立100周年記念図書館特別展・新収貴重資料展」と近代文庫を見学されました。

    展示資料には、近代文庫収蔵の尾崎紅葉筆・泉鏡花旧蔵「尾崎紅葉句軸」、「紅葉先生印譜」、正富汪洋や里見弴の自筆葉書、万亭応賀作・歌川豊国等画「釈迦八相倭文庫」などがあり、尾崎紅葉の俳句や、紅葉の主宰する俳句雑誌のタイトルプランなどの自筆資料に、関心を寄せておられました。
    近代文庫は、日本近代文学館等に並ぶ国内屈指の専門図書館と言っても過言ではない昭和女子大学の特殊コレクションです。詩人であり創立者の人見圓吉先生(号は東明)による特殊分類が付与された図書約8万冊、雑誌約5千100タイトルの並ぶ書庫をご案内しました。
    短い時間でしたが、近世文学、明治期文学をご専門とされているキャンベル先生に、昭和女子大学の誇る近代文庫をご覧いただけたことをとても嬉しく思います。

    ***********************************
    日本近代文学の宝庫〔近代文庫〕を覗いてみませんか。
    近代文庫には、明治初期から昭和戦前期までの近代詩、近代文学全般及びその関連領域である思想、社会、文化等の図書、雑誌、新聞をはじめ、展示資料のような詩人・作家等自筆の歌稿、草稿や原稿、書簡、肉声収録テープ、遺愛品などを収蔵しています。戦後間もない頃に人見先生が詩人であり創立者の人見圓吉先生(号は東明)が学生と共に神田の古書店に通って購入し、また寄贈を受けて収集がいっそう進み、現在も成長し続けています。
    ※蔵書検索の「高機能検索」で、検索項目に「コレクション区分」と「近代文庫」を選択して検索することができます。
    ※本学学生は、書庫に入って近代文庫の資料を探すことができます。
    ※他大学の大学院生の皆さんの利用は、所属図書館を通じてご相談ください。
    ***********************************

    (図書館)

    尾崎紅葉句軸を限定公開しました! [2020年12月14日(月)]

    図書館にて12月11日(金)の15時から、尾崎紅葉の句軸(泉鏡花旧蔵)三本を1日のみの限定で公開しました✨

    尾崎紅葉は『多情多恨』、『金色夜叉』などで知られる明治文壇の大家です。今回は、図書館長・大学院文学研究科の吉田昌志教授に三本の句軸が図書館に寄贈された経緯などの解説をしていただき、日本文学専攻の大学院生をはじめ、日本語日本文学科、歴史文化学科の学生も熱心に貴重なお話を聞いていました。

    句軸の説明をする吉田先生と聞き入る学生

    展示物を説明する吉田先生と聞き入る学生①

    展示物を説明する吉田先生と聞き入る学生②

    日本語日本文学科ブログでも、この日の句軸限定公開の様子を紹介する予定です。
    そちらもあわせてご覧ください🎵

    24日(木)まで行っている「昭和女子大学創立100周年記念特別展・新収貴重資料展Ⅲ-昭和学園と教育の発展に寄与した人々-」では、その他にも紅葉の印譜をはじめ里見弴の葉書、チャールズ・ディケンズの旧蔵『The Holy Bible (和訳:欽定訳聖書)』などを展示しています。
    ぜひお立ち寄りください😃

    🌟「昭和女子大学創立100周年記念特別展・新収貴重資料展Ⅲ-昭和学園と教育の発展に寄与した人々-」展示詳細についてはこちらからご確認ください。

    (図書館)

    図書館広報誌Fiat Lux Plus No.10 [電子版] [2020年11月17日(火)]

    6月に図書館広報誌「Fiat Lux Plus」No.9の発行をお知らせしましたが、皆様ご覧いただけたでしょうか?
    今年度の貴重資料展示や、自宅からでもアクセスできるデータベースや電子書籍のご紹介をしています。

    11月1日には、No.10を発行しました😊✨
    今号は、貴重資料展示特集の第2弾です!
    No.9でご紹介できなかった貴重資料や、10月~12月の展示でご紹介する学園を築いた先生方について、掲載しています。
    また、今年の夏に本棚を増設した地下書庫についても特集していますので、ぜひご覧ください。

    ↓こちらからご覧いただけます。
    図書館広報誌Fiat Lux Plus No.10
    図書館広報誌Fiat Lux Plus No.9

    今号でも特集している貴重資料展示ですが、11月25日(水)まで「昭和女子大学創立100周年記念特別展・新収貴重資料展Ⅱ-昭和学園を築いた人々-」と題して開催しています。
    No.9で紹介した「源氏物語絵貼交屏風」は見た目も美しく、見逃し厳禁です!

    11月9日の創立100周年記念式典の際は多くの方にご観覧いただきました!

    昭和女子大学創立100周年記念特別展・新収貴重資料展Ⅰ開催中です! [2020年10月16日(金)]

    8号館3階図書館内にて、「昭和女子大学創立100周年記念特別展・新収貴重資料展Ⅰ-歌人馬場あき子氏の文化功労者顕彰を祝して-」と題して貴重資料展示を開催しています。

    本学卒業生で、2019年に文化功労者に選ばれた歌人馬場あき子氏の資料や、尾崎紅葉自筆の書簡額、泉鏡花の長谷川時雨宛書簡幅、与謝野晶子の自筆原稿なども初出陳しています。

    そろそろ会期も終わりに近づいてきましたので、まだご覧になっていない方は、ぜひ足を運んでくださいね!

    ◆展示情報
     2020年9月25日(金)~10月22日(木)
     10:00~17:00
     ※一般の方は、予約フォームより事前申請が必要です。
     詳細はこちらからご確認ください。

    (図書館)

    図書館地下書庫に本棚を増設しました! [2020年09月17日(木)]

    6~7月中にお知らせしていましたが、この夏季休暇期間中に図書館の地下書庫は本棚の増設工事をしました。

    地下書庫はB1FにA・B書庫、B2FにC・D書庫があり、9月30日まではどこかしらで工事・作業を行っています。
    スケジュール詳細はこちらをご確認ください。
    地下書庫の資料は9/30まで利用できない場合があります。
     ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

    ✨工事中のB1F A書庫の様子✨

    エレベーターを降りて左に行った、主に洋書を置いていた部屋ですね。
    1年生以外の学生さんは以前の様子を覚えているでしょうか?

    工事前は固定の本棚でしたが、集密書架になりました😊(一部固定の本棚も残っています)
    真ん中あたりについているハンドルを回して、本棚を左右に動かすタイプです。
    雑誌や近代文庫などを置いているB書庫に似た雰囲気ですが、あちらは電動、こちらは手動、という違いがあります。

    後期になって図書館を利用する機会ができましたら、書庫利用のついでに増設された本棚をぜひ見に来てくださいね~。

    (図書館)

    図書館の展示コーナー [2020年06月29日(月)]

    図書館3階正面入口を入ってすぐのコミュニティルームでは、年6回貴重資料展示を行っています。
    こちらは図書館ホームページや「図書館報」などの各種広報資料で何度も特集しているので、学生のみなさんはなんとなくご存じかな、と思います。
    が、図書館内の展示コーナーは1つだけではありません。
    みなさんに思いがけない読書との出会いを提供するべく、館内では、ちょこちょこと本のご紹介をしています。
    現在図書館の来館利用は学修・研究目的等の利用に限っていますが、通常利用に戻りましたら、ぜひチェックしていただきたいです!

    ■理事長・総長、学長、副学長のおすすめ本コーナー
    坂東理事長・総長、小原学長、志摩副学長、八代副学長、吉田副学長が学生におすすめの本を紹介しています。
    先生方のコメントもじっくり読んでみてください 😀

     

     

     

     

    ■ミニ展示コーナー

    3階階段横のミニコーナーでは、不定期でテーマを変えて、色々な本をご紹介しています。
    現在は、「SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS -世界を変えるための17の目標-」(SDGs)がテーマです。貧困や飢餓などの問題に取り組む人々や、今後「誰も置き去りにしない世界」を作っていくためにどうしていくことが大切なのかを示した本などを集めました。みなさんも一緒に考えてみませんか?

    このほかにもいろいろな形で本の紹介をしています。
    本との出会いは一期一会です。
    目に留まったものがあれば、ぜひページを開いて仲良くなってみましょう。

    *SDGsについて詳しく知りたい方は*
    国際連合広報センターSDGs 2030アジェンダ
    外務省JAPAN SDGs Action Platform

    (図書館)

    図書館広報誌 Fiat Lux Plus No.9 [電子版] [2020年06月05日(金)]

    緊急事態宣言も解除され、夏の訪れを日に日に感じる今日この頃、学生のみなさんはいかがお過ごしでしょうか。

    本日は、図書館広報誌についてご紹介したいと思います。
    図書館では、年2回「Fiat Lux Plus」という広報誌を発行しています。

    [過去のブログ紹介記事はこちら]
    Fiat Lux Plus No.1
    Fiat Lux Plus No.3
    Fiat Lux Plus No.5

    2020年6月1日にNo.9を発行しました 🙂
    これまでのNo.1~8は印刷発行してきたのですが、No.9より電子版のみにリニューアルしました。
    これで、スマホ・PC・タブレットなどがあればいつでもどこでも読めますので、ちょっとしたすきま時間にぜひチェックしてください★
    今号は2020年度の貴重資料展示と、学外から利用できる図書館サービスを特集しています。
    オンライン授業の課題にも役立つこと間違いなしです!

    Fiat Lux Plus No.9はこちらから読めます!
    ■電子資料や学外アクセス方法についてはこちらでも紹介しています。

    今後特集してほしい内容や感想などがありましたら、ぜひお知らせください。
    Fiat Lux Plusは、学生のみなさんに楽しんでいただける内容を目指しています!

    問い合わせ先:libinfo@swu.ac.jp

    Stay home Stay safe [2020年04月22日(水)]

    人影がなく、薄暗い図書館3階

    新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、現在大学では学生の入構を原則禁止していますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
    図書館も4月からは臨時休館・閉館しており、いつものざわめきが嘘のように静まり返っています。

    こんなときこそおうち時間を充実させ、自分自身にプラスになるようなことを始めてみましょう!
    図書館では、自宅にいながらも利用できるコンテンツがたくさんあります。
    今のうちに、活用してみてはいかがでしょうか?

     

    ——————————————————————————————————————
    ★就職活動に役立つ情報を集める
    以下のようなサイトにアクセスし、企業情報や最新ニュースを集めることができます。
    ・「日経BP記事検索」:就活用「就活情報を収集する」
    ・朝日新聞記事データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」
    ・読売新聞記事データベース「ヨミダス歴史館」
    ・毎日新聞記事データベース「毎索」

    図書館ホームページ「マイライブラリ」からログインし、アクセスしてください。
    アクセスはこちらから☞マイライブラリ
    ※ID・PWはUP SHOWAと同じです。
     詳しい操作方法はこちらをご確認ください。

    ——————————————————————————————————————
    ★電子書籍を読む
    期間限定でMaruzen eBook Library の電子書籍が学外からアクセスできるようになりました。
    詳しくはこちらをご覧ください。

    ——————————————————————————————————————
    ★図書館の貴重資料を楽しむ
    2018年に開設70周年を迎えたことを記念して、図録「図書館70年の歩み」(デジタルパンフレット版)を発行しました。
    図書館の歴史や、普段はみなさんにお見せできない貴重資料が満載です!
    今後の貴重資料展示については図書館報17号でもお知らせしているので、こちらも合わせてご覧ください。
    ※会期については変更しています!最新情報は図書館HPをご確認ください。
    ——————————————————————————————————————
    学生のみなさんにとっても、まだまだ厳しい状況が続きそうですが、自分の身を守ることを第一に、おうち時間をしっかり充実させてくださいね!
    アクセス方法や操作方法がわからない、等の疑問・質問がありましたら、libinfo@swu.ac.jpまでご連絡ください。学科、氏名の記入をお忘れなく!

    (図書館)